出資馬近況(2014年6月中旬)2歳馬  

4頭いる2歳出資馬のうち、2頭がNF天栄に移動し、早くもブレイクエースがトレセンに入厩しました。
すでに2歳新馬戦が始まっていますし、早いほうではありませんが順調です。
あとの2頭も秋を迎える前には内地に移動しているでしょう。

牧場を出てしまうと楽しみにしている育成中の動画と写真も更新されなくなってしまいます。
仕方のないことですが、寂しいですね。


■ブレイクエース
父:キングカメハメハ/母:キュー(BMS:French Deputy)
2歳牡 美浦 戸田厩舎

12日にNF空港からNF天栄へ向けて移動し、14日に戸田厩舎に入厩しました。
近況はentry236 2歳馬移動第2号、ブレイクエース で書きました。
少しは天栄に置かれるかと思いましたが、間もなくの間もない内に移動でした。
来週には戸田先生のコメントが出ます。
ツアーの時に聞いた話では、馬を見に来るとベタベタに可愛がるということでした。
『楽しみでちゅねぇ~♪』 的な感じだそうで。


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

動画は坂路を4頭でゆったりと17秒台を控えて最後方追走と、厩舎長の乗る芦毛と2頭で14秒前後。
乗り役さんは追うこともなく馬也で上がってきますね。
今年の初めの頃はもっと顎を引いて走るようになればと思っていましたが、それも矯正されてきたと思います。
どんな競走馬になってくれるか、私も楽しみでちゅ。


■プルガステル
父:ネオユニヴァース/母:ゴレラ(BMS:Grape Tree Road)
2歳牡 美浦 木村厩舎

NF空港 今井厩舎在厩 474kg(先月から+3kg)

現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン15~18秒のキャンターで2本登坂しています。普段はハロン15秒中心のキャンターで鍛えていますが、登坂日以外は精神面などを考えて角馬場でじっくり乗り込んでいます。ここ最近は動きにも良化が見て取れますし、状態次第では予定を前倒しての本州移動も検討していけるかもしれません。調教量が上がるにつれて気性面での強さが出ていますので、今後も馬と人とのコミュニケーションをより大事に進めていければと思います。

まだはっきりとしたコメントではないですが、北海道から内地への移動についてコメントがありましたね。
これまでは、
5/15のコメント 『ハミ受けや口向きの矯正に時間を掛けて理想的なフォームに』
5/30のコメント 『概ね秋前後の移動を目標』
でした。
ざっと、8月移動で9月からの中山といいたいところですが、今年は新潟競馬でデビューのイメージでしょか。

前回も書きましたが、トモが充実してきましたね。
先日更新された調教中の写真でもそれがよくわかります。
が、右後肢の繋ぎに何か巻かれてますよ?


※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。

坂路を駈け上がる動画ですが、3頭で横並びになるとやっぱり行きたがるんですね。
乗り役さんが他とペースを合わせようと抑えるので口を割っています。
抑えることでブレーキが利きすぎないように、乗り役さんが尻を上げ重心を前にしています。
単走で18秒と3頭併せで15秒の乗り役さんの姿勢の違いをわかってもらえれるでしょうか。


■ラッシュアタック
父:アグネスデジタル/母:メジロヒラリー(BMS:エルコンドルパサー)
2歳牡 美浦 菊川厩舎

9日にNF空港からNF天栄へ向けて移動しました。
entry234 2歳馬移動第1号、ラッシュアタック で書きました。
しばらくはNF天栄で成長を促しながらの乗り込みでしょう。

クラブから提供される育成中の動画と写真でラッシュアタックの背に乗っている人は、ほとんどのものが同じ人でした。
今回最後となる動画も、いつもの人でしたね。
そして今回の動画でも口は白く泡々でした。
この乗り役さんのことはこれまでも何度か書きましたが、手綱を持つ拳を伏せている乗り役さんが多いNF空港の中では珍しく、拳を起こしているんですよ。
拳が起きることによって、脇が締まり肘と拳と馬の口が一直線上になり常に連動します。
つまり、馬とのコンタクトが取りやすくなります。

そのラッシュアタックの担当の方のお名前はわかりませんが、今年のツアーでお話を聞けたらと思います。
日帰りツアーでこんなことばかりやっているので、全然馬を見る時間がないんですよ(笑)。

こうやって牧場の方が作ってきた馬をトレセンに入ってから、どういう具合に仕上げてくれるのか、楽しみでなりません。


■アダムスブリッジ
父:ゼンノロブロイ/母:シンハリーズ(BMS:Singspiel)
2歳牡 栗東 石坂厩舎

NF空港 細田厩舎在厩 476kg(先月から+4kg)

ここまでハロン15秒台を中心に攻めの調教メニューを続けてきたので、この中間はリフレ
ッシュも兼ねて軽めの調整を行っています。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン18秒台のややゆったりとしたペースで坂路コースを上がっており、帰りの常歩は元気にキビキビと歩いています。まだ成長段階にある印象も受けますし、様子を見ながら
調教ペースを元に戻すタイミングを判断していければと考えています。


なかなか移動させませんね。
5/15のコメント 『本州への移動に向けて最終調整の段階に入っていますので』
5/30のコメント 『本州への移動を目指して速めの調整メニューを継続的に』

年末年始の蹄の頓挫でペースを落とし、回復以降は順調にF15秒のペースで乗り込まれていました。
移動を遅らせるのならば、一旦ペースを落とすのもアリでしょうね。
内地へ移動させたとしても、NFしがらきで乗り込まれるのならば北海道に置いておいていいと思います。
いろいろと考えがあってのことでしょう。

※キャロットクラブWEBサイトより転載(クラブより転載許可を得ています)。
関連記事

category: ●出資馬2012年産

tb: --   cm: 2

コメント

>日帰りツアーでこんなことばかりやっているので、全然馬を見る時間がないんですよ(笑)

確かにそのような楽しみがあれば時間がいくらあっても足りないですね。
いっそ、1泊2日も参加されたらと思います(笑)

私にもそういうことが聞ける知識があればね~。

まこと #GCA3nAmE | URL
2014/06/15 09:07 | edit

■まことさん。

毎年「来年は1泊2日で」と思いつつも結局申し込むのは日帰りなんですよね。

能書きばかりで走る馬を選べる知識じゃないので自己満足で終わるんです(爆)。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/06/15 12:54 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ