ネオリアリズム、NF空港へ移動  

ネオリアリズム、12日にNF空港に移動しました。

クイーンエリザベスⅡ世カップの着地検疫でケチが付いてしまったという印象です。
育成厩舎ではなく検疫厩舎でやっていれば。。。そう思います。

手順を省略したり、変えたりすると、必ず何か起こる。
馬に限ったことではなく、どの仕事でも同じこと。


これはネオリアリズムが着地検疫中にキャロットクラブWEBサイトで公開された画像です。


2017年5月25日 更新
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

出資馬がNF空港で育成された経験がある方はこの厩舎がどこかわかると思います。
(敢えて画像は貼りませんが)試しに検疫をしていないはずのマイティーゴールドの同じ日付の画像を見てください。

着地検疫は伝染病などの潜伏期間を考慮して検疫厩舎で行うものです。
馬房の前には掃き集めらられた乾草、寝藁が山になっています。
もしネオリアリズムがクシャミをすれば鼻水はそこまで飛ぶでしょう。
そしてマイティーゴールドがその乾草、寝藁の山を口にすれば感染してしまいます。

また、曳き手を持っているスタッフの腕にも注目。
エピカリスがニューヨーク到着時にスタッフが着ていた検疫用の防護服は着ていません。

この画像を見た時に『あれっ?これでいいのか!?』と思い検索してみると以下の資料がヒットしました。
北海道庁】【参考】輸移入家畜の着地検査実施要領(平成18年6月5日最終改正).pdf

香港への遠征では伝染病に感染することはないという前提での処置なんでしょう。
例えそうであっても、その期間の見学は断り、画像の公開はするべきではないと思います。
ドバイとアメリカに遠征したエピカリスは、寂しいぐらいに何にもありません。


今は症状が腱やスジに出ていないのでそこまで深刻ではないと思いたいです。
今後ですが、いつのタイミングでNFしがらきに移動するかでその後のプランがわかるでしょうね。
心肺は走れる状態になっていただけに勿体無いです。
6歳の夏ですがまだ18戦しかしておりません。

なんで身内が足を引っ張るかなぁ(怒)。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 0

ネオリアリズム、一週前追い切りそして回避決定  

8/11の昼頃にネオリアリズムの情報が更新。

札幌記念の出走回避が正式に発表されました。

蹄の問題は前肢を通り過ぎ、キ甲のすぐ後ろの骨にまでおよんでしまいました。
競馬ラボ】2017.8.11 昨年の覇者ネオリアリズムが札幌記念を回避
スポーツ報知】2017.8.11 ネオリアリズムが札幌記念を回避…体調不安のため

10日の追い切り後、歩様に硬さが見られたとのこと。
両前肢、特に蹄に問題がある右前肢が芳しくなく、首を使い気味の歩様。
この馬としては大人しく、覇気という点でも物足りない。

こうなってしまえば競馬を使うことはできませんね。
現状では札幌記念の後にある天皇賞・秋(GⅠ)豪・コックスプレート(GⅠ)もどうなるかわかりません。
以下を今夜entryしようと準備していました。
せっかく書いたのでentryします。



このところエピカリスでいろいろ。
ネオリアリズムでもいろいろ。
あっと言う間に一週前追い切りになってしまいました。

 ■ネオリアリズム (6歳 オープン)
 函館競馬場在厩
 8/20 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000mをJ.モレイラ騎手で予定

ネオリアリズム、札幌記念一週前追い切りは函館競馬場の芝コースでルーカスと併せられました。
ほんとうはダートコースでもっと負荷を掛けたかったようですが、雨で湿った馬場を考慮して芝コースで追い切られました。
なお、昨年の一週前追い切りでは『コーナーがきつい函館のウッドコースでフルスピードに乗せるのは負担になる』というコメントがありました。
また、『札幌までの輸送があることを考慮して単走で終いをフルに伸ばすようにしたのですが、悪くはありません』とコメントしていました。

 助 手 8.10 函芝 重 64.9 - 49.8 - 36.7 - 12.5[7]馬なり余力
  ルーカス(新馬)一杯の内同入


芝コースで追い切られたのは、昨年の札幌記念の最終追い切り以来。
その時のパートナーはルーカスの全兄モーリスでした。
ちなみにその前はというと、昨年の函館記念の最終追い切りです。


2016年 札幌記念 最終追い切り
※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ


鞍上の金子助手は頭にウェアラブルカメラを付けています。
日刊スポーツ】2017.8.10 ネオリアリズム馬なりも気合を乗せて併入/札幌記念

4月の香港・クイーンエリザベスⅡ世カップの時も同様でした。
堀師が日本(美浦)にいながら馬の状態を確認するために使っているんでしょうね。
細かな馬の変化はいくら意思疎通が取れているスタッフであっても、堀師とは感じる部分が違うでしょう。
まァ、悪く言えば常に監視されているとうことなんですけど(冷汗)。

なお、日刊スポーツの画像を拡大すると、右前肢蹄は接着装蹄ではなく釘を打っているのがわかります。


まだ札幌記念を使うかどうかは五分五分。
五分五分ということは、使わない可能性がまだ残っていると思います。
実際先週の時点で出走回避の判断をしようかと思ったそうですから。

そういう馬の状態を探りながらの仕上げですからねぇ。
昨年のようにはいかないかも知れません。



エピカリスの蹄は今のところは一安心。
今週末フラットレーが新馬勝ちをしても、私の悩ましい夏休みは続くことになります。


ネオリアリズム、秋の選択肢のひとつとして考えられるようにということで天皇賞(秋)の前日にオーストラリアで開催されるコックスプレートにの予備登録が行われました。
すでに招待状は届いています。
entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
Japan Studbook】2017 コーフィールドカップ、コックスプレート、メルボルンカップの登録について(簡易版)

2017 ラドブロークス コックスプレート(GⅠ) (Ladbrokes Cox Plate)
 施行日:2017年10月28日(土)
 施行場:ムーニーバレー競馬場(オーストラリア、メルボルン市)
 距離:約2,040m〔芝〕
 負担重量:4歳以上牡馬 59kg
 1着賞金:180万豪ドル / 1億5,300万円(豪$1=\85)


昨年のレースはこれ。

Winx wins the 2016 william hill COX PLATE


UMAJIN】2017.8.8 豪GIコックスプレートにネオリアリズムが登録
競馬ラボ】2017.8.10 ネオリアリズムがオーストラリアG1・コックスプレートに登録


ハイランドリール(Highland Reel)も登録していますねぇ。
ネオリアリズムにしてもハイランドリールにしても登録だけで終わるかもしれませんが、ネオリアリズムが天皇賞(秋)を選択した場合、鞍上R.ムーア騎手というのは無い可能性が高いですね。


2016.12.11 沙田4R 香港ヴァーズ 芝2400m ハイランドリール(高地之舞)


※JRA WEBサイトからのスクリーンショット


entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1222 ネオリアリズムの帰国初戦
entry1227 ネオリアリズム、モレイラ騎手で札幌記念
entry1238 エピカリスもネオリアリズムも詰めがあまい(2)
entry1243 ネオリアリズムも消炎剤
entry1252 ネオリアリズム、やっぱり過削

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 0

ネオリアリズム、やっぱり過削  

4日に気になるニュースを見つけました。
スポーツ報知】2017.8.4 ジューヌエコールが蹄を痛めて キーンランドC回避

もしかしてと思い、サンデーRの会員さんに状況を聞いてみました。
この中間に左前肢蹄に痛みがあり、接着装蹄で対応してみたが、まだ痛みが解消せずに大事を取ることにしたとのこと。
その前週のコメントが、前走の疲れが取れ状態が回復したのでF15秒の調教もやっているということだったそうです。
これはネオリアリズムと同じパターンですかね?

ネオリアリズムは函館競馬場に移動し堀調教師の管理下に置かれ美浦トレセンの装蹄師が装蹄をやり直しました。
しかしジューヌエコールはNF空港に在厩のまま。
堀師は余計なコメントをしちゃいましたが、ジューヌエコールはどこまで情報が出ますかね?


 ■ネオリアリズム (6歳 オープン)
 函館競馬場在厩
 8/20 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000mをJ.モレイラ騎手で予定

スポニチ】2017.8.4 【札幌記念2週前追い】ネオリアリズム 連覇へ軽快脚さばき

先々週木曜日(7/27)の追い切りはウッドチップ(木片)が蹄と蹄鉄の間に入り患部を刺激することを心配してダートコースで行われました。
先々週日曜日(7/30)はウッドチップコースで追われていたので、蹄の状態は徐々に良化していると思っていました。

まァ、先週木曜日(8/3)の追い切りもウッドチップコースでできましたし、良化していることは間違いないでしょう。

 助 手 7.30 函W 良 56.6 - 41.5 - 13.3[7]馬なり

 助 手 8.3 函W 良 68.6 - 54.4 - 40.0 - 13.1[7]馬なり

しかし。。。なんです。

堀師から『削蹄により蹄の角度が変わったことから最初は蹄に熱を持ち、肢動脈を打っていた』というコメントがありました。
やはり装蹄師の過削(かさく)が原因でした。
以下と合わせてご覧いただけばと思います。
entry1242 蹄機作用
entry1243 ネオリアリズムも消炎剤

蹄の熱と肢動脈は徐々に緩和されつつあるそうですが、今の蹄の格好から腱と筋がやや引っ張られて負担がかかりやすくなっている状況とのこと。
やはり問題は蹄から上にあがり、肢に出てしまいました。
深管部には骨瘤骨が出てきそうな兆候、トウ骨にもやや痛みが出ている状況。
それが歩様に出ています。

3日の追い切りで脚元を刺激したことによって変化が出て余計に気になる部分が出てしまうと、札幌記念を回避ということになってしまいます。


ネオリアリズムの現役は長くても来年一杯だと思っています。
このタイミングで深管骨瘤を発症、軽度でもトウ骨を骨折してしまえば、引退ということになってしまう可能性は高いでしょう。

先日行った横浜中華街での募集予定馬検討会でネオリアリズムの出資仲間と『札幌記念の後は豪州になるんじゃないか?』と話しました。
現状からそれはもう考えられません。


以降、今年の最後を香港カップとするならばという前提で書きます。
言いたいことがまとめきれていない拙い文章ですみません。
entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状

コックスプレート香港カップのレース間隔は中5週。
日本での着地検疫と輸出検疫を兼ねることができたとしてもギリギリです。
 競走後に豪州で輸出検疫(5日間)
 日本に帰国後輸入検疫(5日間)、着地検疫(3週間)、輸出検疫(5日間)


もしコックスプレートを使った場合、豪州から帰国せずに香港へ転戦となるでしょう。
ちなみに、香港・クイーンエリザベスⅡ世カップを使った豪州馬The United Statesは豪州・クイーンエリザベスステークスから中2週での出走でした。

豪州の競馬を使おうと思えば以下の検疫期間が必要です。
 日本で輸出検疫(2週間)
 豪州で輸入検疫(2週間)


コックスプレートを使おうと思えば、9月中旬に輸出検疫に入れば間に合うでしょうね。
脚元以外は問題ないようですが、今はそこまで考えられないでしょう。

香港カップの前にコックスプレートではなく日本で天皇賞(秋)を使う場合。
レース間隔は同じです。
中5週なので回復に手間取るネオリアリズムにとってはコックスプレートでも天皇賞(秋)であっても十分な期間でないことは同じです。


今後考えられるレース選択はこんなもんですかね?
 札幌記念 → コックスプレート → 香港カップ
 札幌記念 → 天皇賞(秋) → 香港カップ
 札幌記念 → 香港カップ
 コックスプレート → 香港カップ
 天皇賞(秋) → 香港カップ
 香港カップのみ



全てが危惧で終わり、また元気に走るネオリアリズムを見ることができればいいんですけどね。
しかし、そう思いどおりには行きそうにないねぇ。。。


という下書きを準備していました。


一昨日(8/6)、時計を出せるかどうかで今後が決まると思っていました。
堀師のことですから無理ならこの時計で動かさないでしょ。

 助 手 8.6 函W 良 73.8 - 57.4 - 42.4 - 13.7[7]馬なり

大丈夫なんじゃないですかね?


※JRA WEBサイトからのスクリーンショット


entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1222 ネオリアリズムの帰国初戦
entry1227 ネオリアリズム、モレイラ騎手で札幌記念
entry1238 エピカリスもネオリアリズムも詰めがあまい(2)
entry1243 ネオリアリズムも消炎剤

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 4

ネオリアリズムも消炎剤  

entry1222 ネオリアリズムの帰国初戦
entry1227 ネオリアリズム、モレイラ騎手で札幌記念
entry1238 エピカリスもネオリアリズムも詰めがあまい(2)


今回はネオリアリズムについてentryします。

entry1242 蹄機作用 と合わせてご覧いただけばと思います。

 ■ネオリアリズム (6歳 オープン)
 函館競馬場在厩
 8/20 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000mをJ.モレイラ騎手で予定

22日に函館競馬場に移動しています。
競馬ラボ】2017.7.27 香港G1勝ちのネオリアリズムは札幌記念、米G1で出走取消のエピカリスはレパードSへ


堀師は『函館は気候も良くて馬が水をよく飲むため、蹄を伸ばすには良い環境と言えるでしょう』とコメントしています。
原因はやっぱり蹄の過削、つまり蹄底を削り過ぎてしまい、蹄と骨の間にある繊細な神経と血管がある部分を圧迫してしまったということなのでしょうね。
それ以上のことはわかりません。

堀厩舎担当の美浦の装蹄師を函館に呼んで蹄釘の位置なども含めて微調整をしてもらったとのこと。
蹄釘の位置を微調整というのは、釘を打つ位置を変えたということでしょう。
一般的な日本製の兼用蹄鉄は釘孔(ちょうこう)の数が左右6個ずつで、そのうち片側3本(計6本)の蹄孔を使用。


それにより負担がかかっている時に見られる肢動脈の打ち方が楽になってきたそうです。
しかし、まだ歩様にぎこちなさは残っているようですねぇ。
”消炎剤”も使いながらの調整です。

エピカリスに続いてネオリアリズムも蹄の故障で消炎剤ですよ。


27日の追い切りは、ダートコースでモーリスの全弟ルーカスと併せ。
1本目の調教を無事に消化できました。

 助 手 7.27 函ダ 良 70.9 - 55.8 - 40.3 - 13.4[6]馬なり余力
  ルーカス(新馬)直強目の外0.1秒先着



2年前にネオリアリズムが函館で調整して札幌への輸送競馬をした時の堀師のコメントを転載しておいきます。
『調教コースがダートだけになる札幌競馬場のままで進めていくよりはウッドチップコースなどもある函館競馬場での調整したほうがいいでしょうから、先週末に函館へ移動させていただきました』

昨年の札幌記念の一週前追い切りのコメント。
『背腰に弱さのあるネオリアリズムにとっては、コーナーがきつい函館のウッドコースでフルスピードに乗せるのは負担になると考えていましたので、天候と馬場コンディション次第でダートでの追い切りにしようと考えていた』

上記を踏まえて今週のコメントみると
『ウッドチップだと木片が刺さるなどの刺激が加わることも考えられたため、追い切りはダートコースにしています』

今回も馬体の硬さを考慮してウッドチップコースでやりたかったんでしょうが、仕方ありませんね。

今後の状況如何では馬への負担を考えて無理をしないという判断、つまり札幌記念回避になる可能性もあります。

このまま良化して出走できるといいですね。


※JRA WEBサイトからのスクリーンショット

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 0

エピカリスもネオリアリズムも詰めがあまい(2)  

海外遠征経験があるエピカリスネオリアリズムの2頭。

この2頭、いろいろとリンクしてしまいました。

今日はネオリアリズムについてなんですが、アロゲートのこんなニュースがっ!!
netkeiba.com】2017.7.24 世界最強馬・アロゲートが復帰戦で5頭立て4着とまさかの大敗

復帰戦ですし、たまたまという結果かもしれませんし。
次走の結果次第では。。。でしょうね。


 ■ネオリアリズム (6歳 オープン)
 NF空港在厩
 8/20 (日) 札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000mをJ.モレイラ騎手で予定

まことさんがネオリアリズムの見学レポートをentryしてくださいました。
牧場見学で、私が見たい蹄までしっかり写真に撮っている方は少ないです。
とても参考になります。
m.i.stable】2017.7.19 17.07.17 北海道ノーザンファーム見学記(NF空港2)

そのレポートにある馬を前から撮った画像を見て、蹄が白いから蹄前面の鑢削(鉄唇が当る部分)がよくわかるなぁと思っていました。


秋田さんのこのコメント↓ですが、セレクトセールの会場でポロッと言ってしまったんでしょう。
スポニチ】2017.7.11 ネオリアリズムは札幌記念から始動 鞍上は引き続きモレイラ

まことさんのレポートを読むと、やっぱり想像どおりでした。
エピカリスについても同様でしょうね。
スポニチ】2017.7.11 エピカリス、レパードSで復帰 秋は海外遠征自重し国内専念

秋田さんが余計なことを言っちゃったからクラブとしてはエピカリスが牧場在厩中なのにイレギュラー(先々週はセレクトセール開催のため牧場在厩馬の情報更新はお休み)な萩原師のコメントを更新するしかなかった。
ということですね。


ネオリアリズム、19日に削蹄を行ったところ、馬が蹄を気にする仕草を見せたとのこと。
これも過削(かさく)なんでしょうね。

幸い大事には至っておらず、札幌記念に向けて22日に函館競馬場に移動しました。
堀師と相談した結果、厩舎スタッフが手元で探りながら札幌記念に向かうことができるのか判断するそうです。

札幌記念まではまだ1ヶ月あります。
函館競馬場に移動できたということは出走できると楽観的に考えたいと思います。

もしこれで回避となったら『これじゃあ海外競馬に日本から装蹄師を連れて行っても同じじゃないか』ってことになりますよ。


短期免許で香港から2人の騎手が来日しています。
JRA NEWS】2017.7.20 カリス・ティータン騎手、ダグラス・ホワイト騎手に短期騎手免許交付

K.ティータン騎手がまた来ましたね!
身元引受調教師は今年も堀師です。
今年は7/22~8/6までの3週間の騎乗。
私の出資馬は関係ないです、がんばれ!!

D.ホワイト騎手は今年も池江寿師。
東西入れ替えても良かったんじゃあ?
と思いますが。

昨年のニュースはこちら↓
JRA NEWS】2016.7.13 カリス・ティータン騎手、ダグラス・ホワイト騎手に短期騎手免許交付



※JRA WEBサイトからのスクリーンショット

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 4

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ