2016年、出資馬の預託厩舎成績  

先日、2016年度の厩舎関係者表彰受賞者、JRA賞の調教師・騎手部門各賞が発表されました。

厩舎部門では、堀宣行調教師が 最高勝率調教師、最多賞金獲得調教師、優秀技術調教師 の3つを受賞しました。
おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

騎手部門では、C.ルメール騎手が JRA最高勝率騎手、JRA最多賞金獲得騎手 の2つを受賞しました。
おめでとうございます。
そして、ありがとうございます。


JRA NEWS】2017.1.3 2016年度厩舎関係者表彰受賞者が決定
JRA NEWS】2017.1.3 「2016年度JRA賞」調教師及び騎手部門・受賞者が決定


今年も昨年の出資馬預託厩舎の成績をまとめてみました。
JRAのWEBサイトのデータをそのまま転載です。

2016年度の私が出資している馬(登録抹消を含む)の預託厩舎成績です。
(JRAにおける成績のみ 2016.12.26 現在)
なお、松田博厩舎は解散した2月末までの成績、斉藤崇厩舎は開業した3月からの成績です。

【美浦TC】


【栗東TC】



貸付馬房数は、以下の表をもとにしています。

●調教師別貸付馬房数一覧表(美浦)2016.3.1 現在
http://www.jra.go.jp/news/201602/pdf/022901_01.pdf

●調教師別貸付馬房数一覧表(栗東)2016.3.1 現在
http://www.jra.go.jp/news/201602/pdf/022901_02.pdf


余談ですが、キャロットクラブから昨年3月に開業した斉藤崇厩舎に預託された馬は以下の4頭でした。

ラブラバード(松田博厩舎の解散に伴い転厩)
 → 馬運車に乗る際に転倒、左の副手根骨、尺側手根骨を骨折し引退(16.3.10)
ヴレクール(新規開業に伴い大久保龍厩舎から転厩)
 → レース中、右前トウ骨遠位端骨折により引退(16.12.15)
エーデルグランツ(新規開業に伴い須貝厩舎から転厩)
 → 追い切り後左前脚の屈腱炎と診断により引退(16.12.22)
ベルディーヴァ(16.9.29 高野厩舎から転厩)
 → 転厩後、脚部不安のため未出走(転厩前からNFしがらきに在厩)

ベルディーヴァは他の3頭とは状況が違いますが、ラブラバードのことがあるので私の栗東N.G厩舎の筆頭ですよ。

昨年のキャロットクラブの新規募集馬は、斉藤崇厩舎への預託馬はありませんでした。
今年も出資会員の心情を考慮すると預託は無いでしょうね。

今年のシルクからの預託馬は多いと思いますよ(爆)。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 出資馬の預託厩舎成績

tb: --   cm: 2

コメント

斉藤崇厩舎からの転厩馬の惨状に目が点(笑)
いや、勿論意図的に故障させた訳ではなく、偶然だとは分かっていますが、それでもヒドイと感じてしまいますね。

個人的にはNGとまではいきませんが、しばらく敬遠したいなと思っているのは吉田直弘厩舎。ちょっとスタッフを含めた厩舎力に疑問(婉曲的な表現)を感じました。吉田和美氏がモーリスを含めた管理馬全てを引き上げたのも、今更ながら納得しました。
ゴルトブリッツの活躍の印象が強すぎましたね。

猪鹿蝶 #- | URL
2017/01/14 16:04 | edit

■猪鹿蝶さん。

斉藤崇厩舎の故障は偶然が重なっただけなんでしょうが、ここまでだと出資を避けますわねぇ。

新規募集が始まる時は一旦N.Gをなかったことにしていますが、例えば関東ではキャロットの国枝厩舎は走りませんし、これは?という馬が行く。
勢司厩舎も同様で、これは?という馬が行く。
奥平厩舎もそういう馬。
関西では橋田厩舎に行く馬はここまでレベルが落ちたかという馬ですしね。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/01/16 00:28 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ