先週の結果(2014年4月第2週)  

今日は近所の運動公園に行きました。
弁当を買って行くつもりが、なぜかドミノピザを買っていくとこになり、幸いまだ桜が残っていたのでそれを見ながらピザをほおばりました。
たまにはピザで桜もいいですね♪

子供が昨日疲れたので今日はサッカー教室に行きたくないということでお花見になったのですが、元気が有り余っているので相手するお父さんは大変でした。


今週も残念。
勝てませんでした。

今回がデビュー戦となったミナスジェライスは仕方ないにしても、ヴァーティカルサンとジェットブラックは共に掲示板を外して6着。
どちらも勝てそうな感じでしたが直線バッタリ。
来週はホーカーテンペストにしっかりと勝ってもらいたいのですが、どうでしょ!?


■ミナスジェライス
4/12(土) 阪神1R 3歳未勝利(牝) ダ1800m 北村友騎手 54kg
16頭 10人気 13着 490kg


4/12 北出厩舎
12日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団につけて追走。勝負どころからややポジションを下げ、直線は苦しくなって13着。
「スタートはそれほど速くありませんでしたが、スピードに乗ってからはハミをしっかり取ってくれましたし、走りは悪くありませんでした。怖がりなところを見せていましたが、これは初めての実戦ですし、慣れてくればまた違うでしょう。大型馬のわりに小脚を使えて器用な走りができるタイプです。先々はもう少し距離を短くしてもいいかもしれません」(北村友騎手)
「見ていたら、そんなに力んで走らなくてもいいのにと思うぐらい必死な感じでしたね。このあたりが初めての実戦ということなのでしょう。今日はレースがわからずムキになったところもあるでしょうから、もう一度はこの距離を試してみて、その内容次第で短くしていくことも考えたいですね」(北出師)
最後は苦しくなりましたが、スッと二の脚がついて前半は悪くないスピードを見せていました。一度実戦を経験したことで精神面は大きく変わってくると思いますから、このあとの走りに期待したいと思います。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

馬体重は490kgでした。
昨年2歳の5月で500kg、今年の2月にNFしがらきで526kgでした。
トレセン帰厩後に馬がイライラ・ピリピリしてカイバ喰いが落ち、先日届いたトレセンで撮影したデビュー前写真を見ると、横に丸かった馬がアバラ骨が浮いていましたのでどこまで減っているかと思いましたが、490kgという数字でしたから少し安心しました。
レーシングビュアーでチラッと見たパドックはトモの肉がしっかりしていました。
レースについては北村友騎手と北出先生のコメントどおりでしたねぇ。
経験馬相手であること、精神面のことを割り引くと、13着という数字は別にして悪くないデビュー戦だったと思います。
問題は続けて使えるかどうかですが、環境に慣れてしまえば大丈夫な馬じゃないですかね?
レース前に書いた私がこの馬にイメージする適距離ですが、これに関してもお二人のコメントがありましたね。
どうなるか楽しみです。


■ヴァーティカルサン
4/12(土) 阪神9R 白鷺特別 (1000万下 ハンデ) 芝2400m 浜中騎手 54kg
14頭 3人気 6着 548kg(-8)


4/12 石坂厩舎
12日の阪神競馬では五分のスタートから2番手を追走。いい手応えで直線を向き、最後までしぶとく粘ったが6着。
「ペースが遅かったこともあるのでしょうが、ちょっと馬が近くに来ると気にしてハミを噛んでいました。結果的に上がりの速い展開になってしまい、しぶとさを活かすこの馬には苦しい流れでしたが、最後までよく頑張っていますよ。距離はこのぐらいでいいので、あとはリズムを崩さず自分のペースで運べれば勝ちきってくれそうです」(浜中騎手)
「結果的に、この馬が苦手な展開になってしまいましたが、しぶとさは見せていますし、着差もわずかですからね。流れひとつで勝ち負けになりそうです。体も絞まっていい雰囲気ですし、問題なければこのまま使っていく予定です」(石坂師)
少し力みもあったようですが、すんなり好位で運び、力のあるところは見せました。クラスにメドは立ちましたし、次がますます楽しみです。このあとは馬体に問題なければ続戦の予定です。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

パドックは入れ込んでましたね。
引いていた厩務員さんが首を愛撫する感じに押さえていました。
馬体重は-8で548kg。
しぼれたというよりは、これまで緩かったのが絞まってムキムキになったように感じました。
パドックの精神状態のままでレースになってしまったようですね。
どうしても展開に左右される馬なので自分の勝ちパターンにならないと厳しいのですが、クラスが500万下に落ちる前にもう一つ勝って欲しいのです。
どうでしょうかねぇ。
レース前に書いた私がこの馬の適距離について、浜中騎手が答えをくれましたね。

【追記】
クラブ提供写真を見ると、今回はリングハミを使っていたんですね。
パドックの入れ込みの理由がわかりました。



■ジェットブラック
4/13(日) 阪神2R 3歳未勝利 ダ1800m 戸崎騎手 56kg
16頭 5人気 6着 474kg(-10)


4/13 友道厩舎
13日の阪神競馬では五分のスタートからジワッと動いて好位につけスムーズに追走。いい手応えで直線を向いたように見えたが、追い出してからがジリッぽくなり6着。
「背中の感触はとてもいいのですが、まだ体を上手く使いきれていないというか、手先だけで走っている感じでした。道中の位置取りは勝ち馬とほぼ同じでしたし、手応え自体も良かったものの、その分ギアが上がらず伸びきることができませんでした。まだまだ若さを感じさせますし、これから使いつつ良くなっていく余地は十分あると思います」(戸崎騎手)
「直線半ばまでは勝ち負けと思ったのですが、追い出してからの伸びがもうひとつ。芝でもダートでも、同じような感じになってしまいますね。まだトモが甘い分、こういう走りになるのでしょう。ダート自体は対応してくれていますし、着差もわずかですから、使いながら体がパンとしてくるのを待ちたいですね」(友道師)
勝ち負けを意識させるレースぶりでしたが、最後は苦しくなってしまいました。まだ良くなる余地は十分ありますし、使いつつの良化に期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

馬体重は-10kgでした。
腹のラインは2歳の牧場にいた頃と比べ良い意味でボテッとしているのですが、まだ緩いですね。
全体的にもっとハリが出てきて欲しいです。
レース内容は友道先先のコメントどおりで芝でもダートでも同じでした。
いつも「さあこれから」というところで伸び倦んで馬群に沈んでしまいます。
外枠が幸いしたのか道中砂を被りませんでしたので、砂を被ってどうかはわかりませんでした。
まァ、友道先先は会報インタビューでも 『もともとこの血統はゆっくりと良くなる』 とコメントしていますしね、その時を待つしかありません。
関連記事

category: 競走結果

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hamadayalabo.blog.fc2.com/tb.php/190-6bd117d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ