武幸四郎騎手から調教師へ  

武幸四郎騎手が2月一杯で騎手を引退し、3月1日から調教師になりました。

幸四郎騎手がデビューしたのは1997年3月1日。
騎手としての初勝利はオースミタイクーン騎乗で重賞のマイラーズカップ(GⅡ)でしたね。

まさかと思いながらレースを見ていましたが、ほんとに勝つとはねぇ。
ビックリしたのをよく覚えています。
幸四郎騎手も今年で39歳。
一昔前なら、調教師へ転身する騎手は40歳ぐらいで引退していました。
最近はおっさんジョッキーが多過ぎる。


オースミタイクーン 静内SSで撮影


オースミタイクーンは父ラストタイクーン、母Doff the Derbyという血統でジェネラスの半弟。
大好きな馬でした。
妹シンコウエルメスの孫がディーマジェスティ。
そのシンコウエルメスは新馬戦の予後不良になるほどの故障をして。。。この話は関係ないですね。
生産はバリングラと同じアイルランドのBarronstown Studです。


昔、シルクでシルクサバイバーという馬に出資していました。
父馬はオースミタイクーン、母馬はティファニービコー(BMS:ミルジョージ)
厩舎は父馬と同じで武邦彦厩舎でした。
一度は武兄弟のどちらかが乗ってくれると思ったんですがねぇ。
全くでした。
主戦はメジロパーマーの山田泰誠騎手。
ちなみに、川田将雅騎手が初めてシルクの勝負服を着たのはこの馬でした。




シルクサバイバー(2001年 秋) 新冠 八木トレセン


もう閉館して10年以上になるかな、渋谷にプラザエウクス渋谷というJRAの広報施設がありました。
今のようにインターネットが普及していなかった頃は、レース映像(レーザーディスク)を見に行ったり、古い『競馬四季報』で情報を拾いに行っていました。
そこの館長が武邦彦元調教師の御兄弟だったんです。
武一族ですからね、やはりスラッした細身で長身の方でした。


昔読んだ関テレの元アナウンサー杉本さんの本に書いてあった話を書いてみます。
記憶が曖昧なので別の本だったかも知れません。
故武邦彦調教師が騎手だった頃の話です。

杉本さんに話をしたのが武豊騎手だったのかどうか覚えていません。
父親が騎手だった頃の話ですから豊騎手が子どもだった頃のことです。

邦彦騎手が当時減量に苦労していたのかどうかも覚えていませんが。。。

夕食の時、母親は人数分の料理を食卓に並べるが、父親は料理に全く箸をつけない。
ただ家族が食べるのをビールを飲みながら見ているだけ。
父親は『どうせ食べないんだから俺の分は出さなくいい』と言わない。
母親は残された料理を何も言わないで処分する。

夫婦ってそいうもんなのかなぁ~と思ったのを覚えています。

また、邦彦さんは酒好き。
東京から栗東へ帰る新幹線で、車内販売で売っているウイスキーのミニボトルの空ビンを窓の端から端まで並べたとか。
落馬で前歯を折り、仕方なくビールをストローで飲んだら不味かったとか。
そういうエピソードが書いてありましたね。




武幸四郎調教師と同じく今年調教師になった田中博康調教師。
フェブラリーS当日のパドックでは馬主や牧場関係者に営業をしていました。




武幸四郎調教師とは全く関係ない話ばかりになってしまいました。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の本

tb: --   cm: 0

ミホノブルボン死す  

先週の話ですが、ミホノブルボンが亡くなりました。

JRA NEWS】2017.2.24 ミホノブルボン号が死亡
日刊スポーツ】2017.2.24 「坂路の申し子」ミホノブルボン死す 老衰、28歳


門別で種牡馬をやっていた頃に一度見に行きました。
ブルボンと言えばトモの筋肉なんですが、現役競走馬を引退して10年は過ぎていたのでさすがに往年のボリュームはありませんでした。





故戸山為夫調教師の著書 『 鍛えて最強馬をつくる 』 という本をご存知でしょうか?

インターバル調教のこと。
有酸素運動のこと。
厩舎制度のこと。
調教師の定年引退のこと。
弟子の小島貞、小谷内騎手のこと。
鶴留調教師、チョウカイキャロルのオークス、タヤスツヨシのダービーのこと。
タニノムーティエ、タニノハローモアのカントリー牧場のこと。
ウオッカが誕生したのは、放牧地に関する戸山師の助言があったからこそでしょうね。
寿司屋のバイトから無理やり社台Fに就職した某調教師のこと。
レガシーワールド、フジヤマケンザンになぜその某調教師はる小島貞、小谷内騎手を乗せなかったのか?

いろいろと勉強になりましたし、私の競馬観の基礎になった本です。



1993年に出版された本です。
中古本や図書館に置いてあるかもしれません。
見つけたらぜひ読んでみてください。




ついでのentryで馬に申し訳ないですが、ホワイトマズルが26日に老衰で亡くなったそうですね。
JRA NEWS】2017.2.27 ホワイトマズル号が死亡

父のダンシングブレーヴが大好きな馬だったので、コマンダーインチーフも含め産駒にいつか出資してみたいと思っていたのですが、結局かなわずに終わってしまいました。

熊ちゃんが乗っていたダンシングサーパスも好きでいつも馬券を買っていました。
儲かった記憶はありませんが。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ▲馬の本

tb: --   cm: 0

社台ファームとノーザンファーム  

今年の日本ダービーに出走したアグネスフォルテですが、この馬は長浜調教師にとって最後の日本ダービー挑戦だったんですね。
アグネスと長浜師。
その昔、乗馬クラブでレッスンの合間に洗い場で聞いた話を思い出したので書いてみましょう。

これから書く2つのエピソードで社台ファームとノーザンファームの違いがわかればと思います。


◆社台ファーム
アグネスタキオンがまだ当歳で離乳が終わってない頃に、長浜調教師が突然馬を見に来たんだそうです。
牧場は慌てて集牧し、馬を良く見せようと本来ならばブラッシングをするのですが間に合わないので濡らしたタオルで馬体を拭いてその場を取り繕おうとしたんだそうです。
ところが長浜師が馬体を撫でたところ、フケが舞ってしまったと。
現役の競走馬や育成中の馬は汗をかいたら馬体を洗いますが、それ以外の馬は洗いません。
『これは何だ』と長浜師がスタッフに意見しようとしたところに照哉社長が現れ『ウチは自然のままでやっているので』とかなんとか言ったそうです。

古い話なので私の記憶もだいぶ曖昧になっていますが、私の耳にも届いた話ですから有名なエピソードなんでしょう。
御存じの方も多いと思います。


◆ノーザンファーム
乗馬クラブのスタッフに、以前ノーザンファームで働いていたという人がいました。
第1回セレクトセール、ステージチャンプが競走馬を引退しノーザンホースパークに移動した頃ですから約20年前のことです。


ステージチャンプ

その彼がノーザンファームで働いていた時の話です。
厩務作業の合間に厩舎内で腰を下ろして仲間と談笑していたところ、彼よりも上役の女性スタッフに働けと尻を思いっきり蹴り上げられたそうです。
ちなみにその女性スタッフは彼よりも年下だったとか。
まァ、今はどうかわかりませんが、結果を出している牧場はどこもそんなもんだと思いますよ。

募集馬見学ツアーでは可愛い女性スタッフを探すのをネタにしていますが、ついつい『このオネエチャンもケツを蹴り上げるのかな?』という目で見てしまいます。
『俺のケツを蹴ってくれ』という意味で見ているんじゃないですからね(爆)。




これまでも何度かブログで書いてきましたが、社台ファームの誕生からのことを書かれた本が2つあります。
『血と知と地 - 馬・吉田善哉・社台』吉川良(著)1999年『吉田善哉 倖せなる巨人』木村幸治(著) 2001年です。

お二人の作家が取材による実話に基づいて書いているので基本的には同じ内容です。
私は最初に『血と知と地』、次に『倖せなる巨人』の順で読みました。
『血と知と地』でわかっていた内容を、再度『倖せなる巨人』で読んだということになりますが、個人的には後者のほうが断然面白かったです。



社台ファームをつくった故吉田善哉氏の3人の息子は、照哉さんと勝己さんと晴哉さんですが、なぜ長男の照哉さんの名前に「哉」の字があり二男で無くなり三男で復活したか?
気になりますか?
その逸話も本に書いてあります。
照哉さんと勝己さんの性格の違い等々、なるほどと思うエピソードで書いてあります。


アンチの方は『社台グループの馬がほとんどのレースを勝ち、独り勝ちだから面白くない』と思うでしょう。
こいの本を読めばそうなるべくしてなった、なるだけのことをやってきたということがわかると思います。

現在は古本でしか手に入らないと思いますが、興味のある方は探してみてください。


pocket


【追記】
まとめが抜けていました。
社台ファームとノーザンファームの育成中の2歳初旬の写真を比較すると、社台ファームの馬は冬毛ボーボーでウマだかクマわからないような写真がありますよね。
同じグループ内であっても馬のつくり方がそれだけ違うということが言いたかったentryです。
どちらが馬にとってはいいのか?そんなことは私にはわかりません。

category: ▲馬の本

tb: --   cm: 2

サラブレッドは空も飛ぶ  

映画『ブレードランナー』の原作であるフィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』みたいなタイトルですが、『サラブレッドは空も飛ぶ』という馬の本をご存知ですか?


今年のゴールデンウィークはまとまった休みがあったので実家に帰省していました。
モノを捨てられない性格なので一度読んだ本は捨てられず、手元に置いておくのも邪魔になるので実家で保存しています。


競走馬私論 馬はいつ走る気になるか 2003年
リーディング・トレーナー 藤澤和雄の調教論 1996年
リーディング・トレーナー 続 藤澤和雄の調教論 1998年

古い本ですが、藤澤和厩舎の馬に出資している人、しようと思う人は読んでみてはいかがでしょうか?


このブログを始めてからネタになる本を実家から持ってくるようにしていますが、今回は今から15年前の2001年にJRA競走馬総合研究所の楠瀬良さんが書かれた『サラブレッドは空も飛ぶ - 馬と競馬の博物誌』を持ってきました。



今はわかりませんが、当時楠瀬良さんは平日のグリーンchでの番組に出演されることがあったのでご存知の方もいらっしゃるでしょうね。

最近は本屋の競馬コーナーに行っても置いてあるのはほとんどが馬券指南本ですよね。
面白い馬の本が減ってしまいました。
ネタばらしになりますが、私がブログで書いていることはこういう本に書いてあることなんです。
楠瀬良さんの他では、木村幸治さんが書かれた本はほとんど読んだと思います。
木村幸治さんの本もお薦めします。


『サラブレッドは空も飛ぶ』は古い本なので馬の怪我への治療方法、対処方法は現在のものとは違うかもしれませんが、参考にはなるでしょう。
また、本の内容は『競走馬の科学 - 速い馬とはこういう馬だ』(JRA競走馬総合研究所 編 2006年)とダブる部分が多々あると思います。



ちなみに、『サラブレッドは空も飛ぶ』は毎日新聞夕刊の連載コラムの編集加筆、『競走馬の科学』は雑誌『優駿』連載の加筆訂正ということです。




『サラブレッドは空も飛ぶ』を読んだことのない方に是非お奨めと言いたいところですが、amazonで確認してみたら古本でしか手に入らないようですね。
興味のある方は探してみてください。
『競走馬の科学』はまだ新品を入手できるようです。



category: ▲馬の本

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ