ヴァイトブリック、ゲート試験合格  

 ■ヴァイトブリック(2歳 牡 新馬)
  和田正一郎厩舎在厩

20日にゲート試験を受け、無事合格しています。

これまでのスケジュールは以下のとおりです。

 7/03 NF空港からNF天栄へ移動
 7/05 美浦トレセンへ入厩
 7/11 ゲート練習開始
 7/20 ゲート試験合格


7/11に練習を開始してですから、10日目で合格です。

一週前の時点では、当該週の水曜日に練習して木曜日に受けてみる予定だったそうです。
しかし、水曜日(7/18)時点ではゲートの入り、駐立は問題なかったそうですが、出がもうひとつという状況でもう少し練習しておいたほうがいいかもしないという状況でした。

ところが木曜日の練習の様子が悪くなかったことから20日にゲート試験を受けて合格しました。

一回は落ちるかなと思っていたので良かったです。
よくある今後練習することを条件にオマケで合格じゃないですからね。

この後はいったんNF天栄へ放牧に出し、心身の成長を図った上で競馬を目指すとのこと。
その前にトレセンで1本追い切って今後のために慣らしておくそうです。


これで2歳出資馬3頭が全てゲート試験合格まで行きました。
グレートバニヤンとカテドラルはデビュー済み。

ヴァイトブリックも順調ならば9月の中山でデビューになるでしょう。


2017年 募集馬見学ツアー

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

競走結果(18.7.21)アジュールローズ  

昨夜はこちらに行きました。



クッキー生地のエッグタルトが凄く美味しかった!
泰昌餅家(タイチョンベーカリー)のより美味しかった。
エッグタルトを蛋撻(ダンタ)と言って注文したら、エッグタルトに言い直されました(苦笑)。

エバミルクのミルクティーは香港で飲まなくてよかった。
やっぱり乳糖不耐症の私が飲んではいけないものでした。

夜中に救急車を呼ぼうかと思ったぐらいにお腹が下りました。

香港らしい『食い終わったらとっとと帰れ』的な空気が流れてきたので、新宿へ移動。
こちらのお店では先週ある方が撮っていた天井のチューブを別角度から撮ってみました。



今年の最優先候補馬をオーナーに伝えておきました。

興味あるかたは、しっかりと食べて飲んでから聞いてみてください♪


では、競走結果です。

 ■アジュールローズ
 7/21 (土) 福島10R いわき特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 北村宏騎手 57㎏
 8頭 5人気 8着 520kg (±0)

8頭立て、障害馬が2頭いての5番人気。

そして8着。

調教師がコメントしているアジュールローズにとって初めて夏競馬というのも関係していると思います。
馬の状態がいま一つで追い切りは馬なりだけでしたし、馬体重は福島までの輸送があって±0でした。

前走もなんですげど、地力で勝てないようでは上は望めませんね。
ここまでか、が正直な感想です。

今後についてはっきりとしたコメントはありませんでした。
馬の状態がいま一つなら仕方ありませんが、NF天栄に丸投げなら何もかわらないでしょ。

なお、大西助手のTwitterによると、体調は良かったそうです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 競走結果

tb: --   cm: 0

出走確定(18.7.21)アジュールローズ  

18日に2頭の引退が発表されました。
どちらも仕方ないのですが、やはりテンションは下がりますよ。
なので、そういう書き方になります。

 ■アジュールローズ
 7/21 (土) 福島10R いわき特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 8頭 北村宏騎手 57㎏

5/27のダービーデー、青嵐賞以来となる2ヶ月ぶりの競馬です。
entry1566 競走結果(18.5.27)アジュールローズ

前走後は7ヶ月ぶりのレースだったということで5/31にNF天栄へ放牧され、6/30に美浦トレセンへ帰厩しました。

その前走は喉の手術明けで素人目に距離に不安があったのですが、手術前の昨年10月の平場と同じ芝2400mでした。
喉の状態、そしてメンバーとか展開とかありますが、2400mでは最初から勝ち負けはないと思っていました。

せっかくボウマン騎手が乗ってくれたんですが、全く良いところなく14頭立の14着。


誰が2400mを使おうと思ったのか想像できます。
全部NF天栄の手配でしょ。

調教師はレース前に『態勢が整えば休み前と同じ東京2400mの舞台へ向かう考えです』とコメントしただけで合う合わないは触れていませんでした。
まァ、自分が選んだわけじゃないから。。。なんですかね?
レース後は『先週の競馬をとても楽しみにしていただけに結果と内容にショックを受けました』を読んでこっちがショックを受けました。
私にとってこの結果は想定の内でした。

アジュールローズ担当の大西助手は昨年10月のレースでも距離についてTwitterでコメントしていましたね。
entry1329 競走結果(17.10.21)アジュールローズ

また、前走後はボウマン騎手のコメントを紹介していました。
『騎手曰く、距離が長いと。実際に2000mでしか成績出ていないので、そういう事なのでしょう』と。

なお、今回距離を1800mにしたことについては、全くコメントされていません。
堀師なら長々と説明してくれますよ。

こんなことばかり書かないで『出資馬がいつもお世話になっております、ありがとうございます』と書いたほうがいいんでしょうね。

期待すること自体が馬鹿馬鹿しくなりました。


今回は広い府中から距離を600m縮めての福島競馬場の1800mです。

特別登録は障害馬が2頭、障害帰りが1頭を含む12頭でした。

実際に出馬投票をしたのは8頭です。
障害3頭も含まれます。

メンバーを見るとNF天栄が担当している馬は他にいませんね。
まァ、アレですか?
ここまでお膳立てしてもらって勝てないとヤバイ。

ですが、簡単には勝てそうにないメンバーですよ。
このレース、アジュールローズじゃなくてラッシュアタックを使えばよかったのに。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 0

今週の動向(18年29週)最後の『ついに来たな』がついに来た  

今週のエルデュクラージュのコメントで気になったことがあったので関連することを最初に書いておきます。
まだ大袈裟に騒がなくてもいいんでしょうが、咳が出るそうです。

私は馬のフケが舞うと喘息のような咳が出て苦しくなります。

子どもの時は喘息は無かったし、乗馬をやっていた時も大丈夫でした。
乗馬を止めてしばらく経ち、ある時突然そうなりました。
馬を洗わない時期に牧場に行くと、キツイです。
花粉症のように目にも来ます。

募集馬見学ツアーの時は、夏ですから汗でフケが馬体にくっついて舞うことはありません。
なぜなら馬の汗は表面活性剤と同じ成分が含まれており。。。
過去のentryで同じようなことを書いたような気がするので、省略します。
興味のある方はご自分でお調べください。

敏感な人は牧場見学で馬を触らないほうがいいですよ。
皮膚病の馬を触ったら大変なことになります。
触る時はスタッフに許可を得てから。
経験者が言うんだから本当です!

 ■ 出走予定(想定) ■
 【確定】 7/21 (土) アジュールローズ
  福島10R いわき特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 北村宏騎手


 7/31 (火) エピカリス
  大井11R トゥインクルバースデー賞 ダ2000m 御神本騎手
 8/12 (日) バリングラ
  札幌09R 3歳上500万下 芝1800m ○○騎手
 8/18 (土) バリングラ
  札幌10R 富良野特別 (3歳上500万下) 芝1800m ○○騎手
 8/19 (日) ネオリアリズム
  札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000m J.モレイラ騎手

古馬から順に今週動きがあった馬を中心に書いてみます。
出走確定馬は後ほど『出走確定』をentryします。

 ■ホーカーテンペスト(9歳 騙 平/障オープン)
  引退

ノリさん、最後の”ついに来たな”がついに来ましたよ。
18日にホーカーテンペスト号の引退が発表されました。

この馬の募集は東日本大震災の前年、キャロットの最優先制度が始まった初年度でした。
当時の第1次募集は、応募も当落発表も郵送でしたね。
9歳、競走馬としての8年間、ありがとうございました。
最後のホーカーテンペスト号、引退はクラブから『引退のお知らせ』が到着後にentryします。

 ■ネオリアリズム(7歳 牡 オープン)
  函館競馬場在厩

目標の札幌記念までは1ヶ月ありますが、早めに函館に入れて手元で調整とのこと。
クラブの公式でも札幌記念はJ.モレイラ騎手で挑むことが発表されました。

外国人騎手は身元保証ということでどこかの国の競馬会、ジョッキークラブのライセンスを持っていないと短期免許で来日できないものだと思っていましたが、そうじゃないんですね。
スポーツ報知】2018.7.16 「マジックマン」モレイラ、香港3勝締め!日本へGO

ネオリアリズムが天皇賞(秋)へ出走の場合はモレイラ騎手ということでしょう。
もし、今年も香港カップへ出走となったら、モレイラ騎手でということなんでしょうね。
日本での3ヶ月間の短期免許最終日を香港カップに合わせて使い、日本の騎手としてシャティン競馬場へ凱旋となろんでしょう。

 ■(地) ブレイクエース(6歳 牡 500万下)
  ムラセF在厩

今年もお約束の夏バテになりました。
もう期待どおりとしか言えません。

キンタマが腫れた!!

睾丸が腫れるのは立派な夏バテです。

自慢の空調設備が壊れましたか?
乗馬クラブでも学校の馬術部でも、同じ馬を3年連続して夏バテはないでしょ!?
約40万円/月の預託料を取っている現役競走馬ですよ。

 ■サーブルオール(5歳 牡 オープン)
  NF天栄在厩

短期間で使ったことが馬に堪えたようです。
馬を消耗させただけの無駄な一戦でした。
次に走るのが1年後の七夕にならなきゃいいですが。

5歳の夏で13戦5勝。
鼻出血がありましたから仕方ない面もあります、しかしこんな使われ方していたら数を使えません。
なお、鼻出血を発症した時は中1週の競馬でした。

 ■[地] エピカリス(4歳 牡 A1)
  ミッドウェイF在厩

ミッドウェイFでは良かった頃とは比較できませんが、状態は良いんじゃないか?ということです。
今はそれを信じることしかできません。

鞍上御神本騎手で、ぶちすごいエピカリスに戻ってくれんかいのぉ~。
どがあじゃろうか。

 ■バリングラ(4歳 牡 500万下)
  函館競馬場在厩

状態が良くなって1回札幌開催の3週目か2回札幌1週目の1800mを使えそうです。
追い切り時計はGPS計測とのこと。
助手さんにウェアラブルカメラを付けてもらって時計はGPSなら、北海道でも海外でも詳細な指示ができますね。
GPS計測とブックのトラックマンの手計を比較してみると、今までのはなんだったんだろうと言うぐらいに全然違いますね。

 ■エルデュクラージュ(4歳 騙 1000万下)
  NFしがらき在厩

天候が不安定でをすることがあるので吸入治療?を行っているとか。
人間の喘息みたいなもんですかね。
昨年10/7の大敗でM.デムーロ騎手が喉云々と言っていたのはこれでしょうか?

この馬はNFしがらきでのペースが上がらい段階でトレセンに戻されます。
まだ移動はないと思いますが、わかりませんよ。

 ■フラットレー(3歳 騙 500万下)
  NF天栄在厩

次走について具体的な話はありませんが、9月の中山か10月の府中になるだろうとのこと。

 ■ユナニマス(3歳 牝 未出走)
  引退

残念なニュースは1つだけではありませんでした。
同じ日にもう一頭、ユナニマス号の引退が発表されました。

やはり肢が保ちませんでした。
競走成績は不出走での引退になりますが、競走馬登録され、ゲート試験も受かっていました。
最後のユナニマス号、引退はクラブから『引退のお知らせ』が到着後にentryします。
なお、ユナニマスは7/19付でJRA競走馬登録を抹消されました。

 ■カテドラル(2歳 牡 オープン)
  NFしがらき在厩

馬の状態は良いそうです。
次走はいつになりますかね、楽しみです!

 ■グレートバニヤン(2歳 牡 未勝利)
  NFしがらき在厩

飛節の状態は安定し、週に2~3回は坂路で15-15とのこと。
このまま順調にお願いします。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 2

ヴァイトブリック、競走馬登録  

 ■ヴァイトブリック(2歳 牡 新馬)
  和田郎厩舎在厩

ヴァイトブリック、2018年7月12登録分で受付られ、7月16日更新でJRAデータベースに載りました。

※画像はクリックすると大きくなります
※JRA WEBサイトのスクリーンショット

和田正一郎厩舎の管理馬は7/16現在で56頭、在厩馬は19頭。
貸付馬房数は今年の3月に2馬房増で22馬房です。
entry1468 2018年、調教師別貸付馬房数


やはりというか、調教師のコメントで最初に触れられるのは気持ちの面です。
周りに影響される繊細な面を持ち、我の強さがある。
面倒くさいタイプですよ(笑)。

ゲート試験はすぐに受かると思っていましたが、出がもうひとつという状況とのこと。
時間が掛かりそうですね。

まァ、当初の予定では明日試験を受けてみる予定になっていたそうなので、受けちゃうかもしれませんね。
この感じだとゲート試験を受かってもそのままデビューに向うことはなく一旦NF天栄に放牧でしょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

香港の朝メシ(1)佳記餐廳  

2004年12月に香港国際競走を見に行った時、宿はハイアットリージェンシーでした。

昼はシャティン競馬場のビュッフェで食べ放題・飲み放題だとわかっていたので、ホテルの付いていた朝メシは食べずにローカルなお粥屋さんに行きました。
日本語は当然、英語も通じません。
広東語オンリーでした。
壁に貼られたメニューを箸で指し示して注文しました。
『皮蛋』という漢字は読めたので、これなら失敗しないだろうと。

そのお粥屋さんで食べたピータン粥がとても美味しかったです。
それ以来、お粥というと決まってピータン粥を注文します。

他の日の朝メシはホテルで食べました。
一食いくらだったのかわかりませんが、やっぱりもったいない(笑)。


なお当時のハイアットリージェンシーは、某大大大馬主さんの定宿。
勝てば祝勝会に乱入も考えましたが、残念ながらでした。


今回の旅行では、朝メシを食べる機会は3回ありました。

今回の旅行は朝食無しのプラン。
はい、最初から朝食を付ける気なんてありません。
ローカルな朝メシを食べるのも楽しみの一つでした。

食べたのは
 キンバリーホテル前の佳記餐廳(ケイキー・レストラン)の早餐
 蓮香居(リンホンコイ)で香港でも少なくなったワゴン式の飲茶
 洪利粥店茶餐廳(ハンリー・レストラン)でお粥




2日目の朝、観光ツアーが早い時間のスタートだったので、ホテル前にある佳記餐廳(ケイキー・レストラン)に行きました。

朝7時過ぎ、時差が1時間なので日本では8時という時間です。
前夜は1時過ぎ(日本時間午前2時)に寝ましたが、旅行だと目覚めがいいですね。
佳記餐廳のキャパは30席ぐらいだったと思いますが、半分ぐらい埋まっていました。

威勢のいいオニイサンがテキパキと捌いてくれ、カタコトの英語で注文しました。
私は『ニーゴ』ですが。

私は日頃から朝メシをガッツリ食べないので、菠蘿油(ポーローヤウ)と凍檸茶(アイスレモンティー)の早餐(朝食セット)を注文。
HK$26(\346)です。



菠蘿包(ポーローパウ:パイナップルパン)を開くと牛油(バター)が入っています。



パイナップルパンという名前になっていますが、パイナップルの味はしません。
パン表面の網目(ひび割れ)模様が日本人にはメロンに見え香港人にはパイナップルに見えるという違いで、味は日本のメロンパンと同じで甘いです。

普段こんな厚いバターを食べることなんてないんですが、バターの塩味が丁度いい加減でした。
温められたパンではないのでバターは溶けません。
美味しかったです。


凍檸茶(アイスレモンティー)のレモンは薄切りが4枚。



砂糖は最初から入っています。
アイスで注文する場合は、追加料金(HK$3)が必要です。

香港は歯みがきの時に水道水で口をゆすいでも大丈夫、飲食店の氷も心配ご無用。

紅茶を広東語で言うとこうなります。

 ホットミルクティー 熱奶茶/イッナイチャ
 アイスミルクティー 凍奶茶/ドンナイチャ
 ホットレモンティー 熱檸茶/イッレンチャ
 アイスレモンティー 凍檸茶/ドンレンチャ



香港のミルクティーは牛乳ではなくエバミルクを使われているので乳糖不耐症の私でも大丈夫なんです。
それを香港に行く前に知っていればコレを飲んだんですけど。



残念でした。

この牛さんのカップ&ソーサーは BLACK & WHITE というエバミルクメーカーが飲食店等に広告として配っいるもので非売品なんです。
キャンペーンで販売されることもあるそうですが、簡単には手に入らないでしょうね。
でも欲しい(笑)。

旅行メンバーが食べたのはこちら。
上から出前一丁、ビーフン、トマトスープ・マカロニ。





朝7時からトマトスープ・マカロニはキツかったそうです。




佳記餐廳ではミルキーチキンタルトも買ってみました。
HK$11(\154)



特にミルキーでもない。
ミートパイなどの食べ慣れていないので、鶏肉がゴロッと入っているのはちょっと馴染めないかなぁと思いました。
薄味でもうちょっと何かを足せばという味でした。
ココナッツタルトにしておけばよかったかなぁ。



このショウケースが良い雰囲気を出しています。




北京料理、潮州料理、四川料理などの中華・中国料理は日本でも食べられますよね。
香港へ旅行に行く機会があったら一度は茶餐廳に入ってみてください。

中国と英国の良いところが組み合わさり、香港独特の食文化を体験できます。


日本でも茶餐廳を体験できます。
飯田橋の香港、近いうちにまた行ってみます。
entry1541 香港のローカルレストランに行きました

6/30のテレ東『出没!アド街ック天国』飯田橋編で紹介されましたね。
混んじゃうかな。




記事中の香港ドルは HK$1=\14 で書いています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

ピークトラムでビクトリアピークへ登る  

香港初日のメインイベントはピークトラムでビクトリアピークに登り、100万ドルの夜景観賞。

ネットでいろいろ調べてみたら、ピークトラムに乗るのに1時間、2時間待ちは当たり前という情報が!?

ビクトリアピークへピークトラムで登る観光ツアーというのがあります。
なぜそんなツアーがあるのか?
すぐに乗れる優先レーン利用が売りのようなんです。

でもそこまでする必要がある?

大陸の中国人ツアーが増えたといっても、そこまで混むのか?
昔の記憶を辿ってみると、そんなに混んでなかったんですよ。。。

思い出しました!
香港に赴任経験がある乗馬仲間のアドバイスで混んでいるのがわかっていたので、遅い時間に行ったのを思い出しました。


夕食後、香港島に渡って香港の六本木と言われる蘭桂坊(ランカイフォン)で時間を潰すか?
九龍半島に残って時間を潰すか?
entry1605 オクトパスカードを買って夕食へ

いきなりエンジン全開で行かないでもいいかなということで後者を選択。
ということで重慶大厦の横、美麗都大厦の日本で言う2Fにあるジェニー・ベーカリーでクッキーを買いました。
entry1606 ジェニー・ベーカリーの曲奇



このタイミングでクッキーを買えたのはその後の予定を組む上で非常に楽になりました。


826 Star Houseの誠品生活などをブラブラし、20時半過ぎに尖沙咀からスターフェリーで出発。



時計塔の横から撮影

その前にスターフェリー乗場にある泰昌餅家(タイチョンベーカリー)でエッグタルト(HK$9)を買いました。
湾仔(ワンチャイ)行と中環(セントラル)行のどちら側にもお店はありますが、この日は中環行のお店は閉まっていました。
なお閉店時間は21時です。


別途entryします


スターフェリーから尖沙咀を望む



セントラルのピア


中環(セントラル)に到着。

空中連絡通路の左側(観覧車側)に止まっている15Cのバスでピークトラム駅(ガーデンロード駅)行きました。
このバスは朝10時から23時40分まで運行しています。



残念ながら、2階建オープントップではなくフツーのバスでした。
なかなか動かず。



運転手が電気を消して休憩してました。


21時頃にピークトラムの下の駅、ガーデンロード駅に到着。

ちょうどピークトラムが出発したタイミングで下山してきた人がたくさんでした。
券売所を見るとスッカラカン!
行列無し!
我々の前には2~3人だけ!

優先ルート乗車ツアーで行かなくても時間をずらせば、ハイこのとおり!






14年ぶりにピークトラムに乗りました。
久しぶりで忘れていましたが、やっぱりもの凄い角度で上りますね♪
重力で後ろに引っ張られますが、自分が真っすぐで車窓から見えるビルが斜めに立っているのか錯覚を起こします。

以前は途中の駅で停まったんですが、今回は一気に上りました。



香港に行く前は真っ白けを覚悟していましたが、最高の夜景でした!
entry1588 香港の天気

コンデジで撮ったのですが、これぐらいに写れば合格ですかね。




三角が積み重なったようなビルが中国銀行(BANK OF CHINA)、ガーデンロード駅のそばです。
やっぱりこの夜景を見ないと香港に来た意味がありませんよ。

ピークトラム駅にある太平洋珈琲(パシフィックコーヒー)は22時に閉店になります。
コーヒーを飲みながら夜景を楽しみたいなら早い時間に行ってください。




22時を回っても下山するピークトラムはやっぱり行列でした。
駅舎の外に50~60人が行列になっていました。



ということで、下山は恐怖の15番ローカルバスです。
ブッ飛ばすので注意しないと2階の通路側席は座席から転げ落ちます。
みんな2階に上がるので1階席はガラガラ(笑)。
ですがこのバスは2階の最前席に座らないと楽しくないんですよ。

ちなみに、MTRで九龍半島に戻ろうとする場合は、ピークトラムよりも15番のバスのほうが便利です。
ピークトラムで下山すると、駅から15Cのバスか徒歩でMTR駅かトラム駅に行かなければなりません。

15番の路線バスで降り、湾仔のマクラーレン・ショウルーム前で下車すればMTR湾仔(ワンチャイ)駅はすぐのところ。



次のバス停(太古廣場)で下車して金鐘道を歩道橋で渡ればMTR金鐘(アドミラリティ)駅に行けます。
それにバスは料金が安い。


翌日、観光ツアーで行った朝9時頃のビクトリアピークからの眺めです。




今回の旅行は天気に恵まれました。


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

特別登録(18年29週分)アジュールローズ  

 ■アジュールローズ
 7/21 (土) 福島10R いわき特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 北村宏騎手 57㎏
  フルゲート 16頭
  特別登録  12頭


鞍上は2歳未勝利戦を勝った時の北村宏騎手を予定しています。

障害馬が2頭、障害帰りが1頭。

平地挑戦の障害馬というとオジュウチョウサンですが、あのレースは500万下の2600mでしたからね。
1000万下の1800mは簡単には勝てないと思いますよ。

なお、ブックの想定ではアジュールローズは無印です。


2015.11.22 2歳未勝利 ダ1600m 北村宏騎手
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


昨日のentryで今年はやらないと書いたばかりですが、今日の競馬について余計なことを書いてみます。

中京5R 2歳新馬戦に出走した馬は昨年のコレ↓で画像を貼った馬でした。
entry1279 募集馬検討、無風です

出資する気がなければこんな撮り方、こんな貼り方はしていません。


2017年 募集馬見学ツアー アメリカンウェイク(アナアメリカーナの16)

喉云々があったのですねぇ。
やっぱり馬はわかりませんね。


続いて函館5Rの2歳新馬戦について。
こちらも1番人気でしたね。
昨年のコレ↓で書いた馬でした。
entry1285 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(1)

出資候補でした。
ですが、全体的なイメージは全兄ダローネガのほうが良かったです。
特に似ているとも思えず、別な馬の印象でした。
そしてダイワメジャー産駒としてはデカ過ぎましたね。

この馬、某エライ方のオススメ馬でした。
次の展示場へ移動して再度聞いてもこの馬でした。


2017年 募集馬見学ツアー ディキシーナイト(カメリアローズの16)

今日は残念ながら勝ち上がれませんでしたが、そのうち勝つでしょう。


今日の函館3R 3歳未勝利戦でナイルデルタが勝ち上がりました。
この馬は一昨年のツアーで『第2次募集で狙うなら、この辺りの馬かな』と思っていた馬です。
entry929 キャロットクラブ 第1次募集あきらめ~馬(4)

N木さんに『父タートルボウル産駒は、想像していたよりも距離をこなす』と猛プッシュされました。
せっかく牧場の方が薦めてくれたんですけど、もうこういう馬はいらないからと出資を見送りました。
もちろん口に出してはいませんが、顔には出ていたかもしれません。


2016年 募集馬見学ツアー ナイルデルタ(アレキサンドリアの15)

出資者の皆さん、おめでとうございます。


今年も募集馬予定リストに坂東牧場の生産馬が3頭かな?いますね。
ただ、3頭とも元々は母がNFで繋養されていた馬、兄姉がキャロットで募集されています。
ちょっと面白味に欠けますね。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 特別登録

tb: --   cm: 0

2018年度 キャロットクラブ募集予定馬リスト  

先週日曜日の中京新馬戦をカテドラルが勝ちました。
これでキャロットでは入会初年度を除くの13世代連続の勝ち上がりです。
嬉しいのは当然ですが、安堵の気持ちが大きいです。

2歳馬が7月上旬に勝ち上るのは過去最速です。
新馬戦だけで判断はできませんが、新馬戦を勝つと夢が広がります。

サーブルオールが七夕賞を勝っていれば一気にモチベーションが上がったんでしょうが、ボチボチと選定作業を始めます。
現段階では毎年作っているEXCELを更新するぐらいです。
募集馬の半数は母馬優先馬、そして過去に兄姉が募集された馬。
すぐに終わります。

もう終わった(笑)。


私はデータが公開される毎に最優先枠、一般枠の候補をEXCELに整理しています。

 募集予定馬リスト
  ↓
 募集馬確定
  ↓
 カタログpdf・厩舎公開
  ↓
 測尺発表・動画公開
  ↓
 募集馬見学ツアー


もちろんトレセンの厩舎・測尺・動画で消える馬もいますし、ツアーで浮上する馬もいます。
ですが、大筋は募集予定馬リストの段階で決まります。

昨年でいうと、最優先枠の欄に最初から最後まで名前が残っていたのはカテドラル(アビラの16)でした。

一昨年は頭の片隅には置いていましたが、フラットレー(リッチダンサーの15)が浮上したのはツアー直前でした。
やはり募集馬のラインナップ次第です。

今年も母馬優先馬はいませんし、 × もありません。
ざっとリストを見ると、香港に3回ぐらい行けそうなラインナップですよ。


出資馬ゼロを回避するために妥協の最優先。
一般は運悪く取れないってことになれば、予算が余る。

香港国際競走に出走する馬が3頭いるということではなく、予算が余って3回行けるってことですよ。


ざっと一通り全頭を見ました。

 全86頭
  母馬優先 32頭(♂20、♀12)
  それ以外 54頭(♂21、♀33)


母馬優先馬率の比率は 37% です。
母馬優先権を持っておらず、牡馬を狙う私には厳しいラインナップです。


母馬優先馬は、母が2010年産の初仔が6頭いますね。
他の年齢も入れると母馬優先馬としての初仔は10頭です。
母馬優先馬の31%が初仔ですから、入れ替えが進んでいるということでしょうか?

なお、過去の募集馬についてはこちら↓をご覧ください。
entry1261 キャロットクラブ 2017年募集馬リスト確定版
entry1375 キャロットクラブ完売御礼!

データはチェックしているつもりですが、間違いがあるかもしれません。

リストに誤りがありました。
76番の母父が違いますね。
他にもあったかなぁ。


今年もブログでは募集馬診断を行いません。
重ねて書きますが、ブログでは出資候補馬も応募した馬も第1次募集の締切までは一切公開しません。

ブログ以外では例年どおりのつもりです。

また、昨年まで募集馬見学ツアー後に出資申込みを見送ったあきらめ~馬をentryしていましたが、今年は余計なことは書かないでおこうと思います。
あれは出資申込みをした方には大きなお世話ですよね。
ズバズバ本心を書けませんしねぇ。

というつもりでいますが、気が変わるかもしれません。


昔、吉田善哉さんが牧場スタッフに『客が気付かないことまで教えるな』とかなんとか言っていたそうですね。
はっきり覚えていませんが、そんなニュアンスでした。
まァ、当然なんですけど。

ツアーでこれはおかしいと思うところを聞くと『あっ言っちゃった』と思うことが多々ありますが、聞かなければ教えてもらえません。
でもストレートに聞かないほうがいいですよ。
上手に誘導してください(笑)。

ということで、ナイショはナイショのままで。


今日の締めは1983年のこの曲、スパンダー・バレエのトゥルーです。

Spandau Ballet / True


ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 2018年度募集馬&見学ツアー

tb: --   cm: 0

今週の動向(18年28週)ひょっこりはん  

インコに『はい、ひょっこりはん!』を教えました。
教えようとしました。

インコが興味をもって人間の口に近づき真似しようと聞き耳を立て、それらしいことを言っていたのですが。。。



自分には無理と思ったのか、ひょっこりはんに反応しなくなりました。

 ■ 出走予定(想定) ■
 7/21 (土) アジュールローズ
  福島10R いわき特別 (3歳上1000万下) 芝1800m 北村宏騎手
 7/31 (火) エピカリス
  大井11R トゥインクルバースデー賞 (A1) ダ2000m 御神本騎手
 8/19 (日) ネオリアリズム
  札幌11R 札幌記念 (GⅡ) 芝2000m ○○騎手

今週はセレクトセールのため牧場在厩馬の更新はありませんでした。
お疲れ様です。

以前はセレクトセールに上場された出資馬の弟妹をまとめてentryしていましたが、もうそういうのやる気がしません。
キャッロットクラブは当歳馬を1頭購入しましたね。
今年の募集馬見学ツアーで、セールで手を挙げた方をイジるネタができました。

 ■ネオリアリズム(7歳 牡 オープン)
  函館競馬場在厩

13日に函館競馬場へ入場しました。

 ■サーブルオール(5歳 牡 オープン)
  NF天栄在厩

レース後、福島競馬場から直接NF天栄へ放牧に出ました。
萩原師が七夕賞の敗因を上げていますが、出走する前から考えられる敗因でした。
幸い鼻出血はありませんでしたが、呆れますね。

アジュールローズの距離もですが、走る前から悪い結果が出るのが想定できるのにそれを使う。
レース選択のセンスが無いね。

 ■アジュールローズ(5歳 牡 1000万下)
  古賀慎厩舎在厩

来週土曜日の福島、芝1800mを予定しています。
やっと距離を短くしてくれました。
鞍上ですが、2歳未勝利戦を勝ち上った時の北村宏騎手です。
誰かと違って走る前から負ける気がしません(笑)。

 ■[地] エピカリス(4歳 牡 A1)
  ミッドウェイF在厩

次走は31日のトゥインクルバースデー賞(ダ2000m)になりました。
そして鞍上が決まりました。
キャロットの南関主戦状態の御神本騎手です。
予想どおりですけど(笑)。

出資馬に御神本騎手が乗るのは、2007年のニードルポイント以来になります。

 ■バリングラ(4歳 牡 500万下)
  函館競馬場在厩

6日に函館競馬場へ入場しました。
相変わらずで、馬の精神状態が子どものままです。
環境の変化に敏感なくせして馬運車で長距離輸送しても減らない。

今後の状況次第では28日からの札幌開催の可能性もあります。
北海道で使わないで秋の中山からの可能性もある。
なんとも言えませんね。

 ■ヴァイトブリック(2歳 牡 新馬)
  和田郎厩舎在厩

環境が変わっても体調を大きく崩すことなく概ね順調とのこと。
口向きに関してのコメントがありました。
牧場にいた時に常に顎を上げていたのですが、結局解消されないままということです。
少しなんですけど、気になります。
馬との対話は”銜を通して会話する”という表現を使います。
特に矯正する馬具を使っていなかったので、育成厩舎は気にするほどではないと思っていたのかも知れませんねぇ。
それにこの馬の持って生まれたものもありますし、人間の理想じゃないからといって矯正してしまうと歪みが出てしまいますからね。


18.6.22 更新
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)

 ■カテドラル(2歳 牡 オープン)
  NFしがらき在厩

11日にNFしがらきへ放牧に出ました。
先週日曜日の新馬戦では重馬場を走ったのですが、ダメージは無いそうです。
しかし今後は条件の合う番組がないというこで放牧に。
夏場は休みにあてるということなので、栗東に戻すのは9月になってからでしょうかね。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)


最後に、本日、予想どおりにキャロットクラブWEBサイト・会員ページに 募集馬予定馬リスト がアップされました。

会員の方はWEBサイトで直接見てください。
非会員の方は諦めてください。
ということで。

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ