第2回キャンセル馬再募集は!?  

ゴールデンウィークに寝違えて首の骨がズレてしまい1ヶ月間ほど接骨院に通っていました。
背中の筋肉、肩から肘までの筋肉、スジにその影響が出てしまいました。
先生に『上を向かないようにしないさい、急に振り向かないようにしなさい』と言われました。

乗馬をしていた頃は、体か硬いせいもあり無理な姿勢で乗っているので年中どこかを痛めていました。
乗馬をやめたらそれがピタッと無くなりました。


第2回キャンセル馬再募集に応募するか!?

いちおうね、考えましたよ。

当る当らないの前に、この中に応募しなかったことを後悔する馬がいるかいないか!?

今回は余計なことを1頭だけ書いてみよう!


73. マチカネチコウヨレ15(ウェルカムゴールド)
募集時に気になった左前の歩様は気にならなくなったけど、独特の歩様という気はする。
牧場コメントにあるように、背中の筋肉が寂しい。
募集開始時よりもキ甲からトモまでのラインが良くいなっているはずいが、今これなら将来不安。
動画を見るとネックストレッチを使って無理やり・・・は言い過ぎか?首を屈撓(ベント)させている。
ベントさせることで馬の背中の筋肉の緊張をほぐし、肩や股関節の動きをよくする効果を期待。


ちなみに背中が痛い馬は背を丸くして立ち、前肢も後肢も体の中央寄せて立ちます。
この馬はそういう立ち方をしていません。




2016年 募集馬見学ツアー

マチカネチコウヨレ15の育成厩舎はエピカリスと同じNF空港のR-1 厩舎。
佐々木厩舎長という名前が出たのは現2歳馬からでしょうかね。

R-1厩舎のキャロット馬担当はアドマイヤドレス15、カサパサー15、アレキサンドリア15、マチカネチコウヨレ15の4頭です。
この4頭を見て何か気付きませんか?

マチカネチコウヨレ15以外は他牧場生産の市場取引馬でした。
昨年のツアーの時には気付いていたのですが、なぜそういう振り分けになったか聞かないまま終わってしまいました。
まァ、たまたまでしょうけどね。


人間も馬も治療方法は同じ。
でもね。
出資馬が走った次の年に同じ父馬の仔に出資すると、走らんのですよ(爆)。

後悔する馬はいない。

以上、終了。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 2

今年もあった第2回目キャンセル馬再募集  

6/30に2016年度募集馬の第2回目キャンセル馬再募集のお知らせがありました。

昨年の第2回目キャンセル馬再募集の対象馬はこちら↓です。
entry1206 第2回キャンセル募集に向けて

なお、昨年の第2回キャンセル募集の案内は7/1でした。

第2回キャンセル募集におけるキャンセル口数は、すべて出資者の退会によって生じたものとのこと。

いつまでも母馬の名前だけじゃ話が通じなくなりますし、出資馬以外の競走馬名を覚えていませんので追記しました。

【2017年 第2回キャンセル募集】
--- 第1次募集満口馬 ----------------
 NO.13 ♂ 母)マルティンスターク15(ショーンガウアー)【番号付与】※第1回 番号付与6
 NO.17 ♀ 母)ペルレンケッテ15(ペルネッティア) 1口 ※第1回 4口
 NO.29 ♂ アドマイヤサンデー15(プレビアス) 2口 ※第1回 2口
 NO.54 ♀ 母)ドルチェリモーネ15(スイートレモネード) 1口 ※第1回 3口
 NO.62 ♀ 母)フォルテピアノ15(クリストフォリ) 1口 ※第1回 2口
 NO.66 ♂ グレイシアブルー15(メールドグラース) 1口 ※第1回 5口
 NO.73 ♂ マチカネチコウヨレ15(ウェルカムゴールド) 5口


--- 1.5次募集満口馬 ----------------
 NO.26 ♂ キュー15(ウィナーズブレイク)【番号付与】※第1回 番号付与11
 NO.38 ♂ 市)カサパサー15(エールブラン)【番号付与】1,400万円


--- 第2次募集満口馬 ----------------
 NO.02 ♂ ガヴィオラ15(ギャラッド) 4口 ※第1回 2口
 NO.12 ♀ エレンウィルモット15(ムーランジュビリー) 2口 ※第1回 5口
 NO.28 ♂ 市)アドマイヤドレス15(ヴェスティード) 6口 ※第1回 16口
 NO.37 ♂ 母)マイティースルー15(モンヴァントゥ) 2口 ※第1回 1口
 NO.59 ♀ 母)ケイティーズジェム15(バレンタインジェム) 2口 ※第1回 16口
 NO.82 ♀ NAR)マロトウショウ15(ノートゥルレーヴ) 1口


いちおうチェックはしたつもりですが、記載内容に誤りがありましたらお知らせください。

【番号付与】のマルティンスターク15、キュー15、カサパサー15が一般に回ってくることはないでしょう。
ですから、チャレンジするなら実質12頭が検討対象になります。


昨年のツアーでは50頭近くを見たとブログに書いていました。
そのentry『第1次募集あきらめ~馬』で写真をアップした馬で今回再募集になったのは5頭でした。
(番号付与の馬は除く)

今更後ろから見て何かわかるもんじゃないです。
先週末、カタログで『やや内向した脚つきながらも』と書かれていた馬が新馬勝ちしましたね。


NO.12 エレンウィルモット15


NO.17 ペルレンケッテ15


NO.54 ドルチェリモーネ15


NO.73 マチカネチコウヨレ15


どの馬に応募してみるか?

欲しい馬がいるとかいないとかそういことではなく、当る気がしないので検討する気も起きません。

entry1206 第2回キャンセル募集に向けてで書いたように、『第2次募集満口馬』から勝ち上がる馬を探すのは難しいかもしれませんね。


entry920 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(1)
entry1103 今年もあるかな再募集
entry1104 今年のキャンセル馬再募集(第1回)


今日の締めはこの曲です。

Bruce Springsteen / 4th Of July, Asbury Park (Sandy)


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 4

第2回キャンセル募集に向けて  

年度での出資馬が2頭というのは2007年産のタイトルホルダーアンヴァルト以来になります。

今一度、第2次募集に残った18頭を改めて見直してもコレに出資しておけばよかったかな?という馬はいません。

という前置きを書いてですが、第2募集開始時にリストアップしてあったのはヴェスティード(アドマイヤドレス15)、バイオレントブロー(バイオレントハート15)の2頭でした。
最後まで悩んだのは早来Fのスタッフお薦めの前者でした。
ツアーではスタッフと話をしても興味なかった馬なので実馬を見ていませんけどね(爆)。


バイオレントハート15


バイオレントブローを切った理由ですが、まァ、それはいろいろと妥協できない部分があったということです。。
余談ですが、この馬セレクションセール出身でセール時にトレッドミルで運動している動画を公開してありました。
以前にも書きましたね。

セレクションセール2016 NO.53 バイオレントハートの15


しかし、昨年10月末の更新でNF早来のスタッフは『トレッドミルでの運動や騎乗馴致をまるで経験したことがあるようにスムーズに進めることができ、大変驚いています』とコメント。

早来でもその程度かと私も大変驚きました。
バイオレントブロー、6/3の新馬戦で2着でした。
出資しておけばよかったですかね。


内緒にしていましたが、、第1回キャンセル募集ではラレイローズ(ヴィアンローズ15)、カラドゥラ(カニョット15)で悩み、後者で応募し落選です。
entry1126 『ー(長音符)』が抜けていますよ?
entry1126 ありがとうございます、当りました!!

ラレイローズを切った理由ですが、古賀慎厩舎はパルフェクォーツ、グランサム、ラレイローズの3頭が立て続けに嫌われましたしね。
再トライはしませんでした。
福島民報杯、稲村ヶ崎特別のアジュールローズを見ても、柴山イライラを削減できてよかったかなと思います(爆)。


ヴィアンローズ15

カラドゥラですが、牧場の言うことを聞く厩舎が良いのか、聞かない厩舎が良いのかはわかりませんけど、馬は面白いと思いました。


カニョット15


昨年の第2回キャンセル募集の案内は7/1でした。
なお、第2回キャンセル募集におけるキャンセル口数は、すべて出資者の退会によって生じたものとのこと。

第2回キャンセル募集では、第1次募集の『最優先抽選』、『母・最優当選、一般抽選』は番号付与内で終わりました。
1.5次募集満口馬で番号付与内で満口ならなかったのは、オーバーレイ(ヒシシルバーメイド14)の1口だけでした。

つまり、今年も再募集があるとしたら、『第1次募集の一般抽選』と『第2次募集』からになるでしょう。

【2016年 第2回キャンセル募集 中央馬のみ】
(左端の数字がキャンセル口数です)
--- 第1次募集満口馬 ----------------
 3 ♂ フラニーフロイド 7,000万円 未勝利
 1 ♂ ピューリティー 3,600万円 未勝利(3歳2月 咽喉鳴り手術)
 1 ♂ 外)Sweet Dreams Baby 3,600万円 ≪新馬勝ち 1勝≫
 2 ♂ パーシステントリー 8,000万円 未勝利
 1 ♂ 市)エルダンジュ ≪新馬勝ち 2勝≫(2歳1月 左前肢骨片摘出手術)


--- 1.5次募集満口馬 ----------------
 1 ♀ ヒシシルバーメイド 1,400万円 未勝利(ツアー時 両前蹄不安、接着装蹄)

--- 第2次募集満口馬 ----------------
 1 ♂ 市)メジロジョーンズ 1,600万円 未勝利
 1 ♀ 母)フォルテピアノ 1,600万円 ≪新馬勝ち 1勝≫
 1 ♂ 母)シーズンズベスト 3,000万円 未勝利
 1 ♂ 母)リーチコンセンサス 3,000万円 ≪1勝≫
 1 ♀ ラフィントレイル 1,400万円 未出走(2歳9月 左前脚捻挫、2歳12月 右トモ繋部分骨折)
 2 ♂ フローリッドコート 1,600万円 未勝利
 2 ♀ キスショット 1,200万円 未勝利
 4 ♂ テイクワンズアイ 1,400万円 未勝利
 3 ♀ 母)ティフィン 1,200万円 未勝利



これを見ると、『第2次募集満口馬』に再トライするのはかなりリスキーですよ。

私がこれまでキャンセル分再募集で当選したこともなければ、キャンセル待ち番号を付与されたこともありません。
一度はクラブからの電話を待つハラハラドキドキを経験してみたい。

そして。。。



ポチッと押していただけると嬉しいです。
-- 続きを読む --

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

キャロット2016年度募集馬、残り1頭です  

POG関連本が続々発売されていますね。
私はPOGをやりません。
ですから出資馬の情報さえ掴めればいいので多くは買いません。
どれも似たような内容ですし。


まずはキャロットの満口馬の話。

25日にスウェアジーク(スウェアトウショウの15)が満口になりました。
これでキャロットクラブのJRA予定馬は全頭満口、完売となりました。

残るは地方予定馬のシアラルーチェ(プリンセスフローラの15)、1頭のみです。

地方馬の残口警報は 35口 からです。
総額1,000万円の100口募集ですから1口は10万円です。
10万円だと捨てるつもりで出資入会して2017年度募集を既存会員として応募とはならない金額ですが、これも完売するかな。



一昨日(4/24)、JRAレーシングビュアーと雑誌『優駿』のコラボ企画『2歳馬の牧場映像が満載! 2017 POG 2歳馬特集』の第1回更新がありました。
今回の更新では30頭の動画がアップされています。

担当育成厩舎の厩舎長インタビュー、立ち姿、坂路を駈け上がる動画です。
厩舎長のインタビュー動画はキャロットにはないですからね、これは嬉しいです。
やはり活字で見るのと厩舎長の口から発っせられる言葉とでは受ける印象が違いますからねぇ。

フラットレー(リッチダンサーの15)、樋口厩舎長は(思わず笑ってしまうくらいに)メチャクチャ期待しているそうですよ。


※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャー

なお、キャロットの馬は以下の4頭でした。
 アリストライン(アディクティドの15) 父ハーツクライ メス
 フィニフティ(ココシュニックの15) 父ディープインパクト メス
 エリスライト(クリソプレーズの15) 父ディープインパクト メス
 フラットレー(リッチダンサーの15) 父ハーツクライ 牡


動画を見たところ、特に厩舎長を決めていなかった育成厩舎に厩舎長がいて新鮮でした。
また、話が変わりますが【ノーザンファーム】騎乗未経験者研修プログラム(youtube)では昨年秋まで育成厩舎の乗り役だった方がイヤリングの厩舎長としてインタビューを受けていました。
なるほど、今年の募集馬見学ツアーが楽しみになりました!



続いて『デイリースポーツ POG虎の巻 2017~2018』について。



オールカラー32頁ということですが、最後の頁は一面某スマホ競馬ゲームの広告。
騙された感じ。
私も昔は競馬ゲームをやりました。
鬼嫁に『現実逃避してるの?』と言われ、一気に気持ちが覚めてしまいました。
確かにそのとおりですから。

広告料を稼ぐ目的でしょうか、『クラブ馬主情報』として8社を取り上げていました。
どのPOG本にもありますけど、全32頁のうちゲームとクラブの広告で9頁(32%)はやり過ぎです。
まァ、社台RH、サンデーR、シルク、キャロット等はPOGを実際にやる方の資料になるでしょうし、社台RH、サンデーRを載せないと情報誌としての体を成しません。

しかし、POG対象期間に何頭勝ち上がるか?クラシック路線に乗る馬がいるのか?
というクラブもありました。
ちなみに一口馬主DBで2014年産駒の成績(4/23 現在)を調べてみたら。。。

 A社:39頭募集、勝ち上り6頭、勝ち上り率0.154、クラシック路線1頭
 B社:11頭募集、勝ち上り1頭(地方交流のため実質ゼロ)、勝ち上り率0.091


おまけで総賞金上位5社まで書いておきます。
 82頭募集、勝ち上り38頭、勝ち上り率0.463 サンデーレーシング
 80頭募集、勝ち上り28頭、勝ち上り率0.350 キャロット
 81頭募集、勝ち上り26頭、勝ち上り率0.321 ラフィアン
 87頭募集、勝ち上り22頭、勝ち上り率0.253 社台RH
 72頭募集、勝ち上り25頭、勝ち上り率0.347 シルクレーシング


広告料の無駄でしょ。
おまけにA社は一口権利プレゼントがあるし。。。趣旨が違うよねぇ。

フラットレーは『クラブ馬主情報』のキャロット頁と『特選厩舎情報』の藤澤和厩舎の”ピックアップ10頭”に馬名がありました。
どちらにもコメントはありましたが、ともに重賞3賞のバウンスシャッセの下という枕詞付きで操縦性と移動時期についてです。
特にワクワクすることは書いてありませんでした。
立ち写真はありません。
『種牡馬別有力馬ベスト』のハーツクライ欄にも名前はありましたよ。

ユナニマス(リーチコンセンサスの15)は『特選厩舎情報』の友道厩舎の”ピックアップ10頭”に馬名がありました。
特に関係者のコメントはありません。
『種牡馬別有力馬ベスト』のキングカメハメハ欄にも名前がありました。

ノーザンF育成馬は早来がメインで空港は少しだけ。
これ、来年は買わないだろうな。



最後に今年から始まった『スポーツ報知 馬トクPOG 2017~2018』について。
今日が発売日です。
スポーツ報知】2017.4.23 報知グラフ5月号「馬トクPOG」が26日に発売!試し読みはコチラ

どんなもんか見てみようと思って本屋に行ってみましたが、買うつもりはなかったんですよ。
フラットレーについて樋口厩舎長や藤澤和師がクラシック云々と言っています。
それにA4判サイズに大きな写真が載っていましたので買いました。

キャロットのカタログと並べてみるとこんな感じになります。



フラットレー出資者の皆さん、買って損はないですよ!

ユナニマスはキンカメ産駒の頁にカラー写真あり、友道厩舎の”管理予定の注目馬”に馬名がありました。
特に関係者のコメントはありません。

他に雑誌『優駿』と『丹下日出夫と鈴木淑子 POGの王道2017-2018年版』も見てみましたが、私は買うほどのものではなかったです。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 9

ありがとうございます、当りました!!  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: 2016年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: --

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ