今年から落馬再騎乗禁止  

ホーカーテンペスト、次走は 『5/6 (土) 新潟4R 障害4歳上オープン (別定SC) 芝3290m 60kg』 を予定しています。

この記事、1/21のホーカーテンペストの障害戦前に準備してあったのですが、entryするにはタイミングがよくないと思い保留にしてありました。


今年から落馬再騎乗は不可能(禁止)になったそうです。

2001年中山グランドジャンプでニュージーランドからの招待馬ランドの騎手が落馬して再騎乗したのを覚えていますか?
騎手が落ちても手綱を放さなかったんですよ。

いちおう、1995年のジャパンカップにドイツから来てM.ロバーツ騎手が乗って勝ったランドとは別馬です。


2001.04.14 第3回 中山グランドジャンプ(J.GⅠ)


2分35秒過ぎに逆周りのバンケットで落馬事故が起こります。
画面の左端に向って逸走する馬がランドで、騎手が落馬しても手綱を放さないのがわかると思います。
放馬しなかったので乗ろうと思えば乗れたのでしょうが、どうやって乗ったんだか。


今年のAJCCでシングウィズジョイで落馬したルメール騎手も、体が飛んでも手綱を離さなかったので馬の頭から頭絡がスポッと抜けたようです。
以下に落馬後の画像があります。

スポーツ報知】2017.1.22 【アメリカJCC】シングウィズジョイ騎乗で落馬したルメール「来週は大丈夫だと思う」


私も乗馬をやっていた時は馬が障害前で急停止し、馬の前に飛んで行き落馬した時は手綱を離しませんでした。
そりゃあ馬が止まるなんて思ってもないから手綱から手を離しませんし、手を離す余裕なんてありませんよ。


先週の阪神スプリングジャンプ(J・GⅡ)を見て思ったのですが、勝ったオジュウチョウサンは飛越が低いんですよねぇ。
上に跳ぶというより前に跳ぶ感じ。
そもそも頭頚水平にして走る馬なんですけど。


2017.03.11 第19回 阪神スプリングジャンプ(J・GⅡ)



中山の大障害コースは障害競走を使っている以上、避けては通れない道。
ホーカーテンペストもそのうち中山を試めしてみることになるでしょうね。
もしかしたらこなすかもしれませんよ!?


余談ですが、障害競走に出走する馬匹をなんと呼ぶが知っていますか?

JRAでは『馬主』をウマヌシと読むのと同じで、『障害馬』はショウガイウマと読みます。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ▲馬の雑談

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ