2017年度 出資馬(3)フェアリーバニヤンの16  

3頭目の出資確定馬の紹介です。

この馬は、『一般枠』での申込みです。

この馬は第1次募集では満口にならず、残口は134口でした。
1.5次募集でめでたく満口に。
『どの馬が良いか?』と聞かれたら、この馬を推したんですけどねぇ。

■NO.58 フェアリーバニヤンの16
 募集総額:3,600万円
 牡馬 鹿毛 3/11生 母出産時13歳 9番仔
 栗東 牧田和弥厩舎 生産 松浦牧場(新冠)
 父:ダイワメジャー / 母:フェアリーバニヤン (BMS:Honour and Glory)
 Northern Dancer 4S×5D, In Reality 4D×5D

 体高 157.5cm / 胸囲 183.0cm / 管囲 20.3cm / 馬体重 482kg
 育成:NF空港 B-2 樋口厩舎


【カタログ写真】

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。


【募集馬見学ツアー】



※前後から撮った画像はクリックすると大きくなります。

ツアー時点の馬体重は494kgでした。
3月生まれですからまだまだ大きくなるでしょう。
大き過ぎるダイワメジャー産駒は走りませんので、ほどほどにして欲しいです。

DVD動画では前肢をクロスして歩くアヤシイ歩様をしていました。
ですから動画を見た時点で切ったので、ツアーで実馬を見るつもりはありませんでした。

日帰りツアーは周回展示がないので自分で見に行かないと歩様を確認できません。
見るつもりはなかったんですが、足が向きました。
つまりこの馬は今年のツアーに行かなければ出資できなかった馬です。


前進気勢が強かった。
全くとは言いませんが、DVD動画のように前肢をクロスさせながら歩く歩様は見られませんでした。
繋の柔軟性はDVD動画よりもあるんじゃないかと感じました。
曳き手の手にジャレ付いて煩かったですが、1歳馬ですからあんなもん。
また、セールで購入された馬は元から放牧地にいる馬からイジメに遭い傷だらけのことが多いのですが、この馬はきれいなもんでした。



DVD動画を撮影したのは7/18に開催されたセレクションセールの後。
カタログ写真の撮影が7/24とありますから、同時期でしょう。
セレクションセールに出した某コンサイナーの技術をとやかく言うつもりはないですが、最初からノーザンFで馴致していればDVD動画の歩様はあのようにならなかったんじゃないかと?

馬仲間のターファイトの会員さんには、この馬のコンサイナーをボロクソに言われました。
私がターファイトのカタログを取り寄せたのが、手塚厩舎で元騎手の板倉真由子さんがマグネティックマンの担当をしていた頃。
その頃から良い話は聞きませんでした。

セレクションセールの動画を見ると、前から撮った常歩では前肢をクロスしていませんが、後ろからのはクロスしています。
entry1234 セレクションセール2017の結果

セレクションセール 上場番号125 フェアリーバニヤンの16



動画撮影時は他の馬と同じ一定のスピードで歩く必要あります。
前進気勢が強い馬ですから、前を抑えられたことでこの馬の場合は前肢がクロスする歩様になったんじゃないかという判断に至りました。


ここで見ておきたいのはネオリアリズムのこの画像。
四肢の蹄跡が一直線上にあります。


2013.07.16 NF空港 2歳夏
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

以下、仮性内向の説明で書いたことです。
手前の話をすると、キャロップでの完歩は、右手前の場合「左後肢→右後肢→左前肢→右前肢」の順に四肢を動かします。
大きな完歩にするためには、最初の右前肢を大きく前に出し踏み切って空中に浮き、再び左後肢を着地します。
つまり右前肢の一本脚で体を支えている時間を長くするということです。
バランスを取るためには、最初に振り出す右前肢を体の左右の中心に着地しなければなりません。


2016.10.30 京都4R 2歳新馬 ダ1800m エルデュクラージュ
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

また、坂路を駆け上がる動画を見れば前肢が逆三角形になって着地するのがわかると思います。


母フェアリーバニヤンの仔は全頭ダート馬。
代表産駒は今年のエルムSをレコード、韓国・コリアカップもレコードで勝ったロンドンタウンです。
本馬は母の9番仔になりますが、やはり上が活躍してくれると期待度がアップしますね。
カタログには『従来のダート志向の配合とは一転、芝適性の高い父を迎えて本馬は誕生しました』というコメントがあります。
聞いてきたのかよ!?とツッコミを入れたくなりますね(笑)。

生産者の松浦牧場は馬主名義を持っておらず、生産馬は全て売っているようですね。
中小の牧場は、ノーザンFとは違い限られた予算内で繁殖に合う種馬を選びます。
なぜそれまでダート適性の高い種馬を配合していたのを芝馬に切り替えたのかはわかりません。


この馬の募集価格は3,600万円です。
今年募集になったセレクションセール購買馬3頭で、第1次募集で唯一満口にらなかった馬です。
entry1260 セレクションの全頭が来た!

今年のセレクションセール1歳市場においてノーザンF名義で3,564万円(税込)で購買。
1歳12月分までの育成費用と諸経費を上乗せしての募集価格ではないないですから、ノーザンFとしては大赤字ですね。
ただ実際は赤字分は他の馬に乗せてあるので、全体では赤字ではないでしょう。
ダイワメジャー産駒の相場を鑑みての募集価格でしょうし、値付けがエルムSの後だったら盛られていたかもしれません。


【ダイワメジャー】
Stallion in Japan ダイワメジャー


2014年募集馬見学ツアー 社台SS

フェアリーバニヤンの16の顔はダイワメジャーのバカっぽい”兎頭(ととう)”になっておらず、良い顔です。


ダイワメジャー

ダイワメジャー産駒はこの馬が初の出資になります。
父ダイワメジャー産駒はJRAダート重賞未勝利。
先にも書きましたが、カタログには『従来のダート志向の配合とは一転、芝適性の高い父を迎えて本馬は誕生しました』というコメントがあります。
カタログにそのように書いてあるわけですからノーザンFは芝馬という認識でしょうし、将来レースを選ぶNFしがらきもそういう選択をして行くでしょう。
とはいえ、カタログに書いてあるようにならないことのほうが多いですし、これは私の願望です。

ダイワメジャー産駒を選ぶ上では、Northern Dancer のクロスは必須、Drone、Sir Ivor、Bold Lad、Red God が好相性と言われています。
Storm Cat も堅実な成績。


【預託予定厩舎】
今年開業7年目、元騎手の調教師です。
関西の平地と障害に乗っていた騎手ですからね、関東の私はタヤスダビンチの新潟3歳Sぐらいしか記憶にありません。
調教師になってからは成績を見ていますが、預託馬に出資することになるとは思ってもいませんでした。

昨年はトゥインクルでダイヤモンドSを勝ち重賞初制覇。
今年はロンドンタウンが佐賀記念、エルムS、韓国・コリアカップを勝ちました。

キャロットクラブからの預託馬としてはこの馬が4頭目。
転厩馬を除くき最初からというのは3頭目。
今年の募集馬がほぼ決まってからの追加でしたから、兄ロンドンタウンの実績がノーザンFに認めらて預託になったんだろうと思います。
本馬の2歳の半姉ロンリーハート(父サウスヴィグラス)も牧田厩舎。
半姉は育成に入る前に骨折したそうですが、問題はないようです。

2013年の秋華賞では管理馬のセレブリティモデルがベストターンドアウト賞を受賞。
牧田師は騎手時代には所属厩舎の厩務員にケガ人が出たということでタヤスダビンチを”厩務員”として面倒をみたそうです。
そういう厩舎です。


【育成厩舎】
育成は少数精鋭のNF空港 B-2 樋口厩舎。
過去の5年以内の出資馬では、サーブルオールとフラットレー。
私と相性の良い育成厩舎です。
横山主任担当のB-2とB-3は『ド・ストライク』な育成厩舎なんです。
この馬に出資する上で樋口厩舎育成というのは大きなプラスポイントになりました。


これで現在の出資頭数は14頭になりました。


在厩場所は9/15現在

最後になりましたが、新たにご一緒の出資馬ができた皆さま、よろしくお願いします。
また、これまで閲覧だけだった方も、これを機会にコメントを頂けると幸いです。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 4

コメント

まさかシークレット馬がこの馬とは笑
ご一緒でき、大変嬉しく思っております。

やはりDVDの歩様が奏功?して一次で人気薄だったと思われますが、あの活況なセリをノーザンが文字通り競り落としたわけですから、それだけでも期待が持てます。

募集リスト後に兄貴が躍進してきてなんかお得感も出てきましたしね。
楽しみです。

まめぞう #- | URL
2017/09/23 00:49 | edit

■まめぞうさん。

すみません、この馬でした。
しらばっくれるの大変でした(冷汗)。

DVDの歩様が功を奏しましたね。
確実に取れるのがわかっていたので一安心でした。
セリの状況をyoutubeで見ると1,500万円からスタートし、落札価格は上から9番目。
また、セリにはイヤリングのスタッフと獣医が同行しチェックした上での購買ですからねぇ。
兄の活躍のタイミング次第では4,000万円の可能性もあったでしょうから得をしましたね。

今後ともよろしくお願いします!

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/09/23 09:37 | edit

正直、予想が外れてしまいました。何となく牝馬かなと思ってましたし。
この馬はロンドンタウンで1次満口もあるかと思ったのですが、グレースランドしかり直前の重賞はあまり反映されてないようですね。

Yuki #/.bpAT1M | URL
2017/09/23 14:14 | edit

■Yukiさん。

予想してくださったんですね、ありがとうございます。
メス馬はプロミネントとライツェントで悩んで1頭にしました。
相性が悪いんでさすがに2頭は。。。なんですが、どうせ当らないし書いておけばよかったかな。

グレースランドも人気しても不思議ではないんですが、案外でしたね。
こういう馬は既会員も新規申込も食い付くと思ったんですけどねぇ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2017/09/23 16:08 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ