FC2ブログ

ネオリアリズム、香港カップ3着の賞金  

ネオリアリズム、今週美浦トレセンへ帰厩する予定です。

 ■ネオリアリズム(7歳 牡 オープン)
  NFしがらき在厩

ドバイの前に昨年の香港国際競走の話。

今月の精算で香港カップ3着の賞金が振り込まれました。
賞金の詳細はコチラ↓
Japan Studbook】2017.9.12 2017 香港国際競走要綱(簡易版)

気になる為替レートですが、今回はこのとおり。

 HK$1 = \14.57 参戦表明時レート(2017.11.14現在)
---------------------------------------------------
 HK$1 = \14.66 遠征出資金計算レート(精算時)
 HK$1 = \13.75 賞金計算レート(精算時)



賞金計算レートですが、今回は遠征出資金計算レートよりもいいじゃないかっ!

と一瞬思いましたが、よく見たら \14.75 じゃかった。


\13.75 って書類作成時日付の2/10頃のレートですよ。

参考に2/15のレートはコチラ↓


Yahoo! ファイナンス

HKJCからいつ支払われたのか?
香港ドル、日本円のどちらで振り込まれたのか?
わかりません。

モレイラ騎手への進上金は\13.75のレートで日本円で引かれた計算になっています。

3着賞金を\14.66と\13.75で計算した時の差額は2,275,000円です。


絶対ではないでしょうが、遠征出資金計算時よりも賞金計算時のほうがレートは悪い。
もう両替商みたいですよ。

なお、進上金ですが、QEⅡ世カップの時は25%引かれましたが、今回は20%でした。
レースによって違うのか?
着順によって違うのか?
もしかして計算ミスか?

気付かなかったことにしておこう。

ちなみに、UAEダービーの2着は25%引かれていました。

そしてクラブ手数料の3%は共通です。


遠征出資金ですが、出走登録料はQEⅡ世カップよりも香港カップのほうが高額です。
騎手登録料は同額。

しかし、為替レートや海外送金手数料でQEⅡ世カップ時に取れれたものが香港カップでは取られなったりして、返金される金額は1口当り約30円の差に納まりました。
今回の返金は302円です。

なんだ同じかと思ったら、実はそうじゃない。

最初に取られた(預けた)金額が違う(笑)。

でも招待レースの場合、香港に行ってもドバイに行っても出資者の持ち出しはおおよそ約400万円と思っておけば大丈夫でしょう。


このentryで2017香港国際競走のentryは完結です。

【HKIR 2017】LONGINES HKIR Highlight 浪琴表香港國際賽事精華


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 香港カップ

tb: --   cm: 2

香港国際競走2017 ネオリアリズム帰国  

12日、ネオリアリズムは昨年と同じく関西馬と一緒に関西国際空港に到着しました。
JRA NEWS】2017.12.13 香港遠征馬が帰国(2)

12月12日(火曜)14時17分に、関西国際空港に到着。
輸入検疫のため、同日20時26分に、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)の国際厩舎に入厩。

堀師によると、飛行機が予定より25分ほど遅れたものの大きなロスはなく、比較的スムーズに到着したとのこと。

なお、成田国際空港から一緒の飛行機で香港へ飛んだワンスインナムーンは、往路と同じく成田に12日の朝8時27分着の便で帰国したそうです。
JRA NEWS】2017.12.13 香港遠征馬が帰国(1)


春のクイーンエリザベスⅡ世カップの際は、成田国際空港から帰国し、千葉県白井市にあるJRA競馬学校で輸入検疫(5日間)ののち、NF空港へ移動し着地検疫(3週間)を行いました。
また、ドバイへ行ったエピカリスは、関西国際空港から帰国し、三木ホースランドパークで輸入検疫、NF天栄で着地検疫を行いました。

 ■ネオリアリズム(6歳 牡 オープン)
  三木ホースランドパーク在厩

12/13~12/17 輸入検疫(5日間)
12/19~01/08 着地検疫(3週間)


12/18は三木ホースランドパークからNFしがらきへの移動日になるのですが、この日も着地検疫期間に含めるのかはわかりません。
含めるのならば、1/7に終わります。


今回もこの画像を使うことになりました。
この写真は私が乗馬で三木ホースランドパークに行った時に撮った国際厩舎です。





レース後のネオリアリズムですが、馬体重は10kg減って502kgだったとのこと。
飼い葉は食べ、脚元等特に問題は無いそうです。

今後については特にコメントはありませんでした。
まァ、実際には言わないだけで先の先までを想定して何パターンかのプランは用意してあると思います。


ということで、以下はあくまでも余談ということで。

スポニチも日刊スポーツも記事に来年のクイーンエリザベスⅡ世カップ(Ⅰ)で連覇を目指す(視野に)とあります。
スポニチ】2017.12.11 【香港C】ネオリアリズム ペース向かず3着、日本勢V3逃す
日刊スポーツ】2017.12.11 ネオリアリズム3着「力100%出せず」/香港C

取材に基づくものなのか、記者の勝手な想像か?
最近流行の虚偽報道、フェイクニュースですか。

堀師が仮にでも現段階でそんなコメントをするとは思えません。
馬主(クラブ)からの情報ならば、まァ、秋田さんのリップサービスでしょうよ。

なお、来年のQEⅡ世カップは、チャンピオンズマイルと同日開催で春の香港国際競走のようなことになるようです。
Japan Stud Book】2017.9.22 香港ジョッキークラブ、 G1・3レースを同日開催する春の祭典を発表(香港)

あの時期はホテルも飛行機も値上がりするそうなので、現地観戦のつもりならば今から手配しておいたほうがいいですよ。


ドバイのプランもあるでしょう。
今年はドバイワールドカップを第1希望、ドバイターフを第二希望で予備登録し、ドバイターフのみ招待状が届きました。
結局、中山記念の回復を確認できないうちに見切り発車で検疫に入らなければならない状況だったので、ドバイ遠征は断念しました。

なお、招待状が届いていた豪州のクイーンエリザベスカップ(4/8)は、中山記念後に自厩舎に戻らずそのまま検疫に入らないと間に合わないので、元から行くつもりはなかったようです。
(豪州遠征は日本で2週間、豪州で2週間の検疫が必要)


すでにH.I.S.他のドバイツアー募集が始まっていますよ。
H.I.S.】エミレーツ航空直行便で行く ドバイワールドカップ2018観戦 ドバイ5日間


ドバイの賞金は米ドル建てとなっていますが、エピカリスの時は不可解なレートで直接日本円で振り込まれたそうです。

 海外遠征出資金計算時レート【114.81円】
 賞金計算時レート【105.63円】


1ドルで約10円の差ですよ。
これをそのままドバイターフに当てはめると、差額は3,300万円になります。

招待して輸送費まで出してくれるんですが、石油王ってドケチと思うのは私だけでしょうか?
来年は賞金が増えるようですが、なんだかねぇ。
netkeiba.com】2017.4.3 ドバイワールドC、2018年に賞金増額の見通し


さて来年はどうなりますかねぇ。
(豪州の2戦は今年の日程です)

 日 本 2/25 中山記念(Ⅱ) 芝1800m
 ドバイ 3/31 ドバイターフ(Ⅰ) 芝1800m
 ドバイ 3/31 ドバイワールドカップ(Ⅰ) ダ2000m
 日 本 4/01 大阪杯(Ⅰ) 芝2000m
 豪 州 4/01 ドンカスターマイル(Ⅰ) 芝1600m
 豪 州 4/08 クイーンエリザベスステークス(Ⅰ) 芝2000m
 香 港 4/29 クイーンエリザベスⅡ世カップ(Ⅰ) 芝2000m
 香 港 4/29 チャンピオンズマイル(Ⅰ) 芝1600m




entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1332 ネオリアリズム、結果が出る前ですが年末香港の話
entry1335 香港国際競走2017 ネオリアリズム、予備登録
entry1340 ネオリアリズム、気になる次走は!?
entry1349 香港国際競走2017 ネオリアリズム、招待受諾
entry1356 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港カップへ
entry1362 香港国際競走2017 香港カップ選出馬とネオリアリズム鞍上
entry1366 香港国際競走2017 ネオリアリズム、検疫所へ移動
entry1371 香港国際競走2017 ネオリアリズム、今夜出国
entry1372 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港到着
entry1382 出走確定(17.12.10)ネオリアリズム 香港カップ
entry1386 競走結果(17.12.10)ネオリアリズム 香港カップ

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 香港カップ

tb: --   cm: 0

競走結果(17.12.10)ネオリアリズム 香港カップ  

ネオリアリズムにとって3回目の香港遠征でした。
勝つ可能性が一番高いのは今回だと思っていました。

勝って当たり前。
そんな気持ちでいましたが、そんな簡単なもんじゃありません。

 ■ネオリアリズム
 12/10 (日) 沙田8R 香港カップ (GⅠ) 芝2000m J.モレイラ騎手 57㎏
 12頭 2人気 (現地 3人気) 3着 512kg (-14)


※画像はクリックすると大きくなります。
http://racing.hkjc.com/racing/info/meeting/Results/english/Local/20171210/ST/8

ネオリアリズムは日本の馬券ではワーザーに次ぐ2番人気。
一般競馬ファンにはやはり天皇賞(秋)の負け方が嫌われたのでしょうね。

現地・香港ではワーザータイムワープに次ぐ3番人気でした。


※画像はクリックすると大きくなります。


7日はモレイラ騎手を背に調整されたのですが、映像を見た感じでは馬が行きたがっているのを抑えていました。
グリーンchのレース実況中継で合田さんが9日の様子を語っていましたが、イレ込んで大変だったようですね。

パドックでもイレ込んでいました。
本馬場入場でもイレ込んでいましたね。
昨年の香港マイルの時はあんなことはなかったですよ。


ゲートの出は良かったんですが、それからがダメでした。
4月のクイーンエリザベスⅡ世カップよりも酷かったですねぇ。
あそこまで頭を上げて口を割ってしまったら競馬になりませんね。





※HKJC / Multi Angle Race Replay : Patrol Replay & Leading Horse


モレイラ騎手は逃げたタイムワープと後にいるワーザーと思って競馬をしていたと思います。
どちらもよく知っている馬ですね。
タイムワープには前走で乗っていますし。

スローペースであそこまで掛かってしまうとクイーンエリザベスⅡ世カップのように行かせてしまえば良かったのにと思いますが、モレイラ騎手はそうは思わなかったんでしょうね。

香港カップまでのGⅠ3戦でモレイラ騎手が連に絡んでいなかったのが気になっていました。
そして、今年は香港勢が3勝したのにモレイラ騎手は一つも勝てませんでした。


今年も『君が代』で香港国際競走を締めて欲しかったんですが、そうは行きませんでしたね。

JRA 海外競馬発売】2017年香港カップ レース結果・回顧
※リン先が削除されている可能性があります。


【HKIR 2017】TIME WARP wins LONGINES Hong Kong Cup


【HKIR 2017】LONGINES HKIR Highlight 浪琴表香港國際賽事精華



以下、余談です。

昨年の香港国際競走の口取りはウイナーズサークルで行われたと思ったんですが、今年は芝コースでしたね。

次走についてスポーツ紙に書いてありました。
レース直後、帰国もしていない段階で堀師がそんな話をするとは思えません。
記者の勝手な想像じゃないですかね?

もし馬主(クラブ)からの情報ならば、まァ、あの方のリップサービスでしょうよ。

続きは帰国後のentryで書きます。

堀厩舎の皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。


なお、3着の賞金についてはコチラ↓を参照してください。
Japanese Stud Book】2017.9.12 2017 香港国際競走要綱(簡易版)



entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1332 ネオリアリズム、結果が出る前ですが年末香港の話
entry1335 香港国際競走2017 ネオリアリズム、予備登録
entry1340 ネオリアリズム、気になる次走は!?
entry1349 香港国際競走2017 ネオリアリズム、招待受諾
entry1356 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港カップへ
entry1362 香港国際競走2017 香港カップ選出馬とネオリアリズム鞍上
entry1366 香港国際競走2017 ネオリアリズム、検疫所へ移動
entry1371 香港国際競走2017 ネオリアリズム、今夜出国
entry1372 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港到着
entry1382 出走確定(17.12.10)ネオリアリズム 香港カップ

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 香港カップ

tb: --   cm: 4

出走確定(17.12.10)ネオリアリズム 香港カップ  

香港のみなさん、ネイホーマ!!

今年は日本から応援です。

10/8の鷹巣山特別でサーブルオールが負けました。
それまでは香港に行く気マンマンでした。
ズルズルと10月は一つも勝てず、11月に入ってもまだ勝てず。
こんな状況ですからね、香港に行く気なんて消え失せてしまいました。

12/9 20:55(現地19:55)現在の現地の単勝人気
 1 2.8倍 ワーザー
 2 4.2倍 ネオリアリズム
 3 6.2倍 タイムワープ
 4 11倍 ドーヴィル
 5 11倍 ステファノス


 ■ネオリアリズム
 12/10 (日) 沙田8R 香港カップ (GⅠ) 芝2000m 12頭 J.モレイラ騎手 57㎏



10/29の天皇賞(秋)以来、中5週での競馬になります。
entry1338 競走結果(17.10.29)ネオリアリズム 天皇賞(秋)

長くなるので香港カップへの出走に至る経緯、検疫、出国・到着は省略します。

気になっていた飛行機に載せるコンテナ(ストール)ですが。
馬用のストールは最大で3頭まで入れられるそうですが、メス馬のワンスインナムーンと一緒だと厄介だと思っていました。
今回もQEⅡ世カップと同じく1頭で積んだそうです。
余計な心配をしないで済みしたよ(笑)。

これ、帰りのことも考えてのことだと思います。
栗東の6頭がストールにどう振り分けたのかわかりませんが、(往路で使ったストールを空港に置いたままにする前提ですが)ネオリアリズム専用のストールで行けば栗東の馬たちと一緒に関西国際空港へ帰国できます。
昨年同様に三木ホースランドパークで入国検疫、NFしがらきで着地検疫ができるので成田から帰国するよりも馬の負担が軽減できます。
輸送費は出資者の負担にはなりませが、香港ジョッキークラブはどこまで面倒を見てくれるのか?
堀師が交渉した結果なのか?
とても興味があります。


馬体重ですが、12/2の朝が 529kg 沙田到着後が 516kg とのことで、輸送で 13kg が減りました。
これまでの2回と比べると、少し多く減りました。
そして8日の計量では 512kg でした。


鞍上はクイーンエリザベスⅡ世カップを勝った際の鞍上、”雷神・マジックマン”ジョアン・モレイラ騎手です。


2017.4.30 香港・沙田8R クイーンエリザベスⅡ世カップ (GⅠ) 芝2000m
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

モレイラ騎手は札幌記念でも乗ってくれるはずでしたが、蹄の問題で馬が使えませんでした。
モレイラ騎手は地元のタイムワープと比較し、ネオリアリズムを選んだとコメントしています。

実際はQEⅡ世カップの時点で札幌記念と香港カップの騎乗依頼はしてあったんじゃないですかね?
タイムワープは主戦状態になっていますが、実際に乗ったのは直近の2戦だけですから。


選出馬13頭からナッサ(NASSA)が回避し、12頭立のレースになりました。


http://racing.hkjc.com/racing/Info/meeting/RaceCard/english/Local/20171210/ST/8



競馬ラボ】香港カップ ネット新聞


ネオリアリズムは最内枠の1番です。

沙田の芝2000mコースは、モレイラ騎手によるとスタートして10秒で第1コーナーに入るので内枠が有利とのこと。
JRA WEBサイトの現地リポートでT.ベリー騎手が『”包まれる”という可能性を考えると3~6番が絶好枠ですね』とコメントしています。
ワーザーはドンピシャですよ。

ですから、ネオリアリズムは内が良いと思ってはいたのですが、内過ぎた。

ゲートの出に心配がある馬ですし、最悪、QEⅡ世カップのように一旦下げて外を回ることになるかもしれません。
いちおう日本で隣の馬がゲートボーイを付けた場合の対策を取ってから行きましたが、実際のレースで馬がどう反応するかはわかりませんから。

昨年の香港国際競走当日の沙田の馬場状態は、内ラチ沿い1頭分は良かったんですが、その外側は芝が傷んでそこを走る馬は皆止まっていました。
そんな状況でもモーリスはそこを通って後続を突き放すパフォーマンスを見せました。
今年の馬場状態は特に悪いという情報はないようですが、この2週間は雨が降っていないとか。


出走メンバーで気になるのは、同じ勝負服のステファノス、そして地元のワーザーでしょう。
ワーザーは前哨戦の香港ジョッキークラブカップを勝ちました。
クイーンエリザベスⅡ世カップで2着だったパキスタンスターが出走できなかったのはネオリアリズムにとっては好都合。

問題は欧州からくる馬たち。
私には何もわからないので”世界の合田”が下記のコラムで解説しているので、それをご覧ください。
netkeiba.com】2017.12.7 香港馬も欧州馬も強力、日本馬はどこまで太刀打ちできるか―香港国際競走展望

欧州の調教師は沙田の馬場に合う馬を連れてきているのでしょうが、昨年の香港ヴァーズに出走したガルリンガリ以外は沙田の馬場を初出走になります。
いきなり走ったハイランドリールのような馬もいますが、今年の香港カップにそんな馬がいるかどうか?

欧州、北米大陸を転戦した馬もいます。
最後の最後に香港で勝ち負けする余力のある馬がいますかね?



12.05 金子晋二郎調教助手


12.06 金子晋二郎調教助手


12.07 J.モレイラ騎手
※JRA WEBサイトの映像をキャプチャ

【HKIR 2017】Trackside Interview - NEOREALISM Jockey Joao Moreira



堀師のコメントを読むとやっぱり観に行けばよかったかなぁと思います(笑)。

勝って現地に行かなかった事を後悔させてくれっ!



香港の同一年芝2000mのGⅠ連覇を期待しています!

Neorealism wins the Audemars Piguet QEII Cup 2017




The Hong Kong Jockey Club
The Hong Kong Jockey Club LONGINES HONG KONG INTERNATIONAL RACES
サンスポ&ニッポン放送公認 ウマニティ】香港競馬

entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1332 ネオリアリズム、結果が出る前ですが年末香港の話
entry1335 香港国際競走2017 ネオリアリズム、予備登録
entry1340 ネオリアリズム、気になる次走は!?
entry1349 香港国際競走2017 ネオリアリズム、招待受諾
entry1356 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港カップへ
entry1362 香港国際競走2017 香港カップ選出馬とネオリアリズム鞍上
entry1366 香港国際競走2017 ネオリアリズム、検疫所へ移動
entry1371 香港国際競走2017 ネオリアリズム、今夜出国
entry1372 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港到着

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 香港カップ

tb: --   cm: 2

香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港到着  

 ■ネオリアリズム(6歳 牡 オープン)
  沙田競馬場 国際厩舎在厩

entry1205 ネオリアリズム、豪州からの招待状
entry1332 ネオリアリズム、結果が出る前ですが年末香港の話
entry1335 香港国際競走2017 ネオリアリズム、予備登録
entry1340 ネオリアリズム、気になる次走は!?
entry1349 香港国際競走2017 ネオリアリズム、招待受諾
entry1356 香港国際競走2017 ネオリアリズム、香港カップへ
entry1362 香港国際競走2017 香港カップ選出馬とネオリアリズム鞍上
entry1366 香港国際競走2017 ネオリアリズム、検疫所へ移動
entry1371 香港国際競走2017 ネオリアリズム、今夜出国


香港のみなさん、ネイホーマ!!

ネオリアリズムが無事に香港へ到着しました。
JRA NEWS】2017.12.03 香港遠征馬(関東馬2頭)が現地に到着
スポニチ】2017.12.3 【香港国際競走】関東馬2頭が現地到着 ネオリアリズムは「すっかり慣れて…」
JRA NEWS】2017.12.3 【香港国際競走】関東馬2頭が現地に到着

JRA NEWSでは関西馬は到着時の写真がありましたが、関東馬はありませんでした。
この差はなんなんですか!?
理由は深夜3時に着いたということだけでしょうか。
JRA NEWS】2017.12.01 香港遠征馬(関西馬6頭)が現地に到着



 成田国際空港発
  日本時間 12月2日(土曜) 21時35分
 香港国際空港着
  現地時間 12月3日(日曜) 1時27分(日本時間 2時27分)
 シャティン競馬場着
  現地時間 12月3日(日曜) 3時16分(日本時間 4時16分)



https://ja.flightaware.com/live/flight/NCA203

香港国際空港での馬運車への乗換えが1時間程度、沙田競馬場への移動が1時間程度ということでしょう。


■香港カップ出走予定馬(12/1 現在)


JRA】海外競馬発売 2017年香港カップ


2016.12.11 沙田7R 香港マイル (GⅠ) 芝1600m ネオリアリズム


2016.12.11 沙田8R 香港カップ (GⅠ) 芝2000m ステファノス


2016.12.11 沙田4R 香港ヴァーズ (GⅠ) 芝2400m スマートレイアー

香港ジョッキークラブの動画はコチラ↓
HKJC】HKIR Express
HKJC】Promotion Videos

最新情報はコチラ↓をご覧ください。
The Hong Kong Jockey Club
The Hong Kong Jockey Club LONGINES HONG KONG INTERNATIONAL RACES
サンスポ&ニッポン放送公認 ウマニティ】香港競馬





Japanese Stud Book】2017.9.12 2017 香港国際競走要綱(簡易版)
JRA NEWS】2017.11.22 日本馬8頭が2017香港国際競走の招待を受諾
JRA NEWS】2017.11.22 2017香港国際競走の勝馬投票券発売について
JRA NEWS】2017.11.23 2017香港国際競走の選出馬について(各レースの全選出馬の一覧)
JRA NEWS】2017.11.24 2017香港国際競走のテレビ・ラジオ中継
JRA NEWS】2017.11.26 2017香港国際競走特集サイト公開中!
JRA NEWS】2017.12.01 2017香港国際競走の出走予定馬について【12月1日(金曜)現在】
JRA NEWS】2017.12.01 香港遠征馬(関西馬6頭)が現地に到着
JRA NEWS】2017.12.03 香港遠征馬(関東馬2頭)が現地に到着

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017 香港カップ

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ