競走結果(17.1.5)バリングラ  

このレースも馬券を買えずにこれ幸い。
わざわざ三が日に初詣に行った意味は無かった(爆)。

では、競走結果です。


■バリングラ
1/5 (木) 中山9R ジュニアC (OP) 芝1600m 川田騎手 56㎏
16頭 2人気 6着 524kg (±0)



このレースも職場のトイレ個室に隠れてJRAレーシングビュアーで観戦。

16頭立のレースでしたが、このレースが2戦目という馬はバリングラだけ。
その中での2番人気でした。
1番人気は前走の京王杯2歳Sが3着だったノルマンディーTCのディバインコード。

馬体重はデビュー戦と同じで524kgでした。
腹回りは多少スッキリしたように見えました。
トモはまだまだな印象。
スクミで十分な乗り込みはできていなかったのかもしれませんし、絞れない時期ですが、それでも筋肉が付きパワーアップしたんだと判断したいです。


ゲートの出は悪くないんですよねぇ。
川田騎手によると、ゲートに入った直後から周りを気にして鳴いてばかりいたそうです。
向正では何発も肩鞭が入っていましたね。
スタートしてからもキョロキョロして集中できなかったそうです。

【新馬戦後】
『直線でもステッキを入れましたが、反応は見せているもののすぐまわりをキョロキョロキョロキョロ』(ムーア騎手)
『子供っぽいところを見せていてスタートからゴールまでライアンの手が動く形になりました』(堀師)

【ジュニアカップ後】
『スタートしてからもキョロキョロして集中できなかったですし、器用さを求められるコース形態もプラスにはならず、思っていたように進んで行けませんでした』(川田騎手)

レース前に懸念したとおりに、この馬は日本人には動かせませんでしたってことかなぁ。
ムーア騎手の凄さを改めて感じましたよ。

道中は馬群中団後方の真ん中。
4角では前が壁でどこから出るのか思っていました。
まァ、このまま馬群に沈むことはないだろう。。。
やっと脚を使ったのは残り100mを切りゴール板まで50mという辺りでした。

レース後、堀師は『精神的にも肉体的にも良くしていくには時間も経験も必要でしょうから長い目で考えていきたいと思います』とコメントしています。
将来的には走ってくる馬だとは思っていますが、ムーア騎手がデビュー戦で勝たせてくれてほんとに良かった(苦笑)。

結果論ですが、今回の結果を見るとジュニアカップよりも寒竹賞を使ったほうが良かったですかね?


今年は初日を2戦2勝でスタートするつもりでしたが、やっぱりそう簡単には行きませんね。
ネタに使った矢作厩舎の馬に勝たれてしまったし、ヤレヤレだぜぇ~。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 2

コメント

バリングラ残念でしたね…
勝ち負けを期待してたんですが、進んでいきませんでしたね(笑)
でもパドックでの雰囲気や将来性は抜けてましたよ!
負けるならナイトバナレットかなと思いましたが、前に5頭もいるとは…
京成杯に登録がありますね。5日レースで金土日と様子見ての登録なので連闘の可能性高いですね。

ロイス #- | URL
2017/01/08 18:51 | edit

■ロイスさん。

はい、残念でした。
2戦2勝でスタートするつもりでいましたからね。

4角の時点ではそのまま後方に尽きる可能性もあったのですが、伸びてきました。
京成杯、誰が乗りますかねぇ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/01/08 23:09 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ