FC2ブログ

ヴァイトブリックの芝挑戦があるのか!?  

どうでしょうかね?

私は次走 『2/17 (日) 東京9R ヒヤシンスS (3歳OP) ダ1600m』 でいいと思っています。


この馬の出資時に自分が芝馬かダート馬か、それともどちらでもと思ったのかよく覚えていません。
entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16


募集馬見学ツアー 17.8.31撮影

メモを見返すと『ランフォルセと同じ直飛。短背。ベコ尻ではない』とあるぐらい。
検討リストの適性欄を見ると芝ダートと書いていましたが、これはカタログコメントをもとに書いたかもしれなので、わかりません。
なお、カタログのコメントで走法がは全姉(ロスヴァイセ)に似ていないので芝中距離での活躍を期待とありました。


先日の500万下を勝った後の勝利のVサインで、クラブスタッフは今後について特に触れていませんでした。
まァ、ダート馬ですから言わなくてもどういう番組を選択していくかわかるでしょ?みたいな感じで。
突っ込んで聞いたところでそれ以上の話は出ないと思ったので、何も聞いていません。

個人馬主の馬ならば芝挑戦という話は出るでしょうね?
たくさんの芝馬を抱えたノーザンFというか、NF天栄の担当馬。
別にヴァイトブリックを芝に使わなくても代わりは他にいる。
というか、他に芝路線を歩ませたい馬がいる。
でしょ!?


一度は芝を試してみるのもアリだとは思います。

ですが、私は気性的に難しい馬を結果が出ている現段階で芝を試す必要は無いと思います。
余計なことをしておかしくなったら元も子もない。

まァ、芝を使ってみて勝つようだと大物だ(笑)。

何はともあれ、2歳のうちに2つ勝つのは大変なことです。


2018.12.8 中山7R 2歳500万下 ダ1800m

明日の更新でどういう話が出るでしょうか!?


今日の締めはこの曲、高望み。

The Havalinas / High Hopes


ブルース・スプリングスティーンがカヴァーしていましたね。
オリジナルは1990年のザ・ハヴァリナズ(The Havalinas)です。
私はオリジナルのほうが好き。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ