ネオリアリズム、ドバイから帰国と結果考察  

2018ドバイワールドカップデーに出走した14頭は、3日に関西国際空港に到着しました。
JRA NEWS】2018.4.3 2018ドバイワールドカップデー 日本馬が帰国

4月3日(火曜)11時04分に、関西国際空港に到着。
輸入検疫のため、同日15時43分に、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)の国際厩舎に入厩。

今後のスケジュールはこうなります。
 4/3 関西国際空港へ到着
     三木ホースランドパークへ移動し、輸入検疫(5日間 4/4~4/8)
 4/9 NFしがらきへ移動し、着地検疫(3週間:4/10~4/30)


 ■ネオリアリズム(6歳 牡 オープン)
  三木ホースランドパーク在厩

今回もこの画像を使うことになりました。
この写真は私が乗馬で三木ホースランドパークに行った時に撮った国際厩舎です。




日曜日の朝、起きてからずっと頭痛がしていました。
そして起きたのは11時頃でした。

最近は夜更かししてもそんな時間まで寝ていることはないんですが。。。

頭痛は火曜日まで残っていました。
なぜですかね。
私が心配してもどうにかなるもんじゃないので、気にしないようにしているんですが。


やっとレース後第一報の堀師コメントが出ました。
当日の馬場の状態、馬の状態、最初の香港遠征との比較を交えて細かくコメントされました。

堀師として堀師があげたのは大まかに以下の3つ。


① メンタル面の課題が出た
レース時に緊張が高まり、スタミナ切れを起こしてしまったことが考えられるとのこと。


② 内枠が災いした
右後肢を落鉄していたそうです。
堀師のコメントを基にこの↓動画で確認してみると、スタートから42秒後にモレイラ騎手が左に振り向きます。

後ろにいた馬の左前肢の鉄頭がネオリアリズムの右後肢の鉄尾に絶妙なタイミングで嵌り蹄鉄を引き剥がすことになったのでしょう。
その結果ネオリアリズムのトモのバランスが崩れ、それを感じ取ったモレイラ騎手が振り向いた。
でしょ?

Dubai World Cup 2018: Race 7 - Dubai Turf Sponsored By DP World



※youtube映像をキャプチャ

なお、犯人探しをするわけではないですが、右後にいたのは日本の馬でした。


③ 馬場コンディションも影響した
夜に散水していたので早朝時の馬場は緩かったものの、夕方以降の競馬となると日中の気温の高さから調教時とは異なって馬場が乾いていた。
追い切りの際に見せた踏ん張れないようなところを見せていたので、レース時の馬場にも対応できなかったのか?
落鉄したことにより、余計にそうなってしまったのでしょう。

踏ん張れなかったことでトモを含めて馬体面に何か気になる部分が出ていたのかもしれないと。
特にトモに関する部分は違和感を覚えるようなものだったそうで、今後の状態面の観察を慎重に行っていくそうです。


落鉄に関して補足すると、蹄釘の先端ははみ出した部分を切って曲げてヤスリで削ってあります。
それをガバと引き抜くわけですから蹄が傷みます。
場合によっては裂蹄もあります。
今のことろ問題は出ていないそうですが、今後はわかりませんね。



堀師はモレイラ騎手の騎乗について特にコメントしていません。
レース前に書きませんでしたが、私はムーア騎手に乗って欲しかった。
だから、レース前に触れませんでした。

嵌まればモレイラ騎手でO.Kなんですが、臨機応変な対応を求めるならムーア騎手なんじゃないかなと。
ネオリアリズムは臨機応変な対応が必要な馬じゃないですか?
で、昨年の香港カップのようなレースになってしまった。

モレイラ騎手は香港のトップ、ムーア騎手は欧州のトップ。
その違いもあったと思います。
日本の人気馬が前に行って中途半端な位置取りだと、囲んで潰しにかかるでしょ。
ルメール騎手でさえ凱旋門賞でまともに競馬させてもらえないのに、香港のブラジル人が行ったら余計にね。


さてネオリアリズムの今後です。
今日の段階では次走についてコメントはありませんでした。

トモに問題なければですが、着地検疫明け1ヶ月後、6/3の安田記念は使おうと思えば間に合うでしょうが、府中の1600mはワンターンですからね。
7歳、現役は今年一杯の馬に今更変化を求めることはしないと思いますが、相手関係次第かもしれません。
香港・チャンピオンズマイルを第2希望で予備登録したぐらいですから、可能性はゼロではないと思います。

フツーに考えれば6/24の宝塚記念になりますが、同厩のサトノクラウンもいますし先週の大阪杯を見ても、200m延ばして勝ち負けまでがあるかな?と思います。
鞍上次第でしょうが、ルメール騎手とM.デムーロ騎手以外でこの馬を乗りこなせる騎手が日本にいるか?ということもあります。

どちらもパスして帰国後緒戦が8/19の札幌記念ということはないと思います。
短期免許でモレイラ騎手ですかね。

その次。
府中の2000mもワンターンみたいなもんですからねぇ。
同じワンターンで、確実にもう1つGⅠを勝たせるならマイルチャンピオンシップだと思いますが。
どちらになっても短期免許でムーア騎手が来てくれれば楽しみもあるかと思います。


この馬をどこで終わらせるか!?
暮れの香港がありますかねぇ。

再度のマイルチャンピオンシップからの香港マイルはないでしょう。
まァ、引退レースとしてその後を考えなくて良いということではアリかも知れませんが。

行くなら天皇賞(秋)からの香港カップでしょう。
ですが、今の香港2000m路線の馬は充実していますよ。

私は今年の香港国際競走への参戦は無いと思います。

何を言っているだと思わせてくれる活躍を期待したいです。


entry1511 競走結果(18.3.31)ネオリアリズム ドバイターフ
entry1510 出走確定(18.3.31)ネオリアリズム ドバイターフ
entry1497 ネオリアリズム、ドバイに到着(2)
entry1495 ネオリアリズム、ドバイに到着(1)
entry1488 ネオリアリズム、ドバイターフの鞍上決まる
entry1485 ネオリアリズム、輸出検疫厩舎へ
entry1481 ドバイターフの地元前哨戦
entry1480 ネオリアリズム、出国日決定
entry1471 ドバイターフの出走想定メンバー
entry1470 ネオリアリズム、ドバイターフ招待受諾
entry1459 ネオリアリズム帰厩、そしてドバイ渡航は?
entry1448 ネオリアリズム、今日は観戦ツアー申込締切日
entry1433 ネオリアリズム、ドバイ観戦の旅案内が来た
entry1432 ネオリアリズム、ドバイから招待状
entry1427 ネオリアリズム、ドバイターフ予備登録
entry1413 ネオリアリズムの2018年は?

Japan Studbook】2017.12.22 2018 ドバイ・ワールドカップ・デイ施行競走 登録要綱(簡易版)

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 2018 ドバイターフ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ