今週の動向(2015年第18週分)  

昨日からゴールデンウィークに突入している方もいらっしゃるんでしょね?
今朝は電車がいつもより空いていました。
と言っても座席に座ることはできませんでしたけど(爆)。



【今週の出走】
アンヴァルト 5/2(土) 新潟11R 駿風S (4歳上1600万下) 芝1000m 13頭 高倉騎手 57㎏



【今後の出走予定】
ラブラバード 5/9(土) 京都10R 鴨川特別 (4歳上1000万下) 芝2000m
ブレイクエース 5/23(土) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m

ラブラバードの鞍上は未定ですが、ブレイクエースは再度武ちゃんで調整中とのことです。
戸田先生もコメントしていますが、3着だったブレイクエースのタイムは同日6Rの500万下よりも1.3秒速かったですからね。
相手関係と展開もありますが、次走での勝ち上がりを期待したいです。



【今週の動向】
ホーカーテンペスト 29日にNF天栄へ放牧に出ました。

今後ですが、助手さんのコメントによるとダートを改めて試してみるとか。
ブックから次走は函館というメールが来ました。
ざっと番組表を見たところ、
6/27(土) 函館11R 大沼S (OP) ダ1700m
が該当しますね。
芝を見ると
7/5(日) 函館11R 巴賞 (OP) 芝1800m
になります。
どちらになるにしても距離は元に戻すことになります。

いつから函館に入場となるのか?
直接函館に移動し滞在となるのか、それとも一旦NF早来に入れてギリギリで函館に移動か?
というのは、同時期に同厩の4頭がイギリスに遠征するからです。

6/16 英国 アスコット競馬場 クイーンアンS ルルーシュ
6/17 英国 アスコット競馬場 プリンスオブウェールズS スピルバーグ
6/20 英国 アスコット競馬場 ハードウィックスS スーパームーン、ペルーサ
7/4 英国 サンダウンパーク競馬場 コーラルエクリプス スピルバーグ


競走馬が海外のレースに出走する場合、基本的にトレセンの厩舎スタッフのやりくりで遠征するんですが、どうしても人手が足りない場合は助っ人として牧場スタッフが同行するそうです。
今年のドバイでも牧場から人を出したと案内役のあの方が話してくれました。
今回遠征する4頭は、馬主が山本英俊氏で生産は全て社台Fです。
ですから社台Fがバックアップをするんでしょう。

こういう時にどう対処するのかとても興味ありますが、裏話は聞こえてこないでしょうね(笑)。
そのうちに『優駿』で特集が組まれるんでしょうね。
まァ、買って読むことはしないと思いますが(爆)。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

出資馬近況(2015年4月末)3歳馬以上  

4月の成績は、 8戦 0-1-2-1-2-2 でした。

今月も勝てませんでした。
3月がヴァーティカルサンが競走中止、予後不良という嫌な終わり方だったのでそれを引きずらなければいいと思っていましたが、引きずってしまいました。
ラッシュアタックの右トモの球節に不安発症に始まり、プルガステルの右前トウ骨遠位端骨折及び鼻出血、アダムスブリッジで楽しみにしていた皐月賞が右前蹄の挫跖で回避。

私が馬を丸ごと1頭持っているわけではないのにね、なぜですかね。



4/4(土) 中山5R 3歳未勝利 芝1600m ブレイクエース
戸崎騎手 56kg 16頭 2人気 2着 490kg(+4)




4/4(土) 中山11R 船橋S (4歳上1600万下) 芝1200m アンヴァルト
田辺騎手 57kg 14頭 9人気 12着 486kg(+4)




4/5(日) 阪神8R 4歳上1000万下 芝2000m ラブラバード
川田騎手 57kg 9頭 4人気 3着 506kg(+10)


4/12(日) 阪神10R 大阪-ハンブルグC (OP ハンデ) 芝2400m ホーカーテンペスト
浜中騎手 55kg 12頭 4人気 5着 504kg(+2)


4/18(土) 阪神10R 蓬莱峡特別 (4歳上1000万下) 芝1800m ラブラバード
川田騎手 57kg 10頭 2人気 4着 504kg(-2)


4/25(土) 東京11R メトロポリタンS (OP) 芝2400m ホーカーテンペスト
柴山騎手 55㎏ 12頭 6人気 6着 502kg(±0)




4/25(土) 東京12R 4歳上1000万下(牝) 芝1400m ベルプラージュ
吉田豊騎手 55㎏ 16頭 6人気 5着 444kg(-6)




4/26(日) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m ブレイクエース
武豊騎手 56㎏ 18頭 2人気 3着 488kg(-2)



4月で1年の3分の1が終わったことになるのですが、ここまでのトータルは

 26戦 1-3-4-5-4-9

です。
率にすると、

 勝  率 3.8%
 連 対 率 15.4%
 掲示板率 65.4%
 入 着 率 80.8%


勝率が低いのでどうしても連対率に影響してしまいます。
掲示板率と入着率(8着まで)は悪くないので歯車が上手く噛み合わないということなんでしょうか。。。

着外だった5戦は、ヴァーティカルサンの競走中止、重賞が1戦、1600万下が2戦、1000万下が1戦です。
3歳未勝利戦は9戦して最も悪かった着順は6着です。
3歳未勝利戦は歯車の噛み合せが上手く行けばというところなんですが、それがなかなかねぇ。


5月の展望です。
出走予定は木曜日の更新で増える可能性がありますが、とりあえず2つあります。


5/2(土) 新潟11R 駿風S (4歳上1600万下) 芝1000m アンヴァルト 高倉騎手
5/9(土) 京都10R 鴨川特別 (4歳上1000万下) 芝2000m ラブラバード


アダムスブリッジの京都新聞杯、そして日本ダービーが予定から消えてしまったのが残念でなりません。

category: 出資馬月末近況

tb: --   cm: 0

アダムスブリッジ、その後②  

今週の情報です。

アダムスブリッジの蹄の良化が放牧に出された時の想定よりも遅れてしまい、京都新聞杯への出走は間に合わなくなりました。
放牧に出された時点のentryで『正直厳しいと思います』と書いたのですが、やはりそうなってしまいました。
まだ日本ダービーへの出走が叶う可能性が0%になったわけではないのですが、まァ、ないと思っておいたほうがいいでしょうね。


4/28 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「当初は先週末に帰厩させる予定だったのですが、まだ歩様が完全ではなかったため、残念ですが予定を延ばすことにしました。結果的に京都新聞杯には間に合わなくなってしまいますが、無理にレースに合わせるのではなく、馬の状態を一番に考えていくことが大切という判断です。今朝は15-15に近いところも乗っていますし、これで反動が出なければ1、2週の内に移動できそうです。馬体重は475キロです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

蹄内の膿の残留状態についてはコメントされていませんね。
ということは抜けたと判断していいのかも知れません。

何度も書きますが、これが一般的な石や砂を踏んで内出血する挫跖だったら間に合ったでしょうが、アダムスブリッジみたいに持病のように膿が溜まってしまう挫跖は厄介です。
今回はこれで大丈夫なようですが、再発する可能性は十分にあるでしょう。
厩舎もNFしがらきもそのつもりで接してくれるとも思います。

いちおう15-15までは乗れていますし、遅くても5月中旬にはトレセンに帰厩できそうです。
次走の話をするのはまだ早いかもしれませんが、5/30の白百合S(OP 芝1800m)がとりあえずの目標になるのかもしれません。


憂歌団 / 出直しブルース

※ ジャケット写真と曲のタイトルは同じではありません。

これで全てが終わりというわけではなく、この歌の歌詞ほど深刻ではないのですが、今後出資馬がダービーを目指すことがあるのかと思うと今回ほどの期待もチャンスも、もう無いかもしれません。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

今週の特別登録  

■アンヴァルト
5/2(土) 新潟11R 駿風S (4歳上1600万下) 芝1000m 高倉騎手 57㎏

 フルゲート 16頭
 特別登録  16頭


新潟の直線芝1000mの成績が安定しているアンヴァルトですが、8歳になってもその安定感を維持できているか?


2015.4.4 中山11R 船橋S

category: 特別登録

tb: --   cm: 4

先週の結果(2015年第17週分)-2  

今日はディズニーシーに行ってきました。
予想していたよりも気温が上がり、昼間は暑かったです。
海沿いなので夕方日が暮れるとさすがにまだ寒いですが、朝は寒くなかったので開門を待つ列に並んでいても楽でした。

ということで、ブレイクエースのレースはディズニーシーにてレーシングビュアーで観戦しました。


■ブレイクエース
4/26(日) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m 武豊騎手 56㎏
18頭 2人気 3着 488kg(-2)


ブレイクエースが馬群を抜け出した時は
「よし換わった、でも早くないか?」
「また換わった、やっぱり換わった」
で、3着でした。

負けてもね、やっぱりかという思いが強いんですが、そりゃ何もなかったように振る舞えと言われても無理ですよ(笑)。
でもね、頑張ってファストパスをたくさん取りましたよ。

さてブレイクエースの今後ですが、個人的にはそろそろダートを試してみてもいい頃だと思いますが、今日のコメントを読んだ感じでは引き続き芝のマイルを使って行くでしょうね。
5/16か5/23の芝1600mを騎手の状況を見ながら選んでいくことになるんでしょう。


ヴァーティカルサンが未勝利を勝ち上がった時はディズニーランドのグランマ・サラのキッチンでメシを食っていたのを思い出しました。
シーではなくランドに行ったら勝ってくれましたかね?
そんなこと言い始めたら毎週競馬場ではなくディズニーランドに行かなきゃいけなくなりますね(笑)。

子供は今日もカメと会話ができて大満足でした。
クラッシュに「お嫁さんはいるんですか?」という質問をしました。
まァ、クラッシュにはスクワートという息子がいるのでお嫁さんがいるのは当然なんですが、クラッシュは配偶者のこと「お嫁さん」とは言わずに「パートナー」と表現していました。
子供にパートナーという答えをどう説明したらいいか迷いましたが、まだそこまで気がつく年齢ではないので助かりました。

category: 競走結果

tb: --   cm: 0

先週の結果(2015年第17週分)-1  

レースが行われた順に、土曜日の結果です。

今日は予定した時間より早く14時頃に競馬場に着いたのですが、その頃からポツポツと雨が落ちていました。
それにしてもあんなに雨が降るなんて想定していませんでしたよ。
というわけで、新緑賞のマッサビエルの写真も撮りました。
出資者の皆さま、おめでとうございました。




■ホーカーテンペスト
4/25(土) 東京11R メトロポリタンS (OP) 芝2400m 柴山騎手 55㎏
12頭 6人気 6着 502kg(±0)


ホーカーテンペンストは今回が32戦になったわけですが、私が何回観戦したかを確認してみたら14回目の観戦でした。
前走から中1週だからですかね、パドックは入れ込んでいました。
何度か歩様がチャカチャカとダクになりかけましたし、ツル首にもなり何度も引いている助手さんに首を愛撫されていました。
最近はパドックは淡々と歩いている印象でしたが、今日はちょっと違いました。
D銜とクロス鼻革に変えてから、今回ほど口の周りが泡で白くなった印象がないんですがどうでしょうか。

諸事情により、今回はコンデジでの撮影でした。






今日はゴール前の直線でスペースができスルスルと上がってきた時は勝ったと思ったんですけどね。
やはりそう簡単には行きませんでした。
レース後の藤澤和師のコメントでは放牧になるということですが、それも仕方ないと思います。




■ベルプラージュ
4/25(土) 東京12R 4歳上1000万下(牝) 芝1400m 吉田豊騎手 55㎏
16頭 6人気 5着 444kg(-6)


メトロポリタンSに引き続き、雨が強くなったり弱くなったりで最悪でしたよ。
ですから毛ヅヤどうこうはわかりませんでした。
レース内容もメトロポリタンSに引き続きということで勝ったと思ったんですが、これまたダメでした。
そこまででもなかったですかね(爆)。

メス馬限定のこれくれくらいのメンバーで勝ち負けがないようだとやっぱり芝では足りませんかね。
降級してもう1回500万下を勝って、1000万下を運よく勝てるかどうか。。。
すみません、ネガティヴなことしか書けません。

レース後、吉田豊騎手が「早めから手が動いていましたが・・・」とコメントしていますね。
前走後も今回のレース前も芝でビュッという脚が無いとコメントしていましたから、やっぱりそうなのかなぁと思います。
ですから、道中はもっと前目のポジションかと思いましたが、ゲートを出てからの脚も関係しますしそう簡単には行きませんね。






それにしても勝てませんね。
勝てないことが当たり前になってしまい、悔しいという感覚が鈍ってしまっています。
まァ、メインレースのオープンと最終レースで掲示板があるかないかまでは来ていますし、勝てないからダメというのは贅沢なのかもしれませんが。
翌月の賞金配当よりも、今日の馬券が大事ですから、やっぱり(笑)。

明日はブレイクエースにしっかりと勝ち上がってもらいたいです。


今日もアダムスブリッジの情報は更新されませんでしたね。
やはり蹄の状態は今一つなんでしょう。

どうなるのかなぁ。



category: 競走結果

tb: --   cm: 4

今週の出走(2015年第17週分)  

今週は土曜日に2頭、日曜日に1頭、全て府中で出走します。


■ホーカーテンペスト
4/25(土) 東京11R メトロポリタンS (OP) 芝2400m 12頭 柴山騎手 55㎏

前走、大阪-ハンブルクカップを使ったダメージが少ないということで中1週での競馬になりました。
鞍上は今週の追い切りになった柴田善臣騎手になると思っていましたが、柴山騎手ということになりました。

大先生はこれまでもホカテンに乗る機会はあったのですが、昨年の1月の初富士Sは投票するも非当選除外。
2月の節分Sではトレセン近くの凍結した道路を自転車で通行した際に滑って転倒し、鎖骨を骨折。
やっと乗ってくれると思っていたら、土曜日は福島なんですね。

ここを勝つと目黒記念も見えてくるでしょうし、期待したいところです。
まァ、その際はアダムスブリッジの日本ダービーとセットで観戦したいですね!

今週の助手さんのコメントですが、善臣が善臣さんで柴山さんが柴山でいいんじゃないですか(笑)。
よく言いますね(爆)。


2014.11.08 ノベンバーS


■ベルプラージュ
4/25(土) 東京12R 4歳上1000万下(牝) 芝1400m 16頭 吉田豊騎手 55㎏

4/1にNF天栄からトレセンに帰厩しました。
NF天栄では状態が今一つということでしたが、それなら尚更早めにトレセンに戻して厩舎で馬を状態を上げていきたいということでした。
トレセンで動かしてみたら、考えていたよりも動けたとのこと。
相変わらずせっかちな爺さんですね。
先週の段階で今週か来週の競馬ということだったので番組表を見てみたところ、芝にこだわるならば来週以降の福島も新潟も適当な番組がありません。
府中の番組を見た場合、今週の牝馬限定の芝1400mがベストチョイスなんですよね。
ですが、今週水曜日の稽古は軽めでしたから実際に使うのかどうかわかりませんでした。
しかし、水曜日に情報を更新する厩舎が更新しなかったので投票するつもりだと思っていました。

いろいろとわからないことがたくさんあったのですが、今週のコメントに全て書いてありましたね。
降級前にもう1つ勝っておきたいですね。
期待しています!


2015.01.04 初日の出賞


■ブレイクエース
4/26(日) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m 18頭 武豊騎手 56㎏

先週木曜日の追い切りは、マッセ(3歳未出走)という馬と併せたようです。
ブレイクエース(ナインボールのブレイクで9番ボールのみが入ること)がマッセ(ビリヤードの高等技)と併せました。
戸田先生、シャレたことしますね♪
マッセの父はブレイクエースの兄、ブレイクランアウトなんですよ。
また、同厩のブレイクオブディーも父はブレイクランアウトですが、ビリヤードとは関係ない名前です。
ちなみに、ブレイクオブディーの母馬はベルプラージュの祖母ベルクラシックなんですよ。

私がベルプラージュの母ベルフィーチャーの名前として応募したのがブレイクオンスルーでした。
妹の父がブレイクランアウトになるなんて不思議なもんですね(笑)。

The Doors / Break On Through (To The Other Side)


なぜベルクラシックの仔にブレイクオンスルーという馬名を応募しかたというと、アメリカのチャック・イェーガーというパイロットがベルX-1という飛行機で音速の壁を越えたからなんです。
映画『ライトスタッフ』にも出てくる話です。
Break On Through To The Other Side 父アグネスタキオンのタキオン粒子も絡めて上手いネーミングだと思ったんですけどね。




前振りが長くなってしまいました。

ブレイクエースの鞍上はブレイクランアウトにも乗ったことのある武豊騎手です。
武豊騎手が私の出資馬にのるのはキャロットでは初めてです。
シルクを含めて振り返ると、2005年のテレビ愛知杯OPのシルキーラグーン以来ですよ。

二度の出資馬に乗ることは無いと思っていた武豊、これまで散々私の出資馬を二着に負かしてくれた武豊。
今回はよろしくお願いいたします。
期待しています!

3歳未勝利戦の口取り応募数の最高記録が何票かは知りませんが、武豊騎手だとやっぱり人気しますね!


2015.04.04 3歳未勝利戦

category: 出走確定

tb: --   cm: 2

今週の動向(2015年第17週分)  

では今週も簡単に。
先週の蓬莱峡特別が4着だったラブラバードは在厩のまま次走に向けて調整です。



【今週の出走】
ホーカーテンペスト 4/25(土) 東京11R メトロポリタンS (OP) 芝2400m 12頭 柴山騎手 55㎏
ベルプラージュ 4/25(土) 東京12R 4歳上1000万下(牝) 芝1400m 16頭 吉田豊騎手 55㎏
ブレイクエース 4/26(日) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m 18頭 武豊騎手 56㎏




【今後の出走予定】
アンヴァルト 5/2(土) 新潟11R 駿風S (4歳上1600万下) 芝1000mを高倉騎手で予定。
アダムスブリッジ 5/9(土) 京都11R 京都新聞杯 (GⅡ) 芝2200mを予定。
アダムスブリッジ 5/31(日) 東京10R 日本ダービー (GⅠ) 芝2400mを予定。




【今週の動向】
23日現在、特に移動等の動きはあません。

アダムスブリッジがいつ栗東に帰厩するかが気になるところですが、JRAのWEBサイトでも23日現在で放牧のままです。
放牧当初は早ければ今週の始めには戻すということでしたし、楽観視できる状況ではないことは確かでしょう。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

アダムスブリッジ、その後①  

まずは、先週分の『今週の動向』に書いたことを貼り付けておきます。


4/16 NFしがらき
16日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「今朝までのザ石の状態を見てきて、膿が抜けるのは時間の問題とはいえ、集中的に治療ができる環境に置いた方がいいのではないかということで、いったんNFしがらきへ移動させることにしました。私もすぐにNFしがらきへ行って、牧場の獣医と話をしたのですが、このあたりの場所から抜けそうというところまで見えてきているとのこと。すぐに楽になるようなら、週明けにでもトレセンへ戻すつもりです」(石坂師)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

膿が溜まっている場所はほぼ特定できたようですね。
近くに蹄鉄を打った釘穴があればその釘穴を使って膿を出すことになるんでしょうが、膿が溜まっているのは蹄底でしょうからやはり孔を開けることになるんじゃないですかね。
内出血の場合は蹄底を軽く叩いてやると、溜まっている箇所がポコンポコンと音がするそうです。
蹄の内部を圧迫している膿を出してしまえば楽になるでしょう。
それにしても厄介ですね。


そして、今週の情報です。


4/21 NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後はザ石した蹄を集中的にケアしてきました。蹄の上部から膿は抜けてきており、痛みは日に日に良くなっていますが、まだ内部には少し残っているようです。明日からは乗り出す予定にしており、その後の状態が良ければ今週中にも帰厩ということになりそうです」(NFしがらき担当者)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

膿は蹄底から抜くのかと思っていましたが、蹄冠部ですか。
まァ、孔を開けてしまったらその後の処置も必要になりますから、蹄冠部から抜けるならそのほうがいいですね。
(全ての状況が報告されるわけではないので、実際にどう対処したかはわかりません)
蹄の内部に溜まっている膿が、蹄機によって蹄の内部を移動し、蹄の付け根から滲み出るということですかね。
痛そうですね。
明日の乗り運動でまだ残っている膿が出きってしまえばいいんですが。

『蹄なくして馬なし』というじゃないですか。
それに、蹄は『馬の究極の痛点』であり、『第二の心臓』と言われてます。
今週中にトレセンに戻せる状態になればいいんですが、それでも京都新聞杯を使うにはギリギリのスケジュールでしょう。


グリーンchの『馬学講座』で平成12年に放送されたものですが、今でも再放送で見る機会があるんじゃないですかね?



乗馬クラブでの経験や、カリスマ装蹄師西内荘さんの本、1994年に発行された装蹄師の柿本純司さんが書いた『装蹄師』という本などを参考にして書いていますが、私は装蹄師でも獣医でもない素人なので見当違いなことを書いているでしょう。
どうぞお許しください。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 0

出資馬近況(2015年4月中旬)2歳馬  

2015年4月中旬の2歳馬の近況です。
馬体重は今月中旬のものです。

10日にサーブルオールとアジュールローズの静止画と坂路を駈け上がる動画が更新されました。
いつもでしたらそれを見た感想を書くのですが、しばらくは余計なことは書かないでおきます。

と言いつつも、ひとこと言うとすると「そんなに上げなくてもいいじゃないかよ」です。


■サーブルオール
entry308 2014年 出資確定馬(1)
entry449 牧場見学2015年3月① 空港-1
父:ハービンジャー/母:モンローブロンド(BMS:アドマイヤベガ)
牡 美浦 萩原厩舎

NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 508kg(先月から+2kg)

現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター1周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17秒のキャンターで1本登坂しています。この中間も課した調教をスムーズにこなしてくれています。乗り役とのコンタクトを意識しながらじっくり乗り込んできた効果で、これまで遊びながら走っていた面に改善が見られ、集中して走ることができるようになってきました。今後もこの調子で一歩一歩良化させていければ理想的と見ています。

2015.04.10 更新

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


■アジュールローズ
entry309 2014年 出資確定馬(2)
entry450 牧場見学2015年3月② 空港-2
父:ヴィクトワールピサ/母:ヴィアンローズ(BMS:Sevres Rose)
牡 美浦 古賀慎厩舎

NF空港 B-3 細田厩舎在厩 498kg(先月から+13kg)

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。引き続き、ハロン16秒ペースで順調に乗り込めており、現在のペースでは余裕ある動きを見せてくれています。騎乗時にまだチャカチャカするなど幼いところはありますが、以前ほどテンションは上がらなくなってきているあたりに成長の跡を見て取れます。

2015.04.10 更新

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


■シュネルギア
entry310 2014年 出資確定馬(3)
entry451 牧場見学2015年3月③ 早来
父:ワークフォース/母:リーチコンセンサス(BMS:フレンチデピュティ)
メス 栗東 平田厩舎

NF早来 日下厩舎在厩 426kg(先月から+6kg)

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調整を行っています。ハロン15秒台のキャンターもだいぶ板についてきており、へこたれることはなく、むしろ乗り込みを継続する中で馬体にボリュームが出てきたのは好印象です。いい成長を見せていますし、背中越しに頼もしさが感じられるようになってきましたので、今後も焦らず良化を促していくことで素質の開化を目指していきます。
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ