エピカリス、検疫厩舎へ移動  

まず始めに今年の『ドバイワールドカップデー』に遠征する日本馬を確認しておきます。
美浦組はエピカリスの1頭のみ、栗東組は9頭、計10頭になるようです。
ラニはドバイへ移動済みなので、後日輸送は9頭になります。
(馬名は招待受諾順)

■第2R ゴドルフィンマイル(GⅡ)(ダ1600m)
 カフジテイク(牡5)栗・湯窪厩舎

■第4R UAEダービー(GⅡ)(ダ1900m)
 エピカリス(牡3)美・萩原厩舎
 アディラート(牡3)栗・須貝厩舎


■第7R ドバイターフ(GⅠ)(芝1800m)
 ヴィブロス(メス4)栗・友道厩舎
 リアルスティール(牡5)栗・矢作厩舎


■第8R ドバイシーマクラシック(GⅠ)(芝2410m)
 サウンズオブアース(牡6)栗・藤岡厩舎

■第9R ドバイワールドカップ(GⅠ)(ダ2000m)
 アウォーディー(牡7)栗・松永幹厩舎
 アポロケンタッキー(牡5)栗・山内厩舎
 ゴールドドリーム(牡4)栗・平田厩舎
 ラニ(牡4)栗・松永幹厩舎【移動済み】



そしてJRAが売る『海外競馬馬券』は後半の3レースのみ、ドバイターフ、ドバイシーマクラシック、ドバイワールドカップとなるようです。
JRA NEWS】2017.3.8 2017ドバイワールドカップデー諸競走の勝馬投票券発売について

優馬の特設サイトに3/5現在のブックメーカー・Paddy Powerの単勝オッズが載っています。
優馬】ドバイワールドカップ2017 特設サイト
エピカリスは2番人気で単勝5.0倍のようです。



エピカリス、7日に美浦トレセンへ帰厩しました。

以下、3/8付の競馬ブックWEB版にも情報がありましたので、それを元に添削しました。
また、予定が変わった部分もあるので合わせて修正しています。

競馬ブック】2017.3.8 日本馬9頭が15日に出国――ドバイWCデー諸競走

エピカリス、予定が変更になり9日の夜から(当初は8日の夕方から)美浦トレセンの検疫厩舎へ移動し、5日間の出国検疫(3/10~3/14、日付上は3/9~3/15)に入りました。

今のところ、というか検疫を考えるともうタイムリミットでしょう。
新たにドバイへ行くという馬はいませんね。
ということは、美浦からドバイへ行く馬はエピカリスのみ1頭ということになります。

8日の更新で萩原師が『(関東からドバイ遠征する馬が他にいないことも事前から想定をしていて)門別を使ったとき、美浦から門別への移動の馬運車は1頭積みにしていました』とコメントしていました。
てっきりノーザンFに戻す馬と一緒に乗せて行ったのかと思っていました。
恐れ入った!!

そして、検疫が終了すると関西空港へ馬運車で輸送し、栗東の馬と一緒にドバイへ空輸になると思っていました。

それがなんと!!!!!
美浦組のエピカリスを積んだ成田発のチャーター便が関空に降りて関西馬8頭を載せてのフライトとなる模様と。

さすがドバイの招待レースですねぇ。
驚いた!!!!!

3/15、まず成田国際空港(15時25分発)からエミレーツ航空のチャーター便(EK9351便)にエピカリスを乗せ、関西国際空港へ。
そして関空で栗東組の8頭を乗せて関西国際空港(19時00分発)からドバイ国際空港へ飛ぶとのこと。

ネットでEK9351便を検索してみたら、昨年も同じようなスケジュールでドバイへ輸送したようですね。

鞍上に関してはこれまで具体的なコメントはありませんでしたが、引き続きC.ルメール騎手で挑むことになりました。

ネタ元はコチラ。
まことさん、ありがとうございます。
競馬ラボ】2017.3.8 坂路王 CWで徐々にピッチを上げたレーヌミノル


帰国時の検疫をどこでやるのかわかりませんが、白井の競馬学校で輸入検疫(5日間)、NF天栄で着地検疫(3週間)ができればベストでしょうね。
帰りもチャーター機が関空経由で成田まで飛んでくれたらいいのですが、ダメな場合は関空で飛行機を降りてすぐに千葉まで馬運車だと大変でしょうから、輸入検疫は栗東組と三木でやるかもしれませんし、着地検疫はその流れでNFしがらきでやるのかもしれません。


この一連の検疫で4月一杯は潰れてしまいます。
そして5月中旬には美浦トレセンの出国検疫に入って、今度はニューヨークに向けて空輸です。

まだ正式な発表はありませんが、アメリカに行くのはドバイで勝つことが大前提。
そしてアメリカに行く場合は、その後の検疫(3ヶ月)を考慮してドバイから直接行くのではなく一旦帰国。
そうなれば当然三冠全レースに出走することは不可能で、報奨金の出るベルモントSが候補になる。

これで『社台スタリオンパレード2017』のゴールドアリュール紹介で三輪氏が『今年はアメリカ競馬への参戦を表明しております。かなり見たことの無いレベルでのエピカリスの能力でございます。おそらくどれかアメリカで重賞タイトルを獲得してくるんではないかと期待が高まっております』と言っていた理由がわかりますかね。

New York, New York / Frank Sinatra


帯同馬無しでほとんどの期間を1頭で過ごすことになります。
キツイと思いますよ。
今更ながら、ここまでして行く必要があるのかと思います。

しかしね、決まった以上は応援します。


2017.2.19 東京9R ヒヤシンスS ダ1600m


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 2017 UAEダービー

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ