UAEダービーの賞金が振り込まれます  

今週はダービーウィークです。

今年は出資馬の日本ダービー出走がありません。
やはり寂しいですね。

まァ、今年は既にUAEのダービーに出走済みですし、もう1戦アメリカのダービーに出走する可能性もありました。
エルデュクラージュで大井のダービーも出走があるかと思っていましたが、それは消えたと言っていいでしょう。

出走して欲しい、勝って欲しいのは、やはり日本ダービー(東京優駿)です。


現地時間の20日に米三冠競走の2戦目、プリークネスステークスが行われました。
その結果はまた後日entryするつもりでいます。


まずは先日のentryでも触れたエピカリスの今後のスケジュールについて。

25日から出国検疫へ、31日に出国ということです。
ラジオNIKKEI】2017.5.19 エピカリス、31日に出国へ
競馬ブック】2017.5.19 エピカリスは31日に出国―ベルモントS

検疫厩舎へ入る日も出国日も、レース開催日から逆算するとUAEダービーと同じスケジュールです。
となると、国内最終追い切りは29日(月)です。


DUBAI RACINGの映像をキャプチャー


続いてはUAEダービーの賞金について。

5月の請求明細書と一緒に『エピカリス号 UAEダービー 賞金・海外遠征出資金のご案内』が届きました。
気になる賞金の円換算レートが信じられない数字でした。

 ① 海外遠征出資金計算時レート【114.81円】
 ② 賞金計算時レート【105.63円】



以降、海外遠征出資金計算時レートを”適正レート”として話を進めます。

う~ん、なして9.19円の差が発生するのか?
ドバイワールドカップデーの賞金は米ドルで支払われると勝手に思っていましたが、ドバイの通貨 ディルハム(Dirham) → 米ドル → 日本円
ということで手数料により賞金が目減りしたんでしょうか?


某馬仲間さんがクラブに問い合わせてくれ、回答も聞きました。

はっきりとした理由があるのなら案内に書いたほうがいいと思います。
気になる方はクラブに問い合わせるでしょ?
社員の仕事が増えるだけなのに。
案内に書かないと出資者に不信感を抱かせるだけなのに。

理由を案内することは私の仕事ではありませんので、ここには書きません(爆)。


ちなみに進上金は賞金の25%になります。
調教師、厩務員、騎手の分配、JRAより多く引かれる5%が誰の取り分になるのかはわかりません。
当たり前なのでしょうが、進上金の割合はドバイのルールに従うんですねぇ。
なお、クラブ手数料は3%です。

よって、賞金から28%が控除されて出資会員への分配金になります。
また、これも当たり前なのですが、JRAに持っていかれるお金(JRA・地方競馬源泉所得税)はゼロです。
消費税も引かれていません。


2着賞金(40万USドル)に9.19円がどれだけ影響するかというと

 ① \45,928,000-
 ② \42,252,000-


差額は、370万円(\3,676,000)になります。

ちなみに1着賞金(120万USドル)の場合差額は、1,100万円(\11,028,000)です。


ネオリアリズムがドバイターフに出走し、勝っていた想定して計算してみると

 ① \413,352,000-
 ② \380,268,000-


差額は、3,300万円(\33,084,000)になります。

3,300万円という金額は、2歳重賞(GⅢ)の1着賞金と同額です。


これ、ヴィブロスでもレートは同じ計算になるんですよね?
元の賞金が大きいからこれぐらい差があっても。。。とはいかなでしょ。

円換算レート、これは遠征決定時に出資会員に告知しておかなければいけないんじゃないですかねぇ。

この騙された感は何なのでしょうか。
『来年はネオリアリズムでドバイターフをエピカリスでドバイワールドカップを』と夢を見たいですが、この現実を知ってしまうとなんだかねぇ。
という気持ちになりました。

賞金を米ドルで払ってもらい、クラブが大黒屋で両替したほうが配当金は大きいんじゃないですか?(爆)。


ベルモントS遠征費は2,000万円を予定しています。
私の想定よりも安く済みそうです。

しかし、UAEダービーの賞金がこれでは5月の精算で出資者が手にする金額は同じじゃないですか。


疑問点が一つあります。
このキャプチャー画像をご覧ください。


※画像はクリックすると大きくなります。

現時点の収得賞金にはUAEダービーの賞金が含まれています。
総賞金はJRAで走った分のみで、北海道2歳優駿とUAEダービーは含まれていません。

JRAデータベースの収得賞金は以下の計算になります。
赤字部分がUAEダービーの2着賞金加算分です。

 ■収得賞金
  5,240万円
   400 + 500 + 2,000*1/2 + 1,000 + 4,680*1/2
   (新馬戦+プラタナス賞+北海道2歳優駿+ヒヤシンスS+UAEダービー)


競馬ブックのデータベースから算出すると、2着賞金は 4,684.8万円 だったことになります。

 ■獲得総賞金(競馬ブック)
  10,238.7万円 
   700 + 1,000 + 18.9 + 2,000 + 1,800 + 35.0 + 4,684.8


JRA=競馬ブック となり、円換算レートは US$1=\117.12 です。

JRAの記録と、実際に馬主が受け取った金額とは 約460万円 の差があります。

この差は今年だけなのか?
毎年これだけの差があるならJRAも競馬ブックもそれを見越してデータベースを作るでしょ。

JRAの収得賞金はこのまま放置されるのか?
それとも実際に払われた金額で修正されるのか?
気になります。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 0

エピカリス、着地検疫へ移動  

■エピカリス (3歳 オープン)
NF天栄在厩
6/10 (土) 米・ベルモント11R ベルモントS (GⅠ) ダ2400mを予定

3/28にドバイから帰国し、兵庫県三木ホースランドパークでおこなっていた輸入検疫が4/2終了しました。
着地検疫をどこでやるのかと思っていたところ、NF天栄でした。

 3/28 帰国、三木ホースランドPへ移動し輸入検疫(5日間:3/29~4/2)
 4/03 三木ホースランドPを出発し、夜、NF天栄に到着
 4/04 着地検疫(3週間:4/4~4/24)


三木ホースランドパークを一頭積みの馬運車で出発し、他馬との接触を避けるためにNF天栄に夜到着。
これから3週間は他の馬が厩舎から出ていない時間帯に一頭だけでの運動です。
馬はもともと群れで生活する動物ですからねぇ。
精神的にタフな馬じゃないと乗り切れません。


最近は『優駿』等の競馬雑誌を読んでいないので近年の海外遠征で『馬が飲む水』をどうしているのか、わかりません。
乗馬等で馬に接したことの無い人は、馬がどれだけ水を飲むのか知らないでしょう。
バケツ単位で水を飲むし、運動での発汗量も凄い。
当然尿として出す量もハンパ無く、馬体重が変わるぐらいに出す。

タイキシャトルが海外遠征していた頃は、現地で必要な水を日本から持参していました。
長期遠征になる場合は、先に現地の水を日本に取り寄せ、少しずつ日本の水に現地の水を混ぜていき、出国時には100%現地の水を飲ませた状態にする。
今はわざわざ取り寄せないで水質や成分、硬度を科学的に合わせているのかもしれません。

香港やドバイ遠征は10日強の日数で戻ってきますから、日本から水を持参しているのかもしれません。
ドバイはチャーター機ですからそれも可能でしょう。

香港は日本と違って『硬水』です。
現地の馬がどうしているのかわかりませんが、人間はそのまま水道水を飲みません。

ネットで調べてみたら、ドバイもニューヨークも日本と同じ『軟水』でした。
水をどうしたのか(どうするのか)気になりますねぇ。
どこかの雑誌やキャロットのクラブ会報で特集を組んでくれませんかねぇ。


海外遠征には下準備が必要です。
日本を出国する前からの準備が必要ですから、遠征先での競走結果からプラン変更は不可能だと思います。

例えば、UAEダービー後に米三冠レースに出走するなら、日本を出国する段階で馬にアメリカの水を与え、ドバイでもアメリカの水を飲ませアメリカに移動させるぐらいをやらないと馬の体調は維持できないでしょう。

ラニは昨年ドバイ経由で米三冠レースに出走しました。
元々アメリカから日本に来た外国産馬なので、ドバイ経由でアメリカに輸送してもアメリカの水に順応できる。
いやいやそんなことはないでしょう。
ケンタッキー州、メリーランド州、ニューヨーク州で水質も硬度も違うでしょう。
どう対処したのか聞いてみたい。


タイキブリザードの時は、現地の馬房にスピーカーがありそれが煩く馬が落ち着かないから『弁償するから壊させてくれ』と言ったとか。
日本から持参したリンゴ(ふじ)を現地の厩務員が見て『馬にこんな立派なリンゴを食わせるのか?』と驚いたとか。
発走時にゲートボーイが尻尾を引っ張っていたので出遅れたとか。
いろいろな話がありました。
そういう先人の経験が今の海外遠征に繋がっています。


萩原厩舎にはラニのオーナーの馬も預託されています。
過去にそのマエコーの馬レーザーバレットをUAEダービーで使いました。
昨年のドバイワールドカップデーはその関係なのか萩原師はドバイに行っていたようです。
今回のベルモントS出走に際して、マエコーからのアドバイスはあるでしょう。
そう考えると、エピカリスを萩原厩舎に預託したのは適材適所だったのかも知れませんね。


 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes




パンプキントラベルからネオリアリズムの『香港クイーンエリザベスⅡ世カップ観戦の旅』が届きました。

昨年暮れの香港国際競走が121,000円だったのに対して、今回は158,000円
食事は機内食2回とホテルの朝食のみ。
競馬場での食事はツアー料金とは別で自腹。
宿はニューワールドミレニアム香港ホテル(旧ホテル日航香港)からリーガル・カオルーン・ホテルへランクダウン。

会員の定員は20名。
もし20名以上の申込があった場合は、まさかの 抽選 とのこと。

『出資会員で20名の枠内に入ることができなかったツアー参加希望者は、口取り権利なしにて当ツアーにご参加いただけます』だと。
何これ?
こんな言い方あるか。
呆れて開いた口が塞がりません。

口取り抽選を落選し『じゃ行かない』となったらキャンセル料発生!?
口取りは先着20名とし、それ以降の申込は口取り無いしにしないとこれは承服できませんよ。
まァ、今回はネオリアリズムにとって2回目の海外遠征ですから20名も集まらないと思いますけどねぇ。

今年暮れにまた香港国際競走に出走となり、観戦に行くとなったら個人手配にしたほうがいいですね。


口取りはいらない、個人手配は面倒くさいからツアーで行きたい。
という場合は 2016 須田鷹雄と行く香港国際レース観戦ツアー 日通旅行 かな。
初日の食事会、競馬場での食事付き。
旅行代金(各地同額)122,000円

なお、パンプキントラベルの一般発売はこちら。
香港クイーンエリザベスⅡ世カップ観戦の旅3日間


H.I.S.で以下のツアーが組まれています。
世界の競馬を観戦に行こうベルモントステークス観戦 ニューヨーク5日間
旅行代金:172,000円~239,000円

パンプキントラベルもこれぐらいの値段で組んでくれるんですかね?
オプションをいろいろ付けたら軽く30万円は超えるでしょう。
まァ、今回の香港もニューヨークも行きませんけどね。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 0

エピカリス、UAEダービーの2着賞金  

お金の話はあまり書きたくないのですが、備忘録としてentryしておきます。


競馬ブックのデータベースによると、エピカリスの賞金は以下のようになります。

海外競馬の場合、クラブの配当が遅れる場合があります。
何かの計算にお役立てください。

赤字部分がUAEダービーの2着賞金加算分です。

 ■収得賞金
  5,240万円
   400 + 500 + 2,000*1/2 + 1,000 + 4,680*1/2


 ■獲得総賞金
  10,238.7万円 
   700 + 1,000 + 18.9 + 2,000 + 1,800 + 35.0 + 4,684.8


40万ドルが4,684.8万円ということは、US$1=\117.1になりますね。
3/25のレートが\111円だったので得した気分です♪

なお、一口馬主DBにおいて海外競馬の結果が反映されるのは、次に日本で走った後になります。


スポニチ】2017.3.29 エピカリスがKダービー辞退…状態次第ではベルモントSに挑戦
スポーツ報知】2017.3.29 エピカリス、米ケンタッキーダービーを辞退
日刊スポーツ】2017.3.29 エピカリスはベルモントSへ ケンタッキー出走辞退

『クラブ法人(馬主):キャロットファーム』と『愛馬会法人:キャロットクラブ』がぐちゃぐちゃになっていますね。
WEBサイトがあるのが『キャロットクラブ』です。
『キャロットファーム』にはWEBサイトはありません。
よって、キャロットファームからのコメントは出ていません。

また、記事のどこにも『キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)』という但し書きがありません。
なぜメンバーズオンリーの情報がコピペでスポーツ新聞に載るのかね?
無断転載でしょ。

取材先はトレセンや牧場ではなくパソコン。
どいつもこいつもポンコツ新聞(爆)。


最近名前がよく出てくる秋田さんは愛馬会法人の取締役。
クラブ法人の高橋社長が不在時の表彰式では秋田さんが台に上がっています。
なお、秋田さんの前職はノーザンファームの顧問。
もう一つ前はノーザンファーム早来の場長。

スポーツ紙のコメントは、秋田さんが好き勝手なことを言っているわけじゃないと思いますよ。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 0

エピカリス、無事帰国そしてその後  

エピカリス、28日に無事帰国しています。
JRA NEWS】2017.3.28 2017ドバイワールドカップデー ~日本馬が帰国~

復路は往路と違いました。
関西馬10頭と一緒に関空で飛行機から降ろされ、兵庫県三木市にある三木ホースランドパーク輸入検疫(5日間)を行います。
その後、3週間の着地検疫となるわけですが、他のノーザンF生産馬、育成馬と一緒にNFしがらきでとなるのか、それともNF天栄で行うのか。
(NF天栄に検疫厩舎があるかわかりません)

この写真は私が乗馬で三木ホースランドパークに行った時に撮った国際厩舎です。




15年ぐらい前のものなので、今はだいぶ様子は変わっているでしょう。
この画像、昨年末から大活躍ですな。

NFしがらきで着地検疫の場合、検疫明けに例えば堀厩舎の馬と一緒に美浦へ輸送となるでしょうね。
NF天栄での場合、”一頭積み”の馬運車で福島まで輸送になります。
まァ、馬運車の一頭積みは経験済みですからね。


UAEダービーのオフィシャルレーティングは以下のとおりでした。

※画像はクリックすると大きくなります。


28日に更新された萩原師のコメントに『今後についてですが、検疫等の事情もありますし、ケンタッキーダービーは辞退することになりました。もし米国へ向かうとするならばベルモントSを本線に考えていく予定ですが、それはあくまでも状態次第になるでしょう』とありました。

アメリカ遠征はUAEダービーを勝つことが大前提でした。
残念ながらUAEダービーを勝てませんでした。
しかし、勝ったも同然の僅差での負けでしたからねぇ。
あの着差ならこうなると思っていました。

ネットではUAEダービー直後にスポーツ紙に載った秋田さんのコメントが話題になっているようですね。
日刊スポーツ】2017.3.25 エピカリス、ゴール寸前差され2着/UAEダービー

米三冠レース最後のベルモントSのみの参戦は既定路線。
ヒヤシンスSのレクチャー後に聞いたとおりになりました。


私も一人の出資者として私なりの考えがありますが、書かないでおきます。
エピカリスはこなしてくれましたが、当初からの3歳春の海外遠征は反対というスタンスは変わりません。

萩原師のコメントにもありましたが、クラブWEBサイトのTopics of Race Horsesには『本馬もこれからの活躍がますます楽しみとなりましたが、出資会員の方だけでなく競馬ファンの多くの期待がかかっていると思いますので、しっかり応えられるよう今後も牧場、厩舎、クラブが一丸となって接していきます』とあります。
ぜひそうなるように関係者の皆さま、よろしくお願いいたします。




アメリカ遠征費ですが、招待レースではないので大まかにこれぐらいが掛かると思います。
日本国内の検疫、獣医等帯同費用、登録料、騎乗料等で400万円。
空輸代がコース・ルートや経由地、帯同馬の有無で変わるでしょうが往復で1600~2000万円。
アメリカでの滞在費用はベルモントSのみの参戦なので縮小されますが、UAEダービー2着の賞金はほぼ吹っ飛ぶと思っておいたほうがいいでしょうね。

まァ、勝てば良いんですよ、勝てばね。

 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 2

UAEダービー競走結果【速報】  

結果速報です。


■エピカリス
3/25 (土) ドバイ・メイダン4R UAEダービー (GⅡ) ダ1900m C.ルメール騎手 55㎏
16頭 --人気 2着




着差はご覧のとおり。


DUBAI RACINGの映像をキャプチャー

結果は残念でしたが、萩原厩舎の皆様、ルメール騎手。
そしてNF空港、NF天栄の皆様、ありがとうございました。


DUBAI RACING の通信状況が良くなくて、ブチブチ切れました。
レース途中で止まってしまい、なかなか再開しない。
これはヤバイと思ったら。。。

やっと動いたらゴール前のストップモーションだった(爆)。

で、次どうする!?

また後ほどentryします。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 4

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ