やっぱりバヌシだった  

週末にentryするネタがなくなってしまったのでコレをentryしておきます。


先日、テレビCMでバヌーシーを見ました。

やっぱり
『バヌシじゃないよ、バヌーシーだよ!』
だった。


バヌーシーのWEBサイト。
広告的なバナーから入るとトップ画面には『募集馬情報』がありません。

 【無料で口座開設】をクリックしなければ情報が見れないのか?

 WEBサイトの作り方が詐欺っぽいぞ!

 エロ動画のシステムと一緒か?


と思いましたが、見れました。
詐欺に加担したくないので、URLは貼りません(爆)。


入会する気は更々無いのでサラッとしか見ていません。

 競走馬なんて無事にデビューできないことが当たり前。
 デビューできても勝ち上がれないことが当たり前。
 勝ち上がって不慮の事故で死んでしまうのが当たり前。


まァ、当たり前と言ってしまうのは言い過ぎかもしれませんけど。

このクラブは購入(出資)代金は一括前払いになり、引退までの育成費用が含まれます。

気になるのは『早期引退時は購入代金の一部をご返金』という制度。

一口馬主DBでクラブ馬主の現3歳世代勝ち馬率上位5社を見ると以下のとおりです。
 クラブ名 出走頭数 / 勝ち馬頭数 勝ち馬率
 サンデーサラブレッドクラブ 78 / 44 0.564
 シルクホースクラブ 69 / 37 0.536
 東京サラブレッドクラブ 32 / 17 0.531
 友駿ホースクラブ愛馬会 11 / 5 0.455
 キャロットクラブ 74 / 33 0.446


ベテランの方はわざわざ数字をあげなくても想像はできると思います。
募集した馬の半数は『早期引退時は購入代金の一部をご返金』という制度の対象になるということです。

また、デビュー後にケガ・病気、発育不良、成績不振は仕方ないとしても
死亡時に『デビュー後は無保険のため、保険金の受け取りはありません』というのは気になります。


募集が始まったのは8/5からだったと思います。
それから約半月が経過しました。
残口状況は17日午前現在のものです。

売る側はどう思っているかわかりませんが、私はこれでも良く売れているほうだと感じました。
シュガーハートの17の残口が募集口数より多いのは気のせいですかね?
(現在の数字は逆転しています)


※画像はクリックすると大きくなります。
一口馬主DBのスクリーンショット




【2歳馬】
ニンフⅡの15(牡)
 父:Mastercraftsman(BMS:Galileo)
 藤原英厩舎/追分F
 募集総額:2億735.4万円/一口:21,000円
 募集口数:9874/残口数:9677 残口率:98%


サビアーレの15(牡)
 ※カポーティスター半弟
 父:ディープインパクト(BMS:Capote)
 田村康厩舎/矢野牧場
 募集総額:2億3,755.2万円/一口:24,000円
 募集口数:9898/残口数:9470 残口率:96%

ベネンシアドールの15(牡)
 ※デニムアンドルビー全弟
 父:ディープインパクト(BMS:キングカメハメハ)
 池江泰厩舎/ノーザンF
 募集総額:4億1,714.4万円/一口:42,000円
 募集口数:9932/残口数:9363 残口率:94%

 注記:セレクトセール1歳 2億520万円


ワナダンスの15(牝)
 父:ステイゴールド(BMS:The Leopard)
 戸田博厩舎/ノーザンF
 募集総額:9,998万円/一口:10,000円
 募集口数:9998/残口数:8566 残口率:86%



【1歳馬】
ラヴズオンリーミーの16(牝)
 ※リアルスティール半妹
 父:ディープインパクト(BMS:Storm Cat)
 矢作芳厩舎/ノーザンF
 募集総額:3億1,766.4万円/一口:32,000円
 募集口数:9927/残口数:9662 残口率:97%
 注記:セレクトセール1歳 1億7,280万円


ゴッドフェニックスの16(牡)
 父:ブラックタイド(BMS:ブライアンズタイム)
 木村哲厩舎/下河辺牧場
 募集総額:1億7,823.6万円/一口:18,000円
 募集口数:9902/残口数:9760 残口率:99%


タミーンの16(牡)
 父:ディープインパクト(BMS:Shirocco)
 国枝栄厩舎/下河辺牧場
 募集総額:2億8,252.05万円/一口:29,000円
 募集口数:9913/残口数:9759 残口率:98%



【当歳馬】
シュガーハートの17(牡)
 ※キタサンブラック全弟
 父:ブラックタイド(BMS:サクラバクシンオー)
 厩舎未定/ヤナガワ牧場
 募集総額:4億3,480.8万円/一口:44,000円
 募集口数:9882/残口数:9895 残口率:100%
 注記:セレクトセール当歳 1億4,500万円


ディヴィナプレシオーサの17(牡)
 父:ディープインパクト(BMS:Crocker Road)
 藤澤和厩舎/追分F
 募集総額:3億1,984万円/一口:32,000円
 募集口数:9995/残口数:9888 残口率:99%
 注記:セレクトセール当歳 1億368万円


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 2

今年から落馬再騎乗禁止  

ホーカーテンペスト、次走は 『5/6 (土) 新潟4R 障害4歳上オープン (別定SC) 芝3290m 60kg』 を予定しています。

この記事、1/21のホーカーテンペストの障害戦前に準備してあったのですが、entryするにはタイミングがよくないと思い保留にしてありました。


今年から落馬再騎乗は不可能(禁止)になったそうです。

2001年中山グランドジャンプでニュージーランドからの招待馬ランドの騎手が落馬して再騎乗したのを覚えていますか?
騎手が落ちても手綱を放さなかったんですよ。

いちおう、1995年のジャパンカップにドイツから来てM.ロバーツ騎手が乗って勝ったランドとは別馬です。


2001.04.14 第3回 中山グランドジャンプ(J.GⅠ)


2分35秒過ぎに逆周りのバンケットで落馬事故が起こります。
画面の左端に向って逸走する馬がランドで、騎手が落馬しても手綱を放さないのがわかると思います。
放馬しなかったので乗ろうと思えば乗れたのでしょうが、どうやって乗ったんだか。


今年のAJCCでシングウィズジョイで落馬したルメール騎手も、体が飛んでも手綱を離さなかったので馬の頭から頭絡がスポッと抜けたようです。
以下に落馬後の画像があります。

スポーツ報知】2017.1.22 【アメリカJCC】シングウィズジョイ騎乗で落馬したルメール「来週は大丈夫だと思う」


私も乗馬をやっていた時は馬が障害前で急停止し、馬の前に飛んで行き落馬した時は手綱を離しませんでした。
そりゃあ馬が止まるなんて思ってもないから手綱から手を離しませんし、手を離す余裕なんてありませんよ。


先週の阪神スプリングジャンプ(J・GⅡ)を見て思ったのですが、勝ったオジュウチョウサンは飛越が低いんですよねぇ。
上に跳ぶというより前に跳ぶ感じ。
そもそも頭頚水平にして走る馬なんですけど。


2017.03.11 第19回 阪神スプリングジャンプ(J・GⅡ)



中山の大障害コースは障害競走を使っている以上、避けては通れない道。
ホーカーテンペストもそのうち中山を試めしてみることになるでしょうね。
もしかしたらこなすかもしれませんよ!?


余談ですが、障害競走に出走する馬匹をなんと呼ぶが知っていますか?

JRAでは『馬主』をウマヌシと読むのと同じで、『障害馬』はショウガイウマと読みます。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 0

笑えない。  

皆さん既にご存知でしょう。
3/1に新しい一口馬主クラブ 『 ワラウカド 』 の募集が始まりました。

netkeiba.com】2017.3.1 パカパカファーム母体の新クラブ「ワラウカド」が誕生


馬とかハリー・スウィーニィとかそういうことよりも、このインパクトあるクラブ名が受け入れられるかどうかしょ。
これをクラブ名にするって、日本人にはないセンスですね。
まァ、馬が走れば日曜日でも人参でも製糸会社でも猛獣でも関係ないです。

愛馬会法人 株式会社ワラウカド
クラブ法人 株式会社フクキタル


クラブ名はマチカネワラウカドマチカネフクキタルに由来します。


マチカネフクキタル レックススタッドで撮影


新しい一口馬主クラブの話が聞こえてから開設までに時間が掛かりましたね。
スポーツ報知】2016.5.12 パカパカファームがクラブ法人に新規参入


噂ではバックに馬を捌きたいダーレーがいるという話でしたが、結局はパカパカファームの単独ということになったんでしょうか?

パカパカの生産頭数がどれぐらいなのかはわかりませんが、個人馬主との庭先取引、セールに出す馬等々を引いてクラブに回せる馬がどれだけ残るのか?

2歳の3月に募集開始、頭数は3頭。

これだけでもいろいろ勘繰ってしまいますよねぇ。


クラブWEBサイトで『気性も素直で扱いやすく、生まれた時から一流馬の雰囲気を醸し出していました。あたかも自身が特別な存在であるかのような立ち居振る舞いは大きな未来を感じます。それほどまで特別な本馬のため、最初のセリ以降当歳時より売却しない方針でいました』と紹介している募集馬。

ほんとにそうならば最初からセールに出さなければよかったのに。
なぜか赤字の部分はカタログpdfに記載されていない。

これですね。
セレクトセール2015 当歳 上場番号:401 ラヴアンドバブルズの2015(父ディープインパクト)


ネットで調べればすぐにわかるし、セール情報をチェックしている人は馬名を見ただけでわかる。

セレクトセール2015 2日目(当歳) 上場番号#401~#450


7,000万円でスタート。
8,500万円で主取り。
リザーブ価格はわかりません。
youtubeの動画を見ると、8,400万円まで手は挙がったが、リザーブ価格に届かなかったので牧場が自分で手を挙げたということかな。

セレクトセールの主取り価格があっての 募集総額 9,000万円 なんでしょう。
じゃなきゃせっかく手を挙げてくれた人に申し訳ないわなぁ。
まァ、手を挙げてくれたのはパカパカ関係者かもしれませんけどねぇ。


もう1頭はこちら。
セレクトセール2015 当歳 上場番号:384 タイキクラリティの2015(父オルフェーヴル)

セレクトセール2015 2日目(当歳) 上場番号#351~#400


6,000万円でスタート。
7,500万円で主取り。
リザーブ価格はわかりません。
youtubeの動画を見ると、7,400万円まで手は挙がったがということですね。

こちらはなぜか 募集総額 3,500万円 です。
GⅠ馬の下とはいえメス馬ですからねぇ。
なお、クラブWEBサイトはこの馬もセールに出したとは書いてありません。
知らなかったことにしてください、かな。


そして3頭目は22歳のBBAが生んだ仔です。
ディープブリランテの叔父ということになりますが、 募集総額 1,200万円 が妥当なところかなぁ。


一口馬主クラブで馬を持ってみたいと思う人の数なんてそう簡単に増えるもんじゃありません。
既存のクラブ会員をどれだけ取り込めるかでしょうね。

まァ、キャロットは相変わらず会員が増えているようですけどね。
 80頭募集
 募集開始前、1頭募集中止(プロミネントの15)
 2歳2月15日、1頭募集取り下げ(ベネヴェントの15)
 3/3現在、残口馬2頭(1頭は残口警報点灯)



しかし、いろいろな理由で退会して行く方がいるのも事実。

例えば欲しい馬を持てないキャロット会員を取り込もうと思ったら、比較対象は日本一のノーザンFです。
そう簡単にはいかないでしょ。


アイルランド人のハリー・スウィーニィ氏に同胞のこの曲を。

U2 / Until the end of the world


ちなみに『Until the end of the world』という楽曲は、ヴィム・ヴェンダース監督の同名タイトル(邦題は『夢の涯てまでも』)のサントラでした。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 0

また当りました!  

先々週のことです。
JRAからクオカードが届いた数日後、キャロットクラブ様からA3判サイズのダンボールで宅配便が届きました。

開封してみると、会報1月号のプレゼントで応募した 『勝馬 2017年カレンダー』 の壁掛け用と卓上用のセットでした。

とりあえずカレンダーは全部応募してみたのですが、運よく当りましたよ!



会報プレゼントは、会員数が増えたので最近は当らないのかなと思っていたんですがね(笑)。
毎月の応募してないのですが、以前と比べると当選頻度は落ちました。


壁掛け用は、シンハライトとマリアライトが大きく載っています。
卓上用は、札幌記念のネオリアリズムが載っています。
他社のカレンダーもキャロットの馬が載っているからプレゼントになったのでしょうかね?



ありがとうございます。


以下、私と嫁の会話です。

嫁:これ、買ったの?
私:今頃カレンダーを買うわけないだろ、キャロットプレゼントが当った

嫁:『勝馬』って?
私:競馬新聞だよ
  キャロットの馬が写っているから専門紙が会員用に提供してくれたんじゃないのか?


嫁:何で2つあるの?
私:卓上用はネオリアリズムが写っているからオマケとして付けてくれたんじゃなのかなぁ
  応募した出資者を優先的に当選。。。それはないか(笑)




嫁:こっちは何?
  買ったの?
  『負馬』?

私:だからそれはキャロットの会員配布だって毎年年末に同じこと言ってるじゃないか

嫁:ネオリアリズムが写ってるからわかってる
私:。。。

勝馬の卓上用は1年間10月のまま、キャロット作成の卓上用は1年間9月のまま(爆)。




ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 2

シュライヒの馬と馬の数え方  

今年の初詣も神田明神に行ったと先日entryしました。

5日のエルデュクラージュバリングラは勝てませんでしたねぇ。
わざわざ三が日に初詣に行った意味は無かった(爆)。


神田明神に行った帰り、場所が場所ですから秋葉原をぶらぶら。
わかる人にはわかる、怪しい感じのガレージで怪しいものを売っているお店に寄ってみました。

そこで見つけた馬のフィギュア(シュライヒ Schleich)を買いました。
ヨドバシカメラ等では1,000円前後で売っているものですが、旧版の放出品でしょう。
1頭が200円でした。


四白流星の雄花栗毛(実際には流星ではなく作)ですから、子どもが見たとたんに『ネオリアリズム』と命名しました。



男前な馬ですが、四肢が短くなんとも不恰好なネオリアリズムですわ(笑)。
もちろんサラブレッドではないです。
ダートムーアポニーという品種です。



格好の良いクナプストペルという品種の馬(子どもはブチコと命名)と2頭を買おうと思っていたところ、アジア系の女性店員に『サンピキなら500円でいいよ』と言われたので、重種の品種改良馬ティンカーをついでに買いました。
『日本では、馬は”匹”ではなく”頭”で数える』と教えてあげようかと思いましたが、可愛いく聞こえたのでまぁいいかなと思ってやめておきました。



さすがに蹄底までは表現されていませんが、蹄叉っぽく見えないでもないです。



骨格や筋肉、馬のバランスを立体的に見れるので良い教材になると思います。
オス馬の5本目の脚とフグリはリアルに表現されていますし、メス馬はちゃんと乳首が表現されています。
さすがドイツのメーカーです。





動物の数を数える時、『○○頭』と『○○匹』という2つの数え方がありますよね。
 『○○頭』は頭の数で数える。ルーツは西洋。
 『○○匹』は尻の数で数える。ルーツは中国。


日本で馬の数を『 頭 』で数えるようになったのは、早くても明治末期から。
英語の影響を受けたからだということです。


JRAの歴代ダービー馬、GⅠ勝ち馬の名前がついている馬運車は日本馬匹(ばひつ)という会社のクルマです。
私が初めて見た馬運車は『トウカイテイオー号』でした。
実際にトウカイテイオーが乗ってる?とは思いませんでしたが(笑)。

乗馬の世界では、乗る馬を選ぶことを ”馬匹選定” と呼ぶように、『 匹 』という言葉を使うのは一般的なのです。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ