FC2ブログ

競走結果(18.5.19)ホーカーテンペスト  

 ■ホーカーテンペスト
 5/19 (土) 新潟4R 障害4歳上オープン (別定SB) 芝3290m 五十嵐雄騎手 62㎏
 14頭 5人気 8着 512kg (±0)

ゲートは1番枠。
こうなるだろうなと思っていたとおりに出が良くなく最後方から。
3角過ぎ辺りから捲って行って一周目4角で先頭出て、ホームストレッチの連続障害はホーカーテンペストが最初に跳びました。

問題の飛越ですが。。。
最初のうちは無難にこなしていたように見えましたが、徐々にタイミングがズレ始め、鞍上が障害前でブレーキを掛けて合わせています。
飛越が上手な馬は障害までの距離を自分で測り、歩数を何完歩目で跳ぶかというふうに合わせます。

気持ち的にも体力的にも一杯一杯で、もうその余裕は無いんでしょうね。

徐々に下がっていき、8番手で入線。

レース後はトレセンに戻さず、そのままNF天栄へ放牧に出されます。


障害競走では毎回のように障害に脚をぶつけて傷をつくる馬。
そのため間隔を開けないと使えない。
詰めて使えは反動が出てしまうし、そのぶん余計に開けなければならない。

3ヶ月後の重賞はハナから想定していなかったんじゃないかな?

休み明けを中一週で使って現状を示し、出資者に納得してもらって終わりにする。
前走の内容、レース後の状態では前走が最後の可能性もあった。

上がり目のない9歳馬。
プロですからね、普段の様子、追い切りからこれぐらいの判断はしていたと思います。

リッチダンサーと藤澤和厩舎を繋げた功労馬ですからねぇ。
どう終わりにするか、考えていたのはそれじゃないかな。

クラブのコメントには今後について明確なコメントはありません。
しかし、レース内容と藤澤和師のコメントから、これが最後かなと思います。

このレースがこの馬にとっての44戦目でした。
平地競走は34戦5勝、障害競走は10戦3勝。

もう十分走ってくれました。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ