FC2ブログ

ナッツフォードテラスも賑やかです  

終日自由行動だった土曜日の夜、旺角の銓満記餐廳小厨(Chuen Moon Kee Restaurant)で土鍋ご飯を食べた後、女人街(通菜街)からスニーカー街(花園街)をぶらぶらしてから帰りました。


鰻の煲仔飯(ボウジャイファン)


スニーカー街


土日の夜、旺角のネイザンロード(彌敦道)と女人街(通菜街)の間にある西洋菜南街が歩行者天国になります。

2016年12月はレスリー・チャンのモニカで老若男女がダンスをしていました。
昔の代々木第二体育館の裏みたいな感じで(笑)。

半斤八両(ブンガンバーロン)が聞けると期待しましたが、カラオケ大会だけしか見れませんでした。
オバハンのカラオケなんてど~でもいいから。

これを楽しみにしていたんです。

半斤八両+鬼馬雙星 Ah Lam 3L樂隊旺角街頭音樂會


半斤八両が『Mr.Boo!』のテーマソング
鬼馬雙星が『Mr.Boo! ギャンブル大将』のテーマソング

ここで残念なお知らせです。
西洋菜南街の歩行者天国ですが、近隣住民から騒音や光害に対して苦情が途絶えることがなく、充分な改善もされなかったことから、8月からは自動車の通行が再開されたそうです。
理由が理由ですから仕方ないですね。


キンバリーホテル前のナッツフォードテラス(Knutsford Terrace 諾士佛台)へ移動します。

旺角駅からMTRに乗り、佐敦(ジョーダン)駅で下車。
ネイザンロードを徒歩で南下。
MTRを尖沙咀駅まで乗って徒歩で折り返してもよかったんですが、土曜夜の雑踏へ入りたくなかったので佐敦駅で下車しました。
歩く距離は佐敦駅からのほうが若干長いです。

何度も書きますが、KEENのNEWPORT H2は最強のサンダルです。
この日は10㎞近く歩いたのですが、足は平気でした。


ナッツフォードテラスは通りの名前で、ピーナッツ食べ放題なのが Fatt's Place です。
間違えないように。

ナッツフォードテラスに着いたのは22時頃だったかなぁ。
やっぱりスゲー混んでました。

ネイザンロードを歩いている時も、ナッツフォードテラスの入口でも私のように『蘭桂坊(ランカイフォン)は香港の六本木、ナッツフォードテラスは…』と解説する日本人の声が聞こえてきました(笑)。


先発組が手前のお店に席を確保してくれていたので助かりました。





香港に来て3日目。
そろそろ体が慣れた頃ですが、日本との時差は1時間ありますからね。
もうホテルに戻って寝ようということになりました。

ところが、Fatt's Placeに行ってピーナッツを食べてみたいというのがいたので、案内することに。
まァ、仕方ないですね。

セブン横のヤッセイヤッの前まで送りました。
私は左目を閉じてそのままUターンしました。
社会見学にピンポンしてみればよかったですかね!?

もうそんな元気は残っていません。

23時を回っていたでしょうか。
残念ながらFatt's Placeはとても入れる状況ではなく、ナッツフォードテラスに戻って飲み直したそうです。

こんな時間でも日本の濃厚豚骨ラーメン香港店は、若いカップルの行列ができていました。


許冠傑(サミュエル・ホイ) / 半斤八兩



ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 香港'18

tb: --   cm: 0

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ