FC2ブログ

エピカリス、無事帰国しました  

エピカリス、15日に帰国とのことでした。
スポニチ】2017.6.12 【ベルモントS】エピカリス 当日朝に無念のドクターストップ

もしかしたらスポニチの記事はDaily Racing Formの転載で、Daily Racing Formは15日にアメリカを出国するということだったのかも知れません。
Daily Racing Form】2017.6.10 Statement from Epicharis trainer Hagiwara

う~ん。
またスポーツ新聞のパクリ記事に騙されたということなんでしょうか。
それとも私が勝手に6/15に帰国と勘違いしただけでしょうか。


エピカリス、16日に帰国しました。
JRA NEWS】2017.6.16 2017ベルモントステークス ~エピカリス号が帰国~


これで帰国したようです。
時刻表の見方がよくわからなかったのですが、TO NARITA (NRT)は成田到着時間が表示されていました。
http://www.nca.aero/service/schedule/documents/S17_Timetable.pdf


https://ja.flightaware.com/live/flight/NCA159
※画像はクリックすると大きくなります。

現地時間15日の0:39にシカゴ・オヘア国際空港を飛び立った飛行機はニューヨークのJFK国際空港でエピカリスを積み、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港を経由し、今日の朝9:10に成田国際空港に到着しました。
約12時間のフライトでした。
そのまま白井市にあるJRA競馬学校に移動し、明日からの輸入検疫に備えています。


萩原師によると、競馬学校についてからの状態を改めて確認したところ、エピカリスは無事とのことです。
歩様は治まっており、何もないと思うくらい歩きはスムーズ。
体は長距離輸送を経た体という感じではない。
アメリカを出国するまでの帯同スタッフのケア、飛行中に対応したスタッフのケアがとても良かった。

出走取消でレースを使えなかったのは残念でしたが、今は無事に次に向えるとこが一番です!


ちょっと気になることがあります。
出走取消直後に”15日帰国”というニュースがありましたから、日本を出国する時点でそういうスケジュールだったのでしょうか?
専門スタッフ、パレット(コンテナ)等の手配があるでしょうから、簡単に飛行機のスケジュール変更は不可能でしょうね。

レースが6/10で出発が6/15です。
ドバイでも香港でもレースの5日後に出国するということはありません。
馬のことを考えたらこれぐらいの余裕をみて帰国したいが、招待レースの場合は主催者から『これに乗って帰れ』と決められているのか?

細かいことですが、今回は状況が状況ですし、出資者のお金で遠征しているのですからねぇ。
延泊したことについて、説明があって当然だと思います。

別にお金が惜しいから言っているのではなく、クラブの説明が勝ったら種牡馬の価値が上がる等々景気の良い話ばかりなのが気になります。

治療費と延泊代は事後精算でガッツリ追加請求かな(爆)。


さて今後です。
この夏はどうなるんですかね?
エピカリスの脚元が万全であっても、7/12のジャパンダートダービー(GⅠ)には出走できません。

帰国後1ヶ月以内でレース使えとか、無理を言わないでくれ。

今後の検疫スケジュールについて正式な発表はありませんが、私の想定では以下のようになります。
既に移送済みの部分もありますが、先日のentryで書いたそのまんまです。

 6/16 帰国、JRA競馬学校へ移動
 6/17~6/21 JRA競馬学校で輸入検疫(5日間)
 6/22 NF天栄へ移動
 6/23~7/13 着地検疫(3週間)


日程的には 『8/6 (日) 新潟11R レパードS (GⅢ) ダ1800m』 を使おうと思えば、7/24の週に美浦に戻せば使えます。
着地検疫が終わって20日ですからねぇ。
秋以降のことを考えると、暑い夏に馬を攻めることはしないんじゃないですかね?

昔は9月上旬に函館(今と開催が逆の頃)でシーサイドステークスがあったのですがねぇ。
調べてみたら、20年前に無くなってた(爆)。
今は名称がエルムステークスに変更になり、今年は8/13の開催です。

現在の収得賞金は5,240万円です。
確認はしていませんが、この金額で秋に古馬のダート重賞で除外にならずに使えるかどうかは疑問です。

となるとですが、 『9/27 (水) 船橋11R 日本テレビ盃 (JpnⅡ) ダ1800m』 で復帰というのが現実的でしょうかね?

ちなみにこのレースはフルゲート14頭。
出走枠は南関東公営競馬所属馬7頭、南関東以外の地方競馬所属馬3頭、JRA所属馬4頭と定められています。
なお、Road to JBCに指定されているため、レース名は『Road to JBC 日本テレビ盃』とも表記されます。
優勝馬にはJBCクラシックへの優先出走権が与えられます。



2016.07.27更新 NF天栄 エピカリス
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

東スポ】2017.6.12 【米GIベルモントS】エピカリス出走取り消しで浮かび上がる米競馬場「砂」の壁
東スポ】2017.6.16 【米GIベルモントS】エピカリス無念の取り消し JRAは状況に即した情報提供を


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 ベルモントS

tb: --   cm: 0

エピカリスの今後は?  

ベルモントステークス、まさかまさかの展開でした。

エピカリス、UAEダービーの着地検疫が終わり美浦トレセンに帰厩。
出国検疫に入って国内最終追い切り。
それが5/29でした。
この頃になってやっと馬の状態が上がってきたように感じました。

6/1に予定より10時間遅れで日本を出国したわけですが、出国時のトラブルは大きな影響はなかったと思います。

現地時間の6日朝に最終追い切り。
問題が出たのはその翌日、7日の午後でした。

日本に情報が届いたのは日本時間の8日(木)の昼頃でした。

クラシックエンパイアの回避が発表され、機運が上昇してきたかと思っていたら状況が一気に暗転。

万全に見えたが、実はそうではなかったということでしょうか?

行ったからには勝ってこいと期待したものの、今度は出走回避を願うことに。
まァ、エピカリス陣営が使えるというのならそれでも使って欲しかったという意見もあるでしょう。

果たして本当に使える状況だったのか!?


結局、蹄の挫跖なのか原因は他にあるのか”右前肢破行”以上の情報は出ませんでした。

消炎剤(鎮痛剤)を投与してまで使おうとする必要があったのか?

 6/7 消炎剤ブタドリジン、フェニルブタゾン”ビュート”を投与
 6/8 ケタブロゼンを投与
 6/9 投薬無し、アイシングのみ


ちなみに香港競馬の場合、出走7日前にはビュートの使用をやめなけれなばらないとのこと。
つまり、薬漬けのアメリカだから出走可能だったということ。
今回はJRAの獣医も立ち会っていましたよね。
もし日本で同じ状況が起こっても出走できたのか?
JAPAN STUDBOOK】2008.2.8 香港国際競走におけるアメリカ馬の不振(アメリカ)【開催・運営】


今回はスパイク鉄を使用。
日本で使う蹄鉄とアメリカの蹄鉄では釘孔の数が違う、それも影響しているのだろうか?
レースは接着装蹄で挑む予定だったとか。
蹄は釘を打てないほどに敏感になっていたのでしょう。

最終追い切り以降は馬場に出てキャンターはおろかダクも踏まない、人は乗せてはいるが厩舎での常歩による曳き馬だけで『力を出せる状態』と言われてもね。
人間が背に乗っているのに曳いているということは、尋常ではないと思う。
その画像はコチラ↓
競馬ラボ】2017.6.10 【ベルモントS】エピカリス乗り運動で調整 萩原師「力を出せる状態」

パドックで馬を曳いている状況と比べてもらえればわかると思いますが、頭絡に手を掛ける位置で曳いている。
ほんとに自発的に歩けていたのか?

また、レース中継を見た方はわかると思いますが、アメリカの競馬では本馬場入場は出走馬の横に誘導馬が付いており、誘導馬の乗り役が出走馬を捕まえているので返し馬は行われません。
エピカリスの脚が保つかどうかは、本番の一発勝負でした。


レース当日朝の馬体検査に立ち会ったのはノーザンF、JRA、エピカリス陣営が任意に選んだ現地の獣医2名、そして主催者NYRAの獣医、計5名。
その画像はコチラ↓
競馬ラボ】2017.6.10 【ベルモントS】エピカリスが出走取消

今回は回避でも英断でも勇断でもありません。

主催者側の獣医によるドクターストップ、出走取消です。

主催者として出走させるわけにはいかないと判断されてしまったということです。

それが残念でなりません。


エピカリス、15日に帰国とのこと。
スポニチ】2017.6.12 【ベルモントS】エピカリス 当日朝に無念のドクターストップ

私の想定ですが、今後は以下のスケジュールになると思います。
 6/15 帰国、JRA競馬学校へ移動
 6/16~6/20 JRA競馬学校で輸入検疫(5日間)
 6/21 NF天栄へ移動
 6/22~7/12 着地検疫(3週間)



ドクターストップを掛けられた時点での状況がほんとに『前脚の炎症は決して深刻な問題ではなく、ほぼ出走できる状態でしたが、時間が足りませんでした』だったのならば、 『8/6 新潟11R レパードS (GⅢ) ダ1800m』 を使うことはできるでしょう。
しかし、帰国してみると輸送による疲れや別の何かが現れるというのは想像できます。
復帰緒戦は秋以降になるんじゃないですかね。


UAEダービーを勝ったサンダースノーは、次走のケンタッキーダービーで競走中止。
しかし復帰緒戦となった愛2000ギニーでは勝てないまでも2着と好走。

もしベルモントステークスを使っていればエピカリスは終わっていたかもしれません。
しかし、使わなかったことで新たに次に向かって進んで行くことができます。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 ベルモントS

tb: --   cm: 2

エピカリス、出走を取り消しました  

■エピカリス
【出走取消】6/10 (土) 米・ベルモント11R ベルモントS (GⅠ) ダ2400m 12頭 C.ルメール騎手 57kg

https://www.belmontstakes.com/

残念と安堵な気持ちが入り混じっています。
JRA NEWS】2017.7.10 【2017ベルモントステークス(G1)】エピカリス号が出走取消


ベルモントステークスの主催者発表の22時現在の単勝オッズは以下のとおりでした。
https://www.belmontstakes.com/bet-now/belmont-stakes-live-odds

Last Updated : Jun 10th 2017, 10:26:48 pm
 01. ツイステッドトム 9-1 6人気
 02. タップリット 6-1 3人気
 03. ゴームリー 7-1 5人気
 04. ジェイボーイズエコー 12-1
 05. ハリウッドハンサム 20-1
 06. ルッキンアットリー 5-1 2人気
 07. アイリッシュウォークライ 4-1 1人気
 08. シニアインヴェストメント 6-1
 09. ミーンタイム 16-1
 10. マルチプライヤー 15-1
 11. エピカリス 12-1 7人気
 12. パッチ 14-1


エピカリス、想定段階では(4-1) 5倍で2番人気でした。
現地では右前不安で最終追い切り後に馬場に入っていないというニュースが流れていたのでしょう。
いざ馬券を売り出すとこんな人気になっています。

なお日本の方ですが、22時現在でエピカリスが1番人気で単勝2.9倍でした。

今現在、キャロットクラブWEBサイトの情報は更新されていません。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
-- 続きを読む --

category: 2017 ベルモントS

tb: --   cm: 5

出走確定(17.6.10)エピカリス  

今後どうなるかわかりませんが、出走は確定しているのでentryしておきます。



インディ500で佐藤琢磨選手が優勝したそうですね!
快挙です!!
エピカリスもそれに続きたい!!!
スリップストリーム?
追い風、ジェットストリームになってくれればと期待です。


ベルモントステークスは出資馬による2017年春の海外遠征競馬、締め括りの一戦になります。

これまでの2戦は

■エピカリス
3/25 (土) ドバイ・メイダン4R UAEダービー (GⅡ) ダ1900m 2着


DUBAI RACINGの映像をキャプチャー

■ネオリアリズム
4/30 (日) 香港・沙田8R クイーンエリザベスⅡ世カップ (GⅠ) 芝2000m 1着



UAEダービーはサンダースノー(Thunder Snow)の鼻差2でした。
そのサンダースノーはケンタッキーダービーでスタート直後に競走を中止しましたが、続く愛2000ギニーでチャーチル(Churchill)の2着と好走。

ルメール騎手はオークスと日本ダービーでクラシックを連勝。

キャロットクラブも騎手も良い流れで来ています。


■エピカリス
6/10 (土) 米・ベルモント11R ベルモントS (GⅠ) ダ2400m 12頭 C.ルメール騎手 57kg

https://www.belmontstakes.com/

ヒヤシンスステークス後のレクチャーでクラブスタッフと話をし、UAEダービーの後は一旦帰国、米三冠最後のベルモントステークスだけ出走予定という話を聞きました。
というのは、UAEダービー後そのままドバイから渡米し滞在すると経費が掛かる、また帰国後の着地検疫期間が3ヶ月掛かるからということからです。

アメリカの馬がケンタッキーダービー、プリークネスステークスでヘロヘロになったところへ日本からフレッシュな状態へ行くという算段。
ケンタッキーダービーとプリークネスステークスの勝ち馬は出走しません。
そしてベルモントステークスで一番人気になるだろクラシックエンパイア(Classic Empire)も右前脚の蹄に不安が再発したことからかベルモントパーク競馬場入厩後に出走回避になりました。
(2/4のホーリーブルS後に右前脚蹄に膿腫を発症していることが判明)
クラシックエンパイアの回避は想定外ですが、思惑どおりになりました。

三冠1戦目のケンタッキーダービーは20頭立、続くプリークネスステークスは10頭立。
3戦目はその2戦の勝ち馬が出走しないせいか、頭数が多くなってしまいました。
先週の段階で出走意思のあった馬が14頭。
それから4、5頭が回避という情報があり一時は10頭を切るかと思いましたが、ほぼ元に戻ってしましました。



なお、ゼッケン番号とゲート番号は日本のように同じとのことです。

馬名をクリックするとHORSE RACING NATION.comへ飛びます。
 01. ツイステッドトム (Twisted Tom) フェデリコテシオS 1着
 02. タップリット (Tapwrit) KYダービー 6着
 03. ゴームリー (Gormley) KYダービー 9着
 04. ジェイボーイズエコー (J Boys Echo) KYダービー 15着
 05. ハリウッドハンサム (Hollywood Handsome) イリノイダービー 5着
 06. ルッキンアットリー (Lookin At Lee) プリークネスS 4着、KYダービー 2着
 07. アイリッシュウォークライ (Irish War Cry) KYダービー 10着
 08. シニアインヴェストメント (Senior Investment) プリークネスS 3着
 09. ミーンタイム (Meantime) ピーターパンS 2着
 10. マルチプライヤー (Multiplier) プリークネスS 6着
 11. エピカリス (Epicharis) UAEダービー 2着
 12. パッチ (Patch) KYダービー 14着


各馬の情報は、JRA WEBサイトにある秋山響さんの解説がわかりやすいと思います。
JRA WEBサイト】ベルモントステークス 出走馬情報


エピカリス、11番枠ですか。。。
アメリカの競馬場は小回りのイメージがありますが、ベルモントパーク競馬場のダート2400mは東京競馬場の芝2400mコースのようにグルっと一周回るレースです。
萩原師によると、作戦は前に馬を見る番手での競馬。
エピカリスはテンが速いですからね、内枠で包まれて出鼻を挫かれるよりは外のほうがいいでしょう。
もちろん展開次第では逃げることになるかもしれません。
先に書いたようにグルっと一周で2400mですが、4角からゴール板までは330mしかありません。
やはり前で競馬をする馬が有利です。


7日午後の段階で右前脚の歩様にやや違和感を覚えたそうです。

発言者が萩原師のならばいつものが来た(他の調教師ならコメントしないようなことまで言う)と思うのですが、発言者は帯同しているノーザンFの獣医ですからね。
軽くはないと思います。

なぜはっきりとコメントはしないのかわかりませんが、症状としては挫跖なんでしょうね。
一言で挫跖と言っても発症に至った理由はそれぞれでしょうが、ベルモントステークスはカジノドライヴも挫跖で回避、クラシックエンパイアも挫跖で回避です。
出資馬で言うと、アダムスブリッジもプルガステルも故障は挫跖から始まりました。
何度も書いてますが、蹄は第二の心臓であり、馬にとっては究極の痛点です。

やっぱり土の馬場とスパイク鉄が影響しているのでしょうかね?
8日のコメントでは消炎剤を投与したところ、症状が数時間後には劇的に改善数時間後には症状は緩和したそうで、出走には問題なさそうな状態に映ったそうです。

蹄のケアを施したということなので、削蹄で蹄の角度の微調整と装蹄の工夫を行ったのでしょうか。
傷めている蹄に釘は打てないでしょうから、別の方法で装蹄でしょう。

9日の昼前にクラブの更新がありました。
8日の情報から良化はしているようです。

個人的にはですが、万全の状態ではなく、例え勝ったとしてもその後に影響が残ると想定できる状況ならば回避(出走取消)すべきだと思います。
まだ先がある馬。
今はこの馬の一生を賭ける段階ではないと思います。

只今、10日の午前1時(9日の25時)です。
サマータイムのアメリカ東部時間では、日本との時差は13時間。
つまり、現地は9日の正午です。

ベルモントステークスの発走時間まであと1日と6時間と約30分です。
さてこれからどうなりますか。
もちろんまだ出走取消(スクラッチ)の可能性もあります。
牧場としてもこの馬を失うことは大きな損失になるでしょうから、決して無理はさせないと思いたい。

もし出走取消となった場合、脚部不安が発生せず出走していたら勝っていたと思うかと問われれば。。。

そりゃ勝っていたと思うよ。
当たり前だ。
愚問だ(爆)。


これまでに複数のエピカリス出資仲間の皆さんから、いろんなビックリドッキリな情報をいただきました。
皆さん、ありがとうございます。


2015年 募集馬見学ツアー

出資者の誰一人として出資応募時に米三冠挑戦なんて思ってもみなかったでしょう。
凱旋門賞とは思っても、ケンタッキーダービーとは冗談でも思いませんよね。
まァ、凱旋門賞も思いませんけどね(笑)。

結局ケンタッキーダービーへの参戦は見送られましたが、米三冠競走最後のベルモントステークスに出走です。

(もしこのまま出走ならば)アメリカ人の度肝を抜く、そんな結果を期待しています!


出資者の皆さんはこの歌を練習しておいてください♪
グリーンchで放送してくれるかわかりませんが、今からでも間に合います。

1/8のentryでこの動画(別バージョン)を貼ったのですが、まさかほんとにここまで来るとは思わなんだ。
entry1031 エピカリスの2017年

New York, New York / Frank Sinatra




 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JRA NEWS】2017.6.4 6月10日(土曜)ベルモントステークス(G1)を発売します
JRA NEWS】2017.5.24 グリーンチャンネルで「2017ベルモントS中継」を放送します


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 ベルモントS

tb: --   cm: 6

エピカリス、現地最終追い切りと有力馬回避  

■エピカリス (3歳 オープン)
米国・ベルモントパーク競馬場在厩
6/10 (土) 米・ベルモント11R ベルモントS (GⅠ) ダ2400mをC.ルメール騎手で予定
https://www.belmontstakes.com/

まず出走メンバーに変化があったので書いておきます。

出走頭数は先日の12頭からゴームリー(Gormley)が増えて13頭になっていました。
ところが。。。です。

21時半頃にある方からクラシックエンパイアが右前肢の故障で出走回避になったというメールを頂きました。
その時点でのBelmont Stakes Contendersはまだ13頭のままでした。
間を置いて22時半過ぎ頃にもう一度見てみたところ、1番が消えていました。
https://www.belmontstakes.com/racing/belmont-stakes-contenders/

馬名をクリックするとHORSE RACING NATION.comへ飛びます。

 02. ゴームリー (Gormley) KYダービー 9着
 03. エピカリス (Epicharis) UAEダービー 2着
 04. ハリウッドハンサム (Hollywood Handsome) イリノイダービー 5着
 05. アイリッシュウォークライ (Irish War Cry) KYダービー 10着
 06. ジェイボーイズエコー (J Boys Echo) KYダービー 15着
 07. ルッキンアットリー (Lookin At Lee) プリークネスS 4着、KYダービー 2着
 08. ミーンタイム (Meantime) ピーターパンS 2着
 09. マルチプライヤー (Multiplier) プリークネスS 6着
 10. パッチ (Patch) KYダービー 14着
 11. シニアインヴェストメント (Senior Investment) プリークネスS 3着
 12. タップリット (Tapwrit) KYダービー 6着
 13. ツイステッドトム (Twisted Tom) フェデリコテシオS 1着


【出走回避】
 01. クラシックエンパイア (Classic Empire) プリークネスS 2着、KYダービー 4着


なお、枠順確定は現地時間の7日昼です。


現地時間の6日に最終追い切りが行われました。
YouTubeにその動画がアップされています。

Epicharis Work 6.6.17 Epicharis works for the Belmont Stakes this morning on the Big Sandy.

The New York Racing Association, Inc.
https://www.youtube.com/user/NYRAvideo


今日更新されたクラブ情報ですが、エピカリスが渡米してから日にちが経っていますので、萩原師のコメントとして『無事に現地へ入りまして、到着後は輸送の疲れを取ることに専念していました』と書かれると、一瞬『アンタのことか?』と思いました(爆)。
また、今日の更新情報には追い切り動画のリンクが貼ってありましたねぇ。
グッジョブ!!

YouTubeの動画よりもキャロットクラブから案内があった動画のほうが良いです。

Epicharis Worked 5 Furlongs in 1:06.00 at Belmont Park on June 6th, 2017 for the Belmont Stakes
http://www.xbtv.com/video/epicharis/epicharis-worked-5-furlongs-in-106-00-at-belmont-park-on-june-6th-2017/

YouTubeの動画では正直あまり良い印象はなかったのですが、こちらの映像だと良く見えました。

萩原師のコメントを要約すると
 獣医の見解を聞いても悪くないとのこと。
 ドバイの時よりも良い雰囲気かなと感じている。
 体が減りすぎることもなく徐々にフックラとしてきているかなとも思う。


最終追い切りが終わりましたからあとはレースまで微調整ですね。
あと少しです。
このまま無事に当日を迎えて欲しいです。

JRA NEWS】2017.6.7 2017ベルモントステークス(G1) 日本馬の近況について【6月6日(火曜)】


2017/6/7 米国・ベルモントパーク競馬場
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。



 ベルモントステークス(GⅠ)
 施行日:2017年6月10日(土)
 施行場:ベルモントパーク競馬場(米、ニューヨーク州エルモント)
 距離:約2,400m〔ダート〕
 負担重量:3歳牡馬 57kg(126ポンド)
 1着賞金:80万米ドル / 8,880万円(US$1=\111)


JRA NEWS】2017.6.4 6月10日(土曜)ベルモントステークス(G1)を発売します
JRA NEWS】2017.6.3 レーシングプログラムにベルモントステークス(G1)特集を掲載します


JRA NEWS】2017.5.24 グリーンチャンネルで「2017ベルモントS中継」を放送します


JAPAN STUDBOOK】2016.12.22 アメリカ3冠競走の登録について
JAPAN STUDBOOK】2017.1.5 日本調教馬がベルモントSで優勝すればボーナス100万ドル(アメリカ)[開催・運営]
NYRA to offer $1 million bonus to Japan-based winner of 2017 Belmont Stakes


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 ベルモントS

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ