FC2ブログ

2歳馬近況(18年2月末)グレートバニヤン  

後が渋滞しているので、2歳馬のentryはとっとと終わらせてしまいましょう。

2018年2月末、グレートバニヤンの近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

 ■グレートバニヤン
 entry1296 2017年度 出資馬(3)フェアリーバニヤンの16
 父:ダイワメジャー / 母:フェアリーバニヤン(BMS::Honour and Glory)
 牡 栗東 牧田和弥厩舎

 NF空港 B-2 樋口厩舎在厩 (NFYearlingから 9/6 移動)


【2月】1月22日~2月6日撮影(2月中旬506kg)

【1月】12月18日~1月12日撮影(1月中旬494kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

【現在の調教メニュー】
週3日900m屋内坂路をF15~17秒のキャンター2本


2/23に育成中の静止画が更新されました。


2018.2.23 更新 NF空港
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

静止画を見ての感想。

23日に更新された2枚の画像ですが、アップのほうは頭頚を屈撓しています。
全体のほうは顎が高いです。
アップのほうはマルタンガールの弛み、全体のほうはピンと張っています。

アップのほうは乗り役さんが軽く手綱を持っているだけですから馬が自分で屈撓しています。
これはトモでしっかり歩けている証拠。
こんなこと書くと次回の更新で『まだトモが緩い』と言われ大恥をかくかもしれません(笑)。

乗り役さん、今回も素手ですね。
使っている手綱の白い部分はラバーで巻かれているので、素手で持っても手が滑ることはない。
革の手綱だと滑って馬を抑えられません。


28日に更新されたコメントと静止画について触れておきます。

良いですね、それしか言うことがありません。
筋肉量が増えても柔らかい筋肉なので滑らかな捌きというのは良いです。
筋肉は使えば硬くなるものですから、これは大きな武器です。
2月に撮ったとは思えない毛ヅヤです、体調が良いんでしょうね。

このところ、気性面・精神状態のコメントが連発していますが、まァ、今は気にしないでおきます。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ