セレクトセール2017の結果  

今年のセレクトセールは、今週の月曜日と火曜日(7/10、11)に行われました。

キャロットクラブ名義で購買された馬は1歳馬の1頭だけです。
主取り、欠場の馬。
来週火曜日開催のセレクションセールで購買があるか?
どうでしょうか。

今年の募集対象になる可能性があるのは、以下の2頭です。

【2017年 1歳購買馬】
 NO. 237 ホールロッタラヴの16
 http://www.jrha.or.jp/select/2017/237.html
 めす/栗毛/3月21日生
 父:トーセンジョーダン
 母:ホールロッタラヴ(BMS:ネオユニヴァース)
 販売者:ノーザンファーム
 購買価格:600万円(税込 648万円)




【2016年 当歳購買馬】
 NO. 506 ネオイリュージョンの16
 http://www.jrha.or.jp/select/2016/506.html
 めす/鹿毛
 父:ワークフォース
 母:ネオイリュージョン(BMS:ネオユニヴァース)
 販売者:ノーザンレーシング
 購買価格:600万円(税込 648万円)




以前のキャロットクラブ名義の購買馬は『こんな馬誰が出資するんだ?』と言いたくなる様な酷い馬もいました。
キャロット名義の購買馬で一番走ったのはジェベルムーサ(総獲得賞金 1億5,896.2万円)です。

牧場とのお付き合いで手を揚げた馬もいるでしょう。
買うつもりがないのに我慢できずに手を揚げ、他が揚げないので買うことになってしまった馬もいるでしょう。

今年募集対象となる2頭を見てみると、どちらもBMSネオユニヴァース。
どちらも600万円。
わざわざセールで手を揚げなくても、バーター、数合わせで牧場がタダでくれるんじゃないのかなぁ。



過去3年分のキャロットクラブ募集馬の市場取引馬(セレクト、セレクション、オータム、海外セール)は以下のとおりです。

セール名と一緒にある金額が税込みの購買価格。
(NF)はノーザンFの名義で購買しキャロットに提供された馬、表記が無い馬はキャロット名義の購買馬。
矢印で示している金額がキャロットの募集金額。

【2016年度募集馬】
NO. 03 イルーシヴウェーヴ セレクト1歳 5,832万円 → 6,000万円
NO. 28 アドマイヤドレス セレクト当歳 2,160万円(NF名義) → 2,400万円
NO. 38 カサパサー セレクション1歳 702万円(NF) → 1,400万円
NO. 40 コスモチェーロ セレクト1歳 7,344万円(NF) → 8,000万円
NO. 79 バイオレントハート セレクション1歳 1,512万円(NF) → 2,000万円
NO. 80 Teddy's Promise 市場名不明 → 2,000万円


Teddy's Promiseの15も市場取引馬だと昨年のツアーで聞きました。
上に書いたように購買費用以外に関税と輸送経費とエージェント手数料で1,000万円強の費用が掛ったとすると、購買価格は1,000万円以下でしょうね。
ちなみに母は北米11勝の馬、その初仔です。


【2015年度募集馬】
NO. 21 スターペスミツコ セレクト当歳 2,808万円(NF)→ 3,600万円
NO. 39 Sweet Dreams Baby
 Goffs November Foals 2014 約1,230万円(吉田勝己)→ 3,600万円
NO. 65 エルダンジュ セレクト1歳 3,132万円→ 3,600万円
NO. 68 ベネディーレ セレクション1歳 1,620万円(NF)→ 2,000万円
NO. 77 メジロジョーンズ セレクト1歳 1,080万円 → 1,600万円
NO. 80 メジロシャレード セレクト1歳 2,484万円 → 3,000万円



【2014年度募集馬】
NO. 05 オーベルゲイド セレクト1歳 1,620万円 → 1,800万円
NO. 18 ラズベリータイム セレクト1歳 972万円(NF)→ 1,400万円
NO. 26 クレヨンルージュ セレクト当歳、648万円 → 1,200万円
NO. 49 ジュピターズジャズ セレクト当歳 1,512万円 → 1,600万円
NO. 63 ムガメール セレクト当歳 1,944万円 → 2,400万円
NO. 65 ミスエアクラフト オータム当歳 896.4万円(NF)→ 1,600万円
NO. 78 スターリットラヴ セレクション1歳 864万円 → 1,400万円
NO. 79 ムービングアウト セレクション1歳 1,296万円 → 1,800万円



毎年同じことを書いている気がしますが、募集価格について。
税込みの購買価格に500万円前後を加えた金額が募集価格になります。
その500万円は、手数料であり、諸経費であり、セール後から1歳12月分までの繋養費用、育成費用等。

1ヶ月当りの繋養費用、育成費用がどれぐらい掛かるかは毎月の清算書でもわかりますし、楽天サラブレッドオークションの情報からもわかります。

当歳購入馬は育成費用がその分余計に上乗せされています。
もちろん血統からの適正金額、他の募集馬との比較から募集金額は200万円単位で調整されています。
また、確か海外での市場取引馬を輸入する場合、購買費用以外に関税と輸送経費とエージェント手数料で1,000万円強の費用が掛かります。

まァ、今のキャロットはどんだけ上乗せしても売れてしまいますけどね(爆)。


今日の締めはこの曲でしょう。

Led Zeppelin / Whole Lotta Love


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2017年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ