フラットレーも取られました  

天栄スタッフのコメントが、早口で一気に言ってまう感じで嫌な感じがしたんです。

5/1に”去勢”されました。

コメントを目で読んでいて、思わず声が出てしまいました。

 ■フラットレー(3歳 騙 500万下)
  NF天栄在厩

まだ本格的に暑くなる前ですし、梅雨に入る前です。
術後の予後を考えると、今が一番良いタイミングでしょう。

ですが。。。


この馬は最初から去勢覚悟の出資でした。
第1次募集の時点ではそうでした。

その後の様子からこの馬の気性は”元兄”たちと違い、去勢されることはないだろうと思っていました。

フラットレーの募集馬見学ツアーの時にNF早来の偉い方とホーカーテンペストの話をし、牧場にいた時は問題なかったと聞きました。

上の”元兄”たち全頭を出資しているわけではないので詳細を確認していませんが、少なくとも日本での長兄であるホーカーテンペストとは去勢をした理由は違います。
ジワジワと悪い方向に進んで行くとしても、この段階での去勢はとはねぇ。
フラットレーは掛かって制御不能になるとかそういう馬ではないですからね。


夏に北海道で試して、秋になってからでも遅くはないと思いますが『時間を先延ばしすると余計に走ることが嫌いになってブレーキをかけるようになりかねません』ということですから、今なんでしょう。

先週日曜日の香港・クイーンエリザベスⅡ世カップ(GⅠ)パキスタンスターの復活を見たあとなので、余計に今なのか?という思いが強いです。
パキスタンスターは香港の馬なので最初から去勢されていますけど。

まァ、現状ではこの馬にとっての不安要素は何も除去さえていませんから北海道で試したところで何も変わらないと思いますが。

コメントに『このままでは馬にとって走ることへのマイナスイメージがさらに増していき』とあります。
走らない原因が心の病気ならば、去勢がプラスになるとは思えないんです。
去勢をしたらマイナスイメージが減る方向に働くんでしょうか?

手っ取り早い対処方法として去勢が選択された。
そう思ってしまいます。


兄ホーカーテンペストは6歳の夏に去勢されました。

NF天栄 2015/12/8
『馬の様子はと言うと、体調面に問題はないと思いますが、去勢の影響が多少見られるんです。去勢後の馬に時々あるのですが、去勢したことでちょっと他馬に気を遣うような面が見られる時があるので、そのあたりに配慮しつつ今後の調整にあたっていきます』

ホーカーテンペストはデビュー前は併せた古馬を噛み付きに行く馬でしたが、デビュー後に他馬に気を遣うというコメントはありました。


2011.06.29 グリーンchの映像をキャプチャ

この画像では外側の古馬が噛みに行っているように見えますが、映像では先にホーカーテンペストが噛みに行ったていたと記憶しています。

フラットレーは今まで他馬に気を遣うというコメントはなかったと思いますが、今後そうなるかもしれません。
そうなってしまう気がしてなりません。


今の状況で去勢してしまうと、今後フラットレーのようなケースが発生しても対処方法がわからないままです。

まァ、たくさんいる大牧場の生産馬の一頭ですからね。
いちいち対応していられません。

個人馬主の馬ならもっと。。。と思いますが、クラブ馬じゃやっぱり対応が違います。

今回のコメントでは馬主の意向は全く触れられてなかったでしょ。

嘘でも調教師、クラブと協議した結果と一言入れておいたほうがいいんじゃないですかね?

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 2

フラットレーが走らない理由  

何でしょうか?

 ■フラットレー(3歳 牡 500万下)
  NF天栄在厩

以下は今日更新されたNF天栄スタッフのコメントです(抜粋)。

『乗り出して少し経ちますが、動きに関して特に気になることはないんですよね…。
 こちらで乗る分には問題ないんです。
 息遣いもそう悪そうには思えず、正直に言うと何で走らないのかわからないような状況なんです。
 競馬へ行って、馬が走ることを加減するようになっているのでしょうか…。
 いずれにせよこのまま競馬へ行っても大きくは変わらないでしょうから、今回は慎重に調整をしていくつもりです』



理由はコレじゃないですか?
entry1216 フラットレー、一生懸命走る馬は賢い馬か?


きっかけはアイビーステークスだったのかしれません。
ですが、走らない理由がそれならば遅かれ早かれですよ。
まァ、最悪のタイミングで馬が気付いてしまったんですけど。

三白眼ですからね、十分に考えられると思いますよ。




また、この三白眼の馬も。


2016.10.15 東京9R プラタナス賞(500万下) ダ1600m エピカリス

萩原師は『脚の置き方を見るとどこか探っているような感じがしました』とコメントしていましたからね。
マーチステークスでも凡走をしてしまったら、そういうことだと思います。

『みやこステークスまではセーブしながら走っていた』になればいいんですが。

そうならない可能性もある。


今日の締めはスティーヴィー・ワンダーの”迷信”です。

Stevie Wonder / Superstition


ポチッと押していただけると嬉しいです。
-- 続きを読む --

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 4

フラットレー、手元に置いたまま  

本題の前にメッセージでご連絡頂いたことへのお返事を書いておきます。

〇〇様
リンクの件、承知いたしました。

乗馬をやめて10年以上が経ち、それ以降は牧場見学で馬に触れる程度。
過去の経験で書いていますので、馬学の勉強不足、認識が甘いところが多々あると思います。
やはり馬に触れていないと、最新の馬具、医療、蹄に関する情報が入手できないですからね。
それが悩みの種です。

今回のようにメッセージを頂くのもブログを続ける励みになります。
ありがとうございました。


オマケです。


2002.8.15 益田競馬場最終開催 御神本騎手



 ■フラットレー(3歳 牡 500万下)
  藤澤和厩舎在厩

美浦トレセンに在厩で調整されています。
津曲助手によると、藤澤和師は手元に置いて次走へ向かって行く気持ちが強いとか。
いちおうのプラントしてセントポーリア賞も選択肢にあるようですが、出走を先延ばしにすることも短期放牧も可能性としてはあるようです。

体力的なことが心配ならアッサリとNF天栄に任せてしまうでしょうが、手元に置くということはメンタル面が心配なんじゃないですかね?


リッチダンサーの仔(男馬)は、メンタル面の話になるとすぐ去勢の話になりますよね。

フラットレーも新馬戦のあとにNF天栄で調整された際はそう思ってしまうコメントがありました。
実際、NF天栄から美浦に輸送した際に馬運車内で落鉄しかけて軽度の挫跖を発症してしまいました。

しかし、育成時の牧場では特に気性を心配するようなコメントはありませんでした。

フラットレーが募集された時の見学ツアーで、NF早来の一番偉い方にリッチダンサーの仔について話を伺った際(ホーカーテンペストも含む)は牧場では気性的な危うさはなかったと聞きました。
兄弟の中でこの馬だけ特別だとは思いませんが、同じタイプではないんじゃないのかなぁと思います。

メンタル面が心配と言っても癇性がキツく手に負えないわけではないので、現状で去勢の話をするのはナンセンスだと思います。


セントポーリア賞の出走は五分五分かな。

晩成血統ですし、クラシックだけが競馬じゃありません。

先は長いです。
これも楽しみと思ってじっくりと構える気持ちで。

先は長いと言ってもホーカーテンペストのように9歳まで現役は困ります。
やっぱり大きいところを勝ってもらってね。
続きは書かないでもわかりますよね(笑)。


こんなはずじゃなかったんですけどねぇ(汗)。


またこの動画を貼っておきます。

藤澤和師は難しい判断に迫られる時、一つの信念に立ち戻るそうです。

『一勝より一生』

The Professional プロフェッショナル 仕事の流儀 競馬調教師・藤澤和雄




2017.12.28 中山11R ホープフルステークス (GⅠ) 芝2000m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 0

フラットレーの次走は!?  

 ■フラットレー(2歳 牡 500万下)
  NF天栄在厩

スポーツ報知にフラットレーの次走に関する記事がありました。
スポーツ報知】2017.11.7 POGブログ! 今年も好調(美浦)

記事から想像すると、翌日の水曜日辺りにNF天栄のエライ人と美浦で打合せを行ったんだろうなと思います。
来週には何かしらコメントがあるでしょう。

葉牡丹賞を使うなら、来週には美浦に戻さないと間に合いません。

その後は。。。
勝ってもいないうちから次の話をすると葉牡丹賞も負けてしまうかもしれませんが、中2週でホープフルステークス(GⅠ)があるかどうか!?

2歳のうちに収得賞金を加算しておけば来年の番組選択が楽になりますからねぇ。
葉牡丹賞は確実に勝ってほしいです。


藤澤和厩舎の2歳馬は今年も順調です。
POG本にはレイエンダフラットレーが期待と書いてありました。
しかし、他が好調過ぎてこのままでは霞んでしまいますし、ポジションが無くなってしまいます。
優先順位が下がってしまいますよ。

 タワーオブロンドン 4戦3勝 京王杯2歳S(GⅡ) → 朝日杯FS(GⅠ)を予定
 ゴーフォザサミット 3戦2勝 百日草特別 → ホープフルS(GⅠ)を予定


これだけ順調だと今後フラットレーの鞍上がどうなるかわかりませんね。


フラットレー、札幌で新馬を勝った後、NF天栄に移動して気性についてのコメントがありましたよね。

アイビーSのパドックを見た感じでは特に危うさは感じませんでした。
立ち止まるとか、突然頭を上げて周りを見るとかは無かったです。
何かやりそうな雰囲気があれば曳き手をあの位置じゃ持ちませんし。



馬具はリップチェーン、チフニー等は使われておらず、無口頭絡の右側に曳き手のナスカンを付けリングから鼻革の上を通し、左側のリングを通しただけ。



2017.10.21 東京9R アイビーステークス (OP) 芝1800m

クサリの部分を馬の口に通すこともありますが、ビットガードを付けていたので鼻の上を通しています。

馬の気性は個性でもありますから十把一絡げにはできません。

しかし、母馬が日本で産んだ牡馬は全頭牡馬じゃ無くなっていますからねぇ。
この馬だけ例外ということは無いと思いますが、今は気にする必要はないと思います。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 2

フラットレー、お前もか  

まず弟の前に兄について。

■ホーカーテンペスト(8歳 騙 平/障オープン)
藤澤和厩舎在厩
次走は 『10/15 (日) 東京9R 東京ハイジャンプ (J・GⅡ) 芝3110m』 を予定しています。

この中間に脚元にちょっとした傷ができ、そこから少しだけ腫れが出てしまったそうです。
障害練習でぶつけたのか?
馬房でぶつけたのか?
そんなところでしょうね。
水曜日の追い切りを控えたぐらいですから、軽くはないと思います。

すぐに抗生物質を注射して腫れが大きくなるのを抑えているでしょうが、フレグモーネになってしまう可能性が無いとは言えないでしょうね。
もう若くないですからねぇ。
腫れてしまうとなかなか納まりませんよ。

まだレースまで時間があるので、今すぐに目標を切り替えることはしないそうです。


藤澤和師は難しい判断に迫られる時、一つの信念に立ち戻るそうです。

『一勝より一生』

良化してくれればいいんですがねぇ。




なんでですかねぇ。
なんで次から次へと蹄を傷めるんですかねぇ。

■フラットレー(2歳 牡 500万下)
藤澤和厩舎在厩
23日に美浦トレセンへ帰厩しました。
次走は 『10/21 (土) 東京9R アイビーステークス (OP) 芝1800m』 を予定しています。

輸送中に蹄鉄がズレたようで、蹄を少し気にする素振りを見せたそうです。
大ごとではないそうですし、水曜日は軽めの調整を行ったそうです。
う~ん。
曳き馬程度ですかねぇ。

私の想像ですが、馬運車が揺れたか何かして馬がバタバタし、その際に脚が絡まる格好になり片方の脚で反対の脚の蹄鉄を踏んでしまったんじゃないですかね。
さっそく画像の再利用になってしまいますが、蹄鉄は蹄機作用を阻害しないように釘をこの画像のように蹄鉄の前側にだけ打っています。


乗馬クラブにて撮影。

ですから、後ろから蹄鉄を踏んで踏まれた脚を上げれば蹄鉄がガバッと浮いてしまい、ズレるということが想像できると思います。

ズレ具合が大きければ落鉄寸前になり、蹄鉄に残ったままの釘を踏んでしまう可能性もあります。
大ごとではないそうなので挫跖には至っていないんじゃないでしょうか?
裂蹄もしくは蹄が欠けてしまった可能性もありますが、今回の更新情報からはそこまではわかりません。

この数ヶ月間、何回蹄機作用のことを書いたんだか(苦笑)。

アイビーステークスを使えるか、それとも回避になるかは、なんとも言えませんね。
大丈夫だと思いますけどねぇ。


繰り返しになりますが、藤澤和師は難しい判断に迫られる時、一つの信念に立ち戻るそうです。

『一勝より一生』

良化してくれればいいんですがねぇ。


藤澤和厩舎の2歳他馬動向。
スポーツ報知】2017.9.23 【ききょうS】藤沢和厩舎のタワーオブロンドンが3馬身半差の圧勝
デビュー前は動かないようなコメントでしたが、競馬に行くと変わりましたね。
タワーオブロンドンはルメール騎手で朝日杯FSということでしょうかね。

スポーツ報知】2017.9.23 【中山2歳未勝利】藤沢和厩舎のゴーフォザサミットが圧勝
ゴーフォザサミットの次走はアイビーSか東スポ杯を視野に入れているそうです。

スポーツ報知】2017.9.25 【次回注目馬】ファストアプローチ内容十分の2着 年末のG1でも期待大
まァ、そういうことになるでしょうね。
そういうことだからファストアプローチにはルメール騎手を乗せていないんでしょうし。


この動画、たまに思い出しては繰り返し見るんです。
キャロットのプラテアードが出てくるぐらいですから古いです。
鹿戸さんはまだ独立していませんし、ノリさんと仲違いする前です。
某会社と同じ名前の馬も走っています。

The Professional プロフェッショナル 仕事の流儀 競馬調教師・藤澤和雄


entry1295 2017年度 出資馬(2)アビラの16で書いた気性の話の”ある方”とは藤澤和師のことでした。
そのくだりは番組スタートから15分経ったところで出てきます。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ