2歳馬近況(17年3中旬)ユナニマス  

エピカリスとネオリアリズムの更新がありますが、まずは2歳馬を。

2017年3月中旬の近況です。
馬体重は今月中旬のものです。



■ユナニマス
entry928 2016年度 出資馬(2)リーチコンセンサスの15
父:キングカメハメハ / 母:リーチコンセンサス(BMS:フレンチデピュティ)
メス 栗東 友道康夫厩舎

NF空港 C-6 島田厩舎在厩 472kg(先月から+13kg) (NFYearlingから 9/8 移動)

【現在の調教メニュー】
週3日900m屋内坂路コースをF17秒のキャンターで1本


3/17に更新された2歳馬の静止画&動画ですが、ユナニマスは更新対象外でした。

馬体重が大きく増えました。
メス馬ですからあまり大きくならないほうがいいのですが、現在南関で410kg台で走っている半姉を見ると無いよりは有ったほうが良いと強く思います。

育成状況に関しては『まだ口が硬く、ハミに乗っかりやすい』と。
鼻革が付いていない頭絡とユニバーサルビットで矯正中。

リリーバレーの馬は最初から鼻革が付いていない頭絡ですけどね。

リリーバレーに見学に行く予定がある方は、是非理由を聞いてみてください。
そしてコッソリ私に教えてください。

ユナニマスは特に問題なく、牧場スタッフがコメントの文字数を”毛の長さ”で稼ぐほどに概ね順調です。


育成厩舎は違いますが、第1次募集で落選したライレローズ(ヴィアンローズの15)も途中から鼻革が付いていない頭絡になっていますね。
当初使っていたのはトライアビットですかね?
最近はD銜とビットガードで口の中での銜の位置を安定させていますね。
3/17の更新では鼻革が付いて水勒銜とビットガードになっています。

キャンセル分再募集の対象馬なので久しぶりに見てみました。
坂路の走りを見ました。
頭頚が低いですね。
前を抑えられてられているので前肢が開き気味な走りになっています。
毎回のようにパワーが足りないとうコメントが出ていますが、動画で見る限りでは良いと思いますよ。

コレ、ボロクソでしょうか、ベタ褒めでしょうか(笑)。
ちなみに、この馬の育成厩舎はメジャーエンブレムと同じA-3 東谷厩舎です。


3月19日の中山4Rで2014年産駒の新馬戦が終わりました。

キャロットクラブの2015年度募集馬の関東牡馬、メス馬、関西牡馬、メス馬の未出走馬率を算出してみてください。
関東メス馬はダントツでブッチギリでコールドゲームです(爆)。
この件については、後日entryします。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 2

コメント

頭が痛い・・・です

鼻革無しの方が銜受けが難しそうに思いますが、
口が固い馬にはそういう矯正方法が効果的ということなのでしょうか?
それよりも銜の種類が多くて、そんなに細かく使い分けする必要があるのかなと思ったりします。



関東牝馬、ホントに多いですね。
私も頭を抱えております…。

Emma #nnr6ZnTA | URL
2017/03/24 17:21 | edit

■Emmaさん。

鼻革無しの方が銜受けが難しいでしょうね。
口が固い云々は別にして、『銜にもたれる』『銜に乗っかる』馬は、鼻革が無いことで顎を上げやすくなり、上げた顎が上がり過ぎないように当りの強いユニバーサルで丁度良い位置を馬に教える。
というのが私の解釈です。
まァ、馬に乗らなくなって間もなく10年ですから、手綱を通しての馬との会話がどうだったかもう忘れてしまいましたけど(笑)。

関東牝馬ね。
走る馬を引ければ楽しめますが、走らない馬が多すぎですね。
さすがに東西振り分けに牧場の意図はないと思いますけどねぇ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/03/25 13:04 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ