競走結果(18.6.10)サーブルオール  

昨日は府中に行きませんでした。

馬(エピカリス、フラットレー)の気持ちと一緒に私の気持ちも競馬に向っていないので。
雨が降っていましたが、行く時は雨なんて気にしませんから。
エルデュクラージュの勝利で昼までに気持ちが上向けばと思いましたが、やっぱり。

今週のプレゼンに向けて資料を仕上げなければならかったので、テレビ観戦。

サーブルオールのこれまでの5勝は全て現地観戦していました。
やはり私が臨場しないと勝てませんか!?

では、競走結果です。

 ■サーブルオール
 6/10 (日) 東京11R エプソムカップ (GⅢ) 芝1800m 芝1800m C.ルメール騎手 56㎏
 16頭 3人気 4着 488kg (+2)

鞍上人気でしょうが、3番人気でしたね。

重馬場、そして通ったところの差でしょうかね。
残り400mを切ってから内に進路を取りましたよね。
外に出せば違う結果に。。。と言いたいですが、テレビで見ればそう言えますが馬の背ではそうは思わなかったんでしょう。


ルメール騎手もコメントしていますが、古馬の重賞初挑戦でこれだけやれたら合格じゃないですか?

5歳ですが鼻出血で長い休みを挟んでこれが12戦目でした。
まだまだこれからです。

ルメールさん、今後ともよろしくお願いします。
ラジオNIKKEI】2018.6.10 【エプソムC】(東京)~サトノアーサーが残り200mで先頭に立ち重賞初V
スポーツ報知】2018.6.10 【エプソムC】ルメール騎乗のサーブルオールは4着「すぐに重賞を勝てそう」
サンスポ】2018.6.10 【エプソムC】サーブルオール3連勝ならず4着 ルメール「2度目の重賞で頑張っている」

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 0

競走結果(18.6.9)エルデュクラージュ  

訂正しておいてよかった(笑)。
連敗を止めてくれたのは、エルデュクラージュでした!

では、競走結果です。

 ■エルデュクラージュ
 6/9 (土) 阪神8R 3歳上500万下 ダ1800m 川田騎手 57㎏
 15頭 1人気 1着 480kg (-4)

2番人気か3番人気かと思っていましたが、結局1番人気になりましたね。

前走では初めてシャドウロールを付けました。
今回は久しぶりチークピーシズを使いました、昨年の7/8以来です。


※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

今日のレースを見た感じでは、やっぱりシャドウロールは合いませんでしたね。
先入観があるからでしょうが、道中の顎の角度が違います。


4角を回ってからは『あーッ、あーッ』と叫びなら観戦。
後ろから追い込んで来た4番人気のサンライズセナと3番人気のワンダーウマス

前走のこともあり、並ばれたらもうひと伸びがあると思いつつも。。。
いつ『あーッ、あーッ』『あぁ~あ』に変わるかと思いながらでしたが、なんとか凌ぎ切りました。
川田騎手の好騎乗でしたね。

勝ったから言えるのですが、500万下で足踏みしてもらっちゃ困りますから(笑)。
経験上、足踏みした馬はその後の活躍は期待できません。


今後はリフレッシュ放牧の予定です。
『体が減っていましたので』というのは言い訳に聞こえますね。
これまでの数字の推移を見ると、減ったとまでは言えないと思います。
まァ、ここで休んでおけばエルデュクラージュが休んでいるうちに1600万下から降級した有力馬たちが1600万下に戻っているでしょうから、1000万下でも。。。とはならないかもしれませんが。

去勢明け緒戦は去勢前の馬体重でしたが、それ以降は去勢前からマイナス10kgになっています。
やはり体質の変化でしょうね。


最後になりましたが、お祝いのメール・コメントをくださいました皆様、ありがとうございました。
そして池添学厩舎の皆様、川田騎手、ありがとうございました。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 6

競走結果(18.6.3)グレートバニヤン  

用意していた前フリは全部削除で。

なお、大外の11番だったリネンリボンが左後肢跛行のため、出走取消になっています。
(枠順確定の取消なので、出走頭数は11頭のまま)
JRA NEWS】2018.6.3 開催競馬場・今日の出来事(6月3日(日曜))

では、競走結果です。

 ■グレートバニヤン
 6/3 (日) 阪神5R 2歳新馬 芝1400m 松若騎手 54㎏
 11頭 2人気 5着 512kg

馬体重は512kgでした。
一週前追い切りが実質最終追い切りになりましたし、直前が調整程度だったためか500kgを大きくオーバーしてしまいました。
ダイワメジャー産駒は大き過ぎるとダメなので500kgを切ってくれれば思っていました。
まァ、500kgを10kg少なく490kgでデビューであっても、超えるのは時間の問題ですし、北海道に居た時点で500kgオーバーは見えていましたね。


日曜日の朝まではグレートバニヤンが1番人気でした。
最終的に1番人気は母馬がキュンティアのアンラッシュに。
血統馬ですし、最終追い切りで動いたようですから人気としてはそうなりますね。


パドックをレーシングビュアーで見たところ、銜はエッグ銜でしたね。
クラブWEBサイトに5/9付で更新された画像と同じです。


※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

フランス鼻革。
頭絡の下に耳覆いの付いたメンコ。
そしてガムチェーン(リップチェーン)。


ゲートは大外のリネンリボンが出走取消なったのでグレートバニヤン最後に。
芝と砂の分かれ目で躓く。
嫌な予感。

ゲートは五分に出たんですけどね、行き脚が付きません。
それでも新馬戦だから。。。と。。。ズルズルズル。

道中押っ付けどおし、4角手前でトモに鞭を入れても変わりません。

追い切りの動きからキレる脚がないのはわかっていましたから、挽回は不可能。

勝ち馬から1.6秒遅れ、5番手で入線。


銜がエッグ銜だったんですが、私のイメージはガンガン前に行くタイプと思っていたのでリング銜の可能性もあると思っていました。
新馬戦ですからね、いきなり矯正力の強い銜は避けソフトにしたのかと思いました。

実際はリング銜を使うほどガンガン行く抑えが効かない馬じゃなかったということでした。
なお、勝ち馬はリング銜でした。

新馬戦の一戦だけでは判断できませんが、ダート馬だったら先が見えてしまいました。
ってことになります。

決め付けるのはまだ早いですよ。


想定どおりではなかったですが、やっぱり勝てません。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

競走結果(18.5.27)アジュールローズ  

何から書けばいいのか?
迷ってしまいます。

まァ、それはそれとして、日本ダービーが終わり来週から2歳戦が始まります。
競馬の新年度のスタートです。

では、競走結果です。

 ■アジュールローズ
 5/27 (日) 東京8R 青嵐賞 (4歳上1000万下) 芝2400m H.ボウマン騎手 57㎏
 14頭 5人気 14着 520kg (+4)

まず馬体重ですが、7ヶ月前のレースから+4kgでした。
増減だけで言うと、3/14にNF空港からNF天栄へ移動した時点で約550kgでしたからよくここまで絞れたとは思います。

古賀慎師は『見た目は多少ゆとりがあったかもしれないものの数字上は問題のないものでした』とおっしゃっていますが、前走までの経過を見ると510kgまで絞らないと勝負になりませんね。
前走で騎乗したルメール騎手は敗因の一つとして『ちょっと馬体が立派だった』とコメントしていましたし。

トレセンに戻ってから馬の状態でどこを使うと決めるのではなく、NF天栄にいる時点でこのレースで復帰と決まっていたようですからね。
結果的に帳尻が合わなかったということでしょ。


ついでに2400mという距離に関してですが、ボウマン騎手も古賀慎師も特にコメントはありません。
ダービー後のように古賀慎師からボウマン騎手の見解が聞けるかもしれませんが。。。

大西助手はTwitterでコメントしていますね。
『騎手曰く、距離が長いと。実際に2000mでしか成績出ていないので、そういう事なのでしょう』と。

古賀慎師はレース前にも2400mが合う合わないは公式ではコメントしていませんね。
5/17の更新で『態勢が整えば休み前と同じ東京2400mの舞台へ向かう考えです』とあっただけ。

誰がここを使うと決めたのか?
今更繰り返して書かないでも想像できますね。
まァ、ちゃんと厩舎と話し合って決めています。。。ということなでしょうけどね。


テレビで見たパドックは煩かったですね。
これまであんなにことはなかったと思いますが!?
アジュールローズが映っている時間が短かったし斜め後ろから撮った映像だったので、馬を曳いているのが大西助手ではなく別の人?と思ってしまうぐらいに今までのアジュールローズとは違う印象でした。



※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

そういうことでスタートして銜を噛んでしまいました。
そのためボウマン騎手は無理に抑えることはせず、馬の行く気に任せて道中は2番手の競馬。
2400mですからね、無理に抑えて喧嘩するよりは良かったと思います。

4角を回り、残り400mのハロン棒。
ここまででした。
2年前のダービーのような競馬になってしまいました。

レース後ボウマン騎手は『スタートを出て好位から進めました。上手に走れていたものの、結果的には前に馬を置いてリズムを整えながら進めたほうが気持ちの面でも良かったのかもしれません』とコメント。

これは仕方ないと思います。

13着の馬から5馬身遅れで最下位の入線。
勝ち馬とは3.3秒差。

勝ち時計が2:22.9というタイムで、ダービーよりも0.7秒速い決着でした。

それを7ヶ月ぶりで道中2番手での追走ですからね。
止まりますよ。

そんな競馬でアジュールローズと同じ勝負服のパリンジェネシスは先行して残りました。
この馬、強いですね!
出資者の皆さん、おめでとうございます。


昨年の10/21のレース後、一昨年のダービー後に骨折が判明した右後肢が腫れました。
検査した結果、骨折ではなくフレグモーネのようだったのですが、今回は何も無ければいいですね。

今後は7ヶ月ぶりのレースでしたからNF天栄に出して様子を見るのが最初から決まっているでしょう。
となると次走は7月後半の福島開催か8月の新潟開催。

ボウマン騎手によると、喉は気にならなかったそうなので次走に期待します!

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

競走結果(18.5.20)エルデュクラージュ  

H.ボウマン騎手が以下の理由で乗り替わりになりました。
スポーツ報知】2018.5.20 ボウマン騎手が緊張性頭痛のため京都競馬で乗り替わり 慢性硬膜下血腫の疑い
※リン先が削除されている可能性があります

相変わらず最終レースが終わるまではJRA WEBサイトに乗り替わりの情報(理由)が出ませんね。
JRA NEWS】2018.5.20 開催競馬場・今日の出来事(5月20日(日曜))

では、競走結果です。

 ■エルデュクラージュ
 5/20 (日) 京都12R 4歳上1000万下 ダ1800m 池添 57㎏
 15頭 2人気 3着 484kg (+6)

今回は初めてシャドウロールを装着。

※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

走っている間、シャドウロールで前が見えにくかったら顎を引けばいいんですが、逆に顎が上がっているように見えました。
前走と比較しても、やっぱりそう見えました。
頭が良いのか悪いのかわかりません。


勝ったヘヴントゥナイトは道中中団後方にいましたが、4角出口で進出しアッサリと抜け出して完勝。
ここでは力が違いました。

エルデュクラージュはやっぱり決め手がねぇ。。。
4着かなぁと思いましたが、決勝線手前で盛り返して2着があるか!?
しかし、逃げ馬のアイアンテーラーが凌ぎきって3着まで。

この馬の気持ちの面について、池添騎手は『手応えはあるのに逃げた馬も交わそうとしなくて…』『今後も課題になると思います』とコメントしています。

どれもこれも気持ちがね。
どうにもなりませんね。


今後は500万下に降級します。
まァ、500万下は緒戦で勝ち上がると思いますが、1000万下は準オープンからの降級馬もいますから、苦労しそうですね。

安定して走れるようになったのは良いんですが、兄姉の戦跡を見ると古馬になってからという血統じゃないですからね。
気性のこともありますしね。
今後大きな変化は見込めませんかね?

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ