香港国際競走2016 ネオリアリズム(競走結果)  

12年ぶりにシャティン競馬場に行きました。



パンプキントラベルのツアーで行くか?それとも個人手配で行くか?
出資馬の初めての海外競馬参戦です。
同じ行くなら、勝って口取りをしたいですからねぇ。
パンプキントラベルのツアーで行きました。

その12年前、帰る時に馬場を見渡して『いつか自分の(出資)馬で戻ってくる』と思いました。
結果は別として、その時の思いは成就できたので達成感はあります。




競馬新聞ですが、土曜日に漢字で書かれた専門紙を買おうと思いました。
しかし、騎手の当て字を覚えるのだけでも手間ですし、何が書いてあるのかもわからない。
英語もわかりませんが、漢字よりもわかりやすいです。

12年前の経験から、私は Sunday Morning Post に入っている Racing Post を使いました。
ホテルの部屋が朝起きたらドアノブに朝刊が掛けてあるようなグレードの部屋ではないので、セブンイレブンへ散歩を兼ねて買いに行きました。



Sunday Morning Post 10HK$(約150円)

では、競走結果です。


■ネオリアリズム
12/11 (日) 沙田7R 香港マイル (GⅠ) 芝1600m R.ムーア騎手 57㎏
14頭 3人気 9着 499kg (-3)

※馬体重は12/9計量のため参考値。


日本での人気は3番人気だったようですが、現地ではサトノアラジンと同じ単勝12倍で5番人気でした。
公式記録として現地での人気が残らないのは、おかしなことになると思うんですがね!?

香港ジョッキークラブの成績はコチラです。
The HongKong Jockey Club THE LONGINES HONG KONG MILE Results



香港ジョッキークラブのレース映像はコチラです。
JRAが無料で提供している映像よりも鮮明です。
Multi Angle Race Replay
Pass Through Analysis
Aerial Virtual Replay


マークカードも馬券も新しくなっていました。
詳細は後ほどentryしますが、これが香港マイルネオリアリズム単勝馬券です。
左が中国語版、右が英語版です。


縦11cm×横8cm

香港スプリントが終わった頃にパドックに移動しました。
パドックは写真を撮る人の場所取りは無く、皆さんマナーが良いです。

パドック(New Parade Ring)の内側に関係者が入るのは日本のGⅠデーと同じ。
馬名と勝負服が入ったプラカードを持ったスタッフが立ち、そこに関係者が集まります。
ネオリアリズムは、最初は助手さんが1人で曳いていました。



ネオリアリズム、頭を上下に振っていました。
特に入れ込んだりチャカチャカとしたりすることはありませんでした。
しかし、1周回らないうちに2人曳きに。




今回は初めてチークピーシズを使用。
銜はリング銜、鼻革は今年の小倉大賞典から使っているクロス鼻革。
メンコは使っていませんが、パドック、馬場入りの際には耳栓を使っていたそうですね。




一番人気の『1.歩歩友(Able Friend)』と勝った『5.美麗大師(Beauty Only)』です。




最終の作戦会議。



騎手の騎乗は、凱旋門賞と同じで馬を止めることなく流れの中で乗せます。
いつムーア騎手が乗るのかと見ていましたが、堀師がムーア騎手の足を持ち上げたのは、最後の周回でした。




我々は競馬場に到着した時に『勝ったらすぐにウイナーズサークルに入るので、ここで観戦してください』と指示されたところへ移動。
ウイナーズサークル(Members' Forecourt)のすぐ脇です。



ゴール板と1角のちょうど真ん中ぐらいの位置だったので、レースは三菱電機が造った横幅がジャンボジェット機を正面から見た時の翼幅と同じというジャイアントスクリーンで観戦です。
本馬場入場と返し馬、私に見えた範囲だと状態は良さそうでした。



日本では3番人気だったようですが、現地ではこうでした。


発走4分前 15:46

発走直前では単勝11倍だったと思いますが、最終的には12倍だったようですね。

この日のシャティン競馬場の馬場は、内ラチから2頭分ぐらいは芝が剥げ、3頭分ぐらいの芝、また芝が剥げているというセパレート状態でした。
第1レースから見ていたらそのグリーンベルトを走っている馬が伸びてきていたんですよねぇ。
そしてさらに大外から差して来た馬が。
内ラチぎりぎりの1頭分も止まってはなかったと思いますよ。


スタート!
現地で見たのと帰宅後に動画で見たのとでは違った印象でしたが、現地で感じたままを書きます。
ムーア騎手、馬を押して先行策を取ったように見えました。
チークピーシズが効きすぎたということで、3角手前で頭を上げて口を割る場面もありました。
なんとか我慢してくれと祈る思いで見ていましたが、正直、この時点でこりゃダメだと思いました。
道中2番手で4角を回って行きました。
まァ、マイルCSと同じですわ。

あんな大きなターフビジョン(ジャイアントスクリーン)があるのに、香港のテレビカメラは4角を回ってからの引き映像を撮らないので、差してくる追い込んでくる馬がよくわからない。
それまでの状況から、ネオリアリズムが逃げ馬を交わして勝ち切れるとは思えませんでした。
案の定、外の馬たちが一気に交わしましたね。

4角を回って先頭に立つ場面があったんですね。
現地ではわかりませんでした。

結果は残念でしたが、出資馬をシャティンで応援でき、もしかしたらという競馬で『頑張れ』と叫ぶこともできましたしねぇ。
これが全く良いとことなかったんじゃ何しに行ったんだってことでしたから(笑)。


堀厩舎、NF空港牧場、NFしがらきの皆さま、ありがとうございました。
そして日本から熱い声援を送ってくださいました皆さま、ありがとうございました。

ネオリアリズムにはまた来年がんばってもらって、来年末に香港に行ければいいなと思います。


パンプキントラベル。。。う~ん、どうなんでしょう。
濱田屋トラベルならこうはしない。
というところが多々ありました。

もし、またネオリアリズムが香港に行くとなった場合、パンプキントラベルで行くか?
それとも個人手配で行くか?

個人手配の場合、勝っても口取りはできません。
まァ、必ず勝てるというわけでもありませんし(爆)。
口取り権利を捨てて、出資仲間で香港に行くか?

来年そういう話ができればいいなと思っています。


このentryは香港マイルについてでしたが、他のレース、重慶大廈(チョンキンマンション)での両替レート、オクトパスカード、その他諸々は後日entryします。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 2016 香港国際競走

tb: --   cm: 8

コメント

勝てないにしても掲示板くらいまで頑張ってくれれば良かったんですけどね。来年また連れていってくれる立場にネオリアリズムがなっていると良いなあと思います。

へてきち #- | URL
2016/12/20 18:31 | edit

濱田屋トラベルの観戦ツアー楽しそうですね☆

お付き合いできないのがとても残念です・・・。
何かの間違えでも同じタイミングで出資馬が香港に行ってくれないですかね・・・(涙)

ゆうき #- | URL
2016/12/20 21:33 | edit

■へてきちさん。

勝てないにしても掲示板があれば『賞金はいつのレートで計算するんだ?』という疑問の答えがわかったのに(爆)。

円安が進行していますね。
もし今週末の開催だったら、1HK$当り0.5円程度得したのにね。

来年、答えを確認しに行きましょう!

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/21 01:47 | edit

■ゆうきさん。

濱田屋トラベルは手数料をボッタクリますし、トラブルは対処不可能です。
それでも行きますか?

別に出資馬が出走しなくても香港競馬には行けますよ。
ていうか、香港にはゆうきさんの大好きなダート馬場はありませんから。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/21 01:53 | edit

現地観戦お疲れ様でした&レポありがとうございます。パンプキンのも含めて。来年ネオリアもそうですがエピカリスも海外ありそうですからねえ、タダさすがにドバイは個人で手配する自信は私には無いですが(^^;

ネオリアは少しダメージもありそうですから来春は大阪杯ですかね?

firstroad #- | URL
2016/12/21 21:08 | edit

■firstroadさん。

ありがとうございます。
レポートはまだまだ続きますよ!!

ドバイはねぇ。
個人手配でドバイWCを見に行った馬仲間がいますので、必要でしたら行き方を聞きますよ。
私は行きませんけど。。。
でもパンプキンで行ったほうがいいと思いますよ。
だって勝つんだもん(爆)。

ネオリアリズムの来年ですが、やはり距離を2000mに戻すことになるでしょうね。
まァ、鉄砲が利く馬ですからいきなり大阪杯もあるかも知れませんね?

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/22 01:25 | edit

香港遠征お疲れ様でした。
ネオリアリズムの結果は残念でした。やはりローテが厳しかったというところでしょうか。

ツアーの方で行かれたんですね。
まぁ、香港だと口取りの特典でもなければ皆さん自力手配で行くでしょうし、縛りがあるのは仕方ないのでしょうね。

馬券は自分が香港で買っているのと同じタイプの馬券ですね。
少なくとも自分が初めて香港競馬に行ってから変わっていないので5年くらい前にはこのタイプだったように思います。

Yuki #/.bpAT1M | URL
2016/12/22 22:19 | edit

■Yukiさん。

ありがとうございます。
12年ぶりの香港競馬でしたが、面白かったです。
ネオリアリズムの結果ですが、やはりマイルの適性かなぁと思います。

勝つと思って行ったので、ツアーで行きました(笑)。
次回もツアーで行くかというと、正直迷います。
それほどにダメダメなツアーでしたよ。

馬券はそうなんですか!?
北京オリンピックの頃に新しくなったんでしょうね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/23 02:04 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ