ベトナム旅行 '14 その2 ビールとタバコとコンビニ  

entry244 ベトナム旅行 '14 序 競馬はないけど旅に出た
entry247 ベトナム旅行 '14 その1 ベトナムという国
entry255 ベトナム旅行 '14 その2 ビールとタバコとコンビニ
entry259 ベトナム旅行 '14 その3 ベトナム航空とホテル
entry260 ベトナム旅行 '14 その4 黄昏のデイリークイーン
entry265 ベトナム旅行 '14 その5 ベトナムの水
entry267 ベトナム旅行 '14 その6 ベトナムのタクシー
entry270 ベトナム旅行 '14 その7 ベトナムのバイク
entry278 ベトナム旅行 '14 その8 メコンデルタ
entry444 ベトナム旅行 '14 番外 モヤさまinホーチミン


その1をentryしてから1週間が経ってしまいました。
少しずつまとめてはいるんですが、馬の話もentryしなきゃならないのでなかなか作業が進みません。
今日は 『ビール』 『タバコ』 『コンビニエンスストア』 のお話です。


■ベトナムビール
ベトナムのビールの飲み方は、グラスに氷を入れそれに常温の缶ビールを注ぐのが一般的なんだそうです。
そして、ベトナム人はビール党。
そもそもベトナム人はお酒が強くないんだそうですよ。

『ベトナム風フランス料理』 というレストランに行ったところ、フランス料理ですから当然ワインがあって当たり前と思いましたが、お酒はビールだけでした。
そのお店は、カクテルとかそういうのも無しでした。


レストランや食堂では普通に冷えた瓶ビールと缶ビールが出てきました。
常温の缶ビールが出てきたらどうしようかと思いました。
まァ、食堂は現地の人が普通に食事や宴会でつかうようなところを選んで行ったのですが、ガイドブックに載っている食堂ですからね、問題なく日本語が通じました。
店員さんも顔を見ただけで日本人とわかってくれる店ですから、普通に冷えた瓶ビールと缶ビールが出たのかもしれません。

いやあ~美味しかったですよ、ベトナムビール。
ネットで事前に調べ、日本人にはサイゴンビールが合ういうことでしたので、どんなビールなのか楽しみでした。
情報のとおりで美味しいビールでした。
ビールは定番の333から飲み始めて、5種類を試してみました。


ベトナム語でビールはBIAです、とてもわかりやすい(笑)。

333 export(バーバーバー)



サイゴンビール SPECIAL(LAGER)


サイゴンビール export


BGI(メコンデルタのミト市の地ビール)


タイガービール(シンガポールのビール)
(オランダのハイネケン社とシンガポールのFraser and Neave社の合弁会社)


サイゴンビール SPECIALはLAGER BEERでしかたら日本人には飲みやすいビールだと思います。
個人的にはサイゴンビール exportが一番美味しかったかなぁ。


ベトナム最後の夜に、現地の人しかいかないだろう屋台に行ってみました。
ガイドの人に屋台には行くなと言われていましたし、私も気が進まなかったんですがね。
だって最後の夜に腹を下したくなし、もしそうなっても翌日は午前2時起きだし。
飛行機6時間も耐えられそうにないし。

21時を過ぎてから入店しました。
ちなみにベトナムの夜は日没から21時までが、それ以降は深夜です。

まずビールを注文しましたが、在庫切れ(爆)。
店員がどこかに自転車で買いに行きました。
コンビニで冷えたのを買ってきてくれると期待しましたが、出てきたのは常温の缶ビール。
そして氷の入ったプラ製のコップ。
ちなみにベトナムの氷は日本のようなブロックの氷ではなく、直径3~4cmくらい長さ10cmくらいに折られた円柱形。
この便器に入っている氷と同じ。


白い丸いのは芳香剤です。
日本の黄色の丸いのとは匂いが違い、樟脳、ナフタリンのキツイ匂いでした。

その氷がドンッとコップに入っています。
出たぞついにっ!

その氷は速攻で地面に捨てました。
ですから常温の缶ビールを直接缶から飲んだんですが、薄いビールなので飲めちゃうんですよ。
日本のビールじゃ不味くて飲めませんけどね。

その氷入りビールは止めておけと散々言っておいたのですが、飲んだ人がいるんですよ。
日本に帰った翌日はゴロゴロピーとなってしまい、大変だったそうです。
土曜の夜に飲んで月曜に下ったというので、原因は違うもののような気もしますが(笑)。



■タバコ
ベトナムの通貨は ドン です。
キリのいい数値でいうと、100円 = 1ドル = 20,000ドン となります。

ベトナムの値札からゼロを2つ取って半分にすれば日本円という計算です。

私はたばこを吸いませんので味のレポートはできませんが、値段の話を書いておきます。
タバコを買う人の様子を横で見ていましたが、露店でオバちゃんが売っているのが一番安いんじゃないですかね?
これも交渉次第でしょうし、店によって値段はバラバラです。
高いと思ったら マックワー! とても高いという意味です。
マックワー!と言うと、なぜかウケて笑ってくれます。
デップワー! というと喜んで笑ってくれます。
とても美人という意味です。

露店はこんな感じです。



マルボロ1箱が110円~150円だったかな。
吸った人によると、味は健康的な味だそうです。

日本のタバコはないか聞くと、マイルドセブンが出てきました。
ライトだったのでライトじゃないのが欲しいというと、それも出てきました。
マイルドセブン。。。外国ではまだ売っているんですかね?

箱は日本のように健康の注意書きではなく、強烈な写真が付いています。
真ん中のはビーフシチュー?かと思いましたが、タバコが原因で腐った臓器の写真でした。





■コンビニエンスストア
ホテルの部屋には毎日無料で500mlのミネラルウォーターが1本置いてあったのですが、それだけじゃあ歯磨きもろくにできないので 『とにかくコンビニに水を買いに行こう』 ということになり、ファミリーマートに行ってみました。



幸いホテルから近いところにあったのですが、信号も横断歩道もろくにない道路をどうやって渡るのか不安でしたが、 『走るな、不審な動きをするな、運転者とアイコンタクト』 に気をつけて渡ってみると、意外と簡単でしたね。
1度成功すると、あとはスイスイと渡れるようになりました。

ホーチミンシティには、サークルK、ファミリーマート、ミニストップがありました。
一番多かったのは、サークルK。
(サークルKサンクスではなく、サークルKです)
私はファミリーマートだけにしか行っていませんが、店員の接客態度も良く、清潔感もあり気持ちよく買い物ができました。
入店時に「いらっしゃいませ」と言われたのか「こんばんは」と言われたのかは忘れました
が、きれいな日本語でしたねぇ。
ただ、米ドルも円も使えません。
ドンだけです。


ちなみに2010年に北京に行った時は、セブンイレブンに行きました。
例の漁船が日本の海上保安庁の巡視船に体当たりした1ヶ月後くらいです。
それは関係ないと思いますが、レジ担当は私がレジの前に立っても他の店員とずっと私語。
会計を促すと渋々という感じで、会計を済ませてもレジ袋を出さない。
レジ袋を要求すると渋々出すが、今度は商品を袋に入れない。
『フクロ』、『コレイレテ』と全部日本語で文句を言って、袋に入れさせましたよ(爆)。
他の買い物は特に問題なかったのですが、セブンイレブンは最悪でした。


ベトナムのファミリーマートではそういう不快な思いをすることは一切ありませんでした。



写真のコカコーラの390mlペットボトル 7,000ドン (35円)
写真のミネラルウォーター500ml 4,500ドン (22.5円)
写真と同じミネラルウォーター1,500ml 9,000ドン (45円)
缶ビール350mlは12,000ドン、60円くらいです。

ホテルの冷蔵庫にあったドリンクは米ドルで清算ということになっており、ハイネケン350ml缶は200円、ペプシ350ml缶は100円、ミネラルウォーター500mlは100円。
日本で普通に買う値段と同じですね。


余談ですが、北京に行った時にで日本にあるようなオシャレな雑貨店のような店に入ってみました。
ふと湯呑を見ると、なんとまぁ絵柄は中国人が日本兵を竹槍で刺し殺している絵でした。
まだこんなもん売っているんですよ。

北京のホテルはスタンダードランクのホテルに泊まったんですが、朝食バイキングでは、テーブルの下には前日までの食べカス、ナプキンや卵の殻がそのまま放置されていました。
また、注文に合わせてオムレツを作っているコックの後ろでは、2~3人の従業員が携帯をいじりながらペチャクチャ。
日本じゃありえないとか、そういうレベルの問題じゃないですね。
ランクアップすると泊まれたコンラッドの外観を見ましたが、とても汚なかったのでどこに泊まっても同じなんじゃないですかね?

同じ共産党の社会主義の国でも全然違うんですね。
最近のニュースを見てもそう感じることはありますが、身をもって体験しました。
関連記事

category: ベトナム・ホーチミン'14

tb: --   cm: 4

コメント

ありがとうございます。臨場感たっぷりの話でベトナム感を味わえました。
それにしても日本人向けであってもまだまだなんですね。

ラム #- | URL
2014/07/10 06:53 | edit

■ラムさん。

こちらこそいつもコメントありがとうございます。
今回の旅行は観光地、名所にあまりいかなかったからか日本人にはあまり遭遇しませんでした。
日本のディスカウントショップの3倍ぐらいの値段でマカダミアナッツチョコを売ってるお土産店にはたくさん日本人いました。
その外では、某ブランドの偽物財布を売るオバチャンを輪になって囲んで買ってました。
いいカモです。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/07/10 08:06 | edit

ビールもタバコもやらないので良くわかりませんが、
なんか安いですね。税金が安いんですかね。

現地の人はあやしい氷を摂取しても平気なんですかね。
耐性があるのか。。。

へてきち #- | URL
2014/07/10 10:54 | edit

■へてきちさん。

税金ですか、社会主義の国なんで仕組みがわからないんですよ。
平日の朝からバイクの上で寝ているオッチャン。
信号で止まったバイクに、2歳くらいの弟を抱いて物乞いをする10歳くらいの子供。
無駄に多い市場の売り子。

水に関してはある程度の耐性はあるでしょうね。
私が見た感じでは、田舎でも今は風呂も便所も洗濯も飲み水も同じ川というふうでもなかったなぁ。

ですが、下痢は普通にするみたいですよ。

濱田屋 #YowB97Mg | URL
2014/07/10 23:16 | edit

コメントの投稿

Secret

Entry Calendar

メニュー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ