FC2ブログ

ネオリアリズム、ドバイに到着(2)  

 ■ネオリアリズム(7歳 牡 オープン)
  ドバイ・メイダン競馬場在厩

22日にJRAから日本馬14頭がドバイに到着という情報が出ました。
JRA NEWS】2018.3.22 2018ドバイワールドカップデー 日本馬14頭がドバイに到着

関係者のコメントは一切なし。
出発・到着時刻の情報が大雑把過ぎる。

『栗東トレセンで検疫を行った馬は馬運車で成田に移動し、飛行機に載せられました』
そう思っても仕方のない記事ですね。

堀師のコメントによると、20日の午前9時半頃に美浦トレセンを出発し、現地時間の23時15頃(日本時間の翌朝4時15分頃)にドバイ・メイダン競馬場へ到着したそうです。
トータルで19時間弱の輸送でした。

飛行機以外の移動時間はこうなります。
美浦トレセン出発から離陸までが約5時間。
ドバイでの空港着陸から競馬場までが約3時間。




ネオリアリズムの状況ですが、到着時は初めての環境ということもあってソワソワした素振りを見せていたそうですが、徐々に落ち着きが出てきたそうです。
ドバイは初めてですが、空輸自体は4度目です。
気候の変化については、12月の香港国際競走では冬から日本のゴールデンウィーク頃の気候に行くのですから、この変化も初めてではありません。

馬体重は出発前日と比べると14kg減ったそうですが、日本で体を太めに造ってあったのでこのあと安定してくれれば目論見どおりとのこと。


JRAから4/29に行われる香港国際競走の予備登録馬も発表されました。
まァ、発表したのは日本中央競馬会ではなく、香港ジョッキークラブですけど。
JRA NEWS】2018.3.22 2018香港国際競走に日本馬が予備登録

タイトルに(春)を付けないと『えっ!?12月の今から登録するの?』と思われる。

登録要綱はコチラ↓
Japan Studbook】2018.2.6 2018 香港 オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスⅡ世カップ、チャンピオンズマイルおよびチェアマンズ・スプリント・プライズの要綱


ネオリアリズムはクイーンエリザベスⅡ世カップを第一希望、チャンピオンズマイル第二希望で登録されました。

この登録は『これはあくまでも登録だけで、もしもの時のためです』ということなので、ドバイターフを回避にならなければ出走することはないでしょう。
そして、回避になったとして、出走する可能性があるのはドバイヘ向けての出国前。
もしこれからドバイターフを回避になっても、帰国してから検疫を経て香港への出国は考えられません。
なにかがあってドバイターフを回避して直接香港に乗り込むことも考えられない。


過去には2007年にアドマイヤムーンがドバイターフ(3/31)からQEⅡ世カップ(4/29)を今年の同じレース間隔で日本に帰国することなく転戦しました。
(当時のレース名はドバイデューティーフリー)
異例中の異例で、今後はもうないでしょうね。

話は変わりますが、香港(中国)に坂路のあるトレセンができ、今後は日本の馬は香港で勝てなくなるでしょうね。
広東語で表すと、シュンラです。
entry1414 香港ジョッキークラブ 広州・従化トレセン


来週土曜日は夕方からドバイのライブ中継に釘付けですよ!


Dubai Racing


entry1495 ネオリアリズム、ドバイに到着(1)
entry1488 ネオリアリズム、ドバイターフの鞍上決まる
entry1485 ネオリアリズム、輸出検疫厩舎へ
entry1481 ドバイターフの地元前哨戦
entry1480 ネオリアリズム、出国日決定
entry1471 ドバイターフの出走想定メンバー
entry1470 ネオリアリズム、ドバイターフ招待受諾
entry1459 ネオリアリズム帰厩、そしてドバイ渡航は?
entry1448 ネオリアリズム、今日は観戦ツアー申込締切日
entry1433 ネオリアリズム、ドバイ観戦の旅案内が来た
entry1432 ネオリアリズム、ドバイから招待状
entry1427 ネオリアリズム、ドバイターフ予備登録
entry1413 ネオリアリズムの2018年は?

Japan Studbook】2017.12.22 2018 ドバイ・ワールドカップ・デイ施行競走 登録要綱(簡易版)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 2018 ドバイターフ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ