阿見トレーニングセンター  

先日、馬仲間の伝手で美浦トレセン近郊の外厩牧場を見学してきました。
草競馬で有名だった武田牧場の跡地にできた阿見トレーニングセンターです。

阿見トレーニングセンターがあるのは、常磐道のつくばJCTからあみアウトレットに向う圏央道に入り、牛久阿見ICと阿見東ICの真ん中ぐらいです。
JRの駅でいうと、常磐線の牛久駅ひたち野うしく駅です。



所在地は牛久市ではなく、美浦トレセンと同じで稲敷郡になります。


牛久大仏 あみプレミアム・アウトレットから撮影


ここはトラックコース(ダート)の周りに4つの外厩が点在しています。

 グロースフィールド
 セグチレーシングステーブル
 チェスナットファーム
 リバティホースナヴィゲイト

(五十音順)




ちなみに、常磐道のつくばJCTから美浦トレセン方面に向う圏央道から右側に見える阿見トレーニングセンターですが、手前にある厩舎2棟がリバティホースナヴィゲイトになります。
entry385 ライト過ぎたウインズの最後で触れた『馬房にするしては柱の間隔が狭すぎるようにも見えました』と思った厩舎がリバティホースナヴィゲイトでした。
2015年に新しくできた施設です。

馬に関わる仕事。
毎日馬に触れることができて羨ましい。
今からでも転職できるものならと思いますが、まァ、無理ですわ。

実際問題、傍から見るのと中に入ってからとでは全然違いますし。
表舞台と違って裏方の給料は安いですからね。
どこも人は足りていないそうです。




昔、乗馬クラブの指導員をやっていた友人が、JRAの厩務員にあこがれて美浦トレセン近郊の外厩牧場に転職しました。
当時はその友人が外厩牧場に就職したのを知らず、久しぶりに届いた年賀状に初めて担当した馬が勝ったと書いてあり、我がことのように嬉しかったのを今でも覚えています。

しかし、彼は背が高かったので体重を落とせずに厩務員の道を諦めました。
人当たりが良い、馬に乗れる、馬の世話もできる、ズブの素人に乗り方を教えられるということで牧場としては残って欲しかったようですが、辞めてしまいました。

今頃何をしているのでしょうか。




バリングラが19日にリバティホースナヴィゲイトへ短期間の予定で放牧に出されました。

リバティホースナヴィゲイトへ出資馬が放牧に出るのは、ネオリアリズムが3歳の2014年5月に夏木立賞を勝った後にNF空港へ移動するまでの短期間以来です。
当時のリバティホースナヴィゲイトはKSトレーニングセンターにありました。

堀師が今回の放牧先をリバティホースナヴィゲイトにした理由は『メンタル面へのアプローチに長けている牧場』ということでした。

ネットで調べてみたら、社長のコメントがありました。
ウマナリヒトナリ】教えてください! 競馬のお仕事! 一問一答 株式会社リバティホースナヴィゲイト 佐久間拓士 代表

ナチュラルホースマンシップを取り入れている牧場です。
私はナチュラルホースマンシップがどういうものなのか理解していないのですが、コレでしょうね。

entry272 馬と話す男、ホース・ウィスパラー


グリーンch ヒュ馬ンアワー】 馬と話す男 モンティ・ロバーツ
※番組タイトルのキャプチャ画像です。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ■牧場見学

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ