2017年度 出資馬(2)アビラの16  

2頭目の出資確定馬の紹介です。

今年の『最優先枠』での申込みは、昨年のフラットレーと同じハーツクライの牡馬にしました。

最終決断でスペシャリグルーヴの16と迷いましたが、毎年記録している
 ・募集予定馬リスト
 ・募集馬確定リスト
 ・カタログpdf 厩舎公開後
 ・測尺発表 動画確認後
 ・ツアー前
 ・ツアー後

の各段階で『最優先候補』に名前があったのは本馬だけでした。

■NO.48 アビラの16
 募集総額:4,000万円
 牡馬 鹿毛 2/9生 母出産時12歳 7番仔
 栗東 池添 学厩舎 生産 ノーザンファーム(安平)
 父:ハーツクライ / 母:アビラ (BMS:Rock of Gibraltar)
 Northern Dancer 5S×5D×5D

 体高 155.5cm / 胸囲 175.5cm / 管囲 21.5cm / 馬体重 452kg
 育成:NF早来 山内厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


母アビラについて、『競馬王のPOG本 2015-2016』で某事務局長(現営業部長)様が解説されているので書いてみます。
半兄アルカサルについての記事です。
アルカサルはその年の競馬王のPOG本表紙を飾った”毛の馬”でした。



アビラは産駒が凄く大きく成長する傾向にある繁殖。
父が Rock of Gibraltar、その先が Alleged だから骨格が半端じゃない。
半兄にジェベルムーサがいるが、この馬も競走馬にするのは難しいと思ったほどの大きさだった。
アビラの相手にはなるべくコンパクトだけどパワーのある種馬をということで選ばれたのがドリームジャーニー。



2016年1月 NF天栄 アルカサル

その本が発売されてから4ヶ月後。
2015年の募集馬見学ツアーで某事務局長様にアルカサルの全妹サンタテレサ(アビラの14)について『来年の”毛の馬”は妹ですか?』と聞いてみました。
すると、『全兄をコンパクトにまとめた感じで丈夫』という答えが返ってきました。
まだ”毛の馬”を決める段階じゃなかったですから。

サンタテレサは8/27のレースを最後に8戦未勝利で引退しました。
募集時は×最優先抽選となり、私は欲しくても出資できない馬でした。

今年のツアーでは、ランチを現営業部長様の横で話をしながらいただきました。
なんでアビラの話を思い出さなかったのかと、悔やんでいます。

来年の”毛の馬”はこの馬で再挑戦してくださいとお願いしておけばよかった。

ネタが長くなってしまいました。
アビラの16サンタテレサより40日早く生まれましたが、馬体重は20kg少なく他はほぼ同サイズ。
父ハーツクライは500kgある馬でしたが、ほどよいサイズに出ましたね。


【募集馬見学ツアー】




※画像はクリックすると大きくなります。

前肢の左右開きはいかにもなハーツクライのガバガバ歩き。
だから前肢の球節が沈まないのは仕方ないと思います。
ていうか、あれで沈むほうがダメでしょ。
前肢の可動域は広く、蹄の返しが力強いです。

ツアーで見た実馬は、今一つ。
印象は、昨年のグランサム(バロネスサッチャーの15)みたいでコロンとしている。
この馬は二人曳きじゃなかったですし、グランサムのような気性の危うさは感じませんでした。

初日というのもあるのでしょうが、周りを気にして曳き馬での回転がスムーズにできていませんでした。
馬が立っていたのが展示場の真ん中でしたから、馬が落ち着かないのも仕方ないと思います。
性格的にはビビリなのかもしれません。
ある方の受け売りですが、そもそも馬は臆病なもの。
外敵から逃げるために脚が速くなり進化してきた。
度が過ぎると考えものですが、何も動じないで牛のようにボーッとしているよりは良いと思います。

ネオリアリズム、アダムスブリッジ、エピカリス、フラットレーを見た時に感じた身震いするような感覚はありませんでした。
とはいえ、悩んだ挙句に最優先で申込みしたサーブルオールも走ってくれましたからね。
この選択は間違っていなかったと思いたいです。


【ハーツクライ】
Stallion in Japan ハーツクライ


2014年募集馬見学ツアー 社台SS

ハーツクライは Northern Dancer の強いクロスを持つ母と相性が良いらしいですが、Danehill とは今一らしいんですよ。
気になってBMSが Rock of Gibraltar の馬を見てみましたが、サンプル数が少ないのでどうかわかりませんね。


【預託予定厩舎】
池添学厩舎への預託馬に出資するのはエルデュクラージュに続いての2頭目になります。
そのエルデュクラージュは、2勝目を上げたまでは良かったんですが、それ以降については納得できないというのが正直な思いです。
レース選択、騎手選択はNFしがらきに対してどこまで口を出す権限があるのかはわかりませんが、ちょっとねぇ。
期待したほどではないかな?というのが最近の感想です。


【育成厩舎】
育成はNF早来の山内厩舎(横手主任)。
NF早来育成の牡馬に出資するのはホーカーテンペスト(林厩舎)以来です。

現営業部長様のスーパーカーに乗って見学に行きたいですね♪

最後になりましたが、新たにご一緒の出資馬ができた皆さま、よろしくお願いします。
また、これまで閲覧だけだった方も、これを機会にコメントを頂けると幸いです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 1

2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16  

15日に2017年度の出資馬が確定しました。
募集番号順にentryします。

では、1頭目の出資確定馬の紹介です。

この馬は、『一般枠』での申込みです。

■NO.31 ヴァイスハイトの16
 募集総額:2,800万円
 牡馬 青鹿毛 4/3生 母出産時12歳 6番仔
 美浦 和田正一郎厩舎 生産 ノーザンファーム(安平)
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト (BMS:アドマイヤベガ)
 Hail to Reason 4S×5D, Halo 4D×5D, Northern Dancer 5D×5D

 体高 155.0cm / 胸囲 176.0cm / 管囲 20.9cm / 馬体重 463kg
 育成:NF空港 B-3 細田厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


【募集馬見学ツアー】




※画像はクリックすると大きくなります。

4/6生まれで脚長、まだ腰が高いのでまだまだ大きくなるでしょうね。
叔父のランフォルセと同様にシンボリクリスエス産駒の特徴である”ベコ尻”(平尻:ひらじり)ではありません。
ベコ尻は、エピファネイアや府中で誘導馬をやっているサクセスブロッケンの尻がそれです。
平尻は骨盤の角度が傾斜していないもの。
豊なスピードを誇る逃げ馬や先行馬に見られる形です。

DVD動画での歩様は、前肢の腕節が硬く腕節から下の出が小さく二段モーションのように見えます。
それをツアーで確認したかったのですが、狭い場所で周りに人が多く、おまけに馬を曳いていたスタッフが下手。
馬がどこに向かって歩けばいいのか困ってしまい、バタバタして前肢の硬さを確認できませんでした。

周回展示の無い日帰りツアーで歩様を確認するのは限界があります。
見れる範囲で見た限りは、それほど気にならなかったんですけどね。


子どもに『フラットレーは左の後ろ脚だけ白いだろ、だから走るんだ』と教えたら信じましてね。
カタログでこの馬を見ていたら『これも走るの?』と聞いてきたので、ネオリアリズムとエピカリスの脚を見ろと教えてやりました(笑)。

『左後一白』、これを見て嫌な気はしませんね。
必ず走るとも思いませんけど(爆)。

後肢は直飛です。
JRA、NARで合わせて11勝した母の兄ランフォルセ(父シンボリクリスエス)も直飛です。
馬体の雰囲気もランフォルセに似ています。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

ランフォルセの募集馬DVDを見返してみると、ランフォルセが断然良い。

母は元キャロットの馬でサーブルオールの母モンローブロンドの全妹です。
本馬の全姉になるロスヴァイセはダートの1400mで3勝しました。
全姉も直飛でした。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

本馬もダートが主戦場と思っておいたほうがいいでしょう。


【シンボリクリスエス】
Stallion in Japan シンボリクリスエス


2014年募集馬見学ツアー 社台SS

今更感が強いですが、シンボリクリスエス産駒に出資するのは今年が初めてです。
シンボリクリスエス産駒に出資申込みをしたのは、初年度産駒のトゥリオーニ(キタノオゴジョの05)以来。
ゼロのまま終わってしまうと思っていましたが、今年は2頭も出資申込みしてしまいました。

父シンボリクリスエスは社台SSで2004年から繋養され、2015年12月1日にブリーダーズSSに移動しました。
つまり、2016年に生まれたシンボリクリスエス産駒は社台SSで種付けを行ったラストクロップということになります。
ちなみに血統登録された2016年産駒は80頭(NF 3頭、白老F 2頭、社台F 9頭、追分F 3頭)です。

初年度産駒に出資できず、最終年度で出資できたということになります。


【預託予定厩舎】
和田正一郎厩舎の馬に出資するのは、初めてになります。
う~ん、どうなんでしょ。
管理馬には障害のJ・GⅠ馬オジュウチョウサンと、平地では今年の函館記念を勝ったルミナスウォリアーがいます。
和田正道師のご子息ということぐらいしかわかりません。

若手の調教師はほぼ牧場の言い成りでしょうからね。
気にしても仕方ないかなと思います。
結果を出せば預託される馬のレベルが上がっていく、ダメなら預託先厩舎リストから抹消される。

同じ若手でも、管理馬がほぼノーザンF生産馬で全てを牧場に管理されているどっかの誰かと違い、いろんな牧場の馬が入っている厩舎のほうが良いんじゃないか?そう思います。


【育成厩舎】
育成は私との相性は抜群なNF空港 B-3 細田厩舎。
過去の5年以内の出資馬では、日本ダービーに出走したアダムスブリッジとアジュールローズ
そしてバリングラ
横山主任担当のB-2とB-3は『ド・ストライク』な育成厩舎なんです。

この馬を選んだ最終決断は育成厩舎と言っても過言ではありません。


最後になりましたが、新たにご一緒の出資馬ができた皆さま、よろしくお願いします。
また、これまで閲覧だけだった方も、これを機会にコメントを頂けると幸いです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ