馬の背から下りて10年。  

4月になって10日が経ちました。

突然思い出した!

3月末で私が乗馬をやめて丸10年が経ちました。

今でもたまに夢を見ます。
退会したのにタダで勝手に馬に乗っているという場面が出てきます(爆)。

乗馬を始めたのが1998年の9月。
サイレンススズカ、グラスワンダー、エルコンドルパサーの史上最強のGⅡ、毎日王冠の数週間前。



1998.10.11 東京11R 毎日王冠 (GⅡ) 芝1800m

それから9年半乗りました。

初めて馬房から馬を曳いて出した時の感動は今でも忘れられません。
いきなりバンブーアトラス産駒の大型馬でしたから驚きました。

最初はダク(軽速歩)の乗り方から習っていきます。
馬の背で鐙に立って座っての繰り返し。
『何やってんだろ、アホクサ』と思いながら耐える。

競馬場のパドックで大人しく歩いている馬をイメージして乗馬を始めてみた人は、この段階で恐怖心に勝てずやめていきます。
それは男性でも女性でも同じ。

それを越えるとキャンター(駈歩)です。
始めは鞍に座ったままのキャンター(駈歩)なのですが、イチニイサンのリズムで腰が捻られて腰痛になりました。

次にキャンターを育成動画の坂路を走る時のようにツーポイント(尻を浮かして鐙に立っている状態)で乗ります。
最初は自分の重心をどこに置けばいいのかわかりませんでした。
それがわからないうちは軽く銜を掛けて、銜、鐙、自分の腰で三角形を作るようにしてバランスを取っていましたが、慣れてポジションがわかると銜を掛けないでも乗れるようになってきました。

週末馬に乗り、月曜日は全身筋肉痛。
重い(ズブい)馬に乗れば、下半身で推進するので下半身が筋肉痛。
軽い馬に乗れば、行きたがる馬を抑えるので上半身が筋肉痛。
心地良いを遥かに通り越した破行するぐらいの筋肉痛でした。

馬に蹴られ、踏まれ、噛まれ、尻っ跳ねで落とされて、整形外科に何度も行きましたわぁ。
幸い大きな怪我がありませんでした。

尻尾で眼球を叩かれて傷付いた時は完治するまでに3年ぐらい掛かりました。
花粉の時期になると修復された部分が花粉でヤスリのように削られてしまう。
涙が傷にしみて痛かったです。

脚が横腹に触れただけでぶっ飛んでいく軽い馬。
鞍上を落とそうとする馬。
躓く馬。
突然横に走る馬。
立ち上がる馬。

何度馬に殺されるかと思ったことか(冷汗)。


私と同時期に乗馬を始めた人はほとんどやめてしまったようです。

サラリーマンを辞めて乗馬の指導員になった人。
自馬会員になった人。
美浦トレセンで追い切りに乗っている人。
そして私の嫁になった人(笑)。








九十九里浜をギャロップで疾走した時の馬の背中は今でも忘れません。

今でもキャンターの手前は上から肩を覗きこまないでも合っているかどうかぐらいわかるつもりでいますが、どうかな(笑)。
まァ、今後それを確かめてみることはないと思いますけどね。

馬に感謝、人に感謝です。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ▲乗馬、外乗のはなし

tb: --   cm: 4

コメント

いつでもお待ちしておりますよ(^。^)

カミーユ #- | URL
2017/04/12 13:49 | edit

■カミーユさん。

夢と同じでタダ乗り確信犯ですよ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/04/12 16:19 | edit

浜辺

■濱田屋さん。

浜辺のお写真素敵ですね

九十九里浜特別はロケーション九十九里浜で開催すべきだと本気で思いました

天馬の領域 #- | URL
2017/04/12 18:46 | edit

■天馬の領域さん。

九十九里浜はサーファーが砂浜に寝ているんですよ。
5mぐらいの直前で気づたことが何度もあります。

やるなら、踏み切ってジャンプですよ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/04/12 19:38 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ