出資馬近況(2014年10月末)2歳馬以上  

10月の成績は、 4戦 0-0-0-2-1-1 でした。

う~ん、10月も勝てませんでした。
この数はコンスタントに使うが勝てないという状況が続くと勝率10%を切ってしまいます。
最低でもそれはクリアしたいところですが。


10/4(土) 阪神3R 3歳未勝利 ダ1800m ミナスジェライス
松山騎手 55kg 16頭 9人気 8着 480kg(+6)


10/5(日) 新潟5R 2歳新馬 芝1600m プルガステル
田辺騎手 55kg 18頭 2人気 4着 480kg


10/12(日) 京都7R 3歳上500万下 芝1600m ラブラバード
川田騎手 57㎏ 18頭 2人気 5着 502kg(+8)


10/26 (日) 東京4R 2歳新馬 芝1600m ラッシュアタック
三浦騎手 55㎏ 15頭 5人気 4着 474kg



10月は2歳馬が2頭デビューしました。
どちらも4着でしたね。
勝ち上がりの目途が立つレース内容だったと思いますし、とりあえずは一安心といっていいかなぁ。
残りの2頭もブレイクエースはデビュー戦が決まりましたし、アダムスブリッジも2歳のうちにはデビューしてくれるんじゃないですかね?

3歳馬はジェットブラックが10/1付で登録抹消、ミナスジェライスが10/8付で登録抹消となりました。
ネオリアリズムはどうですかね、堀先生は決して無理はしないでしょうし早くても年明け始動と思っておいたほうがいいかもしれません。
ベルプラージュは昨シーズンの寒い時期は体調がよくありませんでしたからね、ただどこか傷んで放牧に出したわけではないので状態次第では。。。というところでしょうか?
4歳の500万下2頭はどちらも500万下にいてもらっては困る馬ですから頑張ってほしいです。
残りの古馬準オープン3頭ですが、アンヴァルトは来年も頑張ってくれるでしょう。
レックスパレードは来年があるかどうか。
ホーカーテンペストは、来年こそはという感じですね。
まァ、今年もまだ2ヶ月ありますし、今月も出走予定がありますからね頑張って欲しいです。
期待しています!

今日で10月は終わりですね。
帰宅しようとオフィスビルで出たところ、目の前にほぼ半裸状態のオネエチャンがいました!
AVの撮影かと思いましたよ。
多少大袈裟に書きましたが(爆)。
ということで、今日はハロウィンです。


11月の展望ですが、とりあえず出走予定は8つあります。
ラッシュアタックの2戦目ははっきりと決まっていませんが、下記が本線でしょう。


【確定】11/2(日) 東京3R 2歳未勝利 芝1600m プルガステル ブドー騎手 55kg

【確定】11/2(日) 京都10R 長岡京S (1600万下) 芝1400m アンヴァルト 藤岡康騎手 57kg

【確定】11/2(日) 福島12R 二本松特別 (500万下) 芝1800m ラブラバード 丸田騎手 57kg

11/8(土) 京都7R 3歳上500万下 芝2000m ヴァーティカルサン

11/8(土) 東京10R ノベンバーS (1600万下) 芝2000m ホーカーテンペスト

11/15(土) 東京6R 2歳新馬 芝1600m ブレイクエース

11/16(日) 東京1R 2歳未勝利 芝1600m ラッシュアタック

11/16(日) 東京10R 晩秋S (1600万下) ダ2100m レックスパレード


今年はトータルで70戦に届きそうな勢いですが、勝ち鞍数は増えません。
あと4つ勝って10勝には届いて欲しいですが。

category: 出資馬月末近況

tb: --   cm: 4

今週の動向(2014年10月第5週)  

JRAレーシングビュアーが10/24からAndroid端末で再生できるようになりました。
iOS端末は6月から対応でしたのでAndroid端末は5ヶ月間の辛抱でした。
いやぁ~思いのほか長く待たされました。

JRAレーシングビュアー マルチデバイス対応完了のお知らせ

JRAのWEBサイトでレース動画が見れるのは新馬戦と特別レースと最終レースだけですからね。
これでやっと外出先でもレースがすぐに見れるようになりました。
グリーンチャンネルWebに乗り換えないでよかったぁ。
レーシングビュアーはパドックをチョロっとしか映しませんが、レースは何度でも見直せるので便利です。


どうでもいい小ネタですが。。。
先週の東京競馬場で気づいたのですが、矢作先生のハットは馬と一緒に馬運車で競馬場に運ぶんですね。
京王線から小走りでパドックに向かう矢作先生はハットを被ってなかったです。
一般人にわからないようにする逆の変装ですかね?


では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。

■アンヴァルト
平田厩舎在厩
【確定】11/2(日) 京都10R 長岡京S (1600万下) 芝1400m 15頭 藤岡康騎手 57kg

今週日曜の京都、長岡京Sに出走することになりました。
私のコメントは『今週の出走』に書きます。


■レックスパレード
NFしがらき在厩
11/16(日) 東京10R 晩秋S (1600万下) ダ2100mを予定。


■ホーカーテンペスト
藤澤和厩舎在厩
11/8(土) 東京10R ノベンバーS (1600万下) 芝2000mを柴山騎手で予定。
水曜の追切は当日から調教での騎乗を再開したウチパク騎手が乗ったということですが、レースは北海道からホカテンに乗っている柴山騎手が乗るとのことです。
普通の馬よりちょっと元気がいいホカテンは病み上がりの騎手には辛かったようですね。
まァ、そのうちまたレースでも乗ってくれる機会があるんじゃないでしょうか。


■ラブラバード
松田博厩舎在厩
【確定】11/2(日) 福島12R 二本松特別 (500万下) 芝1800m 15頭 丸田騎手 57kg

今週日曜の福島、二本松特別に出走することになりました。
私のコメントは『今週の出走』に書きます。


■ヴァーティカルサン
石坂厩舎在厩
11/8(土) 京都7R 3歳上500万下 芝2000mを予定。


■ブレイクエース
戸田厩舎在厩
11/15(土) 東京6R 2歳新馬 芝1600mを三浦騎手で予定。
ブレイクエースのデビュー戦が決まりました。
戸田先生は11/16の芝2000mでデビューさせたいようですが、三浦騎手の都合に合わせて前日の芝1600mを使うようですね。
状況によっては変更になりそうです。
まァ、栗東の騎手を主戦にされてしまうとその騎手の遠征に合わせての番組選びになってしまうのでそれは困るなぁと思っていましたが、三浦騎手ですか。
同じ2歳のメス馬、アールブリュットも三浦騎手ですからしょうがないですかね。
岩田騎手か祐一クンの都合に合わせてもいいんじゃないかと思ってしまいますね(爆)。


■プルガステル
木村厩舎在厩
【確定】11/2(日) 東京3R 2歳未勝利 芝1600m 17頭 ブドー騎手 55kg

今週日曜の東京、2歳未勝利戦に出走することになりました。
私のコメントは『今週の出走』に書きます。


■ラッシュアタック
菊川厩舎在厩
11/16(日) 東京1R 2歳未勝利 芝1600mを予定。
レース後は特にダメージはなく続戦を考えられる状況ということです。
中1週で来週の競馬を使う可能性もあるとうことですが、中2週が本線とのことです。
もし中1週となると、11/8(土)の芝1400mと芝1800mのどちらかになるでしょうが、後者でしょうね?
11/9(日)の芝2000mはないでしょう。
ちなみに11/16のレースを使う場合は、三浦騎手が京都のGⅠに乗りに行くということで乗り替わりになるそうです。


■アダムスブリッジ
NFしがらき在厩
右前の骨瘤は落ち着き、坂路入り再開。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 4

地方へ行った2頭  

サラブレッドオークションで売却され地方競馬に行くことになった元出資馬のジェットブラックミナスジェライスですが、その後どうなかったか気になったのでNARのデータベースを見てみたところ、既に登録されていました。


■ジェットブラック
サラブレッドオークション
NAR データベース
馬 主:(株)ファーストビジョン
調教師:松野勝己(金沢競馬)
 ※2014年のこれまでの成績は、勝利数順で13位、収得賞金順では17位(所属全32人中)。

■ミナスジェライス
サラブレッドオークション
NAR データベース
馬 主:杉浦和也
調教師:板垣吉則(岩手競馬)
 ※2014年のこれまでの成績は、勝利数順で2位、収得賞金順でも2位(所属全39人中)。


ジェットブラックは金沢競馬ですね。
馬主のファーストビジョンってよくわかりませんが、ネットでざっと調べてみたところでは地方の共有馬主クラブみたいなもんなんですね?
ミナスジェライスはネタで「中央時代の調教師は芝の適性があると見ていましたから、岩手が合うんじゃないですかね?ええ、もちろん嫌味のつもりで書いています」と書いてみたらほんとに岩手競馬に行っちゃいましたよ(爆)。

2頭とも私が期待していたほどに走ってくれたら10連勝は無理としても軽く10勝はしてくれるでしょう。
かつてシルクで出資していた中央でタイムオーバー、着外出走制限を連発していた馬たちでも嘘のように勝ち進みました。
地方競馬の下位クラスのレースは中央競馬とは別の世界の馬が走っているのかと思います。
どちらの馬主さんも中央競馬では馬を走らせていないようなので、転売されない限りは再び中央で走ることはないですね。

ミナスジェライスに関しては、繁殖への道は厳しいでしょうがそうなれるように頑張ってほしいです。
ジェットブラックに関しては、来年の募集馬見学ツアーでNF空港牧場のC-1厩舎のスタッフと良い話ができるような活躍を期待したいと思っていましたが。。。
10/26の金沢競馬でのデビュー戦になる予定でしたが、馬体故障ということで出走取消になりました。
詳細はわかりません。
今年3月の会報での友道調教師のインタビューでは「菊花賞に出したい馬」とコメントされていましたね。
なんとも皮肉な結果になってしまいました。

category: ●出資馬2011年産

tb: --   cm: 2

先週の結果(2014年10月第4週)  

今日のレースは、正直勝つまではどうかと思っていましたし、次につながる内容で掲示板があればいいかなぁ程度の期待でした。
私が入れ込んでもしょうがないので気楽な気持ちで見ました。

■ラッシュアタック
10/26 (日) 東京4R 2歳新馬 芝1600m 三浦騎手 55㎏
15頭 5人気 4着 474kg






何度も書きましたが、実馬を見るのは今回が初めてでした。
昨年秋が420~430kg、今日が474kgです。
バランスがいい好馬体ですね。
トレセンでゲート試験を合格し、NF天栄に戻った9月頭が479kgでした。
レースに向けての追切を消化しての474kgですから成長していますね。
菊川師も公式でコメントしていますが、腹の線が余裕あるように見えるのは体形でしょうね。
空港牧場での育成写真でいつも口が泡泡でしたからパドックでどうかと思っていましたが、きれいなもんでしたよ。
ちなみにハミはノーマルな水勒でした。
新馬戦ですから立ち上がったり鳴いたりする馬がいる中でラッシュアタックはお行儀良くしていました。



今日は芝のレースですから本馬場入場はウイナーズサークルの地下馬道からだったんですが、これが私にはラッキーでしたねぇ。
返し馬は新馬戦ですからゴール板までは常歩でいくかと思いましたが、ラッシュアタックはすぐにキャンターに移行しました。



さてレースですが、スタートは早くもなく遅くもなく真ん中ぐらいで出ましたね。
ゲート出て少し押して動かし、その後は馬の行く気に任せて行かせ先頭集団後方。
4角を回って前が塞がり外に出そうとした時に後ろにいた上原厩舎のクローバーのメンコの馬の進路をふさぐ格好になりました。
そうなってしまった理由は公式で読みましたが、もう1テンポ早く動くべきだったように感じました。
そうだとしたらダイアウルフの進路妨害にはならなかったでしょう。
馬は頭を上げて松岡騎手も腰を浮かし、三浦騎手も「やちゃった」という感じで何度も振り向いていましたから審議になはなるだろうと思いました。
でもあれくらいじゃ今のルールでは降着になりませんからねぇ。
ダイアウルフに注目してレースを見直してみると、事象の以前からダイアウルフは外を向いて走っていたので余計に外に逃げる形になったんじゃないですかね?
ラッシュアタックはそのまま7,8番手の位置で終わるかと思いましたがゴール前は伸びましたね!
あのブレーキがなかったらもっと際どい結果になっていたんじゃないですか?
三浦騎手、これまで私の出資馬に乗ったことがなかったのでよく見ていなかったのですが、捌きが下手だなぁ~と思いました。

今後ですが、中間少し疲れが出てそこから段々と良くなってきている状況の中での競馬ということですので反動がどう出るかですね。
ダート馬だと思って出資した馬ですが、芝でも結構やれそうで良かったです。

ラッシュアタックは昨年のセレクションセール1歳で500万円で主取りになり、キャロットで総額1,000万円で募集になった馬です。
種付料、育成に掛かる飼い葉代、人件費を考えると生産したレイクヴィラFも育成したノーザンFも売ったキャロットもほとんど利益はないんじゃないですかね?
そんな馬でも走るのが競馬の面白いところですね。

今日競馬場でお会いしました皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
ラッシュアタックは勝てなかったんですけど、個人的にとても嬉しいことがありましたので満足しました。
次は勝ち上がってほしいですね。

category: 競走結果

tb: --   cm: 4

今週の特別登録  

■アンヴァルト
11/2(日) 京都10R 長岡京S (1600万下) 芝1400m 藤岡康騎手 57㎏

 フルゲート 18頭
 特別登録  18頭



■ラブラバード
11/2(日) 福島12R 二本松特別 (500万下) 芝1800m 丸田騎手 57㎏

 フルゲート 16頭
 特別登録  34頭

※優先出走権あり。


ラブラバードが2着になった8/3の小倉の500万下のレースは、スペシャルウィーク産駒のワンツーでしたね。
もしあのレースでラブラバードが勝っていれば、今日の菊花賞は違う結果になっていたかもしれませんね。

東豊物産の馬というと、トーホウシデンが好きな馬でした。
母ブラッシングインザレインはマヤノトップガンの母アルプミープリーズと同じでBMSがBlushing Groomになりますね。
私の記憶が正しければ、どちらも元は早田牧場が買ってきた馬だったと思います。
早田牧場が潰れる前の話ですが、その頃から手放さなければいけない状況にあったんでしょうね。

category: 特別登録

tb: --   cm: 2

今週の出走(2014年10月第4週)  

■ラッシュアタック
10/26 (日) 東京4R 2歳新馬 芝1600m 15頭 三浦騎手 55㎏

今日、キャロットから初出走記念の写真が届きました。
凄く嬉しい写真です。
この写真を手にしただけでも、この馬に出資した甲斐がありました。
ありがとうございました。




2012年産出資馬ではプルガステルに続いて2頭目のデビューになります。

この馬に関しては、募集馬見学ツアーの段階で出資対象ではなかったので全く見ていなかったんですよ。
セールに出して売れず、キャロットに流れてきて募集価格は1,000万円、厩舎はフジマサエンペラー、スイートサルサが走っていますがお世辞にも有力とは言えない美浦の菊川厩舎。
これまでキャロットが入れた馬を見ても、クラブの預託先一覧表の下のほうに名前があるのはわかりますよね。
ぶっちゃけ1つ勝つのがやっとの馬が隔年で行く厩舎ですよね。
実際、これまでのキャロットの馬は4頭で1勝だけです。
まァ、1つでも勝っているのでマシな部類かも知れませんけど。

 バーニングブライト(2005年産) 11戦1勝 [1-0-1-9]
 エスクリム(2006年産) 3戦0勝 [0-0-0-3]
 ハイランドダンス(2008年産)8戦0勝 [0-0-1-7]
 ハリウッドミューズ(2010年産) 2戦0勝 [0-0-1-1]


エスクリムは福島のデビュー戦に向けて移動中の馬運車の中で暴れてしまい転倒ましたよね。
会報でも特集が組まれましたね、あれがなかったら違う競走成績だったかもしれません。
ハリウッドミューズは故障で早期の引退でした。
骨折しなきゃ勝ち上がったでしょうし、繁殖馬にもなれたかもしれません。


昨年の私はキューの12、ゴレラの12、シンハリーズの12の3頭を第1次募集で出資確定し、気持ち的に満足し金額的に一杯一杯でしたが、なぜこの馬を追加で出資したかというと、私にとって特別な存在であるということに気付いたからなんですよ。
デビュー戦は芝のマイルになりましたが、個人的なこの馬の最大目標は浦和記念の本馬場入場です。
勝つことではなく本馬場入場が目標というのもおかしなことなんですが(笑)。
その意味でもダートもO.Kな父アグネスデジタルは好都合なんですよ。

entry88 メジロヒラリーの12

伏せ拳の乗り役さんが多い中、ラッシュアタックを担当されている方の拳が起きていること、ハミを受ける口が泡だらけのこと等々、会報の村本さんのコラムのこと等々、これまでいろいろと書いてきました。

ラッシュアタックの空港牧場での育成厩舎は、未確認ですがたぶん島田厩舎だと思います。
この馬の移動に関しては、見切り発車と感じることが多いんですよね。
1歳秋に育成厩舎に移動してから特に頓挫というものはなく順調だったのですが、5月に入って週3日900m屋内坂路コースをF15~16秒のキャンターで登坂し始めたかなぁ~というタイミングで6/9にNF天栄に移動しました。
「えっ!このタイミングで移すの?」と思いましたが、案の定、NF天栄に移動後疲れから輸送熱が出てしまいました。
育成厩舎の馬房を空けたい場合、ラッシュアタックのクラスの馬が追い出されるのかなぁとも思いました。

そして8/8にトレセンに入厩する際もまだまだな感じのコメントで、またしても「えっ!このタイミングで移すの?」と思いました。
ですが8/15にゲート試験はすぐ合格しましたね。
その後は当初の予定通りで8/20にNF天栄に逆戻りでした。
ちょうどNF天栄に戻っている際に今年の募集馬見学ツアーがあり、昼食時に天栄スタッフと話をすることができ、これから乗り込んでからという感じでしたが、9/23にトレセンに戻りました。
トレセンに戻ってからはこれまでのこともあり徐々に様子を見ながらかと思っていたら、何をそんなに急ぐ必要があるのか、一杯でガンガン動かしました。
どうかなぁ~と思っても馬はしっかり対応してくれているんですよね。

今週水曜の最終追切は道中から抑えきれないくらいの行きっぷりを見せ、終いも止まらずいいフォームでしっかりと走れていたとのことです。
とはいえ、良くも悪くも競馬はやってみないとわかりませんからね。
菊川師もコメントしていますが、今後につながる走りができたらいいと思います。
期待しています!

レースは15頭立です、先週の競馬は芝の2,000mも1,600も11頭立だったのでそれくらいかと思っていましたが、ちょっと多くなりましたね。
菊川厩舎は2頭出しですし。


最後におまけです。

■ジェットブラック
10/26 (日) 金沢3R C2-10C2十 ダ1400m 9頭 藤田弘治騎手 56㎏
11:40発走
調教師:松野勝己(金沢)
馬主:(株)ファーストビジョン

ミナスジェライスと一緒に情報をアップしようと準備していましたが、地方デビュー戦が確定してしまいました。
元中央の3歳未勝利馬8頭と9歳のおばあちゃんの9頭立てです。

2年前の期待馬がこんなことで走るとはね、ため息しか出ません(涙)。

category: 出走確定

tb: --   cm: 4

今週の動向(2014年10月第4週)  

先週、ヴィアンローズの13の半姉グレイトフルデッドの新馬戦のことを書きましたが、見事に勝ってくれましたね。
知らなかったことにせずに済んでよかったです(笑)。
次に気になるのはモンローブロンドの13の全兄ホオキパビーチですが、10/22の追切では一杯で追われていますしデビューは近いんじゃないですかね?


では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。
今週はラッシュアタックがデビューします。
他に5頭の古馬の次走予定が出ていますし、詳細は未定ながらも来週プルガステルの2戦目があるかもしれません。


■アンヴァルト
平田厩舎在厩
11/2(日) 京都10R 長岡京S (1600万下) 芝1400mを藤岡康騎手で予定。

天皇賞の裏ということでこれまでアンヴァルトに乗ったことのある騎手を確保できず藤岡康騎手に依頼するということです。
天皇賞に出走するフラガラッハの屋根は高倉騎手で確定ってことでもないようですが?


■レックスパレード
NFしがらき在厩
11/16(日) 東京10R 晩秋S (1600万下) ダ2100mを予定。

来週末頃にトレセンに戻しますかね?


■ホーカーテンペスト
藤澤和厩舎在厩
11/8(土) 東京10R ノベンバーS (1600万下) 芝2000mを予定。

今週の稽古はフラムドグロワールとペアを組み、ホカテンが誘導する格好でやったそうですね。
つまり、先行して相手が併せてきて併走し、ゴール前でちょっと負ける役回りですよね。
たまには気持ちよく勝たせてもらえませんかね?
競馬場で(笑)。


■ラブラバード
松田博厩舎在厩
11/2(日) 福島12R 二本松特別 (500万下) 芝1800mを丸田騎手で予定。

調子は良いようです、問題は福島までの輸送ですね。
今年の夏は小倉に輸送しましたが、昨年のようなことなく馬体を維持できていました。
まァ、大丈夫だと思いますが。


■ヴァーティカルサン
石坂厩舎在厩
11/8(土) 京都7R 3歳上500万下 芝2000mを予定。

これまで結果の出なかった芝2400mをやめて芝2000mを使ってみるようです。
石坂先生、やっとわかっていただけましたかね?


■プルガステル
木村厩舎在厩
21日に美浦トレセンへ帰厩しました。
デビュー戦後に「フットワークが伸びないことと最後に勢いが鈍っているのは気になるポイント」と挙げてしましたが、それについてはどうなったんですかね?
コメントもなく次走予定が出ましたが?
NF天栄がバッチリ調整してくれたということでしょうか。。。

木村厩舎の場合、NF天栄を北海道競馬のように外厩(認定厩舎)だと思えばいいんじゃないですかね?
レースに向かって仕上げるのはNF天栄、レースの10日前にトレセンに戻して最終調整と出馬投票をするのが木村師の仕事。。。と思えばね。

早ければ来週の競馬を使うそうです。
東京と福島のどちらを使いますかね?
どうせ使ったら即放牧でしょ、福島で使ってレース後は美浦に戻さず天栄直行でいいんじゃないですか?
時間も馬運車代も節約になるし(爆)。

本音はもちろん東京で走ってほしいんですけど。


■ラッシュアタック
菊川厩舎在厩
【確定】10/26(日) 東京4R 2歳新馬 芝1600m 15頭 三浦騎手 55kg

今週日曜の東京、2歳新馬戦に出走することになりました。
私のコメントは『今週の出走』に書きます。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 2

2014年 ジェイエス繁殖セールの結果  

今日、10/22にジェイエス主催の繁殖セールが行われました。

前振りはこちら。
entry328 2014年秋の馬セール

その結果、キャロットに関係ある繁殖馬は以下のとおりとなりました。
※確認漏れがあると思います。
( )は受胎している種馬の名前、取引価格、購買者(敬称略)の順です。

■繁殖馬になった元キャロットの馬
 025. ラフェクレール (クロフネ) 1,188万円 グッドラックF
 074. インディゴワルツ (エイシンフラッシュ) 216万円 新冠伊藤牧場
 094. ドゥルセデレーチェ (キンシャサノキセキ) 432万円 市川牧場
 129. ソルスティス (エイシンフラッシュ) 183.6万円 佐藤牧場


■産駒がキャロットで募集されたことのある繁殖馬
 076. リンガフランカ (クロフネ) 442.8万円 ヒサイF
 131. プレジャートレイル (ワークフォース) 主取 290万円
 156. ガバーナ (ディープブリランテ) 主取 140万円
 184. ライラックレーン (不受胎) 88.6万円 恵比寿興業那須野牧場
 157. ワイルドアフリカ (スマートファルコン) 248.4万円 木部厳生


ソースは、2014年 ジェイエス繁殖馬セール 成績表

youtubeの動画を貼っておきます。


ラフェクレールは1,000万円を越えましたね。
欠場を含め210が上場され1,000万円を越えたのは11頭ですから血統を評価されての価格でしょう。
一方、フィフスペトルの母ライラックレーンは1997年生まれの繁殖で空胎ではあるのですが、88万円は安過ぎるとは思いますが、これが現実なんでしょう。。


■サラブレッドオークション
それとは別に、サラブレッドオークションについても書いておきます。
9月から10月前半においては中央競馬の3歳未勝利が主な出品対象でしたが、3歳未勝利馬の整理が落ち着いた現在はどうなっているか見てみたところ、今は地方競馬の馬と繁殖馬が主な出品対象になっていますね。
明日10/23に行われるオークションでは、現3歳の10月10日に中央登録抹消したばかりの元キャロットパルティールが出品されるようです。
パルティールの元出資者へ送られた『引退のお知らせ』になんと書いてあったかはわかりませんが、繁殖馬になってはみたものの、母馬優先制度を使う可能性はゼロに近いでしょうね。

来週10/30に行われるオークションでは、元キャロットのクリンゲルベルガーが出品されるようです。
クリンゲルベルガーは3番仔になるトーセンホマレボシを受胎。
繁殖セールの場合は希望価格に達しない場合は主取りという手段を使えますが、オークションの場合はどうなんですかね?
腹に入っているのがトーセンホマレボシ(ブリーダーズSSで共用)ですし、たいした値段は付かないかもしれませんね。
クリンゲルベルガーについては、今年のキャロットクラブ募集馬に初仔の2013年産(アンライバルドの牡)がいまして、1,200万円の募集額でした。
初仔なのでサイズが小さいなぁと思っていました、第1.5次の段階で満口になりましたね。


母馬優先制度はシーザリオやディアデラノビアのような重賞を勝ち、産駒も重賞を勝ってくれる繁殖なら母馬の出資者にとって大きな武器になります。
しかし、最初から母馬優先制度を期待してメス馬に出資するという考え方は、喜ぶのはメス馬を売りたい牧場だけじゃないですかね?

2014年の1歳募集メス馬が無事に繁殖入りし種付けされるのが5年後の6歳、2019年。
初仔が初年度で生まれたとして、キャロットで募集されるのが7年後の2021年。
当然のことですが、初仔が生まれたとしてもキャロットの募集されるという確約はありません。

entry292 母馬優先

category: ★検討データ

tb: --   cm: 4

クリオージョ  

栗王女ではないですよ、馬の品種の一つ クリオージョ種 (Criollo) のことです。

クリオージョなんていう種類の馬は普通は知りませんよね。
競馬好きな人なら軽種のサラブレッド、アラブ、アングロアラブ、クォーターホース、トロッターまででしょうね。
ちょっと詳しいと乗用だとハンター、アパルーサ、アンダルシアンくらいかな?

私も嫁に話を聞いてもしばらくはクリオージョは品種ではなく、その馬の馬名だと思ってました(笑)。


kotobank(コトバンク)によると
クリオージョ種(Criollo)
南米原産、乗用。アンダルシアン、アラブ、バルブの混じった馬で、アルゼンチンではガウチョの乗る馬として知られる。頑強であり、極限状態で生きることができるという特徴をもつ。アンダルシアン、アラブ、バルブのまじった馬からつくられた。サラブレッドと交配することで優秀なポロ・ポニーが生産される。毛色は河原毛で背に鰻線、肢に縞模様が認められることもある。


10年くらい前の話ですが、その日本に数頭しかいないクリオージョがですね、嫁がよく遊びに行っていた山梨の乗馬クラブにいたんですよ。

エンデュランス競技に参加時の写真もありましたが、ビデオからのキャプチャ画像を置いてみます。
毛色は河原毛(かわらげ)、背の鰻線(まんせん)がわかっていただけるでしょうか?




上の大きくボカしている写真の鞍上が誰かはあえて書きませが、下はクラブスタッフです。




実はその山梨の乗馬クラブで 映画『The Last Samurai』(2003) の日本人キャスト(馬に乗れる役者)のオーディションをやったんだそうです。

もう一つ、実はですねぇ。
私が在籍していた乗馬クラブに役者さんがいたんです。
現代劇にも出演しますが、主に時代劇が多かったかな、それっぽい芸名でしたし。
時代劇の役者は馬に乗れることが必須条件みたいなんですよ。
しばらく乗馬クラブで見ないから仲間に聞いてみたところ「撮影でオーストラリアに行っているらしい」と。
後になってわかったんですが、その映画『The Last Samurai』(2003)の撮影に行っていたんです。
ちなみにその役者さんは、トム・クルーズと真田広之が丘の上でヤットウをやっている時の見物人の一人です。

実際、馬に乗れ山梨の乗馬クラブに出入りしているとドラマや映画のエキストラ、祭りの武者行列のエキストラ等の話がくるようですね。
私はやったことないですけど(笑)。

ついでにもう一つ。
タッキー主演の2005年NHK大河ドラマ『義経』のオープニングに出てくる白い馬は、某オーナーがその山梨の乗馬クラブ置いていた馬なんですよ。

category: ▲乗馬、外乗のはなし

tb: --   cm: 6

今週の動向(2014年10月第3週)  

10月後半から11月に掛けて、既に5つのレースの予定が立っています。
他に詳細は未定ですが、次開催で2頭の予定もあります。
今年は先週のラブラバードで50戦を消化しました。
年間50戦は過去最多なのですが、60戦目もありそうな勢いです。
結果も付いてきて欲しいんですがね。

では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。

■アンヴァルト
平田厩舎在厩
11/2(日) 京都10R 長岡京S (1600万下) 芝1400mを予定。

16日に栗東トレセンへ帰厩しました。
次走については、平田師から具体的なレース名はコメントされていませんが、ブックによると長岡京Sを予定とのことです。


■レックスパレード
NFしがらき在厩
11/16(日) 東京10R 晩秋S (1600万下) ダ2100mを予定。


■ホーカーテンペスト
藤澤和厩舎在厩
11/8(土) 東京10R ノベンバーS (1600万下) 芝2000mを予定。

次走については、藤澤和師の先週のコメントからノベンバーSだろうと予想しましたが、その通りでした。
いろいろと試行錯誤の段階ですから、勝ち負けまでは厳しいかもしれませんね。


■ラブラバード
松田博厩舎在厩
11/2(日) 福島12R 二本松特別 (500万下) 芝1800mを予定。

京都は距離的に不安のある中3週の芝2000mということになるので、中2週で福島の1800mを目標にするということです。
そういわずに想定で11/1の東京芝1800mが入りそうならば投票してくれませんかね?


■ヴァーティカルサン
石坂厩舎在厩
次走については、11/8からの第5回京都競馬の前半を予定しているとのことです。
となると、芝2000mもしくはダートの1800mでしょうね。


■ブレイクエース
戸田厩舎在厩
デビュー戦は11/8からの第5回東京競馬のどこかでという感じで具体的には決まっていません。
ブレイクエースは6/14にトレセンに入ってから一度も外に出されることなく4ヶ月が経ちました。
レースに使えない状態の馬を入れっぱなしで、悪く言えば馬房を1つ無駄に使っているということですからね。
クラブとしては100頭の入厩制限があるので、使えない状態の馬は一旦外に出して欲しいという気持ちもあるでしょうが、戸田先生には言えないんでしょうね。
エースくんと呼んで可愛がってもらっていますし、その期待にこたえる走りを期待したいです。

誰とは言いませんが、すぐ外に出してしまう調教師もいますが。


■プルガステル
NF天栄在厩
今週の天栄スタッフのコメントを読むと、牧場と調教師の立場がどっちが上なのかわかりませんね。
というか、明らかに牧場が上に感じます(爆)。
木村厩舎に関してはそういうもんだと思っていますが、プロとしてこれでいいんですかね?


■ラッシュアタック
菊川厩舎在厩
10/26(日) 東京4R 2歳新馬 芝1600mを三浦騎手で予定。

三浦皇成騎手でデビューです。
今年で7年目の騎手ですが、出資馬に乗ってもらうのは初めてなんですよ。


■アダムスブリッジ
NFしがらき在厩
この中間、右前脚に小さな骨瘤を発症。
程度は軽いようですが、年内デビューは無いと思っておいたほうがいいですね。


【おまけ】
■グレイトフルデッド
【確定】10/19(日) 東京5R 2歳新馬 芝1600m 11頭 三浦騎手 54㎏

ヴィアンローズの12、父ハーツクライのメス馬が今週日曜の新馬戦でデビューします。
勝ってくれたら半弟の期待も高まりますね。
良いところなく負けてしまったら知らなかったことにします(汗)。

モンローブロンドの13の全兄ホオキパビーチはゲート試験も受かっていますし、スポーツ報知のPOGブログで良い事が書かれていますね。
ヴィアンローズの12もモンローブロンドの12もPOG本で大きく取り上げられていませんでした。
来年のPOG本で弟たちが注目されるように頑張ってほしいです(笑)。

グレイトフルデッドの馬名由来のGrateful Deadは日本では馴染みがないアメリカのロックバンドですが、Uncle John's Bandは聞いたことがある方もいらっしゃるんじゃないですかね?



バンド自体は知らなくても、サイケデリックなデザインの熊のぬいぐるみが描かれたTシャツを見たことはないでしょうかね?

category: 今週の動向

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ