香港国際競走2016 シャティン競馬場(2)  

この日は全10レースでした。
4つの国際競走以外の6つレースは全てハンデ戦。

皆さんご存知でしょうが香港は馬産をやっていませんので、競走馬は欧州生産馬かオーストラリア生産馬になります。
ですから牡馬の玉を付けたままにしておく必要もなく騙馬ばかり、メス馬がどれだけいるのかわかりません。
12/11に出走した競走馬を見てみたところ、4つの国際競走以外では牡馬は2頭のみでした。
メス馬は全レース中3頭
つまり、メス馬は日本から行った3頭だけです。


香港競馬のクラス分けはわからない。
オーストラリアからの移籍初戦でトップハンデをどう判断していいのか?
さっぱりわかりません。
まァ、何を頼るからというと、やはり結局は騎手ですね。
馬番号はハンデの重い順に振られているのですが、モレイラ騎手の名前が大きい番号にある。

ゲート番号を確認して30分以内にマークカードに記入する余裕なんてありませんから、内枠とか外枠とかもうどうでもいい。
馬券を買おうと窓口に行けば、窓口のオネエちゃんにマーキングの違いをダメ出しされる。
もう4つの国際競走の馬券だけで必死ですわ。
12年前に行った時はもっと簡単に買えたはずなんですけどねぇ。
マークの仕方を全く覚えていませんでした。

グランドスタンドⅠの5階、香港ジョッキークラブメンバーズ専用のフロアにある馬券売り場は、客とスタッフを隔てるものはありませんでした。



片言の日本語できるスタッフが一人いましたが、日本人客がたくさんくるのがわかっているんですからもっといてもいいんじゃないですかね?



■香港競馬の馬券

香港競馬の馬券はHK$10(約150円)から買えます。
為替レートの関係で仕方ないのですが、最低購入額は日本の1.5倍です。

馬券のスタイルが変わったんですね。
昔はマークカードの裏に表の内容を印字でしたが、今は別の紙になりました。
左上が現在のマークカード、右上が古いマークカード。
下がJRAのマークカード。



これが香港マイルネオリアリズム単勝馬券です。
左が中国語版、右が英語版です。


縦11cm×横8cm

香港ジョッキークラブメンバーズ専用のフロアは中国語版窓口、英語版窓口という表示はなかったですねぇ。
他の階はどうなっているのかわかりません。


私の馬券ですが、4つのGⅠのマークカードを塗るだけでもてんやわんやなんですから、第1レースの大本命が負けた時点で他のレースを買うのを止めました。
今回買った馬券の種類は、単勝、馬連、3連複のみ。
他の馬券は前回経験していますし、『こんな馬券を買ったぞ』自慢しても散財するだけですからね(笑)。
4連複や4連単を買っていたら、お金がいくらあっても足りませんよ。
香港競馬は馬券の種類がたくさんあるのですが、馬単はないんですよ。


香港カップの馬券でシステムを紹介してみます。

左が3連複(TRIO) HK$20 1点。
右が馬連(QUINELLA) モーリスからHK$20を4点流し。
どちらも当り馬券です。




これが払い戻しのレシートです。
窓口でお金と一緒に貰えます。



上が馬連の払い戻し金、HK$20 → HK$237(11.85倍)
下が3連複の払い戻し金、HK$20 → HK$914(45.7倍)
ざっとですが (237+914)×\15=\17,265 になりました。

払い戻しの表記は以下のとおりになり、HK$10がいくらになったかという表し方です。
何倍という表記ではないので慣れないとわかりにくいですね。






■スーベニアショップ

競馬場内のスーベニアショップではクレジットカードが使えます。
(Visa,Masterは使えます、JCB使えないと思います)
私は数種類を買いました。
ネットで事前に確認できたので良かったです。
Gift at Races MERCHANDISE
※リンク先のページが削除される可能性がります。



事前にクーポン券を貰っていました。
私の解釈では合計HK$100以上の商品を買えばHK$20を合計金額から引いてくれるクーポン券だと思っていましたが、実は20%オフでした。
この20%オフは非常に助かりましたよ。

ベースボールキャップを買おうか迷いましたが、写真を見えると頭に汗をかきそうな材質に見えたで止めました。
2002年、2004年の時はHK$70ぐらいだったと思うので、2倍の値段ですからねぇ。


左:2004年 右:2002年


入場時にこのベースボールキャップを貰いました。



全員プレゼントなのか、メンバーズ・メイン・エントランスから入場した人限定なのかはわかりません。
パドックにはこれを被っていた現地の人がたくさんいました。


香港マイル 歩歩友(Able Friend)


堀師がネオリアリズムのマイルCS共同インタビューで被っていたのは昨年のものでしょう。


※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャー

堀師、マイルCSを走る前から行く気満々じゃなかったら、コレを被ってないでしょ(笑)。



■外貨両替所

ちなみに、シャティン競馬場内にも外貨両替所はあります。
ネット情報ではレートが良いとあったので、今後のためにもどれぐらいなのか見ておこうかと思いましたが、混んでいましたし必要もなかったのでチェックはしていません。
なお、外貨から香港ドルへの両替はできても、その逆は無理なようですね。

ネットで調べてみたら、個人手配で同じ日に沙田に行った方のブログを発見しました。
私が重慶大廈で両替したレートと、現地ガイドさんのレートの中間でした。
ツアー中に競馬場内の外貨両替所の案内がなかったので、現地ガイドさんのレートより良いんだと思っていたら、やっぱりそうでしたよ。
【両替レート、重慶大廈については後日entry予定】



■場外馬券売り場

ホテルの近くにあった場外馬券売り場です。



夜も営業していました。
馬券の払い戻しは夜の22時半までできるそうです。
香港ジョッキークラブはサッカーくじも売っています。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 香港国際競走2016

tb: --   cm: 6

コメント

ここまでの香港国際レース観戦記、拝読させて頂きました。
ネオリアリズムの香港マイルの結果は残念でしたが、良い挑戦だったと思います。この経験が来年活かされる事を願いたいですね。
それとは別に目の前で、サトノクラウン&モーリスの快挙を目の前で観戦出来たのは良い思い出となったと思います。

シャティン競馬場の雰囲気からグルメ情報、馬券購入のシステムなど日本にいては分からない事ばかり。ちょっと行った気分になりますね(笑)

まだ続きがあるようですので、楽しみにしてます^^

猪鹿蝶 #- | URL
2016/12/24 10:10 | edit

■猪鹿蝶さん。

コメントありがとうございます。
もう少しお付き合いください。

今年飛行機の輸送を経験したことは来年活きるでしょうし、そうなることを楽しみにしています。
サトノクラウンもモーリスも強かったですよ!
来年はネオリアリズムが大将となって参戦してほしいです。

来年はぜひ香港競馬を体験してみてください!

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/24 13:54 | edit

普段から基本3連単しか買わないので、今回も向こうの3連単だけはマスターしましたよ(笑)馬券の種類まで検討してたら時間が足りないので、それで正解でした。

でも来年行ったら4連単勝負しようかな(笑)

へてきち #- | URL
2016/12/24 18:47 | edit

■へてきちさん。

馬券の種類を絞って買ったのは正解でしたね。
カップの4連単は、日本馬が3頭入っていましたから買えば当ったかもしれませんよ(笑)。
来年挑戦してみてください。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/25 11:39 | edit

沙田もハッピーバレーも、英語窓口とか広東語窓口みたいな表記は見た記憶がないですね。
自分が気付かなかっただけなのかもしれませんが。

グッズ屋は見に行きましたけど、何も買わなかった記憶が。
サイレントウィットネスのグッズがやたらとおいてあったのはうっすらと覚えています。

Yuki #/.bpAT1M | URL
2016/12/25 19:03 | edit

■Yukiさん。

やはり馬券の窓口は表記がないですよね。
せっかく違いがあるんだから。。。とは思いますが、まァ、記念馬券を喜ぶのは日本人だけなんでしょう。

サイレントウィットネスのグッズはまだありましたよ。
今更誰が買うんですかね(笑)。
馬のぬいぐるみは、作りがAVANTIとソックリですね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2016/12/25 22:32 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ