2歳馬近況(17年4中旬)ユナニマス  

14日に新たな満口馬が出ました。
シャラントレディの15(アングレーム)、ハービンジャー産駒のメス馬です。

これで残りは2頭(JRA 1、NAR 1)となりました。

中央のスウェアトウショウの15(スウェアジーク)は残口が 40口 を切っています。
満口は時間の問題でしょうね。
募集総額1,200万円ですし、今年の募集を既存会員で参加するために”捨石”として入会出資という考え方もあるでしょう。

地方のプリンセスフローラの15(シアラルーチェ)は初仔のメス馬で募集総額1,000万円です。
タートルボウル産駒の小さい馬。
母馬は元シルクの馬でサクラハゴロモの血統、叔父はアルフレードです。
血統と測尺だけで判断するならば、キャロットの地方募集馬としてはかなりの割高感があります。

それにしても売れましたねぇ。
当選確率が上がるのなら、2017年度募集はどの馬も1,000万円づつ上乗せしてもかまいませんよ(爆)。


あと3ヶ月で2017年度の募集予定馬リストが配布されます。
2017年度募集では母馬優先の対象馬がいません。
そうなると思っていました。

社台サンデーGⅠの2017年度集予定馬が公表されたようです。
私の元出資馬の仔、ベルフィーチャーの16(父ワークフォース♀)は地方オーナーズで募集とか。
ワークフォースのメス馬でダートですか。
シュネルギア。。。悪夢です。

ちなみにベルフィーチャーの15(父ノヴェリスト♀、ベルリラ)は社台RHで1600万円募集。
絶賛募集中!!

ベルフィーチャーの仔がキャロットに提供された初仔のベルプラージュ以外走っていない事実は別として、やはりキャロットには来ないんですね。
ベルリラはキャロットなら1,800万円でも満口だったでしょうに。

ベルフィーチャーの16、値段はいくらになるんでしょうか。
売れ残るでしょうね。
この馬もキャロットなら1,800万円でも満口ですよ。
私は出資しませんが(爆)。


今年も最優先でギリギリ抽選になるかどうかの馬に申し込むでしょう。
票読みを間違うと出資馬ゼロの可能性があります。
だからと言って数合わせで特に欲しくもない馬を無駄に出資したくはない。

そして、2017年度の募集馬から降級制度が無くなっているということを忘れずに。
(廃止適用は現3歳馬からですが、募集時にわかっているのは2017年度から)
これまでと同じ見方ではダメです。
ほとんどの馬は生涯勝利数が1つ少なくなります。
それを踏まえて出資検討をしなければなりません、これ重要ですよ。


2017年4月中旬の近況です。
馬体重は今月中旬のものです。



■ユナニマス
entry928 2016年度 出資馬(2)リーチコンセンサスの15
父:キングカメハメハ / 母:リーチコンセンサス(BMS:フレンチデピュティ)
メス 栗東 友道康夫厩舎

NF空港 C-6 島田厩舎在厩 481kg(先月から9kg) (NFYearlingから 9/8 移動)

【現在の調教メニュー】
週3日900m屋内坂路コースをF16秒のキャンターで1本、残りの日は軽めの調整メニュー


こちらも順調です。
育成中の静止画と動画がなかったので簡単に書きます。

馬体重は先月の報告から約10kg増えました。
気が強いというコメントがありますからトレセンに行ってどうなるかわかりませんが、馬体増はそろそろペースダウンしてもらわないとねぇ。
デビュー時期にもよりますが、460kgを切るぐらいでデビューできればいいかなと感じました。

今回も銜とトモに関してコメントがありました。
状況は少し前進かな?
毎回書いていることなので今回は割愛しますが、良くなっている感じですね。


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ