競走結果(2015年22週分)  

今日の東京競馬場の来場者数は116,000人だったそうですね。
以前の府中は、土曜日は5万人、日曜日は10万人と普通に入っていました。
今日の116,000人は、いろんなところでいろいろとキャンペーンをしたり、グッズを配布しての結果ですね。

日本ダービー出走馬勝負服デザインフラッグ&日本ダービーオリジナルタンブラーの抽選に申し込んだんですが、結果を確認しないで帰りました。
もしかしたら当っていたかも。
これ、申し込む際に年齢と競馬歴を用紙に記入するんですが、私の前に並んでいたオネエちゃんのをチラ見したら、年齢29歳、競馬歴18年と。
まァ、馬券を18年買っていると書いたわけではないのでセーフでしょうか?
また、親子でいた小学生の女の子は、年齢22歳、競馬歴2年と。
当選したら本人と確認できるものを見せないといけないので、これはアウトですね。


ではレースが行われた順に、競走結果です。

今日は結果とクラブの公式コメントのみentryします。
写真と私の感想は後日entryします。

■ラブラバード
5/31(日) 東京9R むらさき賞 (1600万下 ハンデ) 芝1800m 川田騎手 55kg
17頭 7人気 14着 488kg (-12)



05/31 松田博厩舎
31日の東京競馬では五分のスタートから中団を追走。直線半ばまではしぶとく脚を使ったが、最後は苦しくなり14着。
「返し馬の雰囲気は良かったのですが、コンスタントに使ってきて、長距離輸送をしてのマイナス体重。もしかすると少し疲れもあったのかもしれません。直線が長い府中で今日のような競馬をするより、前走のように、3~4コーナーをうまく捌いてしぶとさを活かすのが合うのだと思います。これが昇級戦ですし、クラス慣れすればまた違うはずです」(川田騎手)
「馬体は数字ほど細くは見せなかったけど、レースぶりを見ると思ったよりも輸送が堪えたのかもしれません。昇級戦でもありましたし、もう少しクラス慣れも必要でしょう。最後は一杯になったけど、折り合って運んだ内容自体は悪くなかったので、これがまた次に繋がると思います」(松田博師)
これが昇級戦と考えれば悲観する内容ではないと思いますが、輸送が堪えたのか、馬体を減らしての出走になりましたし、あるいはそのあたりも影響があったのかもしれません。このあとはトレセンで馬体をしっかり確認してから今後のプランを検討していきます。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


■アダムスブリッジ
5/31(日) 東京10R 日本ダービー (GⅠ) 芝2400m 和田騎手 57kg
18頭 11人気 17着 472kg (+4)



05/31 石坂厩舎
31日の東京競馬では五分のスタートから好位を見る位置につける。3コーナー過ぎから鞍上の手が動き始め、直線は一杯になり17着。
「スタートは遅いだろうと覚悟していたのですが、いいタイミングでポンとゲートを出てくれて、すごくいいポジションにつけることができました。このまま勝負どころまでキープできれば、と思っていたのですが、ずーっとハミを取らずフワフワした走りになってしまいました。このあたりは実戦から離れていたことと、キャリアの浅さが影響したのだと思います。ひと脚も使うところがなく、まったく走りきっていません。中間は順調さを欠いた時期もありましたし、馬の力はこんなものではありません。今日は残念なレースになってしまい申し訳ありませんでしたが、リフレッシュして必ず巻き返してくれるはずです」(和田騎手)
「スタートがうまく行ったので、そのままのポジションで運べればと思ったのですが、終始フワフワしていたとのこと。これは、久々の実戦、キャリアの浅さと言うしかないでしょう。ここに向けて必死に取り組んできたから、正直今は気が抜けてしまっていますが、中間に蹄のトラブルで順調さを欠いたのは事実ですし、きっちり立て直して秋は巻き返したいと思います」(石坂師)
若葉S以来の実戦、頓挫があっての休み明けと厳しい条件でしたし、この一戦では本馬の能力は図れないでしょう。今日は残念な結果になりましたが、この後立て直してまた強いアダムスブリッジを見せてもらいたいと思います。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

出走確定(2015年第22週分)-2  

いよいよ日本ダービーです。

アダムスブリッジ、いろいろありました。
なんとか間に合いました。

【2014年】
 01/17 左前蹄に痛みを発症、患部の膿が出る
 04/18 第1回産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録ならびに石坂正厩舎との預託契約が完了
 06/23 NF空港からNF天栄へ向けて移動
 06/25 NFしがらきへ移動
 07/31 栗東トレセン・石坂正厩舎へ入厩
 08/27 ゲート試験合格
 08/30 NFしがらきへ放牧
 10/14 右前脚に小さな骨瘤を発症
 11/06 栗東トレセンに帰厩
 12/06 阪神07R 2歳新馬 芝2000 和田 1着
 12/09 NFしがらきへ放牧
 12/25 栗東トレセンに帰厩
【2015年】
 01/24 京都10R 若駒S(OP) 芝2000 和田 1着
 01/27 NFしがらきへ放牧
 02/10 左前蹄を痛がるような素振りを見せた
 02/25 栗東トレセンに帰厩
 03/21 阪神11R 若葉S(OP) 芝2000 和田 3着
 04/05 皐月賞に特別登録
 04/14 右前蹄を挫跖、皐月賞の回避決定
 04/16 NFしがらきへ放牧
 04/21 蹄冠部から膿は抜けてきており状態が良ければ今週中にも帰厩
 05/07 栗東トレセンに帰厩
 05/17 日本ダービーに特別登録





■アダムスブリッジ
5/31(日) 東京10R 日本ダービー (GⅠ) 芝2400m 18頭 和田騎手 57kg

馬番
馬 名
騎 手
厩 舎
馬 主
生 産
01
サトノラーゼン岩 田W 池江泰里見治ノーザンF
02
タンタアレグリア蛯 名E 国枝栄G1レーシング 白老F
03
コメート嘉 藤E 土田稔ケンR千代田牧場
04
グァンチャーレ松 岡W 北出成松本俊廣中央牧場
05
ダノンメジャー小牧太W 橋口弘ダノックスノーザンF
06
ポルトドートウィユ武 豊W 高野友サンデーRノーザンF
07
レーヴミストラル川 田W 松田博サンデーRノーザンF
08
ベルラップ三 浦W 須貝尚サンデーRノーザンF
09
コスモナインボール柴田大E 和田雄ビッグレッドF大典牧場
10
ミュゼエイリアン横山典E 黒岩陽高橋仁社台F
11
サトノクラウンC.ルメールE 堀宣行里見治ノーザンF
12
アダムスブリッジ和田竜W 石坂正キャロットFノーザンF
13
リアルスティール福 永W 矢作芳サンデーRノーザンF
14
ドゥラメンテM.デムーロE 堀宣行サンデーRノーザンF
15
ミュゼスルタン柴田善E 大江原高橋仁社台F
16
スピリッツミノル酒井学W 本田優吉岡實フジワラF
17
キタサンブラック北村宏W 清水久大野商事ヤナガワ牧場
18
タガノエスプレッソ菱 田W 五十忠八木良司新冠タガノF



今週の最終追い切りは、先週と同様に目黒記念を使うニューダイナスティと併せました。
京都新聞杯を見送ったことで理想的な状態になったということで、石坂師も乗った和田騎手も『文句なし』とコメントしています。
調教後の馬体重は、前走の若葉Sから+8kgの476kgです。
東京への輸送でほぼ前走と同じになるでしょう。

トライアルを使わず前走から約2ヶ月のぶっつけになったこと、初めての多頭数に長距離輸送など不安要素も課題もあります。

ですが、ダービーまでに数を使わない(使えない)ことを想定しての2戦を若駒Sという想定だったでしょう。
若葉Sは3着だったのですが、もし勝っていても挫跖で皐月賞は使えなかった可能性は大でした。
初の関東への輸送がダービーになることも早い段階で想定できていました。

出資馬を選ぶ際には毎年のように「この馬でダービーを」というつもりで出資していますが、これがなかなか上手いこと行きません。
一度は完全に消えてしまったと思ったダービー出走が叶います。
私にもやっとチャンスが巡ってきました。

2012年に日本で生まれたサラブレッド6828頭の頂点を目指して頑張れアダムスブリッジ!!


2013年 募集馬見学ツアー

category: 出走確定

tb: --   cm: 10

出走確定(2015年第22週分)-1  

今週は日曜日の東京、9Rと10Rに出走します。
まずはラブラバードから。


■ラブラバード
5/31(日) 東京9R むらさき賞 (1600万下 ハンデ) 芝1800m 17頭 川田騎手 55kg

5/9の京都、鴨川特別を勝って中2週の競馬になります。
今回も前走と同様に最終追い切りは川田騎手を乗せて行われました。
輸送競馬は昨年秋に福島で行っているので問題ないと思いますが、松田博師からは輸送が心配なコメントありますね。
なんと言ってもダービーの前のレースですからスタンドは満員の鮨詰め状態です。
ですから馬がいつもとの違いを察してテンションが上がってしまうかもしれません。

あとは東京が合うかどうかですね。
左周りのコースは3歳の3月以来になります。
まァ、これはやってみないとわかりませんからねぇ。

やっとラブラバードが関東で走ってくれるという機会なんですが、よりにもよってなんでダービーの日。
しかもダービーの1つ前のレースです。
走る姿を見れないかもしれないじゃないか(笑)。

秋はGⅠの前座ではなく、GⅠに出れるように期待しています!

category: 出走確定

tb: --   cm: 4

今週の動向(2015年第22週分)  

いよいよ今週は日本ダービーです。
アダムスブリッジ、無事に出走確定しました。
昼に赤飯を食べておいた甲斐がありましたよ(笑)。

一口馬主を始めて苦節。。。確認するのも面倒なくらいになってしまいましたが、1997年生まれのシルクサンシャインから始まって出資しない年もあり、2012年生まれで16世代目になります。
今書いてしまうと後で書くことがなくなるのでこれぐらいにしておきます(爆)。


では古馬から順に、今週動きがあった馬の情報です。

■ホーカーテンペスト
NF天栄在厩
NF天栄から直接函館に入れるのではなく、一旦トレセンに入れて調整してから輸送するようです。


■ラブラバード
松田博厩舎在厩
【確定】5/31(日) 東京9R むらさき賞 (1600万下 ハンデ) 芝1800m 17頭 川田騎手 55kg

今週日曜日の東京9R、むらさき賞に出走することになりました。
私のコメントは後ほど『出走確定』に書きます。


■ベルプラージュ
尾形充厩舎在厩
馬の状態と想定を見ながら来週か再来週の競馬を予定しているとのことです。
6/7の(牝)ダ1600mか、6/14の(牝)ダ1400mになるんじゃないでしょうか?
「500万下なら芝でも」はさすがにないでしょう(笑)。


■ブレイクエース
NF天栄在厩
28日にNF天栄へ移動し、この後はタイミングを見てNF空港へ移動する予定とのことです。

北海道に移動し、手術をする云々が決まり落ち着いてから別途まとめてentryします。


■ラッシュアタック
菊川厩舎在厩
復帰緒戦は第3回東京競馬になるか、函館にするか、もう少し仕上がり具合を見て判断するとのことです。


■アダムスブリッジ
石坂厩舎在厩
【確定】5/31(日) 東京10R 日本ダービー (GⅠ) 芝2400m 18頭 和田騎手 57kg

今週日曜日の東京10R、日本ダービーに出走することになりました。
私のコメントは後ほど『出走確定』に書きます。


■アジュールローズ
古賀慎在厩
26日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動したことまでは昨日書きました。

で、予想どおり28日に美浦トレセン・古賀慎明厩舎へ入厩しました。
続きは月末の『出資馬近況(2015年5月末 2歳馬)』でentryするつもりですが、この週末は何かと忙しくなると思うので来週になってのentryでしょう。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 4

2歳馬移動第1号、アジュールローズ  

今年の2歳馬移動第1号はアジュールローズでした。

entry309 2014年 出資確定馬(2)
entry450 牧場見学2015年3月② 空港-2
父:ヴィクトワールピサ/母:ヴィアンローズ(BMS:Sevres Rose)
牡 美浦 古賀慎厩舎


5/26 NF天栄
26日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動しました。タイミングを見て美浦トレセンへ移動する予定です。
「早期の移動を視野に入れて順調に乗り込みをこなすことができていましたので、本日無事に移動の運びとなりました。まずはゲート試験が第一の課題となりますので、無事にクリアしてもらいたいと思います」(空港担当者)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


まァ、3月の牧場見学で『夏競馬でデビュー予定』と話を聞いていましたし、5/15更新の育成中の動画では前肢に蹄鉄を履いていました。
また、25日に発売された週刊競馬ブックの『特集 2歳注目馬紹介』でも「近日入厩予定」と書いてありましたからね。
なんともタイミングの良い移動です。

私の出資馬はメス馬は4月中の移動もありますが、牡馬の場合は5月中の移動もあまりありません。
ちなみに昨年はこうでした。

ラッシュアタック  06/08 NF天栄 → 08/07 美浦TC
ブレイクエース   06/12 NF天栄 → 06/14 美浦TC
プルガステル    06/18 NF天栄 → 06/20 美浦TC
アダムスブリッジ  06/23 NF天栄 → 06/25 NFしがらき → 07/31 栗東TC


週刊競馬ブックの『特集 2歳注目馬紹介』にあった古賀慎師のコメントは、動きがどうこうということではなく姉のことと大きさのことが書いてありました。
実際に馬を見なくてもあれぐらいのコメントならば私にでもできますよ(爆)。

さて今後です。
移動に伴う輸送熱や疲労がないようでしたら検疫の関係もありますが明日5/28にはトレセンに入れるんじゃないですかね?
トレセンに入るとゲート試験となります。
この馬には相当な”勝負根性”があるということですから、寮馬と一緒に出せばビュッと行くんじゃないですかね。
タイミングよく一緒に試験を受ける相方がいればいいんですけど。

ゲート試験が受かれば次はデビュー時期の心配になりますね。
さすがに順調であっても6/6~6/28の第3回東京競馬でのデビューはないでしょうが、7/4からの第2回福島競馬でしょう。
8/1からの第2回新潟競馬までずれ込むことはないと思います。
そしてどの距離で使うかということなんですが、3月の牧場見学ではスタッフと「マイルじゃ短いでしょうね」と話しました。
そうは言っても新馬はマイルぐらいの距離になるでしょう。
福島競馬でということならば芝1800mかなぁ。
古賀慎師はどう思っていますかね?


2014.09.06 募集馬見学ツアー


2015.03.13 牧場見学

category: ●出資馬2013年産

tb: --   cm: 0

5月末のマキちゃん  

競馬をする人にとっては5月の最終日曜日というと、日本ダービーですよね。
私にとっては日本ダービーと同時に日比谷野外音楽堂で行われていたジャパン・ブルースカーニバルでもありました。
(年によってはどちらがズレることもありました)

そのブルースカーニバルを初めて見に行ったのが1992年。
開演は15時だったかなぁ。
1993年のウイニングチケットの勝利は、1組目の演奏が終わり、バンドセットの入れ替えの時にMCのゴトウゆうぞう氏が教えてくれました。
バンドセットの入れ替え時には、客を退屈させないようにとMCが『主催者からのお知らせブルース♪』『ブルースクイズ』をやって、クイズに正解するとサイズの合わないTシャツや出演者の食べ残し弁当のプレゼントがありました。
今の時代では出演者の食べ残し弁当のプレゼントという冗談は通じませんね(笑)。
すぐに問題になってしまうでしょ。

私はその『ブルースクイズ』で正解しTシャツをもらったんですよ。
問題は「ブルースと言えばセントルイス・ブルース。セントルイスから来た(出生は横田基地)相撲取り、戦闘竜はどこの部屋?」
そんな問題だったと思います。
ボケればよかったんですかね、速攻で答えたので会場が白けました(爆)。

どうでもいいでしょうが、セントルイス・ブルースというのは、林家木久蔵が笑点で「いやんばっかん、そこはお乳なのぉ~」と歌っていたアレの原曲です。


MCはブルースハープ(ハーモニカ)のゴトウゆうぞう氏とギターを持った相方の2人組でした。
初期の相方は河内屋菊水丸のバックバンドの方でしたが、いつからか長身の綺麗なオネエチャンに代わったんですよ。
カメリア・マキちゃんです。
マキちゃんはステージでは一言も発しなかったと思いますが、ゴトウ氏のリクエストに応えてジョン・リー・フッカー、マディ・ウォーターズ、B.B.キングの誰でも知ってるフレーズを演奏して会場を楽しませてくれました。


ネットで『カメリア・マキ』を検索してみたら本名は静沢真紀さんというんですね。
youtubeで動画も見れました。
ブルースカーニバルのMCもだいたいこんな感じでした。
懐かしい!



この Please Send Me Someone To Love も最高に良いです。



その当時から10年以上が経過しましたからね。
可愛いオネエチャンだったマキちゃんは、マキさんになっていました。


私がブルースカーニバルを見に行ってた頃の5月の最終日曜日はよく雨が降りました。
天気予報で降らないと言っていても、開演前に雲一つない青空であっても、途中で雨が降ってきました。
バディ・ガイがFeels Like Rainを歌っている時にタイミングよく雷が鳴ったりしてね。

さて今週の日曜日はどうなりますかね?
日比谷は大雨になったとしても、府中は晴天の良馬場で開催できるといいんですが。

category: ☆馬以外のはなし

tb: --   cm: 0

久しぶりの競馬ブック  

出資馬初の日本ダービーですからね、紙の競馬ブックを買いました。

紙の競馬ブックを買ったのはいつ以来だろう?
確か前回買ったのはまだ500円だった頃。。。さすがにそれは嘘です(笑)。
それでも10年ぶりぐらいじゃないですかね?

私はいつもは月額300円(税別)のスマホ版で情報と取っています。
まァ、紙のブックに書いてある関係者コメントもそっちに大方は載っていますし、紙のブックのPHOTOパドックにアダムスブリッジが載ってない事も、有力馬考課表にないこともわかっていましたが買いました。
記念ですからね。
で、ブックでのアダムスブリッジの扱いですが、これがねぇ特集ページにも写真1つもなく、まぁ~アッサリとしたもんでしたよ。

続きは出走確定後に書きます。


今回私が取り上げたいのは、『特集 2歳注目馬紹介』です。
この特集が付いているを知らずに買ったのでラッキーでしたよ。

どうせ出資馬3頭どの馬も載ってないだろうなぁと思っていたのですが、アジュールローズがありました!
入厩時期に関するものと、古賀慎師のコメント。

今週末にはクラブのコメントも更新されるのでその時のentryで書いてもよかったんですが、その前に動いてしまうかもしれないですからね。
まァ、買う価値があるかは買ってみて判断してください(爆)。


最後に間違い探しです。
Yahoo! JAPANのトップページにたまに出るコレ。



Yahoo!さん、競馬のことは競馬を知っている人に依頼したほうがいいですよ。

さすがにこれは恥ずかしい。
-- 続きを読む --

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 1

特別登録  


土曜日は夕方に用事があったので、それまでの時間潰しにいつも濱田屋会に使わせていただいているお店でランチ。
府中での用事が昼前に終わってしまったので、予定より早く着いてしまいました。

そろそろ今年の募集馬の検討会準備を始める頃ですからね、その予約もしておきました。
キャロットの募集予定馬リストは7月中旬までわかりませんし、社台、サンデー、G1の募集馬リスト、セレクトセールのリストから漏れた馬という程度しかネタはないです。
お互いの情報を持ち寄りスタリオンレヴューやPOG本を見ながらという雑談程度の検討会ですが、それはそれで面白いです。

お店は先週から今週来週と日曜日の夕方は競馬場帰りの一口馬主さんで賑わっているそうです。

果たして私もダービーの後に寄る事になるのか?
それとも、坂東太郎を食べに他の店に行くことになるのか?


■ラブラバード
5/31(日) 東京9R むらさき賞 (1600万下 ハンデ) 芝1800m 川田騎手 55kg


 フルゲート 18頭
 特別登録  19頭



■アダムスブリッジ
5/31 (日) 東京10R 東京優駿 (GⅠ) 芝2400m 和田騎手 57㎏

 フルゲート 18頭
 特別登録  26頭


優先出走馬01キタサンブラック北村宏W 清水久皐月3着
優先出走馬02タンタアレグリア蛯 名E 国枝栄青葉2着
優先出走馬03ドゥラメンテMデムーロE 堀宣行皐月1着
優先出走馬04リアルスティール福 永W 矢作芳皐月2着
優先出走馬05レーヴミストラル川 田W 松田博青葉1着
賞金上位馬06サトノクラウンルメールE 堀宣行4600万
賞金上位馬07サトノラーゼン岩 田W 池江泰3500万
賞金上位馬08ポルトドートウィユ武 豊W 高野友2700万
賞金上位馬09ベルラップ三 浦W 須貝尚2500万
賞金上位馬10グァンチャーレ○ ○W 北出成2250万
賞金上位馬11ミュゼエイリアン横山典E 黒岩陽2250万
賞金上位馬12コメート嘉 藤E 土田稔2200万
賞金上位馬13タガノエスプレッソ菱 田W 五十忠2200万
賞金上位馬14スピリッツミノル酒井学W 本田優1900万
賞金上位馬15ミュゼスルタン柴田善E 大江原1900万
賞金上位馬16ダノンメジャー小牧太W 橋口弘1850万
賞金上位馬17コスモナインボール柴田大E 和田雄1700万
賞金上位馬18アダムスブリッジ和田竜W 石坂正1400万
除外対象馬19ケツァルテナンゴ戸 崎W 笹田和1200万
除外対象馬20マイネルサクセサー○ ○E 畠山吉1200万
除外対象馬21マイネルシュバリエ○ ○E 和田正1000万
除外対象馬22アルバートドック○ ○W 松田博900万
除外対象馬23ヴェラヴァルスター○ ○E 木村哲900万
除外対象馬24ティルナノーグ○ ○W 松永幹900万
除外対象馬25トーセンバジル○ ○W 藤原英900万
除外対象馬26マサハヤドリーム○ ○W 今野貞900万

なお、騎手は競馬ブックの想定です。


渋谷駅周辺はこんなことになっています。




category: 特別登録

tb: --   cm: 0

ブレイクエース、その後①  

もぉ~だりふんたりけつです。


5/24 戸田厩舎
「レースから上がってきたときは蹄と鉄の間に芝が挟まっていて、他の脚で引っ掻けて蹄鉄が緩んでしまった状態で走っていたのはわかっていました。帰りがけに躓いたと、武ちゃんが下馬して上がってきたので、厩舎に戻るときも戻ってからも、美浦に帰ってからも慎重に見るようにしていました。今朝になっていくらか膝まわりが気になるかなと思えたために検査をしてみたところ、左膝のトウ骨遠位端部分の骨折が判明してしまいました。昨日の競馬は力を出せていなくて、経験を重ねつつ段々と良くなっている最中です。まだまだこれからさらに良くなる馬なので、このまま諦めてしまうのは非常にもったいないと思うんです。ここまでに結果を出せていなくて申し訳ないのですが、再び戻ってきてくれることを待ちたいと思っています」(戸田師)
誠に残念ながら左トウ骨遠位端の骨折が判明してしまいました。オペの有無にもよりますが少なく見積もっても半年前後の休養は必要になる見込みです。場合によっては未勝利期間内に間に合わない可能性がありますが、ようやく良くなってきて、さらなる成長が見込めそうな現状でありますので、再起の可能性を信じて休養に入る予定です。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

程度はわかりませんが、プルガステルの右肢に続いてブレイクエースも左肢を骨折しました。
プルガステルはレントゲンでもわかるかわからないという程度だったので自然治癒で治まりましたが、ブレイクエースはハッキリと骨片が飛んだんでしょうね。

良くも悪くも一旦リセット。
今は戸田先生の諦めの悪さに期待するしかありません。


【追記】
ブックの武豊騎手のコメントによると、蹄鉄が緩んでいたのは右前ですね。
馬自身がその右前を気にして歩様が乱れて反対側の左前を故障したということでしょう。

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 2

競走結果(2015年第21週分)  

土曜日は4Rがその日の最初の芝コース使用でした。
前が止まりませんでしたね。

では競走結果です。

■ブレイクエース
5/23(土) 東京4R 3歳未勝利 芝1600m 武豊騎手 56kg
18頭 1人気 9着 488kg (±0)


まずは鼻革に注目!
これまでの6戦全てで付けていた白いシープスキンノーズバンドがありませんでした。




それにしても、シープスキンノーズバンドを外した途端に蹄鉄に問題が出るかねぇ。

武豊騎手が出資馬に乗ることは今後無いかもしれないので、少し多めに(笑)。





戸田師のコメントによると、レース後に武豊騎手が馬が躓くと言っていたので確認してみたら前脚の蹄鉄が外れかけていたそうです。
状況はわかりませんが脚が交突して引っ掻けてしまい、釘が抜けかけて蹄鉄が浮いてしまったんでしょう。
それがいつ起こったのかはわかりません。

ですが。。。
ゲートがよく「ヨシッ!」と思ったら馬を下げてしまい、3角手前から馬は行きたがって折り合いを欠きました。
あそこである程度前に行かせてもよかったと思います。
まァ、前走のこともあるのでそうしなかったのかも知れません。
ですが、キレる脚がないブレイクエースには4角では絶望的な位置でした。

敗因は落鉄しかけた事よりも道中のポジションだと思います。



前走のような負け方だと悔しいし、憔悴感もあります。
しかし今回のような負け方は悔しいというよりも、ただ残念と思うだけ。

口取りに外れたのも、負けたのも全て来週のため。
そう思うしかないのかなぁ。

category: 競走結果

tb: --   cm: 4

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ