2歳馬移動第1号 フラットレー  

昨年の移動第1号は右目が三白眼のエピカリス、今年の2歳馬移動第1号は左目が三白眼のフラットレーでした。

今週はエピカリス関連のentryで一杯一杯なのですが、隙間を見つけて記事を書いていきます。



■フラットレー
entry926 2016年度 出資馬(1)リッチダンサーの15
父:ハーツクライ / 母:リッチダンサー(BMS:Halling)
牡 美浦 藤澤和雄厩舎

NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 (NFYearlingから 9/6 移動)

会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

今回が最後の正姿勢写真になります。

【5月】4月15日~5月10日撮影(5月中旬465kg)

【4月】3月13日~4月5日撮影(4月中旬472kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


5/30にNF空港からNF天栄に移動し、6/1に美浦トレセン・藤澤和雄厩舎に入厩しました。
POG本に書いてあったとおり、ダービー馬レイデオロ全弟のレイエンダと一緒に移動しました。

これは5/26に更新された静止画です。



まだシャドーロールを付けていますね。
蹄鉄は履いていません。
4/28に撮影された動画では蹄鉄を履いているので、4月中旬頃に撮ったものでしょうね。
また、上記の4月下旬~5月上旬に撮影された正姿勢写真でも蹄鉄を履いています。
時系列がさっぱりわかりませんね(爆)。


何度も書いていますが、この馬は今年のノーザンホースパークマラソンにおける男子の部優勝賞品でした。
昨年のエピカリスに続いて2年連続で出資馬が選ばれました♪
フラットレーも重賞を勝つことが約束されたようなものです。
entry1169 2年連続で優勝賞品、フラットレー

また、JRAレーシングビュアーと雑誌『優駿』のコラボ企画やPOG本でも取り上げられていました。
entry1159 2歳馬近況(17年4月末)フラットレー

昨年のエピカリスは特に取り上げられませんでしたから、フラットレーはエピカリス以上に期待できますかね(笑)。

その昨年の2歳馬移動第1号だったエピカリスは、トレセンに入厩して1週間足らずの期間で2度スクミの症状を見せました。

今年はスムーズに進んで欲しいです。



余談ですが。。。
ある方に聞いた話です。
ちょっとぼかして書きます。

フラットーの兄ホーカーテンペストというかリッチダンサーの09は、その年の募集馬最初の預託厩舎振り分け時点でどこの厩舎に入れるか決まっていなかったそうです。
父馬が何それ?のHawk Wingですからね。
そりゃそうでしょ。
未定というは藤澤和厩舎についても同じで、その年にキャロットクラブの馬が入るのか入らないのかも決まってなかったとのこと。

そこで藤澤和師に『外国産馬好きな先生、この馬はいかがですか?』と話を持っていったそうです。

今は”リッチダンサーの仔=藤澤和厩舎”になっていますが、当時はそういう括りなく、そのため日本での2番仔フロアクラフトと4番仔メリーモナークは関西の厩舎に預託されました。

もし最初のリッチダンサーの09の話が無ければフラットレーは別の厩舎に預託されたことでしょう。
そうなっていたら私は出資していなかったと思います。


ちなみにノーザンF生産の預託馬は、2009年産はホーカーテンペストの他は、サンデーRのパストフォリア(母ハッピーパス)、東サラのレッドサイファーとミッキーフラッシュの4頭。
2008年産は3頭、2007年産は2頭、2006年産も2頭。

その2頭しかいないノーザンFから預託された2006年産馬ですが、1頭がキャロットクラブから預託されたレイデオロの母ラドラーダでした。
また、同じく2頭しかいなかった2007年産馬はラドラーダの半弟ゴルトブリッツでした。
運命と縁を感じ。。。ませんかね。


馬に感謝、人に感謝です。


2016年 募集馬見学ツアー


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 2

コメント

バウンスシャッセに振られ、フラットレーに振られ。
カズーに一度はお世話になってみたいのに振られ続けています。
縁がないのでしょうか。
バウンスシャッセも走りましたし、フラットレーは更に活躍しそうです。

まこと #GCA3nAmE | URL
2017/06/05 23:24 | edit

■まことさん。

藤澤和師、もう定年までの年数が片手で数えられますからね。
ダービーを勝っちゃったし、人気は衰えませんからもう最優先でも×が無いと取れないような馬しか行かない気がします。

そうそう、美浦に新しくできた厩舎に藤澤和厩舎も引越しのようですね。
新しい厩舎は敷地面積が広くキムテツは厩舎にウォーキングマシンを設置したとか。
藤澤和師は定年が見えてるのでいらないといったそうです。

キムテツ、馬の仕上げは天栄任せ、馬の調整は機械任せ。
自分で曳き馬しろっ!!
と言いたい。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/06/06 01:27 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ