FC2ブログ

香港の朝メシ(3)洪利粥店茶餐廳  

香港最後の朝は、お粥を食べに厚福街の洪利粥店茶餐廳(Hung Lee/ハンリー・レストラン)に行きました。

朝7時の尖沙咀繁華街。
ゴミ収集車と道路を洗う散水車が働いています。
日中は気温30度、湿度90%を越えても繁華街があまり臭くないのはこのおかげでしょうね。


日本人はお粥というと病人が食べるものと思いがちですよね。
私も初めて中華粥を食べる時までそうだと思っていました。
初めて中華粥を食べたのは横浜中華街の有名店、謝甜記 貮号店だったと思います。


洪利粥店茶餐廳はネットの情報では6時半開店となっていましたが、7時過ぎに行ってみると開店準備の最終段階でした。



席につき、メニューを見ていると珍客が来店。
鳩が一羽店内に飛び込んできました!

お店の人は全く気にせず、鳩は店の中を2~3回グルグル行ったり来たりして出て行きました。
ちなみに、茶餐廳には鳩の姿焼きもメニューにあります。

確かメニューの最初のページにあるのは40ドル台のお粥、次のページにあるのは20ドル台のお粥だったと思います。
一人一杯ずつで食べるなら20ドル台のお粥で十分な量です。


私は大好物のピータン粥とアイスレモンティー(凍檸茶/ドンレンチャ)を注文。

ピータン粥の具はシンプルにピータンと刻み生姜のみだったと思います。
※ピータンを食べ過ぎると鉛中毒になる可能性があるそうなので、ご注意ください



う~ん、ちょっと物足りない味でした。

油炸鬼(揚パげン:ヤウザーグァイ)と海老入り腸粉(チョンファン)を注文したので、味の変化も量も丁度いい。
油炸鬼は日本の中華粥のお店にもありますよね。
お粥に浸して食べます。
これが1つ注文した場合の量です。



一人の場合、朝からこんなに揚げパン食べられませんね(笑)。
その時は『ンゴーイ、ホンホーイーオイマイ?』と聞いてみてください。

広東語の『すみません、持ち帰りできますか?』です。


腸粉を箸で切り分けると海老がポロッと飛び出る(笑)。
タレの味がちょっと濃いかな。




レモンティーのレモンは当然4枚入り。




この爪楊枝入れいいでしょ♪



茶餐廳はビールを置いてないところもありますが、これがあるということはビールがあるということでしょうか?
まァ、メニューに酒類が無くても聞けば出てくることもありますから、聞いてみてください。


肝心のお粥の味です。
ごめんなさい、横浜中華街の 謝甜記 貮号店 の勝ちです。
entry550 謝甜記 貮号店



まァ、次回の香港旅行でも洪利粥店茶餐廳へ行くと思いますが(笑)。


洪利粥店茶餐廳を出たのが7時半過ぎ頃。
昼のホテルチェックアウトまで一人でガーデンオブスターズから九龍公園までグルッと散歩。

8時頃だとガーデンオブスターズは掃除の人ぐらいしかいません。
ブルース・リーとの記念写真撮り放題ですよ。




次回entryは、久しぶりに行った謝甜記 貮号店の話です。

記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

ナッツフォードテラスも賑やかです  

終日自由行動だった土曜日の夜、旺角の銓満記餐廳小厨(Chuen Moon Kee Restaurant)で土鍋ご飯を食べた後、女人街(通菜街)からスニーカー街(花園街)をぶらぶらしてから帰りました。


鰻の煲仔飯(ボウジャイファン)


スニーカー街


土日の夜、旺角のネイザンロード(彌敦道)と女人街(通菜街)の間にある西洋菜南街が歩行者天国になります。

2016年12月はレスリー・チャンのモニカで老若男女がダンスをしていました。
昔の代々木第二体育館の裏みたいな感じで(笑)。

半斤八両(ブンガンバーロン)が聞けると期待しましたが、カラオケ大会だけしか見れませんでした。
オバハンのカラオケなんてど~でもいいから。

これを楽しみにしていたんです。

半斤八両+鬼馬雙星 Ah Lam 3L樂隊旺角街頭音樂會


半斤八両が『Mr.Boo!』のテーマソング
鬼馬雙星が『Mr.Boo! ギャンブル大将』のテーマソング

ここで残念なお知らせです。
西洋菜南街の歩行者天国ですが、近隣住民から騒音や光害に対して苦情が途絶えることがなく、充分な改善もされなかったことから、8月からは自動車の通行が再開されたそうです。
理由が理由ですから仕方ないですね。


キンバリーホテル前のナッツフォードテラス(Knutsford Terrace 諾士佛台)へ移動します。

旺角駅からMTRに乗り、佐敦(ジョーダン)駅で下車。
ネイザンロードを徒歩で南下。
MTRを尖沙咀駅まで乗って徒歩で折り返してもよかったんですが、土曜夜の雑踏へ入りたくなかったので佐敦駅で下車しました。
歩く距離は佐敦駅からのほうが若干長いです。

何度も書きますが、KEENのNEWPORT H2は最強のサンダルです。
この日は10㎞近く歩いたのですが、足は平気でした。


ナッツフォードテラスは通りの名前で、ピーナッツ食べ放題なのが Fatt's Place です。
間違えないように。

ナッツフォードテラスに着いたのは22時頃だったかなぁ。
やっぱりスゲー混んでました。

ネイザンロードを歩いている時も、ナッツフォードテラスの入口でも私のように『蘭桂坊(ランカイフォン)は香港の六本木、ナッツフォードテラスは…』と解説する日本人の声が聞こえてきました(笑)。


先発組が手前のお店に席を確保してくれていたので助かりました。





香港に来て3日目。
そろそろ体が慣れた頃ですが、日本との時差は1時間ありますからね。
もうホテルに戻って寝ようということになりました。

ところが、Fatt's Placeに行ってピーナッツを食べてみたいというのがいたので、案内することに。
まァ、仕方ないですね。

セブン横のヤッセイヤッの前まで送りました。
私は左目を閉じてそのままUターンしました。
社会見学にピンポンしてみればよかったですかね!?

もうそんな元気は残っていません。

23時を回っていたでしょうか。
残念ながらFatt's Placeはとても入れる状況ではなく、ナッツフォードテラスに戻って飲み直したそうです。

こんな時間でも日本の濃厚豚骨ラーメン香港店は、若いカップルの行列ができていました。


許冠傑(サミュエル・ホイ) / 半斤八兩



ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

香港の梅が枝餅と土鍋ご飯  

終日自由行動日のゴールは旺角(モンコック)の朗豪坊(ランガムプレイス)にしました。


午前中は香港島の蓮香居(リンホンコイ)でワゴン式飲茶。
上環から中環の坂を登って下って散策し蘭桂坊へ。
午後は湾仔のハッピーバレー競馬場へ向い、スターフェリーで尖沙咀に戻りました。
そして尖沙咀から徒歩で旺角へ。

旺角に到着し、ランガムプレイスを通り越して金魚街の一本東側の通りにある奇趣餅家(Kee Tsui Cake Shop)へ。
ランガムプレイスを通り越してから結構な距離がありました。

奇趣餅家(Kee Tsui Cake Shop)へは福岡県太宰府市の梅が枝餅のような餡子の入った薄い餅を買いに行きました。



1個 HK$5(\70)、安くはないです。
4個買えば1個おまけのHK$20(\280)です。



1個おまけは香港や台湾ではよくある売り方で、この場合は『4買1送』になります。
が無料とことです。
なお、値段と一緒に 90折 と書いてあったら、元値の9割が売値という意味で100ドルが90ドルになります。
けして90%OFFではないので間違えないように!


『ニーゴ(これ)』と言って手でパーをして注文。
5は広東語で『ンー』と発音するんですが、発音に自信がないので5本指で注文しました。

美味しいですよ。
そりゃあ梅が枝餅と比べたらクオリティは低いです。
お土産に買って帰る予定だったので、日本からジプロックの袋持参です。




お土産になるかといわれると、『う~ん』ですが(笑)。


次回は他のお菓子も買ってみたいです。
他のお菓子ならわざわざここを目指さなくても良い気もしますが(苦笑)。
対応してくれたオバチャン、不愛想を通り越して魂が抜けたようでした。


これでやっとゴールのランガムプレイスへ。


朗豪坊(ランガムプレイス)

晩メシはランガムプレイスから2ブロック西の銓満記餐廳小厨(CHUEN MOON KEE RESTAURANT)で煲仔飯(ボウジャイファン)という土鍋(クレイポット)ご飯にしました。
銓満記餐廳小厨は日本のメニューもありますし、お店の内外に日本の雑誌、旅行ガイドブックに掲載されたページが貼ってあります。



しかし、片言の日本語も通じません。
英語もどうかな?という程度。



私が食べたのはウナギの土鍋ご飯。
ウナギを開かずにブツ切りにして蒲焼のタレで味付けした感じ。



土鍋ご飯なのでお焦げができます。

正直、美味しくなかった。

このスープとセットです。
これも『う~ん』という味。



これならばランガムプレイスの池記(Chee Kei)か翠華餐廳(スイカレストラン)で食べたほうがよかったかなと思いました。
まァ、残念なのも旅行ですからね。


油麻地に戻るのが面倒だったんですが、興記煲仔飯にすればよかったのかもしれません。




次回のentryはキンバリーホテル前のナッツフォードテラスです。

記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

2018年、傾向と対策(備忘録)  

まもなく今年のキャロットクラブ募集確定馬リストが公開されます。

昨年、一昨年は一口馬主DBで無料会員でも見れる『出資データ分析」を基に出資馬の成績を振り返っていました。
今年はわざわざentryなくてもいいかなと思い、省略。

それに、エピカリスが南関へ移籍したことで一口馬主DBでは引退馬扱いになったのでデータベースとして使い物にならなくなってしまいました。
netkeiba.comでもマイホースとして出資馬を管理できますが、こちらは海外競馬で得た賞金が反映されませんので、同じく使い物になりません。
結局は自分でexcelで管理するしかありません。


過去にentryしたデータですが、以下の4項目について振り返っておきます。

【募集馬金額の推移】
■中央競馬予定馬


■地方競馬予定馬


昨年のサンデーRの募集馬は93頭で総額31億3,600万円で、一頭当り平均額は3,372万円でした。
400口募集で計算すると、一口当り平均額は84,300円となります。
キャロットの平均額は、サンデーRを超えることはありませんでした。

今年のサンデーRの募集馬は85頭で総額34億8,400万円で、一頭当り平均額は4,099万円です。
400口募集で計算すると、一口当り平均額は102,475円となります。
キャロットの平均額は、10万円弱必至でしょうね。


【過去3年の満口状況】
■2017年度(中央競馬予定馬のみ)


■2016年度(中央競馬予定馬のみ)


■2015年度(中央競馬予定馬のみ)


昨年、1.5次募集に残ったのは 22頭 でした。
そのうち、1.5次募集で 16頭 が満口。
第2次募集に残ったのは 6頭 で、初日に 5頭 が満口。
最後の1頭になったレーヴディマンの16は、12月5日に満口になり完売しました。

なお、地方競馬予定馬はデルフィニウムの16が11月24日に満口になり完売しました。


【募集馬頭数の推移】
 2017年度 中央 81頭 + 地方 4頭 = 85頭 (予定馬リストから消えた頭数 7頭)
 2016年度 中央 80頭 + 地方 4頭 = 84頭 (予定馬リストから消えた頭数 2頭)
 2015年度 中央 80頭 + 地方 4頭 = 84頭 (予定馬リストから消えた頭数 3頭)
 2014年度 中央 80頭 + 地方 4頭 = 84頭 (予定馬リストから消えた頭数 3頭)
 2013年度 中央 87頭 + 地方 6頭 = 93頭 (予定馬リストから消えた頭数 7頭)
 2012年度 中央 89頭 + 地方 4頭 = 93頭 (予定馬リストから消えた頭数 4頭)



【母馬出資者優先制度対象馬】
 2017年度 37 頭 44.0%(全85頭)
 2016年度 29 頭 35.0%(全84頭)
 2015年度 28 頭 33.3%(全84頭)
 2014年度 26 頭 30.6%(全85頭)
 2013年度 27 頭 29.0%(全93頭)
 2012年度 22 頭 23.7%(全93頭)



※データに関してはチェックしたつもりですが誤写・記載ミス等はわかり次第修正します。

entry1266 2017年、傾向と対策(備忘録)
entry1261 キャロットクラブ 2017年募集馬リスト確定版
entry0895 2016年、傾向と対策(備忘録)
entry0893 2016年度 キャロットクラブ募集馬確定馬一覧

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2018年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 4

特別登録(18年33週分)バリングラ、ネオリアリズム  

今週の特別登録は堀厩舎2頭です。
鞍上はどちらも短期騎手免許で来日しているJ.モレイラ騎手を予定しています。
JRA NEWS】2018.7.26 ジョアン・モレイラ騎手に短期騎手免許交付

なお免許期間は7月28日から8月24日までですが、今週の競馬は日本で乗っていません。
武豊騎手と同じで英・アスコット競馬場で行われたシャーガーカップに世界選抜チームとして参戦しました。
JRA NEWS】2018.8.9 シャーガーカップの騎乗予定騎手が決定


 ■バリングラ
 8/18 (土) 札幌10R 富良野特別 (3歳上500万下) 芝1800m J.モレイラ騎手 57㎏
  フルゲート 14頭
  特別登録  30頭


 ■ネオリアリズム
 8/19 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000m J.モレイラ騎手 57㎏
  フルゲート 16頭
  特別登録  16頭


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 特別登録

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ