2歳馬近況(18年5月末)ヴァイトブリック  

私は馬を毛色で選ぶことはしないのですが、Excelで管理している成績を見ていたら黒い馬(青毛、青鹿毛)は走らないということがわかりました。
実際には他の毛色と大差ないのですが、馬が走らないと何かを原因にしたくなるので。

芦毛は好きではありません。
メラノーマ(腫瘍塊)を発症する可能性が高いので。
高齢になって発症する病気なので競走馬であるうちは気にしなくていいんですが、最後はこうなってしまうと考えると、ちょっとね。

だから芦毛の出資は避けるようにしています。
最初から白い芦毛は余計に。

最初から白い芦毛と最初は色が付いている芦毛で、メラノーマを発症する確率に違いがあるあどうかはわかりません。
研究テーマとしては面白いと思います。
どなたか研究しませんか!?


2018年5月末、ヴァイトブリック(ヴァイスハイトの16)の近況です。
会報の2歳馬近況の冒頭に記載されていますが、写真撮影は1ヶ月前、馬体重及び近況レポートは半月前のものです。

5月中旬のentryが最後かと思ったんですが、まだまだ内地へ移動しないようです。

 ■ヴァイトブリック
 entry1294 2017年度 出資馬(1)ヴァイスハイトの16
 父:シンボリクリスエス / 母:ヴァイスハイト(BMS:アドマイヤベガ)
 牡 美浦 和田正一郎厩舎

 NF空港 B-3 細田厩舎在厩 (NFYearlingから 9/12 移動)


【5月】4月17日~5月2日撮影(5月中旬471kg)

【4月】3月17日~4月10日撮影(4月中旬468kg)

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)

【現在の調教メニュー】
1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをF14~16秒のキャンターで2本登坂


31日に更新されたコメントと静止画ついて触れておきます。

5/11に更新された静止画と動画がそうだったのですが、四肢に蹄鉄を履かされています。
牧場コメントを見るといつ内地へ移動してもおかしくないんですが、ゴーサインが出ません。

状態が落ちることなくコンスタントに動かせています。
『力強い走りができているあたりを見るとダートは如何にも合いそうです』と言われてしまいました。
これは喜ぶべきなんでしょう。

8月になればダートの中距離の番組が始まります。
それに合わせての移動ならば、まだまだですかね?

常歩からキャンターへの移行がスムーズだとか。
良いですね♪

移行時に一度止めてからじゃないとキャンターが出ないとか、常歩から速歩(ダク)になり、なかなかキャンターに移らないとかね。
出ずに速歩で馬場を半周したとかね(笑)。

ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: ●出資馬2016年産

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ