今週の動向(17年21週)セレクトセール上場予定馬  

22日に今年のリストが公開されました。
JRHA 日本競走馬協会】セレクトセール2017 上場馬一覧

兄姉がキャロットの馬、キャロットで募集になれば『母馬出資者優先馬』になる馬がたくさんいます。
毎年こんなもんでっしたっけ?
私がそう感じるだけですかねぇ。
過去のデータと比較してみたいところですが。。。

そこまで暇じゃないですわ。
『母馬出資者優先馬』なんて私にはほとんど関係ないし。

リーチコンセンサスの17(ロードカナロア)がリストになかっただけで満足です。

と思っていたら、不受胎で今年も産駒無しですか。
前年が流産だったのですが、それにしては種付け時期が遅いなと思っていたんですよ。

また、無事に生まれてもキャロットでは募集されないだろうベルフィーチャーの17(ローエングリン)ですが、こちらも不受胎で産駒はおりません。

来年も『母馬出資者優先馬』が使えないことが決定しました。


古馬から順に、今週動きがあった馬を中心に書いてみます。

■ホーカーテンペスト (8歳 平/障オープン)
NF天栄在厩
馬体に問題はないそうですが、次走について『目の前のことだけ考えるとそう遠からず使うこともできるかもしれませんが、いちおう夏競馬のどこかという形で検討しています』ということで、明確なコメントはありません。
夏競馬と言ってもねぇ。
使えるのは『6/24 東京ジャンプS(J・GⅢ)』『8/26 新潟ジャンプS(J・GⅢ)』しかありませんよ。

秋以降のことを考えると、この辺りでもう一度いけ垣障害、水ごう障害を試してもいいと思います。
コメントの感じだと新潟一本で行くでしょう。

無理は禁物ですが、オジュウチョウサンのようなGⅠ馬じゃないんですから、使えるもんなら使って欲しいです。
もう8歳ですからね。
有力馬が休んでいるうちに使わないと重賞を勝てるものが勝てないで終わってしまいます。


■ネオリアリズム (6歳 オープン)
NF空港在厩
8/20 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000mを予定

現在は3週間の着地検疫中です。
来週月曜日には終わるかな?
それまでは伝染病などの潜伏期間を考慮し、隔離生活のはずです!?

キャロットクラブからクイーンエリザベスⅡ世カップの優勝記念グッズが発売されました。
バスタオル、マフラータオルは無いんですね?
暮れの香港カップでドーンと拡げれば現地のテレビ局が映してくれるでしょ。
まァ、ジョッキークラブのマークなどは勝手に使えないから無理でしょうね。
女人街でバッタもんを売れば買う人がいると思いますよ(爆)。


■ブレイクエース (5歳 500万下)
ムラセF在厩
ムラセFの同じ馬場をグルグル回っているだけだと馬も飽きるでしょ。
そろそろ走路に横木を転がしてみませんか?
器用に跨ぐかもしれませんよ。


■ラッシュアタック (5歳 500万下)
NF天栄在厩
日によって坂路でF15秒で乗られているそうです。
心配の蟻洞ですが、歩様には出ていないそうです。
コメントだけだと蹄の状態がわかりませんねぇ。
私は獣医ではないので写真を見ても『ふぅ~ん』としか言えませんけど(爆)。


■サーブルオール (4歳 1600万下)
NF天栄在厩
ウォーキングマシンで調整中です。
その程度で動かしている分には問題ないそうですが、いつゴーサインを出すかですね。
無理せずにやって欲しいです。
今年のクラシックはハービンジャー産駒が活躍していますね、このままこの馬を失いたくないです。


■アジュールローズ (4歳 オープン)
古賀慎厩舎在厩
6/3 (土) 東京10R 稲村ヶ崎特別 (1000万下) 芝2000mを柴山騎手で予定

24日の1週前追い切りの鞍上は北村宏騎手でした。
前走も追い切りで北村宏騎手が乗っていましたが、レースでは『負けるならこう負ける、そして言い訳はこう言う』と想像できる新人みたなベテラン騎手でした。
entry1143 競走結果(17.4.16)アジュールローズ

はい。
稲村ヶ崎特別はその『負けるならこう負ける、そして言い訳はこう言う』と想像できる騎手で挑みます。

オープンから2つ下への降級ですからねぇ。
一発でクリアして当然なんです。
ヘタレが乗ろうが誰が乗ろうが勝ってくれないと困ります。

何、この絶望感。
溜め息しか出ません。
同じ負けるなら新人を乗せて負けたほうがまだ納得できる(爆)。


■バリングラ (3歳 500万下)
NFしがらき在厩
6/25 (日) 東京9R 稲城特別 (500万下) 芝2400mを予定

クラブからのアナウンスはありませんが、競馬ブックの近況メールによると次走は稲城特別を予定しているそうです。
古馬と初めてのレースですし、1000万下からの降級馬もいるでしょう。
ですが500万下で足踏みをしてもらっては困る馬です。
簡単には勝てないかもしれませんが、緒戦でクリアしてくれたら先が楽しみになります。

堀師と打合せて『近々の移動を視野に』ということなので、早ければ来週前半には帰厩かな?
鞍上は石橋脩騎手でしょうね。


■エルデュクラージュ (3歳 オープン)
池添学厩舎在厩
6/18 (日) 東京11R ユニコーンS (GⅢ) ダ1600mを予定

レースを使ったダメージは無いとのことで、除外の可能性がありますがユニコーンSを予定しています。
う~ん。
『しばらくは適鞍もありませんし、伏竜Sあたりを目標にしていったん放牧に出させていただくことにします』ということでヒヤシンスSを使わなかったのは、エピカリスには敵わないからということですかね?
まァ、除外でしょうかね。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

エピカリス、検疫厩舎へ移動  

グリーンチャンネルでの放送スケジュールは以下のとおりです。
JRA NEWS】2017.5.24 グリーンチャンネルで「2017ベルモントS中継」を放送します
GREEN CHANNEL】2017ベルモントS中継


■エピカリス (3歳 オープン)
美浦トレセン・検疫厩舎在厩
6/10 (土) 米・ベルモント11R ベルモントS (GⅠ) ダ2400mをC.ルメール騎手で予定
https://www.belmontstakes.com/
NYRA】2017.5.3 UAE Derby runner-up Epicharis confirmed for Grade 1, $1.5M Belmont Stakes

エピカリス、25日に美浦トレセンの検疫厩舎に移動した。。。と思います。
昨日、『明日改めて動かして状態を確認していきますが、大丈夫そうであればアメリカ遠征に備えて検疫厩舎へ移動させ、来週の出国に備えていきます』というコメントがあり、続報がないので移動済みでしょう。


出国検疫は丸5日間の隔離のため、検疫厩舎在厩は移動の前後1日ずつが必要で都合7日間。
31日に検疫が終了します。

そして、31日の夜21時45分に成田国際空港からNippon Cargo KZ160便でアメリカに向けて出国する予定です。
アラスカ州のアンカレッジ国際空港、シカゴ・オヘア国際空港を経由して6/2にニューヨーク・ベルモントパーク競馬場に到着予定です。

ラジオNIKKEI】2017.5.19 エピカリス、31日に出国へ
競馬ブック】2017.5.19 エピカリスは31日に出国―ベルモントS


ベルモントSの出走メンバーがどうなるのか?
エピカリスの人気はどんなもんだ?

気になってブックメーカー等を調べていますが、まだ時期が早いのかコレというものが見つかりません。

ケンタッキーダービー、プリークネスS、ピーターパンSの勝ち馬は回避ですかね?
日本でいう三冠達成が関係なくなった菊花賞みたいなもん?
距離に関しても、現代競馬の主流から外れた感じも同じ(爆)。
現地では盛り上がらないでしょねぇ。

NYRAの関心事は、”エピチャリース”の出走でJRAのテラ銭からどれだけピンハネが期待できるか?
それぐらいでしょ。


24日に今週日曜日に使う3歳500万下のサレンティーナを1.6秒追走し、0.2秒先着しました。
脚色は共に一杯です。

 助 手 5.21美南W良 66.6 - 51.6 - 37.7 - 12.9[7]馬なり余力

 助 手 5.24美南W良 65.2 - 50.7 - 36.8 - 12.5[7]一杯に追う
  サレンティーナ(三500万)一杯の内を1.6秒追走0.2秒先着



21日の追い切りを『国内最終』と言ったトラックマンがいたようですね。
UAEダービーの時にどういうスケジュールだったのかチェックしていないんでしょ。
厩舎に取材もせずに時計だけで判断か?
わざわざトレセンに出向かなくてもパソコンとスマホがあれば仕事ができますね。

UAEダービーの時と同じスケジュールだったら、29日に調整程度に時計を出しそれが国内最終追い切りになるでしょう。



 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年春の海外競馬

tb: --   cm: 0

米三冠2戦目、プリークネスSの結果  

現地時間の20日に米三冠競走の2戦目、プリークネスステークスが行われました。

1戦目のケンタッキーダービーは20頭立で1番人気のオールウェイズドリーミング(Always Dreaming)がドロドロのマディ馬場を先行し勝利。
JRA NEWS】2017.5.7 2017ケンタッキーダービー(G1)の結果
entry1165 ケンタッキーダービーの結果と今後


2戦目のプリークネスSは10頭立に。
1番人気はここもオールウェイズドリーミングで、逃げる競馬。
しかし3角手前で道中2番手だったクラシックエンパイア(Classic Empire)に交わされ、巻き返すことなく8着に沈みました。
クラシックエンパイアがそのまま押し切るかと思っていたら、ゴール手前で伏兵の勝ち馬クラウドコンピューティング(Cloud Computing)に交わされ2着。
JRA NEWS】2017.5.21 2017プリークネスステークス(G1)の結果

2017 Preakness Stakes - Cloud Computing


サンスポ】2017.5.21 【プリークネスS】米2冠目は伏兵クラウドコンピューティングがV
競馬ラボ】2017.5.21 【プリークネスS】米2冠目はクラウドコンピューティングが追い比べ制す

プリークネスSの馬場は水分を含んでボコボコで土の団子みたいな感じでしたが、あれで良馬場(fast)なんだそうです。
ケンタッキーダービーもあれで良馬場(fast)。
それとどこが違うのかわからないピーターパンSは不良馬場(Sloppy)です。


エピカリスが出走を予定しているベルモントSは、プリークネスSピーターパンSの上位馬が出走することになるでしょう。
entry1172 エピカリス美浦帰厩、ピーターパンSの結果


ベルモントSは何頭立になるかわかりませんが、三冠達成を目論む大本命の馬がいなくなりました。
エピカリス陣営にとっては思惑通りの展開ですね。
これでエピカリスの勝利を妨害されることも無くなる。。。
まァ、無くならないでしょうね。


海外競馬のことを何にもわかっていない私にはこれ以上は書けません。
24日に更新されるであろうnetkeiba.comの”世界の合田”コラムをお楽しみに!!
netkeiba.com】合田直弘 世界の競馬
今週の更新はアメリカのクラシックではなく欧州のクラシックでした。



 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年春の海外競馬

tb: --   cm: 0

UAEダービーの賞金が振り込まれます  

今週はダービーウィークです。

今年は出資馬の日本ダービー出走がありません。
やはり寂しいですね。

まァ、今年は既にUAEのダービーに出走済みですし、もう1戦アメリカのダービーに出走する可能性もありました。
エルデュクラージュで大井のダービーも出走があるかと思っていましたが、それは消えたと言っていいでしょう。

出走して欲しい、勝って欲しいのは、やはり日本ダービー(東京優駿)です。


現地時間の20日に米三冠競走の2戦目、プリークネスステークスが行われました。
その結果はまた後日entryするつもりでいます。


まずは先日のentryでも触れたエピカリスの今後のスケジュールについて。

25日から出国検疫へ、31日に出国ということです。
ラジオNIKKEI】2017.5.19 エピカリス、31日に出国へ
競馬ブック】2017.5.19 エピカリスは31日に出国―ベルモントS

検疫厩舎へ入る日も出国日も、レース開催日から逆算するとUAEダービーと同じスケジュールです。
となると、国内最終追い切りは29日(月)です。


DUBAI RACINGの映像をキャプチャー


続いてはUAEダービーの賞金について。

5月の請求明細書と一緒に『エピカリス号 UAEダービー 賞金・海外遠征出資金のご案内』が届きました。
気になる賞金の円換算レートが信じられない数字でした。

 ① 海外遠征出資金計算時レート【114.81円】
 ② 賞金計算時レート【105.63円】



以降、海外遠征出資金計算時レートを”適正レート”として話を進めます。

う~ん、なして9.19円の差が発生するのか?
ドバイワールドカップデーの賞金は米ドルで支払われると勝手に思っていましたが、ドバイの通貨 ディルハム(Dirham) → 米ドル → 日本円
ということで手数料により賞金が目減りしたんでしょうか?


某馬仲間さんがクラブに問い合わせてくれ、回答も聞きました。

はっきりとした理由があるのなら案内に書いたほうがいいと思います。
気になる方はクラブに問い合わせるでしょ?
社員の仕事が増えるだけなのに。
案内に書かないと出資者に不信感を抱かせるだけなのに。

理由を案内することは私の仕事ではありませんので、ここには書きません(爆)。


ちなみに進上金は賞金の25%になります。
調教師、厩務員、騎手の分配、JRAより多く引かれる5%が誰の取り分になるのかはわかりません。
当たり前なのでしょうが、進上金の割合はドバイのルールに従うんですねぇ。
なお、クラブ手数料は3%です。

よって、賞金から28%が控除されて出資会員への分配金になります。
また、これも当たり前なのですが、JRAに持っていかれるお金(JRA・地方競馬源泉所得税)はゼロです。
消費税も引かれていません。


2着賞金(40万USドル)に9.19円がどれだけ影響するかというと

 ① \45,928,000-
 ② \42,252,000-


差額は、370万円(\3,676,000)になります。

ちなみに1着賞金(120万USドル)の場合差額は、1,100万円(\11,028,000)です。


ネオリアリズムがドバイターフに出走し、勝っていた想定して計算してみると

 ① \413,352,000-
 ② \380,268,000-


差額は、3,300万円(\33,084,000)になります。

3,300万円という金額は、2歳重賞(GⅢ)の1着賞金と同額です。


これ、ヴィブロスでもレートは同じ計算になるんですよね?
元の賞金が大きいからこれぐらい差があっても。。。とはいかなでしょ。

円換算レート、これは遠征決定時に出資会員に告知しておかなければいけないんじゃないですかねぇ。

この騙された感は何なのでしょうか。
『来年はネオリアリズムでドバイターフをエピカリスでドバイワールドカップを』と夢を見たいですが、この現実を知ってしまうとなんだかねぇ。
という気持ちになりました。

賞金を米ドルで払ってもらい、クラブが大黒屋で両替したほうが配当金は大きいんじゃないですか?(爆)。


ベルモントS遠征費は2,000万円を予定しています。
私の想定よりも安く済みそうです。

しかし、UAEダービーの賞金がこれでは5月の精算で出資者が手にする金額は同じじゃないですか。


疑問点が一つあります。
このキャプチャー画像をご覧ください。


※画像はクリックすると大きくなります。

現時点の収得賞金にはUAEダービーの賞金が含まれています。
総賞金はJRAで走った分のみで、北海道2歳優駿とUAEダービーは含まれていません。

JRAデータベースの収得賞金は以下の計算になります。
赤字部分がUAEダービーの2着賞金加算分です。

 ■収得賞金
  5,240万円
   400 + 500 + 2,000*1/2 + 1,000 + 4,680*1/2
   (新馬戦+プラタナス賞+北海道2歳優駿+ヒヤシンスS+UAEダービー)


競馬ブックのデータベースから算出すると、2着賞金は 4,684.8万円 だったことになります。

 ■獲得総賞金(競馬ブック)
  10,238.7万円 
   700 + 1,000 + 18.9 + 2,000 + 1,800 + 35.0 + 4,684.8


JRA=競馬ブック となり、円換算レートは US$1=\117.12 です。

JRAの記録と、実際に馬主が受け取った金額とは 約460万円 の差があります。

この差は今年だけなのか?
毎年これだけの差があるならJRAも競馬ブックもそれを見越してデータベースを作るでしょ。

JRAの収得賞金はこのまま放置されるのか?
それとも実際に払われた金額で修正されるのか?
気になります。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年春の海外競馬

tb: --   cm: 0

競走結果(17.5.21)エルデュクラージュ  

やはり典型的なクロフネの男馬かなぁ。
東スポ杯2歳Sで芝を試してなかったら、まだ希望もあるんですが。
使ってみたからなぁ。

では、競走結果です。


■エルデュクラージュ
5/21 (土) 京10R 鳳雛S (OP) ダ1800m 松山騎手 56kg
10頭 3人気 8着 498kg (+2)



10頭立の4番ゲート。
少頭数でした。
1勝目、2勝目を見直してみましが、もっと外よりだったら結果は違ったかもしれませんね。

1角を回る時に外に出す気があれば出せたように見えました。
2角で先行した2頭が抜け出て馬群は縦長に。
この時点で松山騎手は腰入れて押し始めましたが、行きっぷりはいまいち。

1/28のレースでも早い段階から何発も鞭が入っていましたが、今回も動きませんでしたね。

前の2頭が後続に吸収され、4角手前で先頭集団が団子になりました。
エルデュクラージュは内埒沿い。

この時点で負けを確信。。。とまでは言いませんが、前は壁で外側の馬に寄られて動くに動けない。

1勝目も2勝目も外を捲って長く良い脚を使う競馬。
鞍上はどちらも松山騎手でした。

リヴェルディのような極端な乗り方をしろとは言いませんが、残念な騎乗でしたね。


クラブのコメントに『大型馬の休み明けとあって余計に勝負どころで反応しきれなかったようですが』とありました。
そうじゃないと思うんだよなぁ。
走る馬はそんな言い訳不要だからなぁ。

7/12の夜は大井競馬場にナイター競馬観戦に行くつもりでしたが、行く理由がなくなってしまいました。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ