FC2ブログ

2歳馬近況(18年4月末)ヴァイトブリック  

昨日、日帰りで香港に行きました。
電車で行ける都内の香港ですが。

カタコトの日本語をしゃべる人に私の広東語は完全に無視されましたが。

ヤウモウガウチョー!


2018年4月末、ヴァイトブリック(ヴァイスハイトの16)の近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

 ■ヴァイトブリック
 entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト(BMS:アドマイヤベガ)
 牡 美浦 和田正一郎厩舎

 NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFYearlingから 9/12 移動)


【4月】3月下旬~4月上旬撮影(4月中旬468kg)

【3月】2月19日~3月7日撮影(3月中旬466kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)

【現在の調教メニュー】
1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半、週3回900m屋内坂路をF14~16秒のキャンターで2本


4/27に静止画が更新されました。


2018.4.27 更新 NF空港
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)

静止画を見ての感想。

今回更新された静止画のうち一枚は前回の動画撮影時のものでしょうかね?
ビットガードを付けています。
前回の更新で『ハミ受けの悪さが見られるようになってきた』という話が出ましたが、今回その続きはありませんでした。

もう一枚は常歩を正面から撮ったものでした。
鞍上は最後にFさん登場で締めくくりですかね。


キ甲は抜けかけていますが、相変わらずトモが高いですね。
直飛ですからねぇ。
これからも高さが逆転することはないのかもしれません。

コレ↓でも同じこと書きましたが
entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16
ヴァイトブリックと同じ父がシンボリクリスエスエピファネイアは尻が父と同じ”平尻”(通称、牛のような尻なのでベコ尻)でした。
腰から尻尾の付け根にかけて水平に見える尻。


エピファネイア 2歳 5/31
※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)


ヴァイトブリック、カイバ食いが少し落ちてきているように感じるということですが、トモのボリュームは戻ってきました。
まァ、静止画撮影時期とコメント取得日に”時差”があるので一緒にして見ることはできません。

撮影は約半月前でしょうが前肢に蹄鉄を履かされています。
間もなく移動でしょう。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 2

コメント

2歳馬

出資された2歳馬全頭がすくすくと順調に育っていて羨ましい限りです。さすが、濱田屋先生の目の付け所が違うなと記事を読んでいてもいつも感心させられます。カテドラルについては色々と情報をいただき、ありがとうございました。本当に楽しみが膨らむ時期でもありますね。

マン○ウォー #- | URL
2018/04/30 08:56 | edit

■マン○ウォーさん。

この馬も妥協での出資ですが、今のところ順調です。
期待は膨らむというか膨らまさないと。
3歳馬がサッパリなので(苦笑)。

前回の続きになりますが、美浦の調教師はいまだに預託厩舎をキャロットが決めていると思っている人がいるそうですよ。
キャロットの馬をぞんざいに扱うとノーザンF全体(NF親族名義、サンデーR、シルク)にも影響するのに。
そのへんの事情は元NF従業員の調教師は理解しているでしょう。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2018/04/30 09:39 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ