フラットレー、函館に移動しました  

entry1191 2歳馬移動第1号 フラットレー
entry1203 フラットレー、ゲート試験合格
entry1216 フラットレー、一生懸命走る馬は賢い馬か?
entry1231 フラットレー、先週の追い切りについて
entry1236 フラットレー、兄貴たちとは違います


皆さん既にご存知でしょうが、今日、JRA WEBサイトで以下の発表がありました。
JRA NEWS】2017.7.28 平地競走における競走条件制度(クラス分け)の改善について

噂では現3歳馬が4歳になる来年、2018年度夏季競馬から施行とうことでしたが、1年延びました。
つまり、今年2歳馬が4歳の6月から施行ということです。

期待できる効果よして以下の3つが挙げられています。
(1)各クラスに応じた実力の拮抗した興趣溢れる競走を提供できること
(2)高条件競走の増加により、レベルの高い競走をより多く提供できること
(3)原則として、勝利度数に基づいた分かりやすい「クラス分け」となり、お客様にとって、より分かりやすく参加しやすい制度となること


(3)についてですが、わかりにくいなんてことは今まで聞いたことないです。
地方競馬のクラス分け、地域による差に比べたら全然わかりやすいんですが。

現3歳の出資馬でいうと、エピカリスは降級しません。
バリングラも期待どおりに走ってくれれば降級は関係ない。
エルデュクラージュは黄信号ですね。

降級制度が無くなるいうことはそれを踏まえて出資馬を選らばなければということになります。
まァ、そんなこと関係なくキャロットの馬は売れるでしょう。


 ■フラットレー (2歳 新馬)
 函館競馬場在厩
 8/13 (日) 札幌5R 2歳新馬 芝1800mをC.ルメール騎手で予定

23日に函館競馬場に移動しています(22日に美浦を出発して23日に函館へ到着)。

東サラのWEBサイトに同厩のレッドオールデンが22日に札幌へ移動するという情報が書いてありました。
日曜日に美浦で時計を出していなかったのでフラットレーも一緒に移動したかな?と思っていました。
やっぱり移動していましたね。
なお、東サラは非会員でも情報が見れます。
http://www.tokyo-tc.com/syozoku/redalden/


そして26日に函館の芝コースでレッドオールデンを1.3秒(4~5馬身差)追走し、ラスト1Fだけ体を並べ同入。

 助 手 7.26 函芝 良 67.9 - 52.8 - 38.8 - 12.6[6]馬なり余力
  レッドオールデン(新馬)馬なりの内を1.3秒追走同入




2017.07.26 JRAレーシングビュアーの映像をキャプチャ

追い切り動画を見ると、レッドオールデンは肩鞭が入って鞍上の手が動いていました。
フラットレーは終始馬なり。

大上原助手によると、闘争心に火がつく感じに気の入るような反応を見せてたそうです。
走るのを止める馬だったらどうしようかと思っていましたが、ちゃんと走るじゃないですか(笑)。

あとは気持ちのコントロールがどうなるかです。

この画像は、ホーカーテンペストが2歳のデビュー前の併せ馬で古馬に噛み付きに行った時のもの。


2011.06.29 グリーンchの映像をキャプチャ

こうはならないと思いたいです。


この後は札幌競馬場へ移動する予定。
東サラのWEBサイトにレッドオールデンが29日に札幌へ移動するという情報が書いてありました。
フラットレーも同じ馬運車でしょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2015年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ