FC2ブログ

今週の動向(18年11週)年間出走回数の10分の1  

来週の日曜日。
3/25は中山の7、9~11レース、阪神の12レースでの1戦+変則4連戦になる予定です。

年間出走回数の10分の1を短時間にまとめて出走しなくてもいいのに。
4連勝もあるメンバーですが、その前に。。。です。

昨夜は今年最初の馬の仲間との飲み会でした。
キャンセル馬再募集の”有料”検討資料をカバンに入れていたのですが、出すの忘れた。

飲み会の写真を撮るのを忘れたので、ウチのインコを。



 ■ 出走予定(想定) ■
 【確定】3/18 (日) バリングラ
  中京11R 小牧特別 (1000万下) 芝2000m 藤岡康騎手


 3/25 (日) ブレイクエース
  中山07R 4歳上500万下 ダ1800m ○○騎手
 3/25 (日) ラッシュアタック
  中山09R 両国特別 (1000万下) 芝1800m ○○騎手
 3/25 (日) サーブルオール
  中山10R 美浦ステークス (1600万下) 芝2000m C.ルメール騎手
 3/25 (日) エピカリス
  中山11R マーチステークス (GⅢ ハンデ) ダ1800m C.ルメール騎手
 3/25 (日) エルデュクラージュ
  阪神12R 4歳上1000万下 ダ1800m ○○騎手
 3/31 (土) ネオリアリズム
  メイダン07R ドバイターフ (GⅠ) 芝1800m J.モレイラ騎手
 5/05 (土) ホーカーテンペスト
  新潟04R 障害4歳上オープン (別定SB) 芝3290m ○○騎手


古馬から順に今週動きがあった馬を中心に書いてみます。
出走確定馬は後ほど『出走確定』をentryします。

 ■ブレイクエース(6歳 牡 500万下)
  戸田厩舎在厩

今週日曜日の中京8R 4歳上500万下(若手騎手限定)へ出走する可能性もあったようですが、来週日曜日の中山へとなりました。
よりにもよって25日です。
中山4頭出し、阪神も合わせると5頭になります。

一週間延ばしたところで馬の状態は上がらないだろうし、追い切りで体を作れないんだから輸送で減らせばいいのに。
もうそれぐらいしか期待できない。
中京の若手騎手のほうが集まる馬のレベルが下がるでしょ。
騎手なんて誰が乗っても一緒でしょ。
どうせ指示通りに後ろから行って4角回ってどれだけ頑張れるかなんだから。

 ■ラッシュアタック(6歳 牡 1000万下)
  菊川厩舎在厩

馬の状態は良いですよ。
騎手の発表がありませんでした。
前走後からココを使うとわかっていたので手配をしてあるはずなんですがねぇ。
ブックの特別登録想定までのお楽しみです。

 ■サーブルオール(5歳 牡 1600万下)
 ■エピカリス(4歳 牡 オープン)
  萩原厩舎在厩

次走は共に来週日曜日、鞍上は共にC.ルメール騎手。
1週前追い切りはこの2頭で併せ馬。
というここで、今週は2頭セットで書きます。

サーブルオールが馬なりで先行し、それをエピカリスが1.0秒差を一杯で追いかけ同入。
映像を見れないのが残念です。

【サーブルオール】
 二本柳 3.14 美南W 良 69.5 - 52.9 - 38.8 - 13.3[8]馬なり余力
  エピカリス(古オープン)一杯の外を1.0秒先行同入


【エピカリス】
 助 手 3.14 美南W 良 68.5 - 52.1 - 38.2 - 13.3[7]一杯に追う
  サーブルオール(古1600万)馬なりの内を1.0秒追走同入


サーブルオールは順調。
エピカリスは萩原師のコメントが『アンタがわからんもんをどう判断していいのかわからん』という感じですが、先週よりは状態が上がっているということでしょう。
何を言っているのか理解できな時は良いんだと思いますが(笑)。
心配な部分が少し減ったかなと思います。
少しだけね。

 ■アジュールローズ(5歳 牡 1000万下)
  NF天栄在厩

14日にNF天栄へ向けてNF空港を出発しました。
坂路でF14秒で乗れていましたが、馬体重は先週の段階で555kgで前走から+39kgの状態。

前回の北海道放牧時は一昨年の12/23にNF天栄に移動。
その前週が547kg。
そしてトレセンに帰厩したのがほぼ3ヶ月後の3/16でした。
ですから今回の復帰緒戦は6月になるかならないかの頃でしょうね。

 ■エルデュクラージュ(4歳 騙 1000万下)
  池添学厩舎在厩

追い切り後のコメントは相変わらず良いですね。
コメントだけならオープン馬ですよ(笑)。
騎手の発表がありませんでした、乗り替わりかな?

 ■ユナニマス(3歳 牝 新馬)
  NF空港在厩

先週の更新であった前肢の違和感ですが、おそらくという前置きがあって左前肢の深管部分ではないかとのこと。
スタッフのコメントに『まだ原因の特定に至っていない』とあるように、私の経験でもこれだけの情報ではなんとも言えません。

昨年の9/5のNFしがらきでのコメントで『深管骨瘤の兆候も見られる感じがします』とありました。
その時はどちらの肢かわかりませんでしたが、その後のコメントで『左前脚を気にする素振りもありました』とありました。

管骨の裏、深管部分に骨瘤が形成され、それに腱に触れて馬が痛がっているのか?
程度次第ではウォーキングマシンでの軽めの運動で納まってしまうこともあります。

画像の○の部分が深管です。



最低でも1ヶ月程度は現状維持の運動でしょうね。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 今週の動向

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ