繁殖に上がった元出資馬 2016  

例年通りに昨年中にentryするつもりでしたが、年が明けてしまいました。
そもそも私の母馬出資者優先権が発生する馬が少ないので、entryするまでもないんですが一応やっておきます。

ソースは、Japan Studbook 血統書サービスです。

過去のentryはコチラ。
 entry96 繁殖に上がった元出資馬2013
 entry110 続:繁殖に上がった元出資馬2013
 entry363 繁殖に上がった元出資馬2014
 entry672 繁殖に上がった元出資馬2015


母馬の生まれた順に書きます。
昨年(2016)の春に生まれた産駒の情報と、今年(2017)生まれる仔馬の情報です。


■ベルフィーチャー(2004)
【追分ファームで繋養】
2016.01.26 ワークフォースのメスを出産。
種付雄馬名:ロードカナロア
種付月日 :2016.02.06(不受胎)
種付雄馬名:ローエングリン Stallions in Japan 2016
種付月日 :2016.06.09
出産予定日:2017.05.09


まず最初にロードカナロアを交配し、不受胎の結果ローエングリンを交配したようですね。
ロードカナロアからローエングリンまで4ヶ月空いているのが気になりますね。
まァ、ベルフィーチャーの仔がキャロットクラブに提供されたのは初仔のベルプラージュだけですから、無事に生まれても出資できることはないでしょう。


2007.08.26 3歳未勝利 1着
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


そのベルプラージュも昨年12月引退し、追分ファームで繋養されています(クラブに確認済み)。


2015.10.04 3歳上500万下 1着


皆さん御承知でしょうが、ベルプラージュの所有権は牧場に移っているため、用途及び繋養地については変更になる可能性があります。

今年2月1日に開催される ジェイエス冬季繁殖馬セール2017 において、もしかしたらベルプラージュが売られてしまうかなぁと覚悟していましたが、リストに馬名はありませんでした。

リストはこちらです。
2017 冬季繁殖馬セール 上場馬一覧

キャロットクラブの馬は、昨年11月末に引退したシュシュブリーズの名前がありますね。

今年種馬を交配されて、無事受胎すれば来年初仔が生まれます。
もしキャロットクラブに産駒が提供されるとしても、母同様に初仔だけで終わる可能性は大きいでしょうね。


■リーチコンセンサス(2006)
【ノーザンファームで繋養】
2016年 ロードカナロアを流産。
種付雄馬名:ロードカナロア Stallions in Japan 2016
種付月日 :2016.06.08
出産予定日:2017.05.08


母の4番仔になるはずだったリーチコンセンサスの16は流産となってしまい、今年の母馬出資者優先権を使う馬はいなくなってしまいました。


2011.11.05 ユートピアS(1600万下)2着


以下はジェイエス繁殖セールで売られてしまった元出資馬です。

■プーカ(2010)
【錦岡牧場で繋養】
2016年 ケープブランコを不受胎。
種付雄馬名:ディープブリランテ
種付月日 :2016.04.03(不受胎)
種付雄馬名:シンボリクリスエス Stallions in Japan 2016
種付月日 :2016.05.08
出産予定日:2017.04.08


今更シンボリクリスエス産駒を市場購入するとは思えませんし、縁のない馬でしょうね。


2012.09.16 2歳未勝利 3着


■ファストカラー(2008)
【エスティファームで繋養】
2016.03.08 ジャングルポケットのメスを出産。
種付雄馬名:トーセンジョーダン Stallions in Japan 2016
種付月日 :2016.04.03
出産予定日:2017.03.03


島川牧場の馬ですから、市場に出ることはないでしょう。


2010.11.23 2歳未勝利 9着


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ★検討データ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ