フラットレー、先週の追い切りについて  

14日、キャロットクラブの『2017年度 募集予定馬一覧(2017年7月1日現在)』がWEBで公開されました。

ひととおり全頭をチェックし、現段階での候補馬リストアップまで終わりました。

毎年『今年は昨年よりも募集馬レベル落ちた』と思いますが、一頭一頭を見ていくとそうでもない。
まァ、そうは思ってもそれが取れるかどうかは別問題ですけどね。

そのentry下書きは終わっていますが、今日はこれを。



フラットレーのデビュー戦は1ヶ月後です。

だいぶ暑くなってきているのであまりやり過ぎないように今週水曜日の追い切りは坂路で15から14秒を少し切るくらいの時計で乗られました。
今日、16日は坂路で終い12.7秒で乗られています。

今週水曜日の追い切りではなく先週水曜の(7/5)の追い切りについて書いてみます。


 ■フラットレー (2歳 新馬)
 藤澤和厩舎在厩
 8/13 (日) 札幌5R 2歳新馬 芝1800mをC.ルメール騎手で予定

先週水曜日、5日は坂路で3頭併せ。
フラットレーの追い切り動画がJRAレーシングビュアーにアップされるのをいつかいつかと待っていました。
(7/12の追い切り動画は無し)



上野翔 7. 5 美南坂稍 1 回 56.6 - 41.5 - 26.4 - 13.0  馬なり余力
  レッドオールデン(新馬 杉原騎手)馬なりを0.8秒先行同入


フラットレーが先行し、他2頭が追い掛ける。
そのため、フラットレーは素顔のままですが、他2頭はフラットレーが蹴り上げたチップで目を怪我しないように透明の樹脂でできた風防というかキャノピーというか、そんなものをメンコに付けています。
ブリンカー(遮眼革)のカップを透明にして後側ではなく前側に付けたもの。
決してブリンカー(視界を遮るもの)ではありません。


フラットレーの鞍上(上野翔騎手)は追い掛けてくる馬との位置を確認するためにチラチラと振り向いていましたね。
つまり追いついてくるのを待っていました。
そのため、3頭が並んだ時には他2頭がハナ差でフラットレーの前に出ています。
別に気にすることはありません。

フラットレーとレッドオールデンは坂路のコーナーを通過する時、歩様が乱れずにきれいに回っていました。
しかし、コーナーを回って直線を向いた時に真ん中の馬(ブローラ)はフラついていました。



まァ、だから真ん中に挟んだんでしょう。


※JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャー

動画を見なければわかりませんが、フラットレーは他の2頭とはチップを蹴り上げる量が全然違います。


今日の締めはビリー・ジョエルの邦題『素顔のままで』です。
Billy Joel / Just the Way You Are


ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ