ユナニマス、骨膜クリーニング手術  

月曜日にユナニマスの情報が更新されました。
『あれ?今日は火曜日?先週も3日間開催だったけ?』と半分混乱しながら開いてみると。。。

16日に右前肢に形成された骨膜のクリーニング手術を行い、無事に終了しています。
発症原因が蹄ならば骨膜が出たのは球節や腕節(前膝)なんでしょうが、どこに骨膜が形成されたのか詳細はわかりません。

NFしがらきでは深管骨瘤の兆候というコメントもありましたしねぇ。
それはどうなったんですかねぇ。
馬は左前肢も気にしていたようですが、こちらは何もしていないようです。

『骨膜炎』とは骨膜(骨の表面)に炎症が起こること。
骨膜とは、骨の表面に癒着して骨を包む薄い膜で、線維層と骨形成層とからなり、数多くの血管やリンパ管ならびに神経が骨膜に見られる。



骨膜ということソエを想像してしまうかもしれませんが、ソエじゃないことは確かでしょう。
まァ、そんなことは誰も思わないと思いますけど(笑)。
ソエならば北海道まで戻すことありません。

この機会に『ソエ』について書いておきます。
正式には『管骨骨膜炎』といいます。
第三中手骨(管骨)前面に熱感と疼痛が生じ、跛行がみられる病気。
2歳馬などの骨が完全に化骨していない若い馬の調教初期に発生する微細な疲労骨折により生じます。

ソエの治療方法は複数あります。
これはスマイルメロディーのソエの点状焼絡治療痕です。


2017.2.18 東京5R 3歳未勝利 芝1800m スマイルメロディー

キャロットの出資馬でソエを焼いたというのは記憶にありません。
ノーザンFはショックウェーヴ(レーザー治療)で治療しているんでしょうね。
なお、レーザー治療は根治療法ではなく、ソエの一番の治療は休養させることです。


『ブリスター』という薬を管の前面に塗り、人為的に管骨の炎症(軽度の火傷)を起こさせ馬の治癒能力でソエを治すという方法もありました。
また、『ボーンスクレーピング』という米国発祥の予防法もありました。
今も行われているかわかりませんが、これはソエが出る前に熊手のような器具で管骨の表面に傷を付け、ソエと同じ状態を人為的に起こすというものです。
私の記憶が正しいのならば、『ボーンスクレーピング』が日本で行われるようになったのは10年ぐらい前だと思います。


次に『馬の全身麻酔』についてです。

これはブレイクエースが左前膝の骨片摘出手術を行った時のentryで使った画像です。
entry531 ブレイクエース、その後②




グリーンchの『馬学講座 指先で走る宿命 競走馬の手術』の映像からキャプチャです。
馬の全身麻酔はこのように施されて手術台に載せられます。

昔は『全身麻酔をすると馬がボケる』といって復帰緒戦は買うなという迷信めいたことが言われていましたが、最近は聞きませんね。


続いて『クリーニング手術』についてです。

下の画像はエルデュクラージュの左前肢腕節(前膝)の画像です。
エルデュクラージュは左前肢の一部の骨の骨端が腱を圧迫していることが判明し、クリーニング手術を行いました。
赤○内の白い刺し毛2箇所が関節鏡視下手術でカメラと器具を肢に突っ込んだ痕だと思います。
(誰かに聞いたわけではなく、私の想像です)


※2026.2.29更新の画像をトリミング

※2016.2.26更新の動画をキャプチャ

エルデュクラージュのケースでいうと、1ヶ月弱は舎飼。
厩舎まわりでの曳き運動を経て、1ヶ月半程度でウォーキングマシン。
2ヶ月半程度でトレッドミル。
3ヶ月半程度で騎乗再開。


エルデュクラージュのスケージュルをユナニマスに当てはめると、騎乗再開が来年の1月末。
凄く順調に行っても新馬戦には間に合わないでしょうね。

また、2ヶ月前の8/15に右腕節(前膝)のトゲ状の骨膜をクリーニング手術したレイエンダの術後の様子を見ておけばユナニマスの参考になると思います。


たとえ順調に行ったとしても、蹄の問題は解決しきれないでしょうから骨膜再発もあるでしょうし、左前に出るかもしれません。
また別な頓挫も考えられますね。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ▲馬体のはなし

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ