出資馬近況(2014年5月末)2歳馬  

今日の情報で2歳馬の移動情報が出ると思っていたんですがね。。。無しでした。
POG本の情報があてにならないことは、よくわかりましたよ。

これまでに書いた
entry215 ノーザンファームの育成厩舎
と、前回の情報の
entry220 出資馬近況(2014年5月中旬)2歳馬
を合わせて見ていただければと思います。


■ブレイクエース
父:キングカメハメハ/母:キュー(BMS:French Deputy)
2歳牡 美浦 戸田厩舎

NF空港 高見厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。早い時期での移動を視野に入れて、体調管理を徹底して行いながら日々の調整を進めています。だいぶ状態面も上がってきていますし、この調子で良化を促していきたいと思います。
【5月】(撮影5/2) 500kg

【4月】(撮影4/7) 495kg

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

で、いったい移動はいつなんでしょうか?
7月に入ったら移動しそうな感じですね。
相変わらず見栄えのする馬体です、既に古馬の風格ですよ。
今月の写真は、横っ腹にある乗り役さんにカカトで捏ねられたんだろおなぁ~と思える毛の擦り切れが気になりました。
まァ、これが 『多少もっさりとしたところはあるが、動かしたらきちんと動くタイプ』 ということなんでしょうね!?
敏感過ぎず、気性も紙一重じゃないことはこれでわかりますね。


■プルガステル
父:ネオユニヴァース/母:ゴレラ(BMS:Grape Tree Road)
2歳牡 美浦 木村厩舎

NF空港 今井厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン15~18秒のキャンターで2本登坂しています。引き続き、精神面に注意を払いながら日々の調整を進めていますが、状態はいい形で上昇傾向にあります。まだ具体的な移動予定は挙がっていませんが、概ね秋前後の移動を目標に今後もじっくり乗り進めていければと考えています。
【5月】(撮影4/30) 471kg

【4月】(撮影4/2) 469kg

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

前回の 『ハミ受けや口向きの矯正に時間を掛けて』 というコメントが気になっていましたが、やっぱりだなぁ。
先日クラブに別件で電話した際についでに聞いてみて 「具体的な移動予定は立っていない」 たと言われたとおりですね。
POG本の取材で『5月末から6月の間に移動予定』と聞いたのは誰だ?
今月の写真は、トモのプリプリ感が良くなっていますね。
どっしりと落ち着いているように見えますね、顔がそう見えるからなんですかね。
写真撮影時期と計量時期が同じではないはずなので、それを同時に語るのは意味ないんですが、2kgの増加とは思えない馬体の変化ですね(爆)。


■ラッシュアタック
父:アグネスデジタル/母:メジロヒラリー(BMS:エルコンドルパサー)
2歳牡 美浦 菊川厩舎

NF空港 島田厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ここ最近は身のこなしが上手になり、体の可動域が広がって走りにも良化が見て取れます。坂路コースでの動きは日に日に良くなってきていますので、更に上積みを加えた上で近々の本州移動に備えていければと考えています。
【5月】(撮影4/30) 491kg

【4月】(撮影3/29) 480kg

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

POG本で全く触れられなかった馬なので移動時期がどうかと思っていましたが、近々移動ですかっ!
こういう時はこの馬が一番最初にトレセンに入厩するんですよね、よくあるパターンですよ。
さて馬体ですが、今回の更新ではこの馬の変化が一番大きいですね、前後の高さバランスが整いましたね!
まァ、11kg増えていますしね(笑)。
トモはまだまだボリュームが出てほしいですけど。

現在の菊川厩舎の管理頭数と馬房数を確認してみましたが、まだまだ余裕はありますね。
個人的には、まだまだ成長を待ってもいいと思いますけど。


■アダムスブリッジ
父:ゼンノロブロイ/母:シンハリーズ(BMS:Singspiel)
2歳牡 栗東 石坂厩舎

NF空港 細田厩舎在厩

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15のキャンターで1本、そのうち2日は2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。引き続き、本州への移動を目指して速めの調整メニューを継続的に行っています。状態は乗った分だけ良化していることが感じられるので、このあとも更なる上積みを求めて乗り込んでいければと思います。
【5月】(撮影5/1) 472kg

【4月】(撮影4/2) 472kg

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

5/15の更新で 『本州への移動に向けて最終調整の段階に入っています』 とあったので、いつ天栄を経由してというコメントがあると思っていたんですが、空振りでした。
『状態は乗った分だけ良化している』 といわれちゃたらね、そのままどうぞお願いしますですね(笑)。

今回の更新では育成中の動画と静止画が合わせて更新されました。
走っているのはニューポリトラックの直線坂路コースでしょうか?
F23~21秒台で抑えて乗られていますね。
馬自身は走りたいのですが、前を抑えられているのでアゴを引いてます。
ですが前進気勢はあるので、前肢が前へ前へと大きく出ていますね。
これが 『キャンターに行くとガツンと来ることもあるが、基本的に若手が乗っても大丈夫な気性』 ということですね。
乗り役さんは乗っていて楽しいでしょうね♪


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

category: ●出資馬2012年産

tb: 0   cm: 3

出資馬近況(2014年5月末)3歳馬以上  

今月の競馬開催日はまだ残っていますが、出走予定がないので締めます。

5月の成績は、

6戦 1-0-0-1-1-3


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

ネオリアリズムの1勝だけでした。
ミナスジェライス以外の4戦は、どれも勝っても不思議ではないはずだったんですけどね。
ほんと上手く行きませんね。


5/3(土) 東京9R 陣馬特別 (1000万下 ハンデ) 芝2400m ヴァーティカルサン
田辺騎手 54kg 14頭 4人気 4着 534kg(-14)


5/3(土) 新潟11R 駿風S (1600万下 ) 芝1000m アンヴァルト
高倉騎手 57kg 16頭 8人気 5着 482kg(-2)


5/4(日) 新潟3R 3歳未勝利(牝) ダ1800m ミナスジェライス
松田騎手 54kg 15頭 13人気 14着 484kg(-6)


5/11 (日) 東京9R 湘南S (1600万下) 芝1600m ホーカーテンペスト
北村宏騎57㎏ 17頭 3人気 6着 496kg(-6)


5/17(土) 東京4R 3歳未勝利 芝1400m ベルプラージュ
吉田豊騎手 54kg 18頭 1人気 10着 444kg(-2)


5/17(土) 東京9R 夏木立賞 (500万下) 芝2000m ネオリアリズム
戸崎騎手 56kg 12頭 2人気 1着 496kg(-8)



今週の3歳以上の状況ですが、特にこれといった動きはありませんでした。
全頭牧場及び外厩です。

【NF空港在厩】
 ヴァーティカルサン、ジェットブラック

【NF天栄在厩】
 ホーカーテンペスト、ベルプラージュ

【リバティホースナヴィゲイト在厩】
 ネオリアリズム

【NFしがらき在厩】
 アンヴァルト、レックスパレード、ラブラバード、ミナスジェライス


今月の一番大きなニュースは、レックスパレードの転厩です。
キャロットの出資馬では初めての出来事です。

シルクではよくありました。
関西から関東の調教師免許返上目前の厩舎へ転厩とか。
馬が走る走らない関係なく馬房を埋めてくれ預託料が入るんですから、そりゃ受け入れますね。
関西から関東の開業間もない若手に行くこともありました。
シルクルーセントが斉藤誠厩舎に行きました。
まァ、転厩した時点で馬はすでに終わっていましけどね。
斉藤先生にルーセントの話を伺ったことがあります、キャロットのパーティーで(笑)。
感じのいい先生でしたよ。
そりゃ~ルーセントについては歯切れが悪かったですが(爆)。

レックスパレードに話を戻すと、レックスは元の矢作厩舎と同じで栗東所属の 森田直行厩舎 へ行きました。
森田調教師は最近の新人調教師では珍しく50歳を越えての開業だったんです。
厩務員から調教師試験を受けたということです。
シンザンの厩務員だった中尾謙太郎先生が最初だと思っていましたが、中尾先生は助手の時代があったんですねぇ。

森田先生は開業までの1年間は親友の矢作厩舎で技術調教師として修行を積んだそうです。
ん~ん、レックスはその1年間は故障でほとんど厩舎にいませんでしたけど(爆)。

●netkeibaコラム
森田直行調教師(1)『JRA史上初!厩務員から調教師へ、前例なきことへの戦い』

レックスの前にもキャロ馬が何頭か森田厩舎へ転厩していますが、これで結果出せって言われても気の毒な馬ばかりですね。
ですが、コラムを読んだ感じではレックスは他の馬とは違うものを感じます。
気のせいですかね(笑)。



今年は預託頭数制限の影響からか、古馬も3歳馬も引退が早いですね。
引退時には 『このままでは会員様へのご負担になることが予想されますし』 という常套句が用いられるわけですが、レックスもそう言われても仕方のない近走の成績です。
レックスもチャンスは多くても2回でしょうか。
それで掲示板がないようだと諦めるしかないです。
まだ終わっていないのに終わったような話になってしまいました。

明日は2歳馬の情報更新があります。
移動情報が出ると思いますが、どうでしょ!?

category: 出資馬月末近況

tb: 0   cm: 3

2014年の募集馬見学ツアー(1)  

もうすぐ6月です。
6月第1週にはキャロットの会報も届きますね。
今年の募集馬について何か書いてあるでしょうかねぇ?

募集馬の情報は何も書いてないかもしれませんが、例年どおりならば 『募集馬見学ツアー』 の申込ハガキは付いているでしょう。
昨年末に配布されたキャロットカレンダーの年間予定には、 『募集馬見学ツアー』 は土日の1泊ツアーしか記載されていなかったんですよね。
もしかして今年は木金の日帰りは無い!?
無いなら無いで予定を組みなおさないといけませんから、重大な問題です。



私は経費を抑えたいので飛行機はLCCを使うので、安い便を取るためにはゴールデンウィークには予約・購入しないといけません。

昨年のように 『水曜どうでしょう祭』 が開催されたら、飛行機は取れない、ホテルも取れないで大変なことになりますからね。

ということで3月のうちにクラブに日帰りツアーの確認しておきました。
誰かが突っつかないとクラブもカレンダーの予定表に書かなかったのを忘れているかもしれませんからね。
私のように気にしている方が多数いたんでしょうね、4月の会報にアンケートの回答として隅っこにコッソリと記載されていましたね(笑)。
気になっている方は会報でご確認ください。
(調整中という但し書きアリ)


費用の面でいうと、AirAsiaが無くなったのは影響大ですね。
代わりのバニラエアはAirAsiaほど安くないですし、ジェットスターもAirAsiaほどは安くない。
また、昨年までのAirAsiaも飛ぶかどうか不安でしたが、今年のLCCもかなり心配なことになっていますね。



消費増税の影響・便乗もあるんでしょう、ビジネスホテルも値上げされています。
一昨年泊まったホテルが今年はその時から2,000円も値上がりです。
まァ、一昨年のが申し訳ないくらいに安かったんですけど。

一昨年、新千歳空港で買って食べた『うにいくら丼』弁当は1,200円でした。
今年はいくらになっているかなぁ。



昨年は夜のツアーも楽しかったですよ(笑)。

category: 2014年度募集馬&見学ツアー

tb: 0   cm: 6

JRAレーシングビュアーの変更  

先週末は出資馬のレースはなかったのですが、チラチラとキャロ馬のレースを JRAレーシングビュアー で見ておりました。

レース一覧の上に、動画配信形式変更のご案内 があるのを発見しました。

もしかして!?
と淡い期待でクリックしてみると、6月から動画配信の形式がMpeg4による配信に変更になり、これまでより高画質の映像を見れるようになるそうです。
現状は確かにきれいな画像ではないですからね。
そしてMacOS及びiPhone、iPad等iOS環境のスマートフォン、タブレットでも再生が可能とか。
Android OSについては本年秋頃の対応を予定とのこと。

グリーンチャンネルWeb がどれくらいの画像で配信されているいのかはわかりませんが、レーシングビュアー程度のものなら、Web版じゃない従来のテレビで見るBS,CS版のほうがいいですしね。

外出中にレースを見るためにグリーンチャンネルWebを契約するかなぁ~でもリアルタイムで見れないしなぁ。

と思っていたので、これは朗報です。

category: ▲馬の雑談

tb: 0   cm: 4

セレクトセール2014 上場馬  

今日はentryをお休みしようかと思っていましたが、これが出ちゃったのでentryします。

セレクトセール2014 上場馬一覧 [上場No順]

兄姉がキャロ馬、母がキャロ馬が数をかぞえるが嫌になるくらいいますね。
だからやりません。
私に関係がある馬だすけピックアップします。

数が多すぎるので確認漏れがあるかもしれませんが、関係あるのは1歳が1頭、当歳が2頭です。
ざ~っと見て気になったのですが、ノーザンFの繁殖がレイクヴィラに移動していますね。
キャロに関係があった繁殖ですとシアトルサンセットや3チャールストンハーバーやディスカバリングビューティーなど。
繋養先ではなく販売者になっているので、預託等ではなく純粋に売っちゃったってことでしょうかね?


では私に関係がある今年の上場馬です。

【1歳上場馬】
●NO.005 アーティストチョイスの2013 メス 青鹿 3/10生まれ 父:ヴィクトワールピサ

アンヴァルトの妹です。
母アーティストチョイスの仔はアンヴァルト以降、東サラやシルクで募集されることはあるのですが、キャロットで募集されることはないですね。
謎です。


【当歳上場馬】
●NO.447 フォルクローレの2014 メス 鹿 1/30生まれ 父:ハービンジャー

ロンダドールの妹です。
この当歳馬の全兄になるフォルクローレの12の育成厩舎は空港牧場のC-1、高見厩舎です。
全兄は 『競馬王のPOG』 で空港牧場のハービンジャー四天王に揚げられています。
預託は石坂厩舎なんですねぇ。
良い馬なんでしょうね!

●NO.476 ベルフィーチャーの2014 雄 鹿 1/22生まれ 父:ワークフォース

ベルフィーチャーの息子であり、ベルプラージュの弟、4番仔です。
ありゃ~!
1歳の父エンパイアメーカーがリストになく、当歳の方がリストに載っているじゃないですか!?
ということは、1歳の方はキャロットに来る可能性が出てきましたかね?
私のお願いが通じましたかね(笑)。
ですが、ツアーで聞いたときに『セリに出します』と即答だったのでまだわかりませんよ。
一応、2014年 セレクションセール上場馬一覧(上場順).pdf も見ましたが、名前はないです。
まァ、セールはセレクトとセレクションだけじゃないですしね。

ベルフィーチャーの13は募集されないと思って今年の資金繰りを考えていたのでどうしましょうか(笑)。

元出資馬の仔、リーチコンセンサスの1歳(メス)と当歳(雄)、ロンダドールの当歳(メス)はリストにありませんね。
当歳はわかりませんが、リチコンの娘は今年募集される可能性が高そうです!

category: 2014年度募集馬&見学ツアー

tb: 0   cm: 4

リッチダンサーの仔  

今日はオークスでしたね。
私の3歳メス馬2頭は、全く関係ありませんでした。
それにしてもリッチダンサーの仔は走りますね。

バウンスシャッセはツアーで見ましたが、ここまでの馬になるとは思いませんでした。
出資検討はEXCELで表を作りそれにメモを書いていますが、リッチダンサーの11は以下のメモを残していました。

【DVD感想】
 左前球節が内に入り、蹄が外を向く。
 後ろから見た引き馬は左前蹄裏がよく見える。



2012年 募集馬見学ツアー リッチダンサーの11(バウンスシャッセ)

実際この馬は左前球節に問題が出ましたよね。
まァ、素人が気づくようなことは当然プロはわかっていますし、それに対応するケアをやりますからね。悪いところを粗探しする馬選びをしていたらいつまで経っても良い馬は引けないということです。
この年の1次募集時点ではメスは1頭、ベルフィーチャーの仔だけと決めていたので、仕方なしです。

母リッチダンサーの仔は、持ち込みとなった2009年産のホーカーテンペスト以降、2010年のフロアクラフト、2011年のバウンスシャッセと全頭勝ち上がっています。
今年2歳の2012年産のメリーモナークは、ツアーでの牧場スタッフ評価は高かったですね。
昨年のツアーはこの馬を目当てに行ったのですが、私は他に気に入った馬がいたので出資見送りでした。
『最優先』で申し込まないと取れない馬でしたから、仕方ないです。


2013年 募集馬見学ツアー リッチダンサーの12(メリーモナーク)

今年1歳になるリッチダンサーの13は、アドマイヤムーンの雄馬です。
この馬もキャロットで募集されますかね?
募集されたら藤澤和厩舎でしょう。
『リッチダンサーの今年2歳はなぜウチじゃないんだ』 というようなことをコメントしていましたし(笑)。

2009年産 ホーカーテンペスト(雄)、Hawk Wing 4,000万円
2010年産 フロアクラフト(メス)、フジキセキ 1,800万円
2011年産 バウンスシャッセ(メス)、ゼンノロブロイ 1,800万円
2012年産 メリーモナーク(雄)、キングカメハメハ 4,400万円


リッチダンサーの13は募集総額5,000万円は必至かな?
それに『最優先』の×を1つは持っていないと確実に取れない馬でしょね。
既に私には無縁な馬ですかねぇ。

category: 2014年度募集馬&見学ツアー

tb: 0   cm: 6

山の日  

今週末は出資馬が出走するレースがないので、馬以外のお話です。

平成28年から、8月11日が祝日『山の日』になるそうですね。

なして8月の中旬なんですかねぇ。

学生は夏休み中だし、社会人は日程的に盆休みに組み込んじゃうだろうし、有給休暇1日分減らずラッキー!程度にしか思いませんよ。

新しい祝日はいらないので、祝日が土曜と重なった場合は振替で月曜を休みにするとかできませんかね?
土曜が祝日だろうとなかろうと、どうせ休日出勤ですから(笑)。
という人は多いでしょうね。
私がそうですから。

まァ、月曜に振り替えられたところで、これまた休日出勤ですけどすね(爆)。
『休みにしか病院に行けないのに、祝日じゃあ病院も休みじゃなかっ(怒』 って人もいるでしょう。
私がそうですから。

明日は休みですけどね。


山といえば、我が家は夏は神奈川県の丹沢にあるキャンプ場に行くんですよ。
キャンプといってもテントは張らずにコテージを借りるんですけどね。

丹沢というと、丹沢ステークスですか?
その話はまた次回に。

山の中なので、晴れていると思っていたら突然雨が降ってきます。
夏でも朝晩はすご~く寒いです。



冷たい水の川で泳いだり、花火をしたり、楽しいですよ。



一日3食バーベキュー。。。ということはないですけど。
釣り堀でニジマスを釣ってみたり。
これがなかなか釣れなかった。



今年はどうするのかなぁ。
子供は体操クラブのサマーキャンプに行くと言っていたし。

ていうか、もう満室予約不可な時期でしょ!


【2014.8.4 追記】

私がこのentryで書いたキャンプ場は、神奈川県山北町の『ウェルキャンプ』でした。
8/1の訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

過去に訪れた際、確かに「川も私有地?」と思うくらいに重機を入れて大幅に河川をさわっていましたね。

category: ☆馬以外のはなし

tb: 0   cm: 2

今週の動向(2014年5月第4週)  

今週は久しぶりに出走がないので、今年の募集に向けていろいろと調べています。
まァ、調べるというとまずはジャパンスタッドブック(旧軽種馬登録協会)のWEBサイトになるわけですが、昨年の募集対象にならず昨年9月のツアーの段階で行き先が決まっていなかった ベルフィーチャーの12 の馬名が決まっているじゃないですかっ!
ベルプラージュの全妹になります。

●ベルディオサ
 父:キングカメハメハ
 母:ベルフィーチャー
 欧字馬名:Belle Diosa
 意味由来:母名の一部+女神(西)

『競馬王のPOG』 ではキンカメ産駒一覧表に載っていたので、廃用は免れたとは思っていたんですけどね。
馬名が登録されたからといっても競走馬になるかはわかりません。
とはいえ、今時最初から繁殖馬として繋養されるとは思えませんしね。
ん~ん、どうなんだろぉ~。
また今年のツアーで牧場の人に聞いて見るかぁ。


では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。

20日にベルプラージュが天栄に放牧に出されましたので、東西トレセンはスッカラカンです。
ダービーが終わり、6月になったらアンヴァルトとラブラバードが戻してもらえると思います。
ヴァーティカルサンとジェットブラックは、NFしがらきから同じ馬運車で北海道に移動しました。
他にも馬が乗っていますが、何か話でもしたんですかね?
『俺も黒いがお前も黒いな、黒いと夏は一段と暑いよな』とか(笑)。


■レックスパレード
NFしがらき在厩
右前脚の膝部分の腫れは徐々に回復傾向にあるそうです。


■ホーカーテンペスト
NF天栄在厩
次走の目標は具体的には決まってないそうですが、東京競馬か函館競馬が最短の目標になるでしょうとのことです。
昨年のよう函館に輸送し、非当選除外でとんぼ返りは勘弁してくださいよ。


■ヴァーティカルサン
NF空港在厩
5/16に滋賀県のNFしがらきから福島県のNF天栄へ移動し、5/19に北海道のNF空港牧場へ移動しました。
骨膜の具合によるでしょうが、北海道開催での出走を目標にするそうです。


■ベルプラージュ
NF天栄在厩
20日にNF天栄へ放牧に出ました。
敗因は気持ちの問題としか説明がつかないそうです。
脱鞍所ではすでに息は整っていたそうで、馬体にもダメージはないそうです。
ですが、掲示板を外してしまったのでレース間隔を開けないと使えませんから放牧ということになりました。
今後は福島競馬か新潟競馬で勝ち上がりを目指すことになります。
何度もネタにしていますが、人間も馬もメスの気持ちはようわからんのぉ(爆)。


■ネオリアリズム
リバティHN在厩
レース後に美浦トレセン傍のリバティホースナヴィゲイトへ放牧に出されました。
特に問題はなく、軽めで動かしているそうです。
今後は状態次第で福島の3歳重賞もあれば、このまま夏休みということだそうです。

【以下妄想】
7/6の福島、ラジオNIKKEI賞を勝って賞金を加算してしまえば、9/21のセントライト記念を使う必要もなくなりますね。
距離はもう少しあってもこなせそうということですが、これまでの堀先生のコメント及びレース選択からセントライト記念を勝ったとしても菊花賞はないでしょう。
とはいえ、クラブ馬は目に見えない力が働いて距離適性関係なくダービー、菊花賞を使い長期休養、最悪そこで馬が潰れてしまうということはよくあります。

11/2の天皇賞・秋を目標とするならば、10/12の毎日王冠で古馬と対戦させておくことになるんでしょう。
最近の競馬はよくわからいのですが、ラジオNIKKEI賞を勝って賞金を加算してしまえば出走叶いますかね?
ラジオNIKKEI賞を使わずに夏休みとなった場合、8月9月に1000万下と準OPを連勝して毎日王冠に挑まなければなりません。
これはハードですし、フルゲートの場合は賞金で除外でしょうね。
となると、自ずとセントライト記念を使う案が浮上してきます。

3歳で安田記念を勝ったリアルインパクトの弟ですからね、何があるかわかりませんよ(笑)。



■ジェットブラック
NF空港在厩
5/16に滋賀県のNFしがらきから福島県のNF天栄へ移動し、5/19に北海道のNF空港牧場へ移動しました。
ソエを含めてケアを行いながら調整を行い、北海道シリーズでの初勝利を掴めるように態勢を整えるということです。
先週のGⅠ、ヴィクトリアマイルはジェットブラックの一番上のお姉ちゃんの娘、ヴィルシーナが勝ちましたね。
パンとすればこの馬も走ると思うんですが。。。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

category: 今週の動向

tb: 0   cm: 4

出資馬近況(2014年5月中旬)2歳馬  

15日に更新された2歳馬の情報です。

クラブ公式コメントの下の部分は、entry215 ノーザンファームの育成厩舎で書いたPOG本での関係者コメントです。
表現の違いが面白いですね(笑)。

16日にブレイクエース、プルガステル、ラッシュアタックの動画も更新されましたので、それについても書いてみます。


■ブレイクエース
父:キングカメハメハ/母:キュー(BMS:French Deputy)
2歳牡 美浦 戸田厩舎

NF空港 高見厩舎在厩 500kg (先月から+5kg)

現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本登坂しています。ハロン15秒台を中心に乗り込むことができており、非常に順調です。中間にはリフレッシュさせて疲れが溜まらないようにしていますので気持ちの面でも余裕が出てきているようです。相変わらず馬格のある立派な馬体を誇っており、最近では特に上腕と肩まわりの筋肉の発達が顕著に見られます。
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

 ・多少もっさりとしたところはあるが、動かしたらきちんと動くタイプ。
 ・筋肉質の体でパワーがありそう、父キンカメが強く出ている。
 ・乗り手の指示にもきちんと反応する。
 ・順調でいつでも移動できる状態。


コメントを読むとそう遠くなく内地へ移動しそうに思いますが、『赤本』に戸田師のコメントとして 『夏から秋に入厩予定』 とありましたから、しばらくは現状維持でしょうね。

動画は初っ端のダクでの乗り役さんのオーバーアクションが気になりました。
あそこまで大きく『立ったり座ったり』をしなくてもいいんじゃないですか?
坂路では厩舎長が乗ったネオリアリズムの半弟と併せていますね。
ブレイクエースの動き自体は良いですね。
だから馬以外のことが気になりました(爆)。


■プルガステル
父:ネオユニヴァース/母:ゴレラ(BMS:Grape Tree Road)
2歳牡 美浦 木村厩舎

NF空港 今井厩舎在厩 471kg (先月から+2kg)

現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン15~18秒のキャンターで2本登坂しています。元気があり余っていることは悪いことではありませんが、気性面が徐々に強くなってきているように感じられます。そのため、ハミ受けや口向きの矯正に時間を掛けて理想的なフォームに近づけるように努めています。ただし、乗り味は柔らかく、現在の感触からはマイル以上の距離にも十分対応できそうな雰囲気を感じます。
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

 ・柔らかく乗りやすい馬。
 ・普段はおっとりしているが、併せたり追っかけたら闘争心を出す。
 ・上は気性的に短い距離で活躍しているが、この馬は距離の融通が利きそう。
 ・いつでも移動できる状態。


ジワジワと馬体重が増え470kg台に乗りました。
ネオユニヴァース産駒は大型馬が走りますからね、少しでも大きいほうが安心できます。

『GallopのPOG本』 『5月末から6月の間に移動予定』 とありましたから、キャロットの情報でもアナウンスがあるかと思いましたが、次回の月末分になりますかね?
先日、別件でクラブに電話した際についでに聞いてみましたが、具体的な予定は立っていないとのことでした。
ハミ受けや口向きの矯正云々って言ってますし、これはそう簡単には行きませんからもしかしてもうしばらく北海道に留め置かれるかなぁと思います。
しかし。。。
この馬の乗り役さんは毎回同じではないのでしょうが、併走している馬に比べ乗り役さんの腰の位置が高いので、股の間から後ろの景色が見えるんですよ。
今回は背中が水平になるくらいのフォームで乗っているので余計にそう感じます。
まァ、最終段階が近いことは間違いないと思います。
動画を見ると、ほんと柔らかく軽い動きをしますね。


■ラッシュアタック
父:アグネスデジタル/母:メジロヒラリー(BMS:エルコンドルパサー)
2歳牡 美浦 菊川厩舎

NF空港 島田厩舎在厩 491kg (先月から+11kg)

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15~16秒のキャンターで1本、そのうち2日は2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。調教ペースを上げずにじっくりと坂路コースでの乗り込みを続けてきた効果が見られ、気性には前向きさが出て走りに集中できるようになりました。今後も成長を促しながら更なる動きの進化を待ちたいと思います。
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

まだ体の前後バランスがまだまだ整ってこない馬なのですが、それもそのはずで今年になってからだけでも馬体重が約40kg増えました。
募集時は430kgでしたが、4月後半の生まれで管囲が20.2cmありましたから大きくなると思ってはいましたが、500kgは越えそうですね。

動画では相変わらず口はアワアワですね。
常歩では乗り役さんは左右の拳の間隔を開いて、銜を当てないようにし腰で押して推進していますね。
常歩で歩く時は頭の位置は低いのですが、坂路だとまだ高いし、走りに安定感はないです。
まだまだこれからです。


■アダムスブリッジ
父:ゼンノロブロイ/母:シンハリーズ(BMS:Singspiel)
2歳牡 栗東 石坂厩舎

NF空港 細田厩舎在厩 472kg (先月から変動なし)

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンターで1本、そのうち2日は2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン15秒ペースの調教でも軽々と坂路コースを駆け上がる感触で状態の良化は歴然です。カイバを残らず平らげていますが、無駄肉のつかないタイプでもありますし、仕上がりは早そうです。本州への移動に向けて最終調整の段階に入っていますので、体調管理に細心の注意を払いながら無理なく進めていきます。
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

 ・かなりの能力を秘め、石坂先生の期待も大きな馬。
 ・動きは文句なし。
 ・キャンターに行くとガツンと来ることもあるが、基本的に若手が乗っても大丈夫な気性。
 ・芝の中距離での活躍をイメージしている。
 ・期待している1頭。
 ・母シンハリーズは期待の大きい血統。
 ・早めの移動もあるかもしれない。
 ・好き嫌いがあり喰いが少し細い、それが改善されればなお良い。


馬体重は年明けに480kgまで行きましたが、その後は470kg台で落ち着いています。
もっと増え大きくなると思いましたが、止まりましたかね?
移動の最終段階に入っているとのことですし、今月中には移動でしょうね。
そうなると、順調に行って7月の中京競馬でデビューかなぁ。
昔と違って今は折り返しの新馬戦がありませんから、いつデビューさせるのか読み辛いですね。

4頭みんな順調です!!

category: ●出資馬2012年産

tb: 0   cm: 0

ネオリアリズム、放牧済みです。  


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

ネオリアリズムは、レース後に美浦トレセン傍のリバティホースナヴィゲイトへ放牧に出されました。
今後については、木曜日に何かしらコメントがあると思います。

出資馬の状況は以下のとおりとなっております。
かろうじてベルプラージュがトレセンに在厩していますが、近々NF天栄に移動でしょう。
まもなく開店休業状態に突入ですわぁ。



youtubeに夏木立賞の動画がありましたので貼っておきます。



気づいている方も多いでしょうが、

02.24 新馬戦  1着 レッドソレイユ/藤澤和厩舎
04.06 未勝利戦 1着 レッドグルック
04.27 未勝利戦 2着 レッドレギオン/藤澤和厩舎
05.17 夏木立賞 2着 ホウボッシュ/藤澤和厩舎


なんなんでしょうか、この流れは(笑)。

category: ●出資馬2011年産

tb: 0   cm: 4

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ