FC2ブログ

出走確定(18.10.14)アジュールローズ  

今週は府中で土曜日にフラットレー、日曜日にアジュールローズが出走します。

日曜日の京都新馬戦に出走するヴァイトブリックのことは置いといて、フラットレーとアジュールローズは曜日が違いますが同じ節です。
どちらもGⅠに出走した馬なんですが、今回は条件戦の平場。

この2頭、1年前の10/21に雨の府中で走りました。
平場1000万下の芝2400mでアジュールローズ、アイビーSでフラットレー。
思い出したくもないドン底の一日でした。

 アジュールローズ
 10/14 (日) 東京8R 3歳上1000万下 芝1800m 10頭 石川騎手 57㎏

7/21の福島、古馬1000万下特別のいわき特別以来となる3ヶ月ぶりの競馬になります。
entry1615 競走結果(18.7.21)アジュールローズ

そのレース後は7/26にNF天栄へ放牧、9/22に美浦トレセンへ帰厩しました。

NF天栄在厩中もトレセンに戻ってからも喉云々という話はありませんね。

いわき特別は距離を2400mから1800mに縮め、前進が見込めると思ったのですがサッパリ。
古賀慎師は敗因の一つとしてこの馬の初めての夏競馬を上げていました。
苦しい言い訳ですよ。

毎度のことですが、NF天栄は馬を回転させることを優先するのはわかります、それが仕事ですから。
じゃ調教師の仕事は何ですかね?

先週のコメントを読んだ感じでは今週の競馬を使える状態にはないと思ったんですけどねぇ。
馬の状態よりもどこを使うかが優先されていますね。
これじゃ良い結果が出るとは思えませんし、また馬体を傷めるだけですよ。


先日のentryで、生前の吉田善哉さんが『球節の悪いのが前に出る分はいいんだ。うしろはこわいぞ』と言っていたと書きましたよね。
アジュールローズはそのとおりになっています。

意地を張らずにエピカリスみたいに北海道へ戻して一旦リセットしたほうがいいんじゃないですかね?
2年前のダービー後に右後肢球節、第一趾骨近位端部分の骨折が判明した時は、古馬ならば騙し騙し使うが先のある3歳馬なのでということで北海道へ戻したでしょ。
今問題が出ているのは、その右トモですよ。

騙し騙し使う状況になっている古馬です。
そんなんだから馬体は絞れないまま。

今回は追い切りで効果が見られた遮眼革を付けてみるそうです。
レースでどこまでの効果が見られるでしょうか。


鞍上は石川裕紀人騎手になりました。
デビュー3戦目以来です。
追い切りに乗った北村宏騎手でいいのにと思いましたが、この日は京都ですね。
まァ、鞍上云々言える状況じゃないですから。

10頭立になりました。
アジュールローズが万全なら一緒に走っているメンバーじゃなんですが、勝ち負けがあるとは思えません。

期待しています!
で締めたいですが、そうも行かないなぁ。


2017.10.21 東京8R 3歳上1000万下 芝2400m

ポチッと押していただけると嬉しいです。

category: 出走確定

tb: --   cm: 6

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ