2017年度募集馬の馬名決まる  

今年の馬名発表は、馬名応募締切時のアナウンスとおりで2/16の発表でした。


私の応募は今年も採用されず。

もう昭和のいるこいる師匠の漫才みたいなもんです。
気にしても仕方ない。

あーそうだそうだ、しょうがねぇしょうがねぇ、よかったよかった。

昭和のいるこいる



決定した馬名はこちらです。

 ■ヴァイスハイトの16
 entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト(BMS:アドマイヤベガ)
 牡 美浦 和田正一郎厩舎


 ヴァイトブリック(Weitblick)
 言語:独語
 由来:先見の明、見晴らし(独)。母名より連想




 ■アビラの16
 entry1295 2017年度 出資馬(2)アビラの16
 父:ハーツクライ / 母:アビラ(BMS:Rock of Gibraltar)
 牡 栗東 池添学厩舎


 カテドラル(Catedral)
 言語:西語
 由来:ロマネスク、ゴシック様式を兼ね備えるスペイン、アビラの大聖堂




 ■フェアリーバニヤンの16
 entry1296 2017年度 出資馬(3)フェアリーバニヤンの16
 父:ダイワメジャー / 母:フェアリーバニヤン(BMS::Honour and Glory)
 牡 栗東 牧田和弥厩舎


 グレートバニヤン(Great Banyan)
 言語:英語
 由来:インド、コルカタの世界最大のバニヤンツリー




なお、私が応募した馬名はこれでした。
entry1409 2017年度募集馬の競走馬名応募


子どもに言われてしまった。

バイト するなら ブリック


一口馬主DBは速攻で馬名が反映されていました。
なんでこんなに早くできるんだろ!?

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

2歳馬近況(18年1月末)フェアリーバニヤンの16  

まず本馬と関係ない話から書きます。

今日、ある方から匿名でコメントを頂きました。
entry1434 2歳馬近況(18年1月末)ヴァイスハイトの16で書いた乗り役さんのことです。

腰から踵までのライン、踵の位置から只者ではないと思っていましたが、やはりでした。

ありがとうございます!
教えて頂いたキーワードで検索してみたら出てきましたよ。

ヴァイスハイト16の前肢の出が良くなったのが妙に納得できました。
自分が乗って躓いてばかりの馬が、上手い人に乗り替わって躓かなくなった経験があるのでよくわかります(苦笑)。

今年も相性の良いB-2、B-3の育成厩舎に出資ですわ。

共通の出資馬ができたら良いですね、今後ともよろしくお願いします!



では、2018年1月末、フェアリーバニヤンの16の近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

馬名が○○○の16という表現は今回が最後です。

今年の馬名発表は、予定では来週金曜日です。
しかし、今年も1週間早まって明日発表かもしれませんよ!

 ■フェアリーバニヤンの15
 entry1296 2017年度 出資馬(3)フェアリーバニヤンの16
 父:ダイワメジャー / 母:フェアリーバニヤン(BMS::Honour and Glory)
 牡 栗東 牧田和弥厩舎

 NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 (NFYearlingから 9/6 移動)


【1月】12月18日~1月12日撮影(1月中旬494kg)

【12月】11月17日~12月4日撮影(12月中旬476kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週3日は屋内坂路をF16~17秒のキャンター2本


1/26に坂路コースで撮られた動画が更新されました。

1/8撮影の動画では坂路を 16.1-16.3-16.6 3F49.0 という時計で駆けています。

乗り役さんは今回も同じ。
寒い中、素手での騎乗です。

坂路では銀ヘルさんとグーさんに挟まれる格好でした。
頭頚の位置は安定し、脚元は乱れることなく、手綱は引っ張ったまま。
良いですねぇ。


31日に更新されたコメントついて触れておきます。

冬毛が出ることなく体調は良さそうですね。
1月の北海道にいるとは思えないぐらい。

前回に続いて今回も気性のコメントがありました。
マイルから1800mの馬だと思っていますから気にするコメントではないです。
順調で他に書くことが無く、文字数稼ぎだと思いますよ(笑)。

ヴァイスハイトの16と同時期、5月のゴールデンウィーク辺りには内地へ移動になるでしょうね。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

2歳馬近況(18年1月末)アビラの16  

2018年1月末、アビラの16の近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

馬名が○○○の16という表現は今回が最後です。

昨年の馬名発表ですが、応募締切時のアナウンスは2/17でした。
しかし、実際に発表があったのは1週間前。

今年も1週間早まる可能性があります。
それは今週金曜日、9日ということ!!

 ■アビラの16
 entry1295 2017年度 出資馬(2)アビラの16
 父:ハーツクライ / 母:アビラ(BMS:Rock of Gibraltar)
 牡 栗東 池添学厩舎

 NF早来 山内厩舎在厩 (NFYearlingから 9/27 移動)


【1月】12月18日~1月12日撮影(1月中旬486kg)

【12月】11月17日~12月4日撮影(12月中旬480kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週4回は周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路でF16秒のキャンター1本


今回のentryは馬が運動をしている時に撮られた静止画、動画はありません。

31日に更新されたコメントついて触れておきます。

前回の更新まで欠けが見られた左前肢の蹄ですが、キレイになりました。
運動が終わり手入れをされた後の撮影でしょうかねぇ。
蹄油を塗られてハマグリのようにピカピカですよ(笑)。

後肢の蹄先端部が磨り減って角が取れ丸くなっていますね。
よく動いているんでしょう。


フットワークについて、以前より大きくなったとコメントがありました。
動画で登坂を正面から見た限りでは、回転は速いけど完歩は大きくないように感じました。

背中越しに体の芯が少しずつしっかりしてきたそうですが、まだまだだと思います。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

2歳馬近況(18年1月末)ヴァイスハイトの16  

2018年1月末、ヴァイスハイトの16の近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

馬名が○○○の16という表現は今回が最後です。

昨年の馬名発表ですが、応募締切時のアナウンスは2/17でした。
しかし、実際に発表があったのは1週間前。

今年も1週間早まる可能性があります。
それは今週金曜日、9日ということ!!

 ■ヴァイスハイトの16
 entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト(BMS:アドマイヤベガ)
 牡 美浦 和田正一郎厩舎

 NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFYearlingから 9/12 移動)


【1月】12月18日~1月12日撮影(1月中旬470kg)

【12月】11月17日~12月4日撮影(12月中旬466kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
周回ダートで軽めのキャンター2周半の調整を中心に、週3回屋内坂路をF15~17秒のキャンターで2本


1/26に静止画、坂路コースで撮られた動画が更新されました。


2018.1.26 更新 NF空港
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

まずは静止画を見ての感想。

馬具は先月と同じですね。
ノーマルな水勒銜、ソリッドマルタンガール。
前肢は肢あて(プロテクター)、後肢は肢巻き(バンデージ)。

今回は乗り役さんに注目!

足元はブーツ+チャップスではなく長靴(ちょうか)、内腿から膝にかけて合皮?が当ててある乗馬用ズボン、ツバが付いている乗馬用のヘルメット。

ヴァイスハイトの16、乗用馬への転用か?と思ってしまいますよ(笑)。

鐙も乗り役が変われば形が違いますね。
これは落馬した時に足が鐙から抜けやすいタイプです。

乗馬用ズボンに当て布が付いているのは、あの部分で馬体を締めるから。
締めることによって鐙を履かなくてもダクで立ったり座ったりできるようになりますし、キャンターで鞍の上で跳ねることはなくなります。

余談ばかりですが、競馬で用いるヘルメットはツバ(ひさし:ブリム)が付いていません。
ツバはヘルメットの上に被せる帽色の布に柔らかいのが付いています。

それはなぜか?
落馬し、うつ伏せで地面に頭が着いた時、頭ではなく硬いツバが先に着地してしまうと、首が鞭打ち状態になって傷めるからだと聞きました。
乗馬でも同じような落馬をしたら同じ状態になると思うんですがねぇ。


続いて動画を見ての感想。

1/16撮影の坂路では、 17.1-16.5-16.5 3F50.3 という時計で駆けています。

映像を見ると左前の動きが気になるんですが、まァ、今更言ってもね。

ですが、立ち姿の左前肢球節から下に違和感があるんですけど。
前側の蹄冠部が腫れているように見える。

これまで常歩の歩様で膝(腕節)から下の出方が小さいなと思っていましたが、今回はそれを感じませんでした。
撮った角度もあるでしょうし、先入観もあったので実は。。。なのかも知れませんが。
不安払拭とまでは行きませんか。


31日に更新されたコメントついて触れておきます。

今回の更新も特に気になるコメントはありませんでした。
ここまで順調なので早期移動の話が出ました。
5月のゴールデンウィーク辺りには内地へ移動になるでしょうね。


またまた余談ですが、私が第1次募集で落選したこの馬と同じ父シンボリクリスエス産駒のバイラオーラの16について。
トモの形が父馬の産駒特有の形になってきましたね。
そうでもないかなぁ?
まだまだこれからかなぁ?

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

2歳馬近況(18年1月中旬)フェアリーバニヤンの16  

年が替わり2歳になりました。
今月から2歳馬の情報は月2回になり、他に育成中の静止画・動画の更新があり、計3回の情報が配信されます。

今年から1回にまとめてentryしようと思いましたが、長くなるのでやっぱり2回に分けてentryします。

2018年1月中旬の近況です。
馬体重は今月中旬のものです。

 ■フェアリーバニヤンの16
 entry1296 2017年度 出資馬(3)フェアリーバニヤンの16
 父:ダイワメジャー / 母:フェアリーバニヤン(BMS::Honour and Glory)
 牡 栗東 牧田和弥厩舎

 NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 494kg(先月から+18kg) (NFYearlingから 9/6 移動)

【現在の調教メニュー】
1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半、週3回900m屋内坂路をF17秒のキャンター2本


1/12に撮られた静止画が更新されました。


2018.1.12 更新 NF空港
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

前肢はプロテクター。
後肢はこれまで繋部分のみ防護されていましたが、今回の画像では後肢は肢巻き(バンデージ)に変わりました。
坂路での乗り込みペースが上がり、それに伴い飛ぶチップの量が増えたとか。
また、後肢の球節全体を覆うことでクモズレ防止の意味もありますね。

余談ですが、一時期競馬場のパドックで後肢に巻かれたヴェトラップ(使い捨てバンデージ)の上から球節裏部に丸いシール(ランダウンパッチ)を貼った馬を多く見ましたが、最近は見ませんね?



もう廃れましたか?

ソリッドマルタンガール。
銜はリングビット、そしてB-2厩舎のマストアイテムであるシャドーロールを使用。

ソリッドマルタンガールがどういうものか説明しておきます。
三角形の部分が逆三角形になる格好でセットします。
下の角から伸びた部分を腹帯に留め、上の2角にある輪の部分に手綱を通します。

シャドーロールが下側の視野を遮って頭を下げさせるもので、マルタンガールは下から手綱を引っ張り頭を上げさせないものと言えばわかりますかね?


15日に更新されたコメントついて触れておきます。

馬体重は一気に18kg増えました。
前回は減りましたが、育成のペースに慣れてパワーアップしたのでしょう。

冬毛が伸びることなく良好な毛ヅヤを維持しているそうです。
冬毛が出る出ないは体質によると思います。
今年冬毛出たからといって来年も出るものではないですし、古馬になって新陳代謝が落ちても出ない馬は馬服を着せなくても出ません。

ですから冬毛が出ていないということは体調が良いのでしょう。

『坂路での動きを見ても騎乗者が終いまで引っ張り通しなぐらい行きっぷりが良く』というコメントがありました。
先月の先頭で走る動画を見ても想像できますね。


※12/22更新の動画からスクリーンショット

『このまま進めていければ早めの移動も意識していけるのではないかと見ています』というコメントもあります。

兄姉、父ダイワメジャーからも適性距離は長くないでしょうから、クラシックは関係ないでしょう。
ダートも関係ないことになれば良いんですが。
早めに勝ち上がってマイル前後で活躍してくれたらと期待しています。

ヴァイスハイトの16アビラの16もこのまま順調ならば内地への移動は早いでしょうね。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ