競走結果(18.3.25)エピカリス  

このレースは私が今年競馬場で観戦する7戦目。
重賞としては初戦。

口取りは新馬戦、オープン特別、重賞以外は申し込まなくなったが、このレースも申し込まなかった。
勝つイメージが湧かなかった。

競馬場に行くこと自体も止めようかと思った。
しかし蹄の状況を確認しておきたかったし、勝っても負けても現実として受け入れなければならない。


では、競走結果です。

 ■エピカリス
 3/25 (日) 中山11R マーチステークス (GⅢ) ダ1800m C.ルメール騎手 56㎏
 16頭 3人気 14着 496kg (-8)

まず、鞍上のルメール騎手について。
今回の騎乗はダイオライト記念が除外確実になった時に、ルメール騎手からマーチステークスに乗りに来るという話があったそうです。
つまりそれ以降は高松宮記念の騎乗依頼があっても断っていたということになりますね。


心配の右前蹄です。



蹄叉はハッキリとして蹄球も形がきれいで丸い。
蹄釘も打たれていました。

エピカリスが気にするかどうかは別として、外見上は蹄はもう問題ないと思えました。



エピカリスも鼻革を付けています。
サーブルオールと違い、一本の輪を鼻梁の中央部分で捻って8の字にするタイプ。
3戦目のヒヤシンスSからこれです。
鼻梁のクロスする部分が固定されていないのでフレキシブルに動きます。




追い切りの状況からチークピーシズを付けていました。
苦肉の策なんでしょうが、特に効果があったようには見えませんでした。

私の気のせいですかねぇ。
時折り、頭頚を下げ頸を真っ直ぐに延ばし顎を出すようにして歩いていました。
鼻革で銜の位置を固定されていたのでなんとも言えないところですが、銜に凭れているようにも見えました。
一緒に観戦した方にボソッと告げたんですが、覚えていますかね?



銜に凭れるのがどういうことかというと、トモに問題があるということ。
育成中の2歳馬が坂路を駆け上がる動画を見て毎年書いていますよね。
『トモにパワーが付くと頭頚が起きて顎を引き、つまり屈撓して後躯で走るようになる』と。

これまでエピカリスのパドックはプラタナス賞とヒヤシンスSしか見ていませんが、そんな感じはなかったと思うんですが。
もう覚えていません。

結果は別にして、これを確認できただけでも競馬場に行った意味はあったと思います。

9レースでルメール騎手騎乗のサーブルオールが勝ったので、パドックには現れず。





逃げると思っていたハイランドピークが出遅れて最後方から。
エピカリスが先頭に立つかと思いましたが、同じ勝負服のディアデルレイがハナを主張して先頭へ。
9レースと同じで嫌な感じ。
『勝浦控えろ』と思いましたが、そうはいかない。



4角まではね、勝つ勢いだったんですがね。
しかしというかやっぱりというか、4角を回てからは見たまんま。
最終追い切りと同じでギアが上がることなく、ズルズルと後退。




正直、あの追い切りでは大敗を覚悟していましたから、みやこステークスほどのショックはありません。


この馬もサーブルオールと同じで2歳のプラタナス賞では後肢の蹄がパッコンパッコンと鳴っていた思ったんですが、この日は何も聞こえず。

レース後、萩原師から『肉体面で気になるところを挙げるのならばトモは確かにあります。常歩時の弾みという点では良い時に比べると物足りません』というコメントがありました。
やっぱりそうなんですね。


今回競馬を使ったことでエピカリスが右前蹄の不安を感じなくなるのなら使った意味はありますね。
徐々に前進してくれればそれでいいと思います。
そしてトモの件は右前蹄から来ているものならば、これも徐々に解消されてくる。
と、思いたいです。

もう前を向いて進むしかありません。


この日の5戦ですが、ラッシュアタックとエルデュクラージュは展開次第。
エピカリスはあの追い切りで大敗を覚悟していた。
勝つ確率が最も高いのはサーブルオール。
一番の意外はブレイクエースでした。

この週末は気持ちを入れ替えてネオリアリズムでドバイターフを勝ちましょう!


レースの前日、嫁に『明日どれか勝つの?』と聞かれました。
そんな当たり前のこと聞くかぁ?

勝ったら晩飯を私の財布でってことです。

どれが勝ってもエピカリスが負ければ何も無し。
当然でしょ。

あ~あ。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 競走結果

tb: --   cm: 4

コメント

ドバイターフ勝ったら子供部屋の家具を買わされる約束をさせられました。一式全部と言われたらたいへんなので、うまい言い訳を考え中(笑)

いくらまで出す、とかにしないと全部持っていかれそうだ。(笑)

へてきち #- | URL
2018/03/28 18:48 | edit

サーブルオール、優勝おめでとうございます!
鼻出血を乗り越えて満を持してのOP入り。
サマー2000参戦となれば、夏の楽しみが増えますね。

一方でエピカリス。
こういうパターンでの対処法、療法ってあるんですかねぇ。
自身が吹っ切れるのを待つしかないのですかね…

まめぞう #- | URL
2018/03/28 20:12 | edit

■へてきちさん。

それはそれはおめでとうございます。

全部ですか!?
じゃ、久美子社長のところで一式揃えましょうよ(笑)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2018/03/28 22:26 | edit

■まめぞうさん。

ありがとうございます。
何度もの鼻出血を乗り越えてオープンまで行きました。

エピカリスですねぇ。
やっぱり自身が吹っ切れるのをってことになりますかねぇ。
長い時間が掛かりそうです。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2018/03/28 22:29 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ