FC2ブログ

まとめ、次回の香港旅行へむけて  

今回の旅行は旅行会社の空港からの送迎バス付きツアーでした。
行きは我々のグループ単独でしたが、帰りは数件のホテルでピックアップしながらの混載車。

混載車でグルグル回って最後に寄ったのが油麻地のザ・シティビュー(城景国際酒店)でした。



自力手配で行くならこのホテルが良いかなと思っていました。
しかし。。。
空港へのバス停は近いが、エアポートエクスプレスを使うならタクシーかMTRでの移動が伴う。
尖沙咀、旺角へ徒歩で行くのは遠い。
香港島はMTRで行けるが、スターフェリーで行くには尖沙咀まではMTR。

金額に大きな差がなかったら海に近いホテルが便利です。
香港島に泊まれれば良いんですが、高い。

私はホテルは寝れればいいと思っているのであまり重要視していません。
ビジネスホテル(ゲストハウス)で十分かなと思います。
さすがに重慶大厦等のバックパッカー御用達ホテルに泊まろうとは思いませんが(笑)。

香港のホテルで看板に時計が付いているのは時間貸し、つまりラブホテルです。
そんなことはどうでもいいですか。


今回泊まったザ・キンバリー・ホテルは、現地ガイド(日本人)さんから部屋の金庫に現金を入れないでくれと言われました。
実際には大丈夫なんでしょうけどね。
街中でスリや置き引きにあったら自己責任。
しかしホテルで盗難等があった場合、ホテルと旅行会社間の問題にもなりますからねぇ。
それの回避でしょ。
問題が起こりそうなことは事前にその芽を摘んでおく。




前回、2016年の12月に香港へ行った時はキャセイパシフィックでした。
事前に言われていたとおりに搭乗ゲートの変更がありましたが、今回のANAは変更無しでした。
今回キャセイは変更無かったようですが、出発時間の遅れはあったようです。




空港への送迎バスが混載車だったため、飛行機の出発2時間半前にホテルを出ても空港に着いてからあまり余裕はありません。
昼メシを食べるのもギリギリで、ショップを見て回る余裕はありませんでした。
やっぱり自力での移動が良いですね。

フードコートで席を確保してからという余裕はない。
まァ、フードコートはシステムそのものが面倒で嫌いなので避けるつもりでしたが。

2016年12月は昼メシをフードコートで食べましたが、あの辺りのお店はぜ~んぶ日本食の店に変わっていました。
ほんとに日本ブームですよ。

で、昼メシは今年4月中旬にオープンした Beef & Liberty のALL DAY SETにしました。
時間が無かったのでテキトーにチョイス。
ゆっくり味わう余裕もなかったので美味かったのかどうかも覚えていません。
まァ、そんな状況でも美味いものは美味いと思いますが、そうじゃなかった。


ALL DAY SET HK$130(\1,820)

スイートポテトのフライドポテト。
早い話が砂糖をまぶしてない柔らかい芋けんぴで、味はいまいちでした。
バーガーともレモンスカッシュとも合わず、チョイス失敗。
無理矢理腹に入れた。


次に香港へ行くのはいつになるでしょうか?

旅行仲間との飲み会で次はどこに行こうかという話になりました。
台湾・高雄にも行ってみたい。
私はベトナム・ハノイの世界遺産、ハロン湾クルーズを推しておきました。

これが今回の香港旅行最後のentryです。
お付き合いありがとうございました。



entry1580 こんな時間ですがネイホウ
entry1584 買いました!ネオリアリズムQEⅡ世カップ優勝記念品
entry1587 一年半ぶりの香港
entry1588 香港の天気
entry1589 重慶大厦で両替
entry1598 成田空港でBRIEFING
entry1605 オクトパスカードを買って夕食
entry1606 ジェニー・ベーカリーの曲奇
entry1610 ピークトラムでビクトリアピークへ登る
entry1611 香港の朝メシ(1)佳記餐廳
entry1617 1ヶ月分ぶりの香港
entry1621 レパルスベイ、スタンレーマーケット(1)
entry1622 レパルスベイ、スタンレーマーケット(2)
entry1623 ピーナッツ食べ放題、殻は捨て放題
entry1629 パンダバスに乗ってみました
entry1630 香港の朝メシ(2)蓮香居
entry1631 ションワンからセントラルを徒歩で散策(1)
entry1632 ションワンからセントラルを徒歩で散策(2)
entry1633 香港賽馬博物館から尖沙咀へ
entry1634 徒歩で尖沙咀から旺角へ
entry1639 香港の梅が枝餅と土鍋ご飯
entry1640 ナッツフォードテラスも賑やかです
entry1641 香港の朝メシ(3)洪利粥店茶餐廳
entry1655 ガーデンオブスターズ
entry1660 九龍公園を散策
entry1662 エッグタルト食べ比べとガイダンジャイ
entry1668 香港のドラッグストア
entry1683 香港でビール
entry1684 スーパーマーケットと女人街でお土産
entry1685 香港のトイレ(公厠)事情


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

香港のトイレ(公厠)事情  

香港のトイレ(厠所/洗手間)事情を書いておきます。

香港は地下鉄駅、コンビニには基本トイレがありません。
公衆トイレ(公厠)は少ないです。

個室は紙がセットされているところもあれば、そうじゃないところもあります。
そうじゃないところは、中国式で個室に入る前に置いてある紙を必要な分だけ取って入るんですが、緊急時は忘れますよ。
だからポケットティッシュを持参がいいと思います。
街中でもよおしたら、ショッピングモール、高級ホテルへGOです。
マック、ケンタッキーにもありますが、ファストフードのトイレはどの国も汚い。


この2つを覚えて行ってください。

 ゴオションホイ・チーソー / トイレに行きたいです
 チーソー・ハイビンドウ / トイレはどこですか?


まァ、現地の人は顔を見れば日本人とわかってくれます。
モゴモゴ何を言っているのかわからない広東語よりもチーソー(厠所)だけで理解してくれます。
愛想は悪いですが、親切ですよ(笑)。


上環(ションワン)から中環(セントラル)にある摩羅上街(キャット・ストリート)SOHO蘭桂坊(ランカイフォン)は古い街なのでショッピングモールや高級ホテルがありません。

孫中山記念館前の恵康wellcomeです。
この坂を下った右側に児童公園・公厠があります。



光漢台花園 Kwong Hon Terrace Garden

探せば公厠はありますが、事前にGoogle Map等で公厠の位置を確認しておいたほうがいいと思います。
カフェやレストランに入るのもアリです。
Toilet Rush(衝廁)というアプリもあります。
SIMフリーの方は入れておいたほうがいいでしょう。

【Toilet Rush 衝廁】


しかし、検索しながら中環の急坂を登って下っては大変危険です。
事前準備を!


正露丸でもストッパ下痢止めEXでも止まらなかったら、ワトソンズやマニングスでImodium(イモディウム)という薬を買ってみてください。
ただし、最終手段ですよ。
腸の働きが止まり、2~3日便秘になるそうです。
幸い私は飲んだことありません。

公衆トイレ(公厠)は管理人が常駐しているので想像よりもキレイです。
ツーンという臭いも気になりません。
個室の和式便器は大陸と同じで前の小便を受けるドームがありませんので飛ばし過ぎないように。

注意しておかなければならないのは、です。
各個室に紙が常備されておらず、個室の外にあるのを必要な分だけ取って入る便所もあります。



後で気づいたら大変なことですから、ポケットティッシュを日本から持参してください。

そして大陸のトイレと違って、尻を拭いた紙を流さないでゴミ箱に入れなければならないというルールはありません。
もし、大陸からの観光客が紙を流さないで便器の横に放置しても管理人が処分しれくれます。

しかし、ファストフードのトイレは管理人がいませんから、注意してください。

洋式の便器は和式のように使うなという張り紙があります。
つまり、和式のように便器の上に乗る人がいるということ。
ご丁寧にどっち向きに座るのかも絵で説明してあります(笑)。

紙や座り方だけではなく、頭の上も注意してください。




100均のウエットティッシュも忘れずに!!
ローカルレストランは、お手拭き・おしぼりは出ないと思っておいてください。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 2

スーパーマーケットと女人街でお土産  

現在、香港は空前の日本ブームらしいです。
2016年12月に行った時も日本のモノはたくさんありました。
でもその時は日本制造(日本製)というよりも日式のイメージが強かったです。

誰を対象にしているのかわかりませが、街中のベーカリーはこういう商品も。



恵康wellcome、優品360°(Best Mart 360)、Market Placeに行っても店頭にドーンと並んでいるのは漢字・カタカナ・ひらがなで書かれた紙箱の商品。





質の悪い紙箱でもなく、えっ?と思う日本語でもない。
香港の出前一丁がたくさんあったのは恵康wellcomeぐらいで、優品360°は日本の出前一丁が並んでいました。
ちょっとガッカリ(苦笑)。

旅行に行ったのが6月中旬でしたから、サマーセールが始まっていました。
と言っても今は香港にブランド物を買いに行く時代じゃありません。
日本のアウトレットモールで事足りますからね。
まァ、消費税分は安いですよ。

イギリス発のスーパーマーケット、マークス&スペンサー(Marks & Spencer)で衣類を見てみました。
ポロシャツ、短パン、俗に言う”香港シャツ”で良いのがあればと思いましたが。。。
う~ん、安いとか以前にダサくて買えない。

FOODコーナーで嫁にお土産の紅茶をと思いましたが、さすが英国系で数が多くてサッパリわからん。

恵康wellcome系列の外国人向け高級スーパーのマーケットプレイス(Market Place)でリプトンのミルクティーを2種類買いました。
茶餐廳と同じような味で砂糖とミルクと紅茶入りのスティックタイプ。

『砂糖の入ったミルクティーはいらん』(嫁)




大きい方がノーマルなGOLD Milk Tea 16.5g×20本 HK$48.9(\685)※2箱買えば1箱当りHK$30.9
小さい方が港式茶餐廳奶茶(Hong Kong Style Cafe Milk Tea) 19g×10本 HK$25.9(\363)

私にはわかりませんが、港式のほうは嫁曰くロイヤルミルクティーに近い味とのこと。



広東語では、ミルクティーが奶茶(ナイチャ)、レモンティーが檸茶(レンチャ)になります。

私もコーヒーはブラック、紅茶も砂糖無しなんですがこれは飲みます。
仕方なくじゃないですよ、美味しいよ(笑)。

港式ミルクティーにコーヒーを加えた鴛鴦茶(インヨンチャ)を買ってくるのを忘れました。
次回は必ず!


子どものお土産用にGIORDANO(ジョルダーノ)でTシャツを買いました。
さすがに子どもに女人街でどんだけ縮むかわからないTシャツを買うわけにはいきませんからね。

ちなみに、4年前にホーチミンで子どもの年齢を言って買ったTシャツは、まだ大きい過ぎて着れません。

ジョルダーノは香港のユニクロという位置づけです。
まだ日本に店舗があるのかわりませんが、2000年ぐらいにはラフォーレ原宿の斜め前辺りにありました。

香港にはユニクロもたくさんあります。
ただ、日本でもユニクロを買わないのに香港に行って買う理由もない。

ジョルダーノはセール中でHK$100の品物がHK$39、60%OFFでした。
生地は女人街のTシャツと負けす劣らず薄い。
女人街のTシャツは5枚で100ドル(\1,400)が相場でした。
サイズはXXL~XXSがあったかな?

私が女人街で買ったLサイズは、USサイズのS(日本のM)よりも小さかったです(洗濯前)。
一度洗濯しましたが、縮んではないと思います。
しかし、白かったはずが薄紫に変色しましたよ!!
他の衣料から移ったのか、このTシャツから出てきた色なのかは不明です。

XSとかXXSなんてどんなサイズなのか想像できません。
女人街で日本語で聞けばフツーに日本語で教えてくれますよ。
でも教えてくれたことは正しくないと思います(笑)。


記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 2

香港でビール  

もうすぐ10月になります。
6月中旬に香港へ行ってから3ヶ月が経ちました。
馬のentryの隙間を縫って香港の話をentryしてきましたが、そろそろ終わりです。
まだまだあります。
もうしばらくお付き合いください。


香港はアルコール度数が30度以下は酒税が掛からないそうで、とにかく安い。
香港のビールだけではなく外国製も。
日本のキリン・アサヒも同様です。

詳しい説明は省きますが、ローカルのレストラン、茶餐廳は酒類を置いてないお店があります。
茶餐廳チェーンだとメニューにビールが無くても聞けば出てくるところもあります。
翠華餐廳(スイカレストラン)は出てきました。

大牌檔(ダイパイドン)や店名に小厨が付いているお店は酒類が置いてあるでしょう。
基本的に香港人は毎日晩酌をしないそうです。


コンビニ、これはセブンの冷蔵ショーケースです。


【↓拡大】


表示価格を14倍すると日本円になります。
コカコーラと変わらない値段です。

BLUE ICEが一番安いですね、330mlがHK$8.0(112円)です。
これはサンミゲルと同じフィリピンビール。

その次がSKOLで330mlがHK$8.5(119円)、500ml相当がHK$10.5(147円)です。
これはブラジルのビール。
朝からこのビールの4本パックを抱えてベンチで飲んでいる人をたくさん見ました。

欧米のビールがアサヒよりも安く買えるのはいい。
コンビニよりも恵康wellcomeなどのスーパーだともっと安いし、2本買うと割引になり更に安い。


香港のビールは英国風パブやバーなどにあるビールを注ぐタップ(蛇口)がない飲食店だと缶ビールか瓶ビールで出てきます。
飲食店の缶・瓶ビールはセブンの3~5倍程度の値段です。



香港の秋葉原と言われる深水埗(シャンスイポー)

ハッピーアワーの時間に行けば安く飲めます。
元値が高いんですけどね。



記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

香港のドラッグストア  

香港のマツキヨというという感じにどこにでもあるドラッグストアというとWatsons/屈臣氏(ワトソンズ)Mannings/萬寧(マニングス)です。
コスメ・化粧品というとSasa/莎莎(ササ)なんでしょうが、これは私にはわかりません。

街中にはローカルな漢方薬を扱う薬局、マツキヨ的なドラッグストアがたくさんありますし、コンビニにも薬があります。
ドラッグストアでドーンと場所を取っているのは日本の薬です。
”日本の薬=安心・安全”という思いがあるんでしょうね。

もし何かあっても馴染みの薬が簡単に手に入るのは助かります。


今回の旅行では3種類の薬を買ってきました。
もちろん日本では手に入らないものです。

まずその前に。。。
東南アジアに行く時は必ず正露丸糖衣を持参します。
それでもダメな時は現地で強力下痢止めImodium(イモディウム)を買うことも頭に入れておかなければなりません。
幸い今回もノープロブレムでした。

ということで3種類にイモディウムは入っていません。
日本でイモディウムを飲むぐらいの下痢になったら病院に行きますからね。


では1つ目。
和興白花油というアロマオイルを買ってきました。



常備用に5mlを2つ、自分のと嫁に。
補充用に20mlを2つ。
お土産用に2.5mlを数個。
今回は買いませんでしたが、10mlというサイズもあり、計4種です。



ワトソンズでの値段は
 1号瓶 20ml HK$57.1(\799)
 3号瓶 5ml HK$20.8(\291)
 4号瓶 2.5ml HK$16.8(\235)


大きい1号瓶の箱が高さ10cmです。
Amazonで並行輸入品を売っていますが、いい値段しますね。

どんなもんかというと
 こめかみに塗ると頭痛を和らげる。
 気分リフレッシュ、眠気覚まし。
 鼻の下に塗ると鼻詰まりがなくなる。
 筋肉痛はこれを塗ってマッサージする。
 虫刺されにもいい。

とのこと。



早い話が液体サロンパス?そんな感じ。
筋肉痛はこれを塗ってマッサージするということなのでやっぱりサロンパス?
虫刺されにも良いそうなので液体ムヒと同じ?
こめかみに付けすぎるとスースーして涙目になり目を開けられません(苦笑)。
眠気覚ましは一瞬です。

ただ、今年の夏はクソ暑かったのでこれを首の後ろに塗るとひんやりして爽快な気分になれました。

しかし残念ながら『ウチにはインコがいるから、そんなもんいらん(嫁)』
あ~あ~。

昔、こめかみにサロンパスを5mm四角に切って貼っているバアサンがいました。
それと同じだと思います。
ウチの祖母はそんなもん貼っていませんでしたが。

もし日本でサロンパス臭のする人がいたら、香港と台湾からの観光客だと思ってください。


2つ目。
Panadol(パナドール)という風邪薬というか頭痛薬というか。
豪州では一般的な頭が痛い時に飲む薬らしいです。
ヒュー・ボウマン騎手も愛用者なんじゃないですかね?

商品名は表裏に英字と華字で書いてあります。
私は特攻というのを買いました、すぐに効きますかね?




ワトソンズでの値段はHK$60.9(\853)でした。

私はバファリン愛用者なのですが、パナドールの成分・効能は同じものではないらしいです。
最近はバファリンを飲む機会が減ったのですが、試しに買ってきました。
幸い、まだ試していません。


3つ目。
口内炎に効くという西瓜の喉スプレー三金西瓜霜です。
液体のスプレーではなく、粉が噴出されるスプレーとか。
ワトソンズでの値段はHK$32(\448)でした。

幸い、これもまだ試していません。
口内炎だけでなく、咀嚼時に誤って口の中を噛んだ時にも効きますかね?


二日酔いに効くというRICQLES(法国双飛人葯水)も買ってこようかと思いましたが、本国フランスでは製造中止になったという記事を見ましたのでやめました。

以上、自分も香港で買ってこようと思われる方は、自己責任でお願いします。

記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ