プルガステル脚部不安発症か?  

プルガステル、19日にNF天栄へ放牧になりました。

entry781 競走結果(2016.04.16)プルガステルの繰り返しになりますが、16日のレースはパドックでは1人で曳かれていました。
私はプルガステルのレースを全て現地観戦してしるわけではいのですが、いつも2人曳きだった印象です。
それでいつ以来なのかと確認してみたら、昨年7月に函館で未勝利戦を勝った時が初めてで、今回が2回目でした。
まるで別馬のように大人しく歩いていましたよ。



チフニーを外す際にスイッチが入るまでは落ち着いて状態が良かったんです。



最後までパドックで見ていなかったのでわかりませんが、地下馬道から出たところで頭絡の歪みを直していたのでパドックで外せず地下馬道で外したんだと思います。



パドックでの精神状態が良く見えましたし、21日木曜日の情報更新まで放牧の話が出ませんでしたから在厩のままかと思いましたが、やはり放牧でした。


レースはゲートが大外の16番枠で前に壁を作ることができず、出たままガーッと行ってしまったので木村師から鼻出血を心配したというコメントがありました。
再発したかと思い、一瞬ヒヤッとしましたが問題ないそうですね。
余計なことは言わなくていいですよ(汗)。




レース後、2月中旬に捻挫した左前球節がモヤッとしたそうで、レントゲンを撮ったところ異常なしとのこと。
また、どの脚かはわかりませんが、20日にNF天栄のスタッフから『ちょっと蹄が敏感になっているかも』と報告があったそうです。

昨年8月19日にトレセンに帰厩した際、左前脚の蹄鉄が外れて釘を踏んでしまい挫跖を発症しました。
その10日後のレースは使えましたが、NF天栄に放牧後問題が表面化し蹄底に問題が出てきたようなコメントでした。


NF天栄スタッフのコメントからの推測ですが、2月の左前球節の捻挫も、今回の左前球節のモヤモヤも、蹄が敏感というのも、昨年8月の挫跖から来ているような気がします。

ラッシュアタックと同じ蟻洞の可能性もなくはないのかもしれません。
よく調べてみたら蹄骨が骨折なんてことにならなければいいですが。。。
脚元に問題が発生したので今回の放牧はいつも以上に長くなる気がします。

4歳世代は全頭が蹄に問題を抱えてしまいました。
ブレイクエースは蹄に問題は出ていませんが、レース中の落鉄によりトウ骨を骨折し一旦地方へ出しての出戻りですから同じようなもんですわ。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

アダムスブリッジの今  

netkeibaで元出資馬のアダムスブリッジの近況が紹介されています。

netkeiba】未完のまま3歳で引退 アダムスブリッジの第二の馬生




アダムスブリッジが登録抹消後に 『ホースライディングクラブ バランス』 に移動してすぐの頃、乗馬仲間を通してバランスに近況を聞いていました。
常に行こうと思っているのですが、未だに逢いに行っていません。
元気そうでよかったです。

動画を見るとやはり柔らかいダク(速歩)を踏みますね。
そして良い屈橈をしています。
練習パートナーの女性によると、駈歩(キャンター:乗馬は「かけあし」はこの漢字を使います)が良いそうですね。
育成当時の動画で見た空港牧場の坂路を駈け上がる姿は抜群でしからね。
フライングチェンジができるんですね、優秀じゃないですか!

今まで逢いに行かなかったのは、逢って嬉しいのかそれとも寂しいのか気持ちの整理が付いていなかったとうこともあります。
元気な様子が見れたので、そのうち逢いに行ってみます。


entry611 アダムスブリッジ号、引退


2013.12.06 更新
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

ブレイクエース、園田へ  

■ブレイクエース
NF天栄在厩
ホッカイドウ競馬の開催終了にあたり、園田競馬へ転籍することになりました。
18日にNF天栄へ移動、タイミングを見て園田競馬・田中道夫厩舎へ入厩する予定とのことです。


もし前走負けたことでこれで終わりとなったならば、先週のうちに発表があると思っていましたが、それがなかったので大丈夫だとは思っていました。
妄想や願望だけで書いているわけじゃないんですけど、それが何かはココには書けません。

移籍先として園田競馬か名古屋競馬のどちらかになるだろうと思っていましたが、園田でした。
年内の開催スケジュールは以下のとおりです。
園田競馬  12/31 まで
名古屋競馬 12/25 まで


ブレイクエースが出走できなかった3日のレースでセットで五十嵐冬騎手に依頼していただろうエロい映画の名前の馬が、11日にNF天栄へ向けて移動し、13日に園田競馬場へ入厩したでしょ。
まァ、さすがにレース翌日には今後の方針は決められなかったでしょうが、ブレイクエースは取り残されちゃったなぁと思っていました。
そのエロい映画の名前の馬は、現状では南関東へ転籍するための50万円(現在 39.5万円)に収得賞金が足りないということで、南関東への転籍を視野に入れて園田競馬で賞金獲得を目指すということですね。

園田競馬の状況がさっぱりわかりませんが、田中道夫厩舎のオメガレイノワールやハーベストソングの賞金および成績を見ると、ブレイクエースはC2クラスかもう1つ上に編入でしょうかね?
ブレイクエースの収得賞金は以下のとおりです。
地方収得賞金 46.5万円
中央収得賞金 525.0万円



ブレイクエースの牧場スタッフのコメントで気になったのが「年内であればあと1勝が必要」という件です。
え?来年も続行は想定のうち?と思っていんでしょうか。
いやいや、そこまで悠長なことは言ってられませんね。

また中央競馬で元気に走るブレイクエースの姿が見たいです。
今度こそ、期待しています!


2015.05.23 東京4R 3歳未勝利 芝1600m


FC2 Blog Ranking
ランキング参加中です(クリックして頂けると嬉しいです)。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

ブレイクエース、その後②  

募集馬見学ツアーの話は置いといて、entry513 ブレイクエース、その後① の続きです。
左トウ骨(俗に言う前膝)遠位端の骨折により、欠けて飛んでしまった骨片の摘出手術が無事に終了しましたので状況をまとめておきます。


05/27 戸田厩舎
27日は軽めの調整を行いました。
「このたびはご心配ならびにご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。怪我をしてしまいましたが幸いエースくんは元気にしています。移動に関しても問題ないということでしたので、いちおう明日か明後日あたりに体調とタイミングを見計らってこちらを出発して、天栄を経由して空港牧場へ移動させてもらう予定でいます。週明けに牧場へ行って1~2歳時にお世話になっていた厩舎の調教主任の方にもよろしく伝えておきましたし、何とかいい状態で帰ってきてくれることを心の底から期待して待っています」(戸田師)

05/28 NF天栄
28日にNF天栄へ放牧に出ました。この後はタイミングを見てNF空港へ移動する予定です。

05/29 NF空港
29日にNF空港へ向けて移動しました。

06/03 NF空港
3日に左前膝の骨片摘出手術を行いました。
「こちらへ帰ってきてからの状態をよく見た上で本日、社台ホースクリニックで骨片を摘出するオペを行いました。夕方、無事に終了していますので、まずは一安心と言えそうです。今後は回復の具合を見ながらしっかり対応していければと思います」(空港担当者)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


手術はグリーンchの『馬学講座 指先で走る宿命 競走馬の手術』で映像をご覧になった方も多いでしょう。
そこで紹介されているのは関節鏡視下骨片摘出術というものです。
古い番組なので、最新の手術はもっと進んでいるのかもしれません。

馬がバタッと倒れないように保護されて全身麻酔を施され、四肢を縛られて手術台に載せられます。




これ以降のキャプチャ画像はさすがに置けませんが、そりゃあ痛々しいですよ。
手術自体はたいしたことはないそうなんですが、問題は全身麻酔が覚める時なんですよね。
馬は初めて経験ですし、事前説明もできないですし、驚いて暴れてしまう馬もいるそうです。


ブレイクエース、正式に全治○ヶ月というクラブのアナウンスはありませんが、事故見舞金の関係で全治6ヶ月という診断になるんじゃないですかね?
ブレイクエースは今後状態が良好であっても既に7戦を消化しているので、9月のスーパー未勝利戦には出走できません。
それに昨年の夏は美浦で夏負けしましたから、8月中の内地への移動はないでしょう。
また、その後は普通に考えると一旦地方に出すということなんでしょうが、如何せん良くも悪くもキューの仔ラブリーな戸田先生ですからねぇ。
どうしますかね?

昨年の募集馬見学ツアーではC-1厩舎のスタッフに引いている馬のことではなくジェットブラックの話を聞きました。
今年はブレイクエースのことを聞くことになりそうです。
まァ、ツアーに行ったらの話ですけどね。

また元気に走るブレイクエースの姿が見たいです。


2015.05.23 東京4R 3歳未勝利 芝1600m

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

ブレイクエース、その後①  

もぉ~だりふんたりけつです。


5/24 戸田厩舎
「レースから上がってきたときは蹄と鉄の間に芝が挟まっていて、他の脚で引っ掻けて蹄鉄が緩んでしまった状態で走っていたのはわかっていました。帰りがけに躓いたと、武ちゃんが下馬して上がってきたので、厩舎に戻るときも戻ってからも、美浦に帰ってからも慎重に見るようにしていました。今朝になっていくらか膝まわりが気になるかなと思えたために検査をしてみたところ、左膝のトウ骨遠位端部分の骨折が判明してしまいました。昨日の競馬は力を出せていなくて、経験を重ねつつ段々と良くなっている最中です。まだまだこれからさらに良くなる馬なので、このまま諦めてしまうのは非常にもったいないと思うんです。ここまでに結果を出せていなくて申し訳ないのですが、再び戻ってきてくれることを待ちたいと思っています」(戸田師)
誠に残念ながら左トウ骨遠位端の骨折が判明してしまいました。オペの有無にもよりますが少なく見積もっても半年前後の休養は必要になる見込みです。場合によっては未勝利期間内に間に合わない可能性がありますが、ようやく良くなってきて、さらなる成長が見込めそうな現状でありますので、再起の可能性を信じて休養に入る予定です。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

程度はわかりませんが、プルガステルの右肢に続いてブレイクエースも左肢を骨折しました。
プルガステルはレントゲンでもわかるかわからないという程度だったので自然治癒で治まりましたが、ブレイクエースはハッキリと骨片が飛んだんでしょうね。

良くも悪くも一旦リセット。
今は戸田先生の諦めの悪さに期待するしかありません。


【追記】
ブックの武豊騎手のコメントによると、蹄鉄が緩んでいたのは右前ですね。
馬自身がその右前を気にして歩様が乱れて反対側の左前を故障したということでしょう。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ