出走確定(17.10.15)ホーカーテンペスト  

8/26の新潟ジャンプステークス(J・GⅢ)以来の42戦目(障害8戦目、平地34戦)になります。
entry1272 競走結果(17.8.26)ホーカーテンペスト

 ■ホーカーテンペスト
 10/15 (日) 東京ハイジャンプ (J・GⅡ) 芝3110m 10頭 五十嵐雄騎手 60㎏

9月第4週に傷腫れという軽いトラブルがありましたが、幸いフレグモーネに至ることなく無事出走確定になりました。

鞍上ですが、主戦の五十嵐雄騎手に戻りました。
前走の新潟ジャンプSは五十嵐雄騎手が落馬負傷で乗れず、オジュウチョウサンの石神騎手が代役で乗りました。
初の障害重賞挑戦、重賞を勝つ最大のチャンス到来と期待しました。
しかし、平地でのイメージを持って騎乗したのか、消極的なレース運びで馬券にもなりませんでした。
まァ、五十嵐雄騎手も5/6の障害オープンももっと攻めの騎乗をして欲しかったんですけどねぇ。
entry1162 競走結果(17.5.6)ホーカーテンペスト


東京ハイジャンプ、このレースは暮れの大一番、中山大障害(J・GⅠ)を見据えたメンバーです。
飛びぬけた実績があるのは障害GⅠ三連覇中のオジュウチョウサン。
関西の障害重賞常連馬がいませんから他は恐れるほどでもない。
最大の敵は、やはり自分自身でしょうね。

府中の障害コースを走るのは2回目です。
entry837 競走結果(16.06.18)ホーカーテンペスト

障害(生垣)までの歩数が合わず、踏切れずに障害に突っ込んだ。
たまたまというか、残念ながらというか、障害の向こう側が窪んで水濠があった。
トモを落とし派手に水飛沫を上げた。




2016.6.18 東京4R 障害3歳上未勝利 ダ3000m
※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

ホーカーテンペスト、あと2ヶ月半で9歳になります。
近走を見ても、やはり衰えは感じますね。

障害重賞は平地の脚では誤魔化せません。
やっぱり飛越能力と跳んだあとの立て直し、次の障害へのアプローチ。

津曲助手によると、ちょっと慣れが出てきているという感じがいくらかあるとのこと。
もう少しピリッとさせられるように調整してレースに挑むそうです。


今週末は雨模様ですね。
天気予報では金曜日から火曜日まで傘マークがついています。

とにかく無事に走り終えるように。
そして勝利を信じて。
期待しています!


2014.5.11 東京9R 湘南S (1600万下) 芝1600m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 3

出走確定(17.10.8)サーブルオール  

昨年11/6の前走の『出走確定』entryで書いたことをもう一度書いておきます。
ネタ元は昨年の募集場見学ツアーでNF天栄のエライ人に聞いた話です。
『函館での2戦は勝たなければいけないレースでしたし、次走は確実に勝たさなければいけないので1600mを使う。
競馬に行くとどうしても気持ちがカッカとしてしまう馬なので、道中抑えてプレッシャーを与えるよりもマイルで走らせたほうがいいんじゃないか。
1800m、2000mでも勝負にはなるだろうが、次走は初めて使う左回り、そして府中。
だから特別戦ではなく、平場。
年内はそのレースを含めて2戦というスケジュール』


初めての東京競馬場でしたが、問題なくこなしてくれました。
心配していた鼻出血の再発もありませんでした。


2016.11.6 東京8R 3歳上1000万下 芝1600m

 ■サーブルオール
 10/8 (日) 東京9R 鷹巣山特別 (1000万下) 芝1600m 12頭 C.ルメール騎手 57㎏

昨年の11/6に東京競馬で勝って以来、11ヶ月ぶりの競馬になります。
entry974 競走結果(16.11.6)サーブルオール

前走後のレクチャーでは次走について具体的なコメントはなく、一旦NF天栄に戻されました。
鼻出血の心配もありましたし、確認のためかなと思っていました。

NF天栄に出される直前に萩原師から『左の膝にほんの少しだけ熱感がありましたので念のためレントゲン写真を撮ったのですが、これといった異常はなさそうでした』というコメントがあり安心していいのか、心配すべきなのかと思っていたところ。。。
12月中旬に右前深管骨瘤を発症してしまいました。
最悪の場合、半年は競馬を使えないかもしれない覚悟をしていましたが、想定していたよりは重いものではなく、1月上旬に坂路入りを再開。

その後、右前深管骨瘤の話は出ませんでしたね。

エピカリスのヒヤシンスS後のレクチャーでクラブスタッフと話をした時は、次走は3/19 阪神9R 但馬S 芝2000mになるようなニュアンスでした。
阪神大賞典のサトノダイヤモンドに乗るC.ルメール騎手に合わせての西下なのかと思っていました。
まァ、まだトレセンに戻ってない時期でしたし、話が変わるのはよくあることですから。

2/24に美浦トレセンへ帰厩。
次走は3/19幕張ステークス戸崎騎手でということに。
出走メンバーは現級勝ちのある堀厩舎のキャンベルジュニア、昨年北海道で一緒に走ったバイガエシ等、手強い馬が揃いました。
ここを勝ったら秋が楽しみになる。
暮れの香港国際競走はマイルをサーブルオール、カップをネオリアリズムでと半分本気、半分冗談で思っていました。


ここまでは、幕張Sの『出走確定』entryの下書きで準備していました。
ところが、最終追い切りで鼻出血(2回目)を発症し、出走回避になりました。
entry1105 サーブルオール、幕張S出走回避

1回目の洞爺湖特別の後は両鼻腔からじんわりと滲み出ている程度でした。
2回目も大量ではないそうなので同じぐらいの量なのかもしれません。
ですが両鼻腔から出ており、内視鏡検査で肺からの出血を確認したとのこと。
昨年の募集場見学ツアーで函館の鼻出血のことを聞いてみたら、実はけっこうな量が出ていたそうです。

幕張Sの結果はこちら ↓↓↓↓↓
netkeiba.com】2017/3/19 (日) 中山9R 幕張S (1600万下) 芝1600m


NF天栄に放牧され、復帰に向けてピッチを上げていったところ、二度あることは三度あった。
5/13頃、坂路でF14~15秒のキャンターという調整で3回目の鼻出血発症です。

9/13に美浦トレセンへ帰厩しました。
復帰緒戦は、今年の募集馬見学ツアーでNF天栄のエライ人に聞いた話だと、同じような番組がある中で以下の2戦のどちらかということでした。
昨年のこともあり平場かと思っていたんですけどね。
 10/15 (日) 東京08R 3歳上1000万下 芝1800m
 10/22 (日) 東京08R 3歳上1000万下 芝1600m



最終追い切りは無事に終えています。

二度あったことは三度あった。
四度目ということわざはありません。
しかし、鼻出血の場合はそうはいかないと思います。

サーブルオールはパドックでは前進気勢と今にも鼻血を吹き出しそうな形相で歩るく馬です。


2016.11.6 東京8R 3歳上1000万下 芝1600m

まずは何事もなく走り終えられるように。
そして、一戦一戦これが最後かもという覚悟での観戦です。
使う以上は勝ち負けをしてほしい。

回り道をしてしまいましたが、来年はサーブルオールが古馬のマイル路線で活躍してくれると期待しています!

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

出走確定(17.10.7)エルデュクラージュ  

1/28の3歳500万下を勝ち、しばらくは適鞍がないということで2/1にNFしがらきへ放牧。
その後、左前肢の骨瘤を少し気にする。
4/27に栗東トレセンに帰厩し、以下の3戦を消化。

 5/21 京都10R 鳳雛S (3歳OP) ダ1800m 8着 松山騎手
 6/11 阪神10R 加古川特別 (1000万下) ダ1800m 8着 中谷騎手
 7/08 中京10R 濃尾特別 (1000万下) ダ1900m 10着 中谷騎手


7/13にNFしがらきへ放牧。
全くいいところがありませんでした。

 ■エルデュクラージュ
 10/7 (土) 京都9R 北國新聞杯 (1000万下) ダ1900m 14頭 M.デムーロ騎手 55㎏

9/15に栗東トレセンに帰厩し、3週間。
このレースを目標に帰厩させたそうです。
3ヶ月ぶりの競馬になります。
entry1224 競走結果(17.7.8)エルデュクラージュ

今回は前走のチークピーシズが効果があったとのことで更に矯正効果を求め、遮眼革(ブリンカー)を使うそうです。
あの乗り方を見ると、馬具に頼るよりも鞍上を替えるほうが効果があると思っていました。

先週の池添学師のコメントは『鞍上は現在調整中です』でした。

特別登録時の競馬ブックの想定騎手は、前走、前々走で乗った中谷騎手になっていました。
ブックの想定を信頼していますが、やはり想定ですから100%そうなることはありません。
でも的中率はかなりの確率です。

まさかデムーロ騎手になるとは思ってもいませんでした。
まァ、想定にデムーロ騎手の名前はなかったんですが、だからといってエルデュクラージュに乗るとは思いませんよ。

中谷騎手になるものと思ってボロクソに書いた下書きを準備していました。
マナブくん、ごめんなさい。


デムーロ騎手が乗っても掲示板があるかどうかのメンバーで。
鞍上が鞍上なので、言い訳はできません。
ですが、なんとか格好を付けてほしいです。

期待しています!



2016.11.19 東京11R 東京スポーツ杯2歳S (GⅢ) 芝1800m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

出走確定(17.9.30)ラッシュアタック  

 ■ラッシュアタック
 9/30 (土) 中山10R 習志野特別 (1000万下) 芝2000m 16頭 吉田隼騎手 57㎏

10日の中山競馬で勝って以来、中2週での競馬になります。
entry1284 競走結果(17.9.10)ラッシュアタック

鞍上は前走を勝ってくれた木幡巧騎手で引き続きという予定でしたが、騎乗停止になったため吉田隼騎手に依頼ということになりました。
吉田隼騎手、久しぶりの出資馬騎乗です。
2014年4月のベルプラージュ以来です。

出資馬騎乗は9戦未勝利ですが、24戦1勝の兄よりは期待できる。


今週の追い切りは大きく遅れました。
菊川師は『ラッシュアタックに跨っていたスタッフの体重が重かったこともあり、正直なところ、それも最後の差に影響したようです』とコメントしています。
わかるような気がする(苦笑)。

 助 手 9.27美南W 良 66.8 - 52.4 - 39.1 - 13.8[9]一杯に追う
  フジマサアクトレス(古500万)一杯の外を0.4秒先行0.8秒遅れ



蟻洞に関して特にコメントがありません。
前走のパドックで蹄を見たところ右前肢蹄鉄の鉄唇外側に500円玉位の大きさが樹脂で埋められていました。



縦方向で3㎝程度だったのでこのまま菌の繁殖を抑えられたならば、年内には樹脂の部分が新しい蹄に置き換わるんじゃないかと思います。
そうならないかもしれませんが、湿気が少ない冬場のほうが菌の繁殖を抑えらるでしょうから、快方に向かうと思います。


特別登録のentryでラッシュアタックが4連勝をする夢を見たと書きました。
entry1298 特別登録(17年39週分)ラッシュアタック

まァ、さすがに500万下、1000万下、1600万下、オープン特別という4連勝はないですよ。
勢いのある3歳馬じゃないですからね。
そうは言っても、2連勝はあってもいいんじゃないですかね(笑)。
実際はそんなに甘くはないですけど。


今週で秋の中山開催は終了。
来週から府中へ移動します。
10月は毎週のように府中に行く事になるでしょう。

ラッシュアタックの2連勝で府中出走組にバトンタッチ。
期待しています!


今日の締めはラッシュアタック、背中の重い荷物を降ろして気楽に山を登ろう』ということでこの曲を。
あっ!落馬は困りますよ。

映画『The Last Waltz』から
The Band / The Weight feat. the staples singers


個人的にはオリジナルよりもゴスペル、ソウル・グループのザ・ステイプル・シンガーズが一緒に歌っているほうが好きです。


2017.9.10 中山8R 3歳上500万下 芝1800m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

出走確定(17.9.10)ラッシュアタック  

今週の開催から中山に競馬が戻ってきました。
久しぶりに応援に行きましょう。

今週はラッシュアタックが出走します。
ユナニマスの帰厩が延期されたので、今月はこれが最初で最後かな?
過去3年の9月はこんな感じ。
 2014年 4戦
 2015年 2戦
 2016年 1戦


スーパー未勝利戦は関係ないし、これでいいんでしょう。

 ■ラッシュアタック
 9/10 (日) 8R 3歳上500万下 芝1800m 15頭 木幡巧騎手 ☆56㎏

ラッシュアタック、7/15の福島で4着になって以来、約2ヶ月ぶりの競馬になります。
entry1230 競走結果(17.7.15)ラッシュアタック

その前走後は一旦美浦に帰厩し、続戦するか検討されましたがすぐにNF天栄に放牧。
8/23に美浦へ帰厩しました。

心配の右前肢の蹄ですが、その後悪いという話は出てきません。
今後も騙し騙し付き合って行くしかないでしょうね。

今週と来週に同じ条件があり、追い切りの動き次第でどちらかを使うという予定で今週のレースを選択されました。
併せた相手は2歳馬ですが、動きましたね。
ブックの調教評価の矢印は斜め上を向いています。

今回の出走15頭を見てみると、前走で馬券になったのは3頭です。
3頭とも3歳未勝利戦を勝ち上がったばかり。

チャンス到来!
期待しています。


余談になりますが。。。

前走で乗った野中騎手が今月の会報でインタビューに答えており、ラッシュアタックについて語っていました。
『聞く相手は下手に乗った野中じゃないだろ』と思いました(爆)。

野中騎手によると『操縦性が良い』とのこと。

前走を振り返り、長文でコメント。
レース直後のコメントでも思ったんですが、ゲートを出てから1分47秒でそれだけのことを考える余裕があるなら、なんとかしろよと思います。
そんだけ講釈垂れてあの成績じゃあねぇ。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ