2017年度 出資馬(2)アビラの16  

2頭目の出資確定馬の紹介です。

今年の『最優先枠』での申込みは、昨年のフラットレーと同じハーツクライの牡馬にしました。

最終決断でスペシャリグルーヴの16と迷いましたが、毎年記録している
 ・募集予定馬リスト
 ・募集馬確定リスト
 ・カタログpdf 厩舎公開後
 ・測尺発表 動画確認後
 ・ツアー前
 ・ツアー後

の各段階で『最優先候補』に名前があったのは本馬だけでした。

■NO.48 アビラの16
 募集総額:4,000万円
 牡馬 鹿毛 2/9生 母出産時12歳 7番仔
 栗東 池添 学厩舎 生産 ノーザンファーム(安平)
 父:ハーツクライ / 母:アビラ (BMS:Rock of Gibraltar)
 Northern Dancer 5S×5D×5D

 体高 155.5cm / 胸囲 175.5cm / 管囲 21.5cm / 馬体重 452kg
 育成:NF早来 山内厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


母アビラについて、『競馬王のPOG本 2015-2016』で某事務局長(現営業部長)様が解説されているので書いてみます。
半兄アルカサルについての記事です。
アルカサルはその年の競馬王のPOG本表紙を飾った”毛の馬”でした。



アビラは産駒が凄く大きく成長する傾向にある繁殖。
父が Rock of Gibraltar、その先が Alleged だから骨格が半端じゃない。
半兄にジェベルムーサがいるが、この馬も競走馬にするのは難しいと思ったほどの大きさだった。
アビラの相手にはなるべくコンパクトだけどパワーのある種馬をということで選ばれたのがドリームジャーニー。



2016年1月 NF天栄 アルカサル

その本が発売されてから4ヶ月後。
2015年の募集馬見学ツアーで某事務局長様にアルカサルの全妹サンタテレサ(アビラの14)について『来年の”毛の馬”は妹ですか?』と聞いてみました。
すると、『全兄をコンパクトにまとめた感じで丈夫』という答えが返ってきました。
まだ”毛の馬”を決める段階じゃなかったですから。

サンタテレサは8/27のレースを最後に8戦未勝利で引退しました。
募集時は×最優先抽選となり、私は欲しくても出資できない馬でした。

今年のツアーでは、ランチを現営業部長様の横で話をしながらいただきました。
なんでアビラの話を思い出さなかったのかと、悔やんでいます。

来年の”毛の馬”はこの馬で再挑戦してくださいとお願いしておけばよかった。

ネタが長くなってしまいました。
アビラの16サンタテレサより40日早く生まれましたが、馬体重は20kg少なく他はほぼ同サイズ。
父ハーツクライは500kgある馬でしたが、ほどよいサイズに出ましたね。


【募集馬見学ツアー】




※画像はクリックすると大きくなります。

前肢の左右開きはいかにもなハーツクライのガバガバ歩き。
だから前肢の球節が沈まないのは仕方ないと思います。
ていうか、あれで沈むほうがダメでしょ。
前肢の可動域は広く、蹄の返しが力強いです。

ツアーで見た実馬は、今一つ。
印象は、昨年のグランサム(バロネスサッチャーの15)みたいでコロンとしている。
この馬は二人曳きじゃなかったですし、グランサムのような気性の危うさは感じませんでした。

初日というのもあるのでしょうが、周りを気にして曳き馬での回転がスムーズにできていませんでした。
馬が立っていたのが展示場の真ん中でしたから、馬が落ち着かないのも仕方ないと思います。
性格的にはビビリなのかもしれません。
ある方の受け売りですが、そもそも馬は臆病なもの。
外敵から逃げるために脚が速くなり進化してきた。
度が過ぎると考えものですが、何も動じないで牛のようにボーッとしているよりは良いと思います。

ネオリアリズム、アダムスブリッジ、エピカリス、フラットレーを見た時に感じた身震いするような感覚はありませんでした。
とはいえ、悩んだ挙句に最優先で申込みしたサーブルオールも走ってくれましたからね。
この選択は間違っていなかったと思いたいです。


【ハーツクライ】
Stallion in Japan ハーツクライ


2014年募集馬見学ツアー 社台SS

ハーツクライは Northern Dancer の強いクロスを持つ母と相性が良いらしいですが、Danehill とは今一らしいんですよ。
気になってBMSが Rock of Gibraltar の馬を見てみましたが、サンプル数が少ないのでどうかわかりませんね。


【預託予定厩舎】
池添学厩舎への預託馬に出資するのはエルデュクラージュに続いての2頭目になります。
そのエルデュクラージュは、2勝目を上げたまでは良かったんですが、それ以降については納得できないというのが正直な思いです。
レース選択、騎手選択はNFしがらきに対してどこまで口を出す権限があるのかはわかりませんが、ちょっとねぇ。
期待したほどではないかな?というのが最近の感想です。


【育成厩舎】
育成はNF早来の山内厩舎(横手主任)。
NF早来育成の牡馬に出資するのはホーカーテンペスト(林厩舎)以来です。

現営業部長様のスーパーカーに乗って見学に行きたいですね♪

最後になりましたが、新たにご一緒の出資馬ができた皆さま、よろしくお願いします。
また、これまで閲覧だけだった方も、これを機会にコメントを頂けると幸いです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 1

2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16  

15日に2017年度の出資馬が確定しました。
募集番号順にentryします。

では、1頭目の出資確定馬の紹介です。

この馬は、『一般枠』での申込みです。

■NO.31 ヴァイスハイトの16
 募集総額:2,800万円
 牡馬 青鹿毛 4/3生 母出産時12歳 6番仔
 美浦 和田正一郎厩舎 生産 ノーザンファーム(安平)
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト (BMS:アドマイヤベガ)
 Hail to Reason 4S×5D, Halo 4D×5D, Northern Dancer 5D×5D

 体高 155.0cm / 胸囲 176.0cm / 管囲 20.9cm / 馬体重 463kg
 育成:NF空港 B-3 細田厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


【募集馬見学ツアー】




※画像はクリックすると大きくなります。

4/6生まれで脚長、まだ腰が高いのでまだまだ大きくなるでしょうね。
叔父のランフォルセと同様にシンボリクリスエス産駒の特徴である”ベコ尻”(平尻:ひらじり)ではありません。
ベコ尻は、エピファネイアや府中で誘導馬をやっているサクセスブロッケンの尻がそれです。
平尻は骨盤の角度が傾斜していないもの。
豊なスピードを誇る逃げ馬や先行馬に見られる形です。

DVD動画での歩様は、前肢の腕節が硬く腕節から下の出が小さく二段モーションのように見えます。
それをツアーで確認したかったのですが、狭い場所で周りに人が多く、おまけに馬を曳いていたスタッフが下手。
馬がどこに向かって歩けばいいのか困ってしまい、バタバタして前肢の硬さを確認できませんでした。

周回展示の無い日帰りツアーで歩様を確認するのは限界があります。
見れる範囲で見た限りは、それほど気にならなかったんですけどね。


子どもに『フラットレーは左の後ろ脚だけ白いだろ、だから走るんだ』と教えたら信じましてね。
カタログでこの馬を見ていたら『これも走るの?』と聞いてきたので、ネオリアリズムとエピカリスの脚を見ろと教えてやりました(笑)。

『左後一白』、これを見て嫌な気はしませんね。
必ず走るとも思いませんけど(爆)。

後肢は直飛です。
JRA、NARで合わせて11勝した母の兄ランフォルセ(父シンボリクリスエス)も直飛です。
馬体の雰囲気もランフォルセに似ています。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

ランフォルセの募集馬DVDを見返してみると、ランフォルセが断然良い。

母は元キャロットの馬でサーブルオールの母モンローブロンドの全妹です。
本馬の全姉になるロスヴァイセはダートの1400mで3勝しました。
全姉も直飛でした。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

本馬もダートが主戦場と思っておいたほうがいいでしょう。


【シンボリクリスエス】
Stallion in Japan シンボリクリスエス


2014年募集馬見学ツアー 社台SS

今更感が強いですが、シンボリクリスエス産駒に出資するのは今年が初めてです。
シンボリクリスエス産駒に出資申込みをしたのは、初年度産駒のトゥリオーニ(キタノオゴジョの05)以来。
ゼロのまま終わってしまうと思っていましたが、今年は2頭も出資申込みしてしまいました。

父シンボリクリスエスは社台SSで2004年から繋養され、2015年12月1日にブリーダーズSSに移動しました。
つまり、2016年に生まれたシンボリクリスエス産駒は社台SSで種付けを行ったラストクロップということになります。
ちなみに血統登録された2016年産駒は80頭(NF 3頭、白老F 2頭、社台F 9頭、追分F 3頭)です。

初年度産駒に出資できず、最終年度で出資できたということになります。


【預託予定厩舎】
和田正一郎厩舎の馬に出資するのは、初めてになります。
う~ん、どうなんでしょ。
管理馬には障害のJ・GⅠ馬オジュウチョウサンと、平地では今年の函館記念を勝ったルミナスウォリアーがいます。
和田正道師のご子息ということぐらいしかわかりません。

若手の調教師はほぼ牧場の言い成りでしょうからね。
気にしても仕方ないかなと思います。
結果を出せば預託される馬のレベルが上がっていく、ダメなら預託先厩舎リストから抹消される。

同じ若手でも、管理馬がほぼノーザンF生産馬で全てを牧場に管理されているどっかの誰かと違い、いろんな牧場の馬が入っている厩舎のほうが良いんじゃないか?そう思います。


【育成厩舎】
育成は私との相性は抜群なNF空港 B-3 細田厩舎。
過去の5年以内の出資馬では、日本ダービーに出走したアダムスブリッジとアジュールローズ
そしてバリングラ
横山主任担当のB-2とB-3は『ド・ストライク』な育成厩舎なんです。

この馬を選んだ最終決断は育成厩舎と言っても過言ではありません。


最後になりましたが、新たにご一緒の出資馬ができた皆さま、よろしくお願いします。
また、これまで閲覧だけだった方も、これを機会にコメントを頂けると幸いです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

ザリガニの研究、完結  

『出資確定馬』も『幻の出資馬』も下書きは終わっていますが、今日はこれ。


子どもの『夏休み自由研究』が今年もクラス代表に選ばれました!

ザリガニの研究、三部作。
最後のテーマは種付け、出産。

そうじゃなくて交尾、産卵。

どこかの理科の先生に見せたいぐらいに、良くできたと思います。



オスがメスのハサミを掴んでひっくり返して交尾。


産卵間近を知らせる尻尾(尾扇)の内側に出るセメント線。


抱卵。
母ザリガニの色が薄く、卵の色も薄かったんです。
普通の卵はブドウのような色なんですが、これはクリーム色。


黒い点が稚ザリガニの目です。


しばらくはお母さんの腹脚にぶら下がっています。


孵ったザリガニも薄い色でした。


何度も脱皮を繰り返し大きくなりました。


薄い色のザリガニと交配させると更に色が薄くなるのか?
いや、続きはもうないでしょうね。

作品展をご覧になったことがあればわかると思いますが、低学年の作品はとても低学年が作ったとは思えない作品ばかりです。
将来は技術者か科学者かと思うものばかり。

学校の先生曰く、低学年のうちは親が手伝うので作品のクオリティが高い。
しかし高学年になると親が手伝わなくなるのでクオリティが低下する。

手伝ってあげてくださいと言われました。

親のプレゼン力の見せどころ!!

最後の追い込みは口実筆記です(笑)。
はい、全て嫁のお手柄です。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ☆馬以外のはなし

tb: --   cm: 1

キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(5)  

entry1285 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(1)
entry1286 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(2)
entry1287 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(3)
entry1291 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(4)


最後の第5回、関西馬4頭です。

馬仲間の皆さんが出資申込みされた馬もおり、それを知った上で書くのは心苦しいのです。

素人の意見ですから気にしないでください。
苦情は受け付けません。


こういう見方もあると思っていただければ幸いです。



■ No.67 (母)ラフォルジュルネの16【牡】



この馬は出資候補でした。

父ハービンジャーでBMSスペシャルウィークというと、母ライツェントのディアドラなど。
母にも母の全弟ラブラバードにも似ていない。
カタログ写真では脚長見え正方形。
重心が高い。
飛節が貧弱がで頼りなく感じ、直飛。
DVD動画の後ろから撮った常歩を見ると、叔父ラブラバードのように飛節が内に入ります。
ラブラバードは右肢だけだったですが、本馬は両方。

ある方曰く、ダメなハービンジャーとのこと。

そのある方はキャノンショットの意見を聞いた時にデカすぎる、あれじゃダートしか走れない。
ダートのダイワメジャーはダメと自分の担当馬以外はバッサリ。
キャノンショットは飛節だけ見れば重賞を勝てると思うほど立派な飛節をしていたんですけどねぇ。

育成はNF空港のC-1 高見厩舎。

今年も祖母グレイトフィーヴァーの仔が募集され、最優先抽選になりそうなぐらいの勢いでした。
産駒が走ると19歳のおばあちゃんが生んだメス馬でも大人気。
キャロットはグレイトフィーヴァー系が多くなりました。



■ No.68 ハルーワソングの16【牡】




この馬は出資候補、数合わせで一般応募をしようと思っていました。
20歳のおばあちゃんが生んだ仔ですからね、人気しないと思っていました。
それがなんとビックリ!
最優先抽選になってしまいました。

元出資馬ジェットブラックの半弟です。
馬っぷりが良いですね。
胴が短いというか、より『短背』が強調された感じに見えます。

育成は半兄ジェットブラックと同じ空港のC-1 高見厩舎。
毎年のツアーでC-1厩舎の乗り役さんと話すようになったのはジェットブラックのお陰。
数少ないヴィクトワールピサ産駒。
欲しかったんですけどね。



■ No.72 ヴィアンローズの16【メス】



出資馬アジュールローズの妹ということで楽しみにしていました。
カタログ写真を見ると形の良い馬だったので期待したんですが、測尺を見てガッカリ。
母ヴィアンローズのメス馬はどうしても小さく出てしまいますねぇ。
私が昨年落選したライレローズは募集開始時に404kgでしたが、7月中旬で476kgまで大きくなりました。
馬体重はありませんでしたが、他のサイズは十分でしたからね。
ツアーで見た実馬は小さくは感じませんでした。

しかしこの馬は全てが小さい。
まァ、小さかった半姉ローズノーブルは4勝しましたから、メスは小さくて良いのかもしれません。

縁のある古賀慎厩舎ではなく、なぜ栗東になったのか?
オークス2着のピュアブリーゼの仔も古賀慎厩舎じゃなかったです。

そのピュアブリーゼの16ですが、よりにもよって庄野厩舎とはね。

過去にランプーン(カートゥーンの09)に興味があって庄野厩舎を調べてみたら、もううろ覚えになってしまいましたがちょっとこれはという厩舎でした。
見送ったランプーンもちょっとこれはという結果になりました。

東サラの会員さんに『東サラの庄野厩舎は走るね』と聞いてみたら、これまでいろいろあっての今とのこと。
基本的にはN.Gだということでした。



■ No.75 スサーナトウショウの16【牡】



この馬は出資候補でした。

全兄がサンデーレーシングで同額の1,600万円募集で預託は勢司厩舎。
それを知った時点で弟も体質が弱く、ダメだろうと思っていました。
ところが弟は馬をよくパンクさせる高野和厩舎へ。
これは弟は耐えられるという判断なのか?
そんなイメージでいました。

この馬の祖母はシーイズトウショウですからバクシンオー、ユタカオーの血が流れています。
以前からBMSにユタカオー系が入ると走らないイメージがあるんですよねぇ。
まァ、一頭バケモノ級のが出てしまいましたが、あれは突然変異ということで無視。

脱線しますが、BMSがサクラバクシンオーというと今年の募集馬ではクライフォージョイの16がいます。
母クライフォージョイはヒダカBUで1260万円で募集され未勝利。
それの初仔。
NF名義でセレクション1歳市場で 2,808万円(税込)で購入。

馬っぷりは良いと思いますし、預託予定の奥村武厩舎も魅力的。
グラスワンダーが大好きだった私ですから、以前だったら出資していたでしょう。
血統には Cozzene の名前があります。
もうこういう馬は最初から疑ってかかる。

育成はNF空港のC-1 高見厩舎。
過去2~3年の高見厩舎育成馬を見ていただければわかると思いますが、キャロットからは厄介な馬が行くケースが多いんじゃないかと思うんですよねぇ。


これはサクラユタカオーの写真です。



サクラユタカオーは突如産駒出生率が大幅に低下し、2000年の種付けを最後に種馬を引退しました。
その2年後だったかなぁ、功労馬として余生を送っていたライディングヒルズ静内で撮りました。
20歳ぐらいの年齢でしたが、馬格があって衰えを感じさせず立派な馬でした。
正直ビックリしました。



最後までご覧いただきありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(4)  

entry1285 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(1)
entry1286 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(2)
entry1287 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(3)
entry1292 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(5)


第4回、関西馬5頭です。

馬仲間の皆さんが出資申込みされた馬もおり、それを知った上で書くのは心苦しいのです。

素人の意見ですから気にしないでください。
苦情は受け付けません。


こういう見方もあると思っていただければ幸いです。



■ No.48 アナアメリカーナの16【メス】




この馬は出資候補でした。
一時はこの馬を最優先でと思いましたが、×無しでの当選確率は低い。

良い馬ですね。
良い雰囲気がありました。
前肢の可動域が広く、蹄の返しが力強い。
歩様はハーツクライが出ていないのもいいと思いました。

預託予定はN.Gの斉藤崇厩舎です。
ラブラバードのことを恩赦してでも出資したいと思った馬でした。
祖母のアナマリーが日本で走った時に『穴はアナマリー』というベタなギャグで馬券を買ったような気がします(爆)。

育成はNF早来の岡厩舎。



■ No.50 (母)マルティンスターク の16【牡】



預託厩舎は非常に魅力的なんですけどね。
馬は昨年の全兄の方が良く見えます。
厩舎を入れ替えてくれたら全兄に申込んだのに(笑)。

前肢は真っ直ぐ出ますが、蹄を引き摺ります。
歩くと重心が低くパワータイプに見えます。



■ No.53 (母)スペシャルグルーヴ の16【牡】




この馬は出資候補でした。
最優先はこの馬にするか、アビラの16にするか悩みました。

もし30分早く決断しれいれば、この馬。
あと30分遅くしていれば、この馬に戻っていた。

おそらくそうなっていたでしょう。
ダメ元でこっちを最優先アビラの16一般で応募してみればよかったでしょうか。

毛艶は良く、心配の繋も許容範囲。
小顔ですね、ツアーで実馬を見た第一印象はそれでした。

曳き馬ではキビキビと歩き、体高が低いので丸い弾丸タイプ。
そう感じました。

測尺は胸囲、管囲、馬体重に比べ体高が低いように感じます。
まァ、体高がもっとあれば繋が立ってしまう可能性があるのでこれでいいんでしょう。

体質が心配な血統ですが、初仔、2番仔は数を使えていますので大丈夫なんじゃないですか?
もし体質に心配があるならば、預託厩舎は母と同じところになったんじゃないか?そんな気がします。

幹夫センセイが開業して間もない頃、嫁と『武豊TV!』の座談会を見ていたら、嫁が『この人は優しい人だから調教師として大成しない』と言ったんですよ。
鋭いところを突いてきたなと思っていました。

私はこれまで幹夫センセイの預託馬に出資したことはありません。
ですから経験者に意見を聞いてみました。
その方によると”朝令暮改”、馬の2年後3年後を見据えたヴィジョンがないと。

なるほどなぁ~と思いました。

育成はNF空港のC-1 高見厩舎。



■ No.56 アブソルートリーの16【牡】




この馬は出資候補でした。

顔はダイワメジャーのバカっぽい”兎頭(ととう)”になっておらず、良い顔です。


ダイワメジャー

1月生まれでサイズが良いので見栄えします。
良い飛節していますね。
カタログには『前進気勢』とコメントされていましたが、動画からは特に前進気勢は感じませんでした。
後肢の踏み込みが深く、前肢の可動域は広い。
母は不受胎、不受胎、本馬、生後直死なので繁殖能力に不安があります。

実馬を見ましたが、曳き手に従順に動いてはいましたが、やはり前進気勢は感じませんでした。

飛端が左右で違うんですよ。
左を見て『あれ?腫れている?』と思って右を見たらやっぱりサイズが違う。
飛端腫ですかね?

育成はNF空港のR 佐々木厩舎。
エピカリスと同じ。
池江寿厩舎ではサトノダイヤモンドと同じ。
昨年の募集馬は市場取引馬を多く担当していたように思ったんですけどね。



■ No.59 ヒカルアモーレの16【メス】




この馬はカタログ写真を見るまでは出資候補でした。
安田隆厩舎ですし、マイルで前に行く競馬ができれば面白いんじゃないかと。

8/25に『左飛節にOCD(離断性骨軟骨症)確認、ツアー後手術予定』というアナウンスがあり、無事手術は終えたようです。

OCDはネオリアリズムが募集締切直後にアナウンスがあり、手術をしました。
この時はまだ出資馬のOCD経験がなかったので騙されたと思いましたよ。
またエスティタートはツアー前にアナウンスがありましたが、現在4勝しています。
OCDは特に気にする必要はないと思います。

この馬の場合、それよりも心配しなければならないは、『曲飛、後踏み』でしょう。
椿鬼奴のヘアスタイルみたいな名前の不出走で終わった馬ほどは強烈ではないですから、大丈夫かもしれません。

『曲飛、後踏み』がどうダメなのかご存じない方は、後学のためにご自分で調べてみてください。

父ダイワメジャー産駒の重賞勝ち馬にこのタイプがいるか?
全頭を見たわけじゃありませんが、短い距離を前で競馬をする馬の後肢ではありません。
同じダイワメジャー産駒のミリッサは後ろから競馬をする馬ですが、曲飛ではないですからね。

ダメなのを承知で、ツアーである方に話を振ってみました。
すると
『ダイワメジャーではなくサンデーサイレンスが出たんじゃないか?』
『グレイトフィーヴァーの系統は長いところ、後ろから行く競馬で。。。』

ダメならダメと言ってくれと言いそうになりましたが、丁寧に対応していただいたのでありがたく聞いておきました。

育成はNF空港のC-3 伊藤厩舎。



次回の(5)が最後になる予定です。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ