買いました!ネオリアリズムQEⅡ世カップ優勝記念品  

6/14から6/17に3泊4日で香港に遊びに行ってきました。
何から書こうか迷いますが、まずはネオリアリズムのことについて。

16日は香港・ハッピーバレー競馬場(跑馬地馬場)に行ってきました。
正確にはハッピーバレー競馬場ではなく、競馬場のスタンドにある香港賽馬博物館
そして、更に正確には博物館ではなく博物館のグッズショップが目的。

これです。
entry1535 HKJC制作 QEⅡ世カップ ネオリアリズム優勝記念品

今回の旅行はこれが一番の目的というわけではないですが、タイミングが合いました。
もしHKJCのWEBサイトを見ていなかったらグッズの存在自体を知りませんでしたし、開催していない競馬場にわざわざ行きませんでした。
http://campaigns.hkjc.com/qeii-cup/en/merchandise
※リン先が削除されている可能性があります


ハッピーバレー競馬場は香港島の湾仔(ワンチャイ)と銅鑼湾(コーズウェイベイ)の間にあります。



尖沙咀を起点にすると、ハッピーバレー競馬場はMTR(地下鉄)で15分程度。
シャティン競馬場はMTRで40分弱になります。


16日の朝からの行動を簡単に書いておきます。
今回泊まったホテルは、九龍半島の尖沙咀にありました。
MTRで尖沙咀駅からビクトリアハーバーを潜って香港島の上環(ションワン)駅へ。
トラム(路面電車)に乗換え、香港でも少なくなったワゴン式飲茶を食べに蓮香居(リンホンコイ)へ。
上環から中環(セントラル)の急坂を登って下って。
今日盗んだものが明日露店に並ぶと言われるキャット・ストリート文武廟SOHO
ハッピーアワーの蘭桂坊(ランカイフォン)でビール休憩。



雨季とは思えない快晴で暑い一日でした。



午後は旅行メンバーと別れて一人でMTR中環駅から湾仔駅へ移動。
ハッピーバレー競馬場を目指して行くならば銅鑼湾駅で降りればいいのでしょうが、湾仔の太源街、春園街も見てみたかったし、春園街の金鳳茶餐廳のエッグタルト、ポーローヤウを食べてみたかったんです。
が、行列に並ぶ気にもならず、写真を撮っただけです。
飲茶を食い過ぎて腹が減らない(笑)。



湾仔の場外馬券売場です。
この日はシャティン開催でした。




皇后大道東(Queen's Road East)を歩いてハッピーバレー競馬場へ。
ちなみに、ビクトリアピークから15番の路線バスで降りてくると、湾仔から皇后大道東、金鐘道を通ってMTR中環駅、終点のスターフェリー中環乗場へ行きます。
湾仔のマクラーレンのショウルーム前で下車すればMTR湾仔駅、次のバス停(太古廣場)で下車して金鐘道を歩道橋で渡ればMTR金鐘(アドミラリティ)駅に行けます。



尖沙咀へ行く場合は、金鐘駅でバスを下車してください。
MTRを乗換えなしで行けます。

湾仔からハッピーバレー競馬場へ向かう皇后大道東沿いは病院が多いです。
皇后大道東を歩いて800m程度、高架道路の向こうにやっとハッピーバレー競馬場が見えてきます。






香港賽馬博物館の自動ドアを入ると左にエレベータ。
受付ロビーも何もなく不安。
2階へ上がると受付ロビーがあります。




目当てのグッズ、買えましたっ!


Champion Horse's Saddle Cloth Souvenir(Framed)
HK$398 \5,572(HK$1=\14)

下に敷いたパンフレットがA4判、幅24cm×高18cmという見応えのある大きさです。



これはグッズショップにあった説明プレート。


※画像はクリックすると大きくなります

私が買ったのは、ハッピーバレーに残っていた最後の1個なんです。
競馬場のグッズショップを含めショップスタッフが在庫を確認してくれたんですが、これしか残っていませんでした。
展示現品です。
手に入るなら、展示現品でもなんでも良い。
キレイな状態でした。
シャティン競馬場の在庫はわかりません。

在庫を確認中にショップスタッフと話をしました。
某レースの口取り写真を見せながらネオリアリズム・イズ・マイホース。
アイム・キャロットファーム・メンバー。
もちろんアイム・オーナーとは言いませんよ。
ただの競馬好き、ネオリアリズム・ファンではないということを伝えておきました。

モレイラ騎手が9月からの来シーズンの免許を更新しないこと、日本の騎手を目指すこと。
私はモレイラ騎手には香港に残ってほしいと話しました。

なぜかと聞かれましたが、私の英語力じゃあ説明できない(苦笑)。

宝塚記念をワーザーが勝つと思うと。
ネオリアリズムのためにも勝ってもらわないと困ると。
これも私の英語力じゃあ説明できない(苦笑)。

そして、ネオリアリズムが12月に香港に戻ってくると言っておきました。
私が戻ってくるかどうかはわかりませんけどね。
まァ、12月に行くとなったら個人手配です。






ビクトリアピークへ登る道路から見るハッピーバレー競馬場はこんな感じ。




競馬場を出た後はトラムに乗って湾仔のスターフェリー乗場を目指しました。



一旦ホテルへ戻り荷物を置き、今度は旺角(モンコック)を目指して徒歩で北上。
廟街(ミョウガイ:男人街)から上海街へ。
ゴールはモンコックのランドマーク的なショッピングモール、ランガムプレイス
午後も歩きに歩いた。
スニーカー街にも通菜街(女人街)にも行きました。


Fatt's Placeで食べ放題のピーナッツを食べ過ぎたのか、顔に吹き出物が出てきた(笑)。



ポチッと押していただけると嬉しいです。
関連記事

category: 2017 QEⅡ世カップ

tb: --   cm: 2

コメント

バスに乗って移動とか凄いなあ。
一人だったら出来ません......英語話せないもん。
しかも英語通じないことも多いもん(笑)

札幌記念と暮れの香港は良い状態で出走して勝ってほしいです。

まこと #GCA3nAmE | URL
2018/06/22 12:32 | edit

■まことさん。

ゾウサン。
路線バスはハードルが高いですね。
特にミニバスは難しそうです。
まァ、MTRとトラムだけでなんとかなりますし、香港は一方通行が多いのでタクシーで遠回りされてもわかりませんから。
それと海越えタクシーの料金システムね。
バスもタクシーも、基本英語通じませんね。
ちゃんと英語教育を受けた人なら会話になるでしょうが、広東語英語と日本語英語じゃ会話になりませんね(笑)。

下半期は札幌記念と暮れの香港を頑張って欲しいですね!

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2018/06/23 09:54 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ