FC2ブログ

出走確定(18.9.22)グレートバニヤン  

 グレートバニヤン
 9/22 (土) 阪神1R 2歳未勝利 ダ1800m 13頭 川田騎手 54㎏

9/9の2歳勝利戦以来となる中1週の競馬です。
entry1665 競走結果(18.9.9)グレートバニヤン

その前走後はトレセンに戻ってからも特に疲れた様子は見せていなかったのでトレセンに在厩のまま調整して続戦となりました。

前走を見て1800mは違うと思っていたので来週土日にあるダート1400mのどちらかだと思っていました。
なお、距離について牧田師のコメントはありません。

13頭立てになりました。
そのうち7頭がこのレースで2戦目。
前走が芝、短距離様々でダートの中距離に矛先を向けてきたということ。

前走で掲示板があったのはグレートバニヤンとマイサンシャインだけ。
マイサンシャインは父ゴールドアリュールで前走は芝の1800mで4着でした。
行き脚が付かず最後方からの競馬で徐々に進出してきたという競馬。

ダートで走らないダイワメジャー産駒とダート鬼ゴールドアリュール産駒の対決でしょうね。
グレートバニヤンが前に行って凌ぎ切れるかという競馬かな。
休み明けを叩いて絞れ、素軽くなっていれば大丈夫と思いたい。

鞍上は引き続き川田騎手になりました。
前走後は『現状の走りはできているし、慣れてくれば』とコメントしていましたね。

現状の力で勝てるメンバーだと思います。
これで負けたら言い訳はできません。
ズルズルと入着を繰り返すのではなくここで決めて欲しい。
期待しています!

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

出走確定(18.9.17)ラッシュアタック  

 ラッシュアタック
 9/17 (月) 中山9R 白井特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 10頭 木幡巧騎手 57㎏

6/30に函館で中1週の競馬をして以来、2ヶ月半ぶりの競馬になります。
entry1594 競走結果(18.6.30)ラッシュアタック

この馬は函館で3歳未勝利戦を勝ちました。
洋芝が合う合わないの問題ではなく、あのレースでは力が違っただけ。
そういう今年の函館での2戦でした。

その前走後はこの9月の中山開催に備えて7/4に函館から一旦美浦トレセンに帰厩し、7/7にNF天栄へ放牧。
8/22に美浦トレセンへ帰厩しました。

鞍上はこの馬のことをよく知る木幡巧騎手になりました。
木幡巧騎手がダメというつもりではありませんが、2週間前の募集馬見学ツアーの際にある方に鞍上を聞いてみました。
ある方とぼかしたところで他にこんなことを聞く相手はいないんですけどね(苦笑)。
その際はまだ未定とのことでした。


以下、余談です。
キャロットクラブと菊川厩舎の縁はラッシュアタックで終わり、それ以降の預託馬はありませんね。
以前は隔年であったので期待していましたが切れてしまいました。
まァ、ラッシュアタックの預託もノーザンよりもメジロと菊川師の縁だったのかも知れません。

預託があったとしても高馬が入る厩舎じゃないですからねぇ。
難アリのお試し馬は評価が決まったベテランよりも若手の調教師に預けるでしょうし、現状の成績ではもうないかな?


白井(しろい)の梨、美味しいよ~。



当日は中山競馬場の正門前広場で白井物産展が行われるそうです。
今年の梨はそろそろ終わりかなぁと思いますが、買ってみてください。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 2

出走確定(18.9.15)カテドラル  

NF空港に毎年募集馬見学ツアーで話をするのを楽しみにしているの乗り役さんがいます。

私は覚えていなかったのですが、今年ハーツクライ産駒の歩様の話をしていたら『昨年歩様の話をしたアビラの仔が新馬勝ちしましたね』と言われました。
その話をしたのがカテドラルの横だったようなんです。
実はということでカテドラルに出資したことを報告しておきました。

今年はその方の育成厩舎に入る予定のハーツクライ産駒に申し込みました。

そして昨日発表された【2018年度1歳馬・第1次募集最終結果】の時点で出資確定しました。

きっと来年は『昨年歩様の話をしたクルソラの仔が新馬勝ちしましたね』となるでしょう。
5月生まれなのでツアー時点ではデビューしていないと思いますけど(笑)。
まァ、それはそれとして今から来年のツアーが楽しみです!

 カテドラル
 9/15 (土) 阪神9R 野路菊ステークス (2歳オープン) 芝1800m 6頭 福永騎手 54㎏

7/8に中京で新馬戦を勝って以来、2ヶ月ぶりの競馬になります。
entry1602競走結果(18.7.8)カテドラル

その前走後は7/11にNFしがらきへ放牧、8/22に栗東トレセンへ帰厩しました。
NFしがらきでもトレセン帰厩後も特に問題はなく、順調。

池上学師によると『ここまでは思惑どおり順調そのものです』とのことです。


今週の最終追い切りは軽めでしたが、先週は動きましたよ!

 助 手 9. 5 栗東 CW不 82.0 - 67.2 - 52.4 - 38.2 - 12.2 [6] 馬ナリ余力
  エルフィンコーブ(古1600万)直強目の内3.1秒追走0.1秒先着


 助 手 9.12 栗東 坂稍 1 回 56.0 - 40.3 - 25.3 - 12.3 馬ナリ余力


このレースは6頭立(フルゲート18頭、特別登録9頭)になりました。
ですが実質はヴェロックス、モンテアーサー、カテドラルの3頭立と言っても過言ではないでしょう。

その2頭は強そうですね。
いつかは当たらなければならない相手です。
それが今回になった。

3頭ともに新馬を勝ちこのレースが2戦目。
このレースの結果で全てが決まるわけではありませんが、勝ってくれたほうが良いのは当たり前。

今後を占う試金石になりました。
昨年のフラットレーの2戦目のようなことにならないように(苦笑)。

期待しています!


2018.7.8 中京5R 2歳新馬 芝2000m
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)


今日は開けてビックリの抽選結果発表会です。
そういうことなのでこのentryは予約投稿です。

今年は何頭に出資確定したでしょ~か!?

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 12

出走確定(18.9.9)グレートバニヤン  

6日に発生した地震により北海道全域が停電したことで、キャロットクラブの出資申込受付期間の変更がありました。

 9/7(金)17:30 → 同日 23:59

昨日は職場の飲み会でした。
まっすぐ帰宅していれば追加申込をしたかもしれませんが帰宅は日付が変わっていましたし、結局そのままです。
候補の馬を選んでいたんですけどね。
申込んでおけばよかったのか。。。
う~ん、なんとも言えません。

当ブログにLINKしていただいている馬仲間の方で、申込した馬が被っている方はブログにコメントを残しました。
コメントを残してない方とは被っていないということです。
一通り拝見したつもりですが、漏れがありましたらごめんなさい。

 グレートバニヤン
 9/9 (日) 阪神1R 2歳未勝利 ダ1800m 9頭 川田騎手 54㎏

前回、出資馬が平地の未勝利競走に出走したのが2年前の2016年8月13日。
現5歳のシュネルギアでした。

1つ下の現4世代3頭は全頭新馬勝ち。
2歳下の現3歳世代は1頭が新馬勝ちし、もう一頭のシュネルギアの半妹ユナニマスは不出走で終わりました。

ユナニマスは未勝利戦にも出れなかったので、話になりません。
それに新馬勝ちしたフラットレーは、今未勝利戦に出走して勝ち上れるのか?という状況です。

まァ、それはそれとして、出資馬2年ぶりの平地未勝利戦へ出走です。


グレートバニヤン。
6月3日、今年の2歳新馬戦開幕週以来となる3ヶ月ぶりの競馬です。
entry1571 競走結果(18.6.3)グレートバニヤン

その新馬戦後は6/6にNFしがらきへ放牧。
7/3に更新されたNFしがらきで撮られた画像を見ると、体の盛り上がりが減り寂しくなったように感じました。

8/16に栗東トレセンへ帰厩。
8/14に更新されたNFしがらきで撮られた画像を見ると、減っていた分が戻ったように見えますね。

今回はダート1800mです。
私はこの馬を芝の短距離馬と思って出資したのですが、その条件を新馬戦だけで諦めてしまいましたね。
馬の状態が今一つだっと思いますが、1400mの馬ではなかったと感じました。

ダートに関して牧田師は『もともと血統的にダートで走らせてみたいと思っていた馬で、ずっと待っていた条件です』とコメントしてます。
実際に馬に接している方がそう思うならとうことになりすが、ちょっと残念。
ダイワメジャー産駒のダート成績を見るとやっぱりねぇ。
そのうちまた芝を試して頂ければと思います。


2戦目の鞍上は川田騎手になりました。
新馬戦も川田騎手になるだろうと期待していましたが、松若騎手でした。
まァ、結果は鞍上云々じゃなかったと思いますけどね。

川田騎手、英国での騎乗停止で乗れないのかと心配しましたが、大丈夫でした。
そもそも、JRAの騎手が英国で乗って騎乗停止になり、その騎乗停止期間がJRAの開催日ではないことに何の意味があるのか?
JRA NEWS】2018.8.30 川田 将雅騎手の騎乗停止処分について


最終追い切りの鞍上は元騎手の牧田師でした。
『背中など跨った感触は兄のロンドンタウンと本当によく似ていて、能力を秘めていると感じさせてくれます』とコメントしています。
弟の2戦目の日、兄ロンドンタウンは、連覇を目指して今年も韓国・ソウル競馬場で開催されるコリアカップ(韓国G1)に出走します。
JRA NEWS】2018.9.6 韓国遠征馬のコリアスプリント(韓国G1)・コリアカップ(韓国G1)出走について

牧田師は阪神競馬場の仁川ではなく、韓国の仁川でしょう。

兄も弟もがんばれ!!
期待しています!


香港中環・孫中山紀念館前のバニヤン

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

出走確定(18.9.1)エルデュクラージュ  

 ■エルデュクラージュ
 9/1 (土) 小倉10R 玄海特別 (3歳上1000万下) 芝2000m 14頭 北村友騎手 55㎏

6/9に降級初戦を勝って以来、3ヶ月ぶりの競馬になります。
その前走後は6/13にNFしがらきへ放牧され、8/9に栗東トレセンへ帰厩しました。

ということで、今回は1000万下へ戻っての初戦です。
ダートの番組はいつでも使えます。
1000万下の芝中距離線は少頭数のレースが続いており、多頭数でごちゃつくダート1700mよりも競馬自体はしやすいだろうということで、2歳の東スポ杯以来になる約2年ぶりの芝挑戦になりました。

もう一度芝を試してみるならこのタイミングでしょうね。
ただ、東スポ杯を見た感じでは芝が合うとは思えませんが(苦笑)。

R.ムーア騎手はレース後
『まだ芝の走り方をわかっていないような感じ』
『芝がダメと言っているわけではない』
『現状はダートのほうがより好ましいかな』

とコメントしていましたしねぇ。
まァ、試してみないうちに結論を言っても仕方ないのでポジティヴに捉えておきます。

最終追い切りはレースでも乗る北村友一騎手が手綱を取りました。
気を抜くような面がある馬ですから。
芝について騎手に聞いてみたところ『これだけ動ければ試す価値はあると思います』とのこと。


以上、募集場検討をしなければなりませんのでこのへんで。
期待しています!

entry989 競走結果(16.11.19)エルデュクラージュ



2016.11.19 東京11R 東京スポーツ杯2歳S (GⅢ) 芝1800m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ